2015年11月28日

天城零も川島神社のご祭神につながる?!

 ロングラン4週目に入った映画「UFO学園の秘密」。見るたびに発見があって全く飽きませんね。プレアデスの学校を見学する時の服装も、それぞれの出身星や自己イメージが投影されていましたね。レイは彦星風のデザイン・・アンナの胸元はV字になっている(笑)そして、エイスケのガウンは貴族風・・そんな細かい演出も「面白いなぁ」と観ていたロングランでした。だから、ちゃんと彦星と織姫がペアになっている・・最初のシーンで、テレビのニュース流れてましたでしょう?
「さて今夜は七夕です。徳島の川島神社では・・」
というアナウンサーの台詞も意味深でした。以前、川島神社のご祭神は「天日鷲命(正式名:天日鷲翔矢命)」なので、幸福の科学学園の「大鷲祭」と「翔龍祭」は、この神様に由来するのでは?という勝手な推論を書いたことがありました。
<過去記事>国造りの恩人に弓を引くなかれ
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/408072662.html
 阿波忌部のご先祖である天日鷲命は、徳島では結構メジャーな?神様です。吉野川市山川町にある忌部神社にも祀られています。この神社の創建は、皇紀2年2月25日とか。つまり神武天皇即位の次の年!古さにおいては伊勢神宮など足元にも及びません。
 前フリはさておき、今日は「天城零」に関する更なる考察です。以前の記事で「天城零」は、幻の戦艦・天城や零戦を連想させるので、軍神(火)を表しているのでは?と推理しました。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/427726306.html
 あれから1カ月。「天城」を「アマシロ」と読んでいるところから、想像は更に量子的な飛躍をいたしまして・・先日はふと「天白」と関係するのでは?と思ってしまったんです。名古屋市の天白(テンパク)区ってありますでしょう?あれは、「天白神(テンパクシン)」が祀られているところから付けられた名前。天白はアマシロとも読めます。つまりレキジョ的な発想では、レイは「天白神」ともかぶるのでは?というコジツケです。
 「天白神とは何か」をご説明いたしますと、これが又、いろいろな説があるのです。
@天白信仰とは、天一神(北極星とか荒神など)の神、と太白神(金星・宵の明星)の二神を祀る信仰
A北斗七星と昴(すばる)への信仰。
http://www.warajimatsuri.jp/saijin/hosigami.html
B天白羽鳥命(天白羽命)への信仰(長白羽命の別名)・・天日鷲命の子神とされる
C瀬織津姫への信仰・・川の神に洪水から守ってもらうため
http://www.tohyamago.com/simotuki/hosizora_sinkou/
他にも、宇迦之御霊,須佐之男,天御中主,猿田彦,保食神,月読尊ともかぶっていたり、ひとつに絞れない謎多き神様です。

 実は、先にご紹介した忌部神社には、天日鷲命のみならず、長白羽命も祀られているのです。羽が付く神様は、空を飛んでた可能性ありかも?天日鷲命の奥様は秘羽女って名前ですし、天日鷲ファミリーの自家用車はUFOでは?と疑ってしまいます。
<過去記事>川島神社も宇宙人に関係する?!
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428088223.html
 でも、この世の仕事としては、天照大神が天岩屋に隠れた時、麻を植えて青和幣を作った神と説明があります。http://www.genbu.net/saijin/nagasiraha.htm
どちらかというと彦星よりも織姫に近い神様ですね(^^;
 ともかく太古の昔、天日鷲命や長白羽命が麻を植えることを始めてくださらなければ、三木家が天皇の衣を織る仕事も、ひいては天皇即位の大嘗祭も存在しなかったことになります。
 それだけ日本の基礎の根底の基盤に位置するのが、阿波忌部の神々。日本全国に散らばって、田畑を開墾するなどインフラ整備をしたり、衣食住の智恵を伝授してきたのがその子孫たち。いわば国造りの専門集団です。けれども政敵によって、表舞台から消えざるを得なくなった・・権力を巡って、数多くの戦いや陰謀がありました。そして遺されたのは勝者の歴史解釈(改ざん)。
 今思えば、映画「神秘の法」にも出雲が出てきたり、蘇我入鹿ゆかりの甘樫丘が登場していました。スサノオも蘇我氏も本当に悪者だったのか?!という見直しが、昨今の研究では為されています。
 今回の「UFO学園の秘密」も、見方によったら「名前や業績を消されたり、不当な扱いを受けた神々や氏族への鎮魂の映画」かと思えるほど・・私も古代史を学ぶほどに、建国の礎になってくださった方々への感謝の気持ちが湧いてきます。
 後世、悪しざまに言われようと、大切な土台を作って下さった方々・・霊的にまだくすぶっている葛藤があるなら、供養の思いを向けて無念を和らげてゆくことが、日本を霊的に守り、ひいては世界の葛藤を収束させてゆく力になるのかも知れません。やはり宗教と政治は一体でなければ、強い国は作れませんね。海外からの攻撃の念も半端じゃありません。未来創造のみならず、鎮魂や悪霊撃退の力も併せ持った宗教政党は、日本に絶対必要です!!
posted by サンサンてるよ at 19:39| 大阪 ☁| 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

