2017年02月26日

2世信者の悩みと希望

 私のブログは幸福の科学のPRのような一面がありますが、組織としての幸福の科学は、まだまだ発展途上ですし、つまり日々努力をし続けている真っ最中なので「100%完璧だから参加してね。」という気持ちからではありません。説かれる法も年々進化発展しているのは、27年間在籍してきた信者としての偽らざる実感。
 つまり、未公開株を持つが如く、先行者利益のあるビジネスの如く・・と言っては俗な表現ですが、これからどれほど化けるか判らないものに、私たちは賭けているのかも知れません。
「今はまだ良く判らないかも知れないけれど、来世には判ってただけるから・・来世まで待たずとも、そんなに遠くない将来、幸福の科学で学べて良かったわと思っていただけるから・・」
という気持ちで、お奨めしている感じでしょうか。今は毀誉褒貶の真っただ中ですけれどね。
 だってイエス様のお弟子さんたちだって、関わっていたら損なことばかりなのに、師に付き従った・・将来これほどの世界宗教になるとは、当時誰一人として予想がつかなかったことでしょう。
(※とは言え、祈願や研修での奇跡体験は半端ではありませんので、悩み苦しみの中にある方、更に人生を前進させたい方は、是非ご体験を!ただし、ご利益信仰ではありません。)
 なんで新興宗教に関わっているかという話ですが、誰にでもあるという過去世。チラッチラッとだけですが、たまに浮かんでくる記憶をつなぎ合わせるなら、ある時は修道女として、またある時は尼僧として生きていたように感じるのです。もちろん私の表面意識は頑固なので、100%納得している訳ではありませんが・・いつの時代も宗教に関わってきた自分。
 ですから、今世は幸福の科学に所属して信仰を学んでおりますが、過去世において様々な宗教を経てきた私ですので、信仰に出会うプロセスは人それぞれで良い・・というスタンスでおります。
 長女が生まれる9か月前に誌友会員に、そして1か月前に正会員になったので、3人の我が子は私の膝の上で正心法語を聞きながら育ちました。幼稚園に上がる前は、支部が遊び場でした。けれども、それぞれが自分で考える年齢になれば、私はそれぞれの自由に任せてきました。長女が、当時サクセスの指導員もしていましたが理系の学部で実験に忙しく
「お母さんは悲しむかも知れないけれど、幸福の科学から一旦距離を置きたい。外からの目を体験したい。」
と手紙をくれた時も
「そう?じゃぁ、貴女がどうやって神様・創造主に出会ったか、また教えてね。」
と返事を書きました。拍子抜けしたと思います。
 次女は私が家を出た後、自分の意志で幸福の科学の信仰を選び、学生部で活動を始めました。サクセスの指導員も体験させていただきました。
 末っ子は小さい頃から霊的に敏感で、幼い頃からご本尊との対話は時々あったようです。高校になって、自分の障がいを理解できない父親への葛藤の思いや、学校でのイジメで一時期地獄を見ましたが、幸福の科学の映画は一緒に見に行ってましたし、昨年11月、6年ぶりに支部に行って自分の意志で三宝に帰依しました。と言っても自分からはお祈りはしませんので、私が病気平癒祈願を唱えるのを横で聞いているだけ。時々モニョモニョ言ってますが(笑)一時期は父親の影響で、アンチになってましたけど・・
 三者三様の歩みをそれぞれに良しとしている母なのです。私だって、親の離婚から始まった氷河期が無ければ、幸福の科学の本を読むこともなかったかも知れません。当時、たばこ1箱初めて買いましたもの。辛かったんだって親にアピールするため、不良を気取ってね。まずくてすぐに止めましたが・・ですから、人生のドン底でこそ、神が手を広げて待ってくださっていると信じている人なのです。決して品行方正な聖人君子にだけ、微笑むような方ではないと・・
 ザ伝道の体験談を読ませていただいても、「とても私には耐えられない」と感涙にむせぶことなどしょっちゅう。皆さんそれだけの犠牲を払って、信仰に出会われている・・そうやって親は安寧を得たから、我が子に苦労をさせたくないのは、私も同じです。しかし、神は敢えて親の庇護から彼らを引き離して試練を与えることもあるのだと思います。その姿を遠くでハラハラしながら見ないといけないのは、親として身を引きちぎられるような気持ちです。けれども魂の親の為さることには、ただお任せするしかない・・
 ですから清水富美加さんの来し方を知るにつれ、まだお若いのに家庭問題、きつい仕事や恋の悩み・・これでもかという試練が与えられてきたこと・・これも人々の救済をしてゆかれる方だからこそ、避けては通れなかった経験なのだと思います。彼女自身が芸能界の浄化のために、一旦地獄に身を置くことを承知の上で生まれてこられたのでしょう。それを他人にとやかく言われる筋合いなどないのですね。
 きっとそれぞれに試練は与えられるはず。本物の信仰を掴むために・・2世信者の若者は、時にアンチブログに疑念を抱かされることもあるでしょう。お父さんやお母さんは正しいのだろうか?と。それも信仰の試し・・そんなテストも用意されているでしょう。
 どんな道筋を選ぼうとも、どれほど時間がかかろうとも、たとえ一旦地獄を経験しようとも、きっと知らず知らず同じゴールへと導かれてゆく・・そう信じています。肉体の親子の縁を超えて、貴方・貴女たちを創ってくださった魂の親が、今世は貴方・貴女たちのすぐ側に居てくださっているのですから・・
posted by サンサンてるよ at 21:05| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

