2017年06月23日

嬉しかった映画の感想(3)

 まだエアコンの交換に来てくれませんが、昨日も曇りで涼しくて助かりました。でも今日は晴れており、部屋にいる時の格好は正にリゾート風。
「家にいても、バカンス気分だ〜」
と暑さも手伝って久しぶりに惚けております。(陰の声・・頭の中は年中バカンスだけどね。)
 実は、このブログの更新を1週間ほど出来なかった訳は・・地方の貸会場で「君のまなざし」が上映されるので、知人へのお手紙をセッセと書いていたからなのです。
 17日18日には綾部市であるので、大本の奥都城を訪れた時に知り合ったご夫妻に・・他宗の者にも親戚の様にもてなしてくださったご恩は今でも忘れておりません。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731083.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/413552385.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/439820126.html
 18日は洲本市でありましたので、亡き母の吟詠のお弟子さんたちにお知らせを・・まだまだ元気で指導をしたかったであろう母と、母を今でも慕ってくださる皆様の思いが私に影響するのか・・13年経ってもご縁が続いているのです。そして一人、また一人と正心法語をお持ちいただく方も出てきました。
 ある方にお手紙の後、お電話しましたら、ご家族が難病でかなり参っておられるご様子。それで病気平癒祈願をさせていただき、当日お守りと正心法語を支部長に託しますと、わざわざ会場まで取りに来てくださったのです。喜ばれていたので、こういう巡り合わせも亡き母の長年の願いだったからでしょう。
 映画に行ってくださった別の方も、母を姉のように慕ってくださっていた方。10年ぶりに淡路島で再会した時に、初めて支部に来てくださったのですが、
「息子の嫁が脳出血で危篤なんです。」
と告白されたので、正心法語と病気平癒祈願をお奨めしたのです。後日伺うと
「手術も成功し、奇跡的に命を取り留めました。」
と報告くださりホッとしました。
<過去記事>淡路島伝道の旅A入会編
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/395053443.html
 今回も映画を楽しみにされていたので、感想を伺いますと嬉しい言葉が・・
涙が止まりませんでした
「どのシーンですか?」
「いろいろありますが、平安時代、子どもたちが殺される場面とか、最後、親子が和解する場面とか・・」
「そうですよね。私も毎回タオルで涙を拭きっぱなしでした。」
「映画の中でいい言葉おっしゃってましたね。過去は変えられる・・でしたか。心打たれました。」
とても感動されていました。私にも
「あんなことが起きてしまった・・相手ばかりに目が行くが、背後には唆した悪霊もいたことだろう。姿を隠して卑怯な真似を・・でもそれを見抜けなかった私の落ち度でもある。」
と悔やむことはあります。そういう人間にとっては、どれほど心救われることか・・

 『心と体のほんとうの関係』(幸福の科学出版)には、
 私は、これまでに、「過去は変えられないが、未来は変えることができる。だから、未来を変えましょう」という教えを、何度も説いていますが、実際は、もう一段あって、「現在が変われば、過去だって変えられる」ということが言えます。
 あなたが見ている過去は、「現在の眼鏡」を通して見ている過去″であり、現在のあなたが幸福なら、過去に、どのようなことがあっても、みな幸福に見えるのです。

と述べられています。
 伝道の法でも、再び「過去は変えられる」と強調されています。実は、近くの支部長さんからの「毎日の一転語メール」で知ったのです。伝道の法・・年初にサラッと読んだだけだったので、昨日からまた真剣に読み始めた次第。(末っ子の看護で読む間が無かったというのは言い訳にしか過ぎませんので深く反省)。このブログでは「何でも正直に」をモットーとしているので、過去記事にも嘘偽りはございません〜〜
 ところで、以前の記事で「健太には救世主のイメージが重ねられている」と書きましたが、
・朝飛が生まれるのと引き換えに母が亡くなっている(お釈迦と同じ)
という設定を見ますと、
「朝飛にも救世主のイメージが重ねられているのでは?」
と思ったのです。
 ですから健太が「救世主・預言者」として活動をする際、協力してゆくのではないかと・・男性性と女性性、太陽と月・・それぞれの長所を併せ持った「理想の救世主」の誕生です。
 ですから、自身がダークサイドに堕ちた経験を救済のパワーに変えたなら、正に「過去は変えられる」ことを実証できるのでしょう。
 チビ朝飛が視えない相手と相撲を取っているシーンも、12部族の祖であるヤコブ(イスラエル)を思い出させてくれましたねぇ。ポテッと負けてはいますが・・ユダヤ教・キリスト教圏の方々なら、ハッとするシーンでは?
 今日は「君のまなざし」ロングランの最終日。本当に言い尽くせないほどの感動をいただきました。改めまして大川隆法総裁を始め、制作に関わってくださった全ての皆様に深く感謝申し上げます。また次の作品を楽しみにしていま〜〜す。
心とからだの本当の関係.jpg

伝道の法.jpg
posted by サンサンてるよ at 22:21| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

嬉しかった映画の感想(2)