UFO学園の秘密と童子信仰

 映画UFO学園の秘密。大阪ではとうとう1ケ月延長のロングランとなってしまいました。シネリーブル梅田9:30〜12月4日までの上映予定です。今日は映画に関連して「童子信仰」のお話を・・
 聖徳太子が蘇我氏と共に、物部守屋と戦った時のこと。手ごわい物部を打ち破るため、聖徳太子は如意輪観音様に戦勝祈願をしました。そのお礼にと建てたのが、八尾市の大聖勝軍寺だという話を以前の記事で書きました。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429200977.html
 当時のことを日本書紀では、聖徳太子の髪型が「束髪於額(ひさごはな)」だったと書いています。これは「少年や子どもの髪型」を意味します。子どもの力を借りて勝ったなど、現代では恥ずかしくて書けないことを、昔の人は堂々と書いているのです。
 これは何故なのか?昔は、子どもには人間離れした神通力がある、従ってあり得ない力を出すと信じられていたようなのです。
 神話やおとぎ話の主人公を見ても、ヤマトタケルは日本童男(やまとおぐな)と記されていますし、一寸法師、桃太郎、金太郎・・子どもが活躍する話の多いこと。読者が幼児だからではないようです。
 20年に1度の伊勢神宮遷宮。最も大切な神事に関われるのは、物忌(ものいみ)と呼ばれる童男童女だけというしきたりがあるとも・・
 日蓮様が参籠された、伊勢の常明寺に祀られていたのも、美豆良(みずら)髪の妙見菩薩さま。
妙見童子1.jpg
 聖徳太子が髪をみずらに結った立像は良く見かけますし、童子をたくさん従えた弁天様、天照大神16歳の時のお姿と言われる雨宝童子、稚児文殊・・こういう像があちこちに見られるのは「童子信仰」が背景にあるのでしょうか。
tenkawa32.jpg雨宝童子.jpg稚児文殊.jpg
 ですから、あの場面で幼い頃の主人公が出てきたり、高校生(でも心は童男童女)が活躍することは、何も不思議なことではないのですね。大人は常識で考えてしまいますが、幼児や若者は自己限定しませんもの・・古代信仰も踏まえた映画「UFO学園の秘密」の秘密は、まだまだあるのかも知れません。
http://www.ensenji.or.jp/contents/2014/08/post-25.php

全国の上映情報
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=384
posted by サンサンてるよ at 12:26| 大阪 ☀| 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

ふるさとの歴史に誇りを持とう!

 急に冷え込んできましたね。皆様お風邪など引かれてないですか?お歳暮なら嬉しいのですが、実は私も少し風邪をもらったみたいで、治療のために尼崎まで出かけておりました。阪神の普通電車に乗っていましたら、途中に「大物(ダイモツ)」という駅があります。いつもは特急で通り過ぎる駅なので、「ダイモツ〜ダイモツ〜」という車掌さんのアナウンスを聞いたのは、何十年ぶりでしょうか?
 そこでなぜだか「もしかして、ここは大物主か物部に関係するところでは?」と思い、慌ててスマホを取り出して検索すると・・やっぱり出てきました!「大物主神社(おおものぬし神社)」が!
 あぁ、今日まで何という失礼をしてきたのでしょう。小学生の頃、祖父母の家に行く車中「ダイモツ〜」のアナウンスがあると「モツ鍋」くらいしか連想しなかった私。「これは通り過ぎる訳にはいかないわ!」と反対向きの電車に乗り換え、参拝させていただきました。大物主と宗像三女神(その一人が市杵島姫=弁財天)が祀られているこの神社。かつて義経と弁慶がすぐ隣に隠れ住んでいたようです。
 大物主とは、先日ご紹介した三輪山や大神神社に祀られるご祭神。安倍晴明が、憧れと畏怖をもって仰ぎ見た神です。記紀では大国主命の幸魂・奇魂として描かれていますが、ニギハヤヒ(天照国照彦天火明櫛玉饒速日命)だという説もあるのです。ニギハヤヒはスサノオの第5子。大国主命はスサノオの娘婿・・歴史にはいろいろな説があってややこしいのです。
<過去記事>日本の国魂に感謝を捧げて(三輪山参拝ツアーの話)
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429214322.html
 仮に、大物主=ニギハヤヒという説をとるとするなら、実は11月22日はニギハヤヒのお命日だったのです。ですから3日遅れの感謝と鎮魂の祈りを、私も捧げてきました。2012年の11月23日には、やはりニギハヤヒが祀られている石上神宮(天理市)にお参りできたのですが・・今年は行けずにゴメンナサイ。
 11月22日の夜には、石上神宮や宮中でも、ニギハヤヒの鎮魂祭が行われるそうです。それはニギハヤヒこそが日本の最初の天皇と見なされているから・・けれども記紀ではそれをハッキリ明記していないから「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」の思いもあるのでしょうか?
http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/coramu1/isonokamichinkon.html
 石上神宮では、ニギハヤヒゆかりの十種の神宝ではないかと見なされる祭具を使い、宮司が
「ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここの、たり、ふるべゆらゆらとふるべ)」
と祝詞をあげて、厳かに神事が営まれるそうです。大物主についても、まだ研究途上で、最終結論は出ていないようです。
 さて、尼崎という地名についてですが、大物主神社の由緒書きには
「尼崎は『海(あま)が幸(さち)』を語源とするとも言われているが、往古、都の玄関口であり、風光明媚にして交通の要衝であるとともに、海路においては難所であった。」
と書かれていました。それで、航海安全を祈念して平清盛によって「宗像三女神」が勧請されたようです。この神社は、奈良まで行けない人たちにとって、最も重要な崇拝対象だったようですね。
 夏には「埼玉」は一霊四魂の幸魂(さきみたま)が語源だという記事を書きましたが、日本の地名は、後世、本当の意味が解らない様に、漢字を変えられていることが多いのです。
<過去記事>ご生誕祭が埼玉で開かれる霊的な意味
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20150628-1.html
 今は公害問題があったり競艇場があったりで、「尼崎出身です」とハッキリ言わない人が多いと聞きます。尼崎は、昔は摂津の国の一部で、ニギハヤヒやその一族、海人族(あまぞく=航海術に長けた民)とも呼ばれた人々が中心となって開拓された土地です。きっとボートレースも太古の昔から行われていたんだと思います。ただし、賭け事ではなく、海の恵みを与えてくれる神への感謝の行事として・・
https://www.youtube.com/watch?v=P6dv7RplwAI
 また、兵庫は勇ましい物部一族が住んでいて武器庫が多かったので「兵(へい)」の「庫(くら)」と呼ばれたのが語源だと聞いています。更には、醤油発祥の地は尼崎だという説も・・奈良や京都よりも古い歴史を持つ兵庫や大阪。埼玉県人の皆様もそうですが、尼崎市民も土地の歴史に、もっともっと誇りを持ってくださいね〜
 祖父母は淡路島の出身ですが、仕事の関係で長年、尼崎に住んでいました。サンサンてるよは尼崎の病院で生まれ、小さい頃は祖父母と同居だったので、余計に思い入れがありますの。祖父は淡路島では海運業を、尼崎ではサルベージの会社を営んでいたので、山よりも海に惹かれるのは、そのせいでしょうか?
 3歳からは大阪の豊中市に引っ越しましたが、そこも物部由来の地名や遺跡が多いところでしたねぇ。穂積、曽根・・50年経ち、感慨深く振り返っています。