真に幸福の科学のことを知りたい方は

 更新が2日飛んでしまいましたね。気が向いた時だけ更新する方針のワタクシが、なぜか12日からは11日連続で記事をアップしていたこと・・自分でも「なんでぇ」という感じでした。朝方「今日はこんな感じで・・」とアイデアが浮かんだりするので、忘れない内に入力をしてきた日々。もしかしたら、8日に伊田信光さんが新大阪にいらした時に、祈願をさせていただいたからかも?
 その3日後に清水富美加さんの出家のニュースが日本をかけ巡り、以来私も芸能レポーターばりに動向を追いかけてきました。そんな数日前、ギックリ腰になりかけたのです。1年9か月ぶりの事。大事を取って昨日は次女に掃除や買い物を手伝ってもらい、昼間は痛みを忘れるために昏々と眠っておりました。でも午前中に無理に動いたせいか、痛みは夜にかけて増してきます。今日はとうとう近くの整骨院のお世話になることに・・すでに完全なギックリ腰になっていたようで、「筋肉の損傷が激しいですから、数日は安静に」というお達しが・・
 そこで今日は借りていた映画「復活」を横になりながら見ておりました。イエス様の処刑に立ち会ったローマ帝国の軍人が、実際に復活したイエス様に出会い、回心する物語。姿勢を変える度にビビッと背骨に電気が走る身。中でイエス様がライ病患者を癒す場面があったのですが、思わず「イエス様〜〜私にも癒しの御光を・・」と祈ってしまいました。すると・・何と夕方には、椅子に座っても痛みが出ないくらいに私も復活。こうやってパソコンに向かえるようになった次第。イエス様ありがとうございま〜〜す。
 私たちはエルカンーターレという、イエス様やお釈迦様をこの地上に送り出した地球の最高神霊を信じています。イエス様が「天なる父」「我が父」と呼びかけていた方です。ですから当然、イエス様やお釈迦様を始め、世界宗教の祖が成された業績にも敬意を表しています。自分の宗教の教祖や神しか信じないというのではなく、各宗教の信仰を理解し受け入れています。こうやってクリスチャンの映画も観れば宣伝もします。幸福の科学では、「寛容なる信仰の態度」を重んじられているからです。
復活.jpg
 さて清水富美加さんの出家ニュースで、幸福の科学サイトへのアクセスが一日に100万に迫る勢いとか。私のブログへも、やはりご訪問くださる方が急増。けれども、「幸福の科学」で検索すれば、幸福の科学の事を悪く言ってるブログなども出てきます。私たちは個人の心の自由も又、尊重する態度ではおりますが、余りにも常軌を逸している場合は、ひと言物申す時があります。
 幸福の科学のサイトやザ伝道の体験談などが載っているサイトを基本、参考にしていただけたら良いかと思いますが、信者さんがどんな人か?信者さんの運営するブログなどを見られる方もあるでしょう。私のブログとて、完ぺきではありませんので、大変責任を感じておりますが、56年間の人生やこの27年間の信仰生活で私が体験した全てをここに豆乳している、いえ投入しているつもりです。
 私がいろいろなブログを比較検討して思いますのは、「その人の日常が見えるブログ・・信仰以外にも、何に関心を持って生きているかが解るブログ、自分の失敗も含めて正直に書かれたブログ」は基本的に参考になるかと思います。
 というのは今年出された「伝道の法」などは大川隆法総裁の失敗談の数々が大変正直に告白されているからです。トランプ大統領におそろいのカフスボタンをプレゼントされたり、プーチン大統領からも一目置かれている方にも関わらずです。成功した方は、普通は書かない内容ばかりです。つまり「失敗談を話せるのは、自信の裏返し
 初めての方が批判記事を見れば、「幸福の科学って大丈夫かしら?」と引けてしまうかも知れませんが、批判の羅列のみで、自分自身が語られていないブログはスルーして構わないのでは?と考えています。これは、大川隆法総裁の精神的態度と比較した場合の判断基準ですね。幸福の科学がこんなに注目されることにならなければ、基本私は他の方の言動には不干渉ですし、全ての方が大切な仲間だと考えておりますが、今日はちょっとご参考までに・・
 100人いれば100人の幸福の科学がある・・というのが私の持論。つまり「真に知りたければ、人の話を聞くだけでなく、自分自身が体験するしかない」恐れずに飛び込んできてくださいね。
<幸福の科学公式サイト>
https://happy-science.jp/
<精舎へ行こう>
http://shoja.jp/
<HAPPY SCIENCE公式チャンネル動画>
https://www.youtube.com/user/HappyScienceChannel
<幸福の科学グループ紹介>
http://hs-group.org/
posted by サンサンてるよ at 19:07| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内