 今日のお天気「大阪は30℃晴れ」の予報で、私は朝から憂鬱だったのです。というのは、昨夜エアコン(おそらく20年以上経っている)が変な音を立て始めたと思ったら水が落ちてきて、慌てて洗面器を・・しかも18度に下げても、温風しか出てこない。そこでオーナーの管理会社に
「経年劣化なので交換をお願いします。」
とメールしたのですが、翌朝伺うと
「契約書では、借主が交換しないといけないんです。」
と言われてヒョエーッ!
「でも社長が、いつもお掃除してくださっているので特別に・・ということで交換します。でも数日待ってくださいね。」
交換は有り難いのですが、数日待っている間に、サンサンてるよは干物になってしまうかも・・と内心ガッカリ。でもでも・・天はそんな哀れなおばちゃんを見捨てることはなかったのです。
 というのも午後になっても気温は上がるどころか曇りが続き、涼しい風まで吹いてきたではあ〜りませんか。小さい扇風機を買いに走ったものの、要らないくらい。思わず
「お天気の神様、有難うございます〜〜〜」
と手を合わせたのでした。
 「特別に交換」してくださることになったのも、「これ拾っとけよ」とばかりに、ほぼ毎日共用部分にタバコの空箱や包装セロハンを捨てる人あり、郵便受けからチラシを出して、ワザと玄関ロビーに置いてくれている人あり(これもほぼ毎日)・・そんな屈辱に耐えてきたご褒美ね・・うんうん。最初はムカついてましたが、だんだん動じなくなってきたのも事実。
 おまけに、映画に行ってくださった方の感想も嬉しいものばかり・・先日の記事に登場してくれた友人。その後もメールをくれました。
来週も行けたら行くね(※3回目)。はまったわ〜イケメンより息子さんがいいわ〜」
2回目の「はまったわ〜」発言。幸福の科学の映画は1作目から観てくれている彼女。11作目にして、ようやくみこころに触れたようでヨカッタ!
 ということで、50代の女性の心もガッチリつかんだ宏洋さんなのでした(*^^*)(心の声・・宏洋さんもイケメンなんですが・・)
 もうお一人は、高校時代、家庭教師をしてくださった恩師。ヘルパーさんの時間が合わずご一緒することは出来ませんでしたが、
「息子さんすごいね。歌も歌ってるんやね。演技も上手やったし・・プロの俳優に見劣りしてなかった。」
「お父さんに顔が良く似てるね」(※今回私もそう思った)
「映画の展開も面白かった」
感動してくださったようでした。そしてようやく念願叶って、正心法語を持っていただく運びとなったのです。国立大学の数学科を卒業された秀才ながら、ご両親の看護のために、妹さんを嫁に出して、自分が一手に引き受けられた「仏さま」のような方。目の見えないお父様の看護は、実に30年以上に及んだとか。その合間に家庭教師をされたり、40歳から60歳まで毎年フルマラソンに挑戦されたり(最高タイム約3時間)・・介護のストレスを上手にかわしながらゴールまで余裕で完走された30年。お母様がご存命の時は、ご両親の間に寝て、二人分のお世話のため眠れなかったとか。もうもう〜介護マラソンではなく、介護トライアスロンとも言える偉業です。
 久々に昔話に花が咲いて・・
「高3の夏休みになっても、1日8時間の勉強で合格できたのは、ひとえに先生のお陰です〜」
と心からの感謝を・・昼寝は欠かさなかったですもの。
「いや〜毎週どんな質問が出るか緊張したよ。良く勉強してたと思うよ。」
「いえいえ、先生への質問作らないといけないので、来られる数日前に慌てて勉強してたんです。」
と暴露話も・・でも滑り込みセーフではなく真ん中くらいの順位で合格していたので、2次試験用の理数系のご指導が的を射ていたのだと思います。
 有名な方のご家族の家庭教師をされていたり、最近では自閉症のお子さんの指導をされていたとのこと。介護のみならず教師と言う菩薩業をずっと続けておられる先生。近況を伺って感動した次第。
 亡き母が自分の卒業した高校の恩師に「どなたか紹介していただけませんか?」と頼んだところ、同じ高校の後輩というご縁で来てくださったのが最初。実に40年来のおつきあいとなります。瞑想も良くされるせいか、御年73歳なのに60代にしか見えません。世の中には凄い方がいらっしゃるなぁとため息が出ます。
 この先生もそうですが、母のつないでくれたご縁は、淡路島にもたくさん残っていて、その話はまた改めて・・今日は強靭な精神力の持ち主である恩師をご紹介したかったのです。 
posted by サンサンてるよ at 21:39| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

嬉しかった映画の感想(1)

 今日は父の日。ダーウィンが来たの番組では、オスが子育てするトサカレンカクという鳥の生態が放送されていました。メスは卵を産むだけで、温め育てるのはお父さん鳥の仕事とか・・
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=10555
 それを見ながら、6月号の月刊誌に書かれた、大川隆法総裁の「育メン涙の物語」を思い出していました。特にご長男の宏洋さんの時が最も大変だったようで、状況を想像しては笑ったり、身につまされたり・・
 また、映画を観れば、
「男の子は一度は父親に反発するのが常なので、宏洋さん自身の体験が『君のまなざし』にも反映しているのだろうなぁ・・また生まれ変わっても親子にと思えるようになってヨカッタ・・」
一組の親子の歴史に涙が流れたサンサンてるよでございました。
<幸福の科学・月刊誌の購読申込はこちらからどうぞ>
https://happy-science.jp/info/magazine-class/happy-science/