 それにしても「大物」の駅名から「もしや?」と思ったのも、古代史探訪の賜物ですね。大物主という神様の名前を知らなければ、いまだに「モツ鍋」を連想していたでしょう。
 ですから、人は自分の中に物差しが無いと、対象を正確に測定できないという原理が、ここでも証明された訳です。
<過去記事>
正見とは何か?使いたい物差しがその人を表す
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20140217-1.html
大阪のおばちゃん、リケ女からレキ女へ
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20140203-1.html
 映画UFO学園の秘密にしても、自分の中にある物差しで、含まれている要素を検出するので、百人いれば百通りの見方ができるのは当然。
 私の場合は、歴史的・宗教哲学的な観点から眺めて「これは面白い!」と膝を叩きましたが、未来技術に詳しい方は、また違った魅力を感じて見ておられたことでしょう。ぜひ解説を聞きたいものです。見る人が見たら、もうすでに特許庁に走っているかも?
 そうそう、シネリーブル梅田では、またまた映画「UFO学園の秘密」が上映期間延長になりました。一体どうなってるのぉ〜という感じですが、12月4日までは、朝9時40分からの1回。夜にお出かけしにくい方にはラッキーな時間帯。このチャンスに是非ご覧くださいね(^.^)/~~~
posted by サンサンてるよ at 00:20| 大阪 ☔| 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

天御中主神と国常立神の関係

 さて、昨日の続きです。前回は、天御中主は天の中心なので北極星の神・妙見さまと同一視される、また水天宮にも祀られている理由は、「『北の神様』ということから陰陽五行では『水』に水びつけられるため」従って、水瀬アンナともかぶると書きました。でも、ちょっと説明が物足りないので、今日は補足を・・
 古事記では原初の神が「天之御中主神」、日本書紀では「国常立尊」となっていること。一体どういうことなんだ!訳わからん!ということで、サンサンてるよもいろいろ調べてきました。目からウロコだったのが「秀真伝え(ほつまつたえ)」の解説。買ったまま本棚にしまっていた「ホツマ物語」(鳥居礼)。最近取り出して読んでみたのですが、現代語訳でとても解りやすい!少し抜粋しますと・・
宇宙が生まれる前の時代である。ただ唯一、すべてのもとのもとになる巨大なる創造神アメミオヤだけがそこに存在した。
 しかし、やがてなにも存在しない世界にひとつの兆しが見えた。何かが動きだす兆しが・・そろそろ子どもを創るとするか・・・(途中略)・・空(うつぼ)風、火(ほ)、水、埴(はに=※土のこと)ここに宇宙の五大元素が完成したのである・・そしてついに空・風・火が縦軸となり、水・埴が横軸となって交わり、そこに地上初の人類−全人類の始祖が”人体”として誕生したのである。アメノミナカヌシ
かぎりなく神に近い”人”である。創造神アメミオヤの縮小された形が人である。宇宙の構成要素と人の構成要素はまったく同じであり、その比率も一定なのである。・・・じつはアメノミナカヌシは、創造神アメミオヤの生まれ変わりだった。もとのサゴクシロの宮殿に戻ったアメノミナカヌシは、つぎにクニトコタチとして転生し、地上で活躍する日を待っていた。

 どちらも、アメノミオヤが地上で活躍する時の名前ということですね。10月3日に録られたという「天御祖(アメノミオヤ)神とは何者か」まだ拝聴できていないので、幸福の科学での見解はそちらで・・全国の正心館限定で拝聴できます。
<関連記事>
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10354
 幸福の科学の日本神道研究・・ここまで来たか〜と、うなってしまいますね。
宇宙の根源神に当たる名前は、他の文献ではまた違った表現をされています。たとえば『天譲日天狭霧国禅月国狭霧尊(あめゆずるひあめさぎりくにゆずるつきくにさぎりのみこと)』、舌かみそうな名前です。http://www.geocities.jp/identaisi22000/syuyoukoumokuhikaku.html
古事記・日本書紀には、こういう天祖の名前が記載されていませんが、実は日本でも、ちゃんと宇宙根源神を認識していたということですね。
 明治に活躍された出口王仁三郎さまの「霊界物語」では以下の解釈が・・
霊界物語 第1章 天之峯火夫神(あまのみねひをのかみ) 〔1832〕
スの活動を称して主(ス)の大神と称し、また天之峯火夫(あまのみねひをの)神、またの御名を大国常立神言(おほくにとこたちのみこと)と奉称す。

 更に、大国常立の大神が天地を創造する様子は、
第20章 日地月の発生(につちげつのはっせい)〔20〕に記されていますね。
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0120
いろいろな古文書において、
天御祖神
天譲日天狭霧国禅月国狭霧尊
主(ス)の大神
天之峯火夫(あまのみねひをの)神
大国常立神言(おほくにとこたちのみこと)
等の名前で呼ばれてきたご存在を、私たちは現在「エルカンターレ」と呼ばせていただき、祈りの対象としています。そのご神霊が、物質世界に顕現された時の名を、天之御中主神や国常立神と呼んできた・・そういう解釈でいいのかしら?
 サンサンてるよが7月に訪れた天橋立。籠神社の奥宮、真名井神社のご祭神は豊受大神ですが、由緒書きに依れば、
またの名 天御中主神・国常立尊、その御顕現の神を倉稲魂命(稲荷大神)と申す。
と書かれています。 
http://www.motoise.jp/main/saishin/manai/
 となると、映画UFO学園の秘密は、ホルス=オシリスの降臨の映画であると、先日書きましたが、幸福の科学の過去世リーディングと照らしあわせ、更に他の説ともつなぎ合わせると、「国常立の降臨」であり、「天御中主の降臨」であり、更には「天御祖の降臨」を告げる映画だと言えますね。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429801552.html
 ホツマツタエにも出てきた「宇宙の五大元素」空(うつぼ)風、火(ほ)、水、埴(はに=※土のこと)は、それぞれの主人公に対応しますし・・
<主人公の名前に関する過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/427726306.html
 まだ上映している映画館ありますので是非ご覧くださいませ。
シネリーブル梅田では、27日(金)までは18:30からの1回。
<UFO学園の秘密・上映情報>
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=384
 最後に、能勢妙見山から撮影した空の様子です。以前、散歩中にも観ましたが、またまた太陽がある個所に反射して、きれいな虹が出ていたのです。一番左の写真の白い点を拡大したのが、真ん中の写真。UFOが隠れ蓑をかぶって浮いているのかと疑った雲も・・空を見ているだけでも楽しい遠足でした。空・風・火・水・土が織りなす美しい自然を堪能できる地球。この星に生まれられて本当に良かった(*^_^*)
能勢彩雲1.JPG能勢彩雲2.JPG能勢UFO.JPG





posted by サンサンてるよ at 08:08| 大阪 ☁| 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

日蓮や天御中主ゆかりの妙見宮に

 足腰を鍛えるため、時々山歩きをしようと発心したサンサンてるよ。昨日は能勢の妙見さんにお参りしてきました。ケーブルカーとリフトに揺られての楽ちん遠足なので、歩いたのは4キロほど。午後から出かけたので、あまり時間が無かったのです。今度は10キロ走破いたしますわ!
 能勢の妙見さんに一度お参りしたいなと思っていたのは、坂本龍馬も勝海舟も妙見信仰を持っていたと知ったから・・勝海舟が犬にかまれ死にそうになった時、お父さんが必死で祈ったのは、この能勢妙見から分祀された妙見さま(墨田区の能勢妙見別院)だったそうです。龍馬と佐那もよくお参りにいったとか・・
<過去記事>坂本龍馬の背後にある信仰とは
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/407496429.html
妙見神社自体は全国にたくさんありますが、能勢妙見の由緒は・・
http://www.myoken.org/rekishi.html
 この辺りを治めていた能勢氏が豊臣に敗れ、お家存続の危機に・・先祖の寄進で建てた岡山の日蓮宗の寺へと落ち延びて、お家再興を祈念しつつ時節を待ちます。その甲斐あって家康に取り立てられる幸運が巡ってきて、関ケ原では戦功あげ、かつての所領「能勢」を与えられます。これも法華経への信仰のおかげと、日蓮宗の高僧日乾上人に帰依。その日乾上人が、法華経のご守護神「妙見大菩薩」を自ら刻んで祀ったのが、能勢の妙見さんのご由緒。
 能勢妙見は鳥居もあるお宮さんですが、日蓮宗のお寺でもあります。そこの売店で買い求めたのが「まんがで読む日蓮」(650円)と「立正安国論」(400円)。お堂の横に座り、日蓮様の生い立ちや法難のエピソードを読んでウルウル感動の時間。これだけでも来た甲斐がありました。
t02200304_0485067012687551117.jpg
 日蓮上人は、ご自分では「海人(漁師)の子」と書いてらっしゃいますが、一説によると、武家の出。平安時代後期、井伊盛直の三男 政直が、遠江国山名郡貫名郷(ぬきなごう)に所領を得て、初代 貫名(ぬきな)氏となった。その5代孫に当たるのが、幼名・善日麿である日蓮。父の貫名重忠が所領争いを理由に、鎌倉幕府によって安房国小湊(あわのくにこみなと)に流されたのが、安房とのご縁の始まり。阿波忌部の末裔の暮らす安房の地。そこは妙見信仰が盛んな土地でした。12歳の時に、清澄寺にあがり、仏道修行を始めたとか・・幼少時の御姿が誕生寺に立っています。
http://www.tanjoh-ji.jp/09.html
貫名山妙日寺(父母の墓所)
http://www.hokkeshu.com/event/dic_ni_nitiren_ryousin.html
 とはいえ、12歳までは古くからある妙見信仰に強い影響を受けていたはず。更には清澄寺も又、妙見菩薩を祀るお寺だったようです。また、伊勢神宮近くのお寺に参籠した際に現れたのも、妙見大菩薩。日蓮を守ると告げられたとか。日蓮と妙見信仰には深い関係があったのが解ります。そういう背景もあって、法華経の守護神と見なされ、日蓮宗のお寺に祀られているのでしょう。
 この妙見菩薩は、北極星を神格化したもの。遠い国から日本にたどり着いた海の民や遊牧民が、妙見信仰を日本にもたらしたという説があります。彼らは、方角を知るために北極星を、時間を知るために北斗七星を頼りにしていました。そこから星への信仰が古来より大切にされてきました。
 天の中心にある北極星と同一視されてきた神を、神道的に表現するなら「天御中主神」。ですから天御中主神は妙見宮に祀られることが多いとか。
 また天御中主は、水天宮系列の神社にも祀られています。それは、陰陽五行で、水は「北」を表し、北極星とつながってくるから。ですから、水瀬アンナには、天御中主神もかぶっているとも解釈できるのですね。
 水天宮は、「大川隆法の鎌倉でのUFO招来体験」P100に登場しています。この本には、日蓮上人が首をはねられそうになった時に何が起きたか!そして日蓮上人と天御中主神の深〜い関係が明かされていて、目が点になることばかり・・最近のマイブームですね。
10301710_563325dd8926b.jpg
 最後に、能勢妙見に立つ日蓮上人と、その近くで見つけた「経巻を持つ日蓮さま」のような木。この木を見つけた時は笑ってしまいましたわ。人間のように立っているんですもの。素敵な写真もいろいろあるのですが、今日はこの辺で・・
能勢日蓮.JPG能勢の木.JPG
posted by サンサンてるよ at 13:25| 大阪 ☁| 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

邪神の力を弱められるのは・・

 来年はサル年ですね。最近気になり始めたのは、2016年の年賀状小噺のこと。ここ数年、年末からお正月にかけて産みの苦しみを味わう連続でしたから、早めに考えておかなくてはね・・12年前のサル年には、以下の小噺を年賀状に書きました。2013年1月4日にも関連記事をアップしています。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388730942.html
130104_0033~01.jpg

▲去年は西洋文明とイスラム文明の衝突があったらしいで。
★同じ神さん信じてんのになぁ。
●宗教の違いは、同じ山をどこから眺めるかの違いやと、
 ボクは思うねんけどなぁ。自分の方向から見た姿に
 こだわるのが争いの原因とちゃうやろか。
★ほんまや。ボクらも『見ザル聞かザル言わザル』みたいな
 無責任な態度を決め込まんと、地球の一員として人間に
 もっと意見を言うていかんとあかんで。
▲そやけど、サルの意見なんか聞かへんて逃げたらどうするねん?
サル者は追わず
●やっぱり無責任や・・
*****************************
 世界の宗教の源には同じ偉大な存在があって、宗教の違いは、その巨大な山を眺める景色の違い、山登りのルートの違いだと訴えてきた来し方でしたが、12年経っても、世界は相変わらずの状況。
 けれども、12年経ち、地球の混乱の背後にあるものが、だんだんベールをはがされてきました。大川隆法総裁が取り組まれている「宇宙の法」の探求。様々な宇宙人のみならず、宇宙の深奥には邪神が存在すると判明してきました。映画「UFO学園の秘密」でも、彼らの姿が描かれています。
 神の名の元に、神の名を汚す行為、地球人としてひとつになることを妨げる行為・・とても同じ山を登る仲間とは言えません。報復の連鎖は、彼らの思うツボです。
 日本は、虐げられた民族の解放のため正義の戦いをしましたが、歴史の中では、自国のために他国のことを全く考えない戦争やテロがほとんどです。自国のためというより、自分の商売や目的のために・・の方が正確でしょうか。あたかも、将来禁止されるであろうマーガリンを「早く売らなくては」と焦る企業のよう・・
 そういう手段を選ばない人たちに、振り回されてきた地球。映画「神秘の法」に、世界の人たちが侵略国家に対して抗議をしているシーンがありましたが、実は侵略国家の背後に、黒幕がいることも解ってきました。今回の映画「UFO学園の秘密」は、世間にばらされたくない「彼らの秘密」の開示でもあります。シネリーブル梅田では、11月21日(土)から27日(金)まで、またまたロングランが決まりました。18:30からの1回、これで期間延長3週目です。それだけ重要なメッセージが含まれている証拠だと思います。単なる娯楽映画ではありません。これからの世界のシナリオを変える力を持った内容です。あらゆる先入観を投げ捨てて、是非ご覧いただきたいですね。
※19日(木)20日(金)は15:55からの1回です。
 はるか昔から全てを見通して、駒を進めてきた現代の救世主。映画や出版活動で世界に発信できるようになったとは言え、まだまだ十分には力が及ばない・・それは、邪神たちの思惑通りに「宗教は悪」と洗脳されてきた日本人が、完全に眠った状態にいることが大きいのだと思います。
 「この宗教しかダメ」といった短絡思考ではなく、一見異なる文化や思想を、ひとつの国の中で見事に融合させてきた日本人。そういう寛容で柔軟な考え方の日本人にしか出来ない仕事があるのです。それは、世界平和を創造するリーダーとなること。違いではなく、共通項を見つけ出す力・・それは、どうも民族によって違いがあるようです。だからこそ、日本が世界を救ってゆく中心の国として選ばれた・・
 もういい加減に私たち日本人は、目覚めなくてはなりません。自分たちの真実の歴史や姿に・・世界を変えてゆく力を自分たちが持っていることに・・宇宙の邪神を引き付けたことが、地球の歴史の汚点なら、それにお引き取りいただいた栄光の時代も、地球の歴史に刻めるのではないでしょうか。それは私たちひとりひとりの気づきと