 私も最初の子どもの時は、母乳半分ミルク半分だったので、昼に授乳を始めて寝かしつけ、家事をし終わったら、もう夕食時。そう言えば昼ご飯食べてなかったわ〜というドタバタの子育てでした。寝たと思ってベッドに置くとお目目がパチリの繰り返し。でも一旦寝たら、3時間は連続して昼寝をしてくれるのが長女だったので、生後6か月を過ぎる頃には、その間に経典を読んだり、伝道のお手紙を書いたりも出来るようになりました。うんうん親孝行な子じゃ。(実は3か月の時に『オカアサン』と呼んでくれた早熟な子でもありました。)
 その長女を3か月検診のため保健所に連れていった時のこと。前に並んでいたお母さんとおしゃべりをしたのがきっかけで、終わってから近くのインド料理店に入り、次に会う約束まで。初めて会ったのに、エラく気が合って・・それから毎週のように互いの家に遊びに行ったり、大阪城に日向ぼっこに出かけたり・・私の最初のママ友となってくれた友人がおりました。しかも、初めて彼女の家に行った時、長女に着せていた白いドレスを見て
「その服、ウチの子も同じの持ってるわ」
とタンスから出してきて、生後4か月の2人を記念撮影。そんな不思議な偶然も・・。
 2年ほど経った時、ご主人の転勤で関東に引っ越すことに・・それからもご縁は続き、互いに3人の子持ちとなり、しかも3人目はどちらも障がいを持っているという、これも不思議な共通点が。前振りが長かったですが、今日はその友人の映画の感想です。
 映画はほぼ義理で毎回行ってくれていたのですが、「UFO学園の秘密」の時も
「難しくてよく解らなかったわ」
と言われてガックリ。今回の映画、大切な友人なのに、地域周り、看護、家事で忙しく、終了1週間前までなかなか連絡できなかったのです。土日はあと1回を残すのみという9日にようやくお手紙を・・ダメもとで出した案内でしたが、何と早速日曜日には、ご主人と3番目のお嬢ちゃんとで観に行ってくださったとのこと。実はそのお嬢ちゃんは言葉がしゃべられない障がいを持っておられるのですが、
「●●がパパと観に行ったんだけど、号泣したんだって。内容解ったのかな?」
とても嬉しそうなメールが・・
「えっ、もしかして怖い鬼が出てくるからかなぁ。ごめんね〜」
「そこかなぁ?パパは『みこころに触れたんだと思う』と言ってたけど・・
テッキリ怖くて泣いたと勘違いしてしまったのです。信者でもないお父さんの「みこころに触れた・・」発言にも爆笑。後でお父さんに確認を取ってくれたらしく
「手塚理美さんの幽霊が、お父さんお母さんと会話するシーンだったって」
「えーーっ●●ちゃん、スゴイッ」
パパも感動したって言ってた。私も水曜日くらいに行くわ」
さて、木曜日の朝のこと
「みたよ〜私も泣いたわ。」
との報告が。更に金曜の朝には
背中が痛くて、映画の間ガサガサ動いてたんだけど・・悔しいけどマシになったわ
数日前からギックリ腰になっていたとか。
「悔しいけど・・が受けるわ」
苦笑の返信を・・
 さて金曜日が映画の最終日。私も何とか観に行ける算段がついて梅田へ。
「今から映画観るから、腰が良くなるようにお祈りするね。」
とメールを送りますと
実は私も今から2回目観る。ビックリした?」
「したした」
初めて2回も映画を観てくれるなんて、感謝感激!更には
今までチケットいろいろもらったけど、今回は一番ハマった。●●も珍しくパンフ指さして見たいと言うし・・日曜日に又、パパと観に行く予定。
何と!近くの映画館がロングランになったとか。感激したワタクシ、●●ちゃん専用の映画パンフと残っていたチケットを再度送ったのでした。更に翌日には
「送ってくれてありがとう。映画に出てきたペンダントは販売しないん?似たの探してたんだけど?
もう完全に映画の世界に魅了されたようでした。石上神宮のお守りとしては売られているようですが、こちらで売るのはどうなんでしょう?法律違反になるのかも知れませんね。どうもニーズがあるようなので、8/2の東京ドーム講演会では、石上神宮の出張所を作っていただいて、七支刀ペンダントを売っていただくとか・・それからフィギュアセットも是非宜しく〜〜私は東京まで行けませんので、通信販売してくださ〜〜い。
 ということで、互いに苦労の多い子育てをしていますが、小さな成長の喜びにホッコリする時も・・本当に心が温かい素晴らしいパパやママに育てられている●●ちゃん。友人ご一家がこれからも健康で幸せでありますよう・・心から祈っています。
posted by サンサンてるよ at 20:41| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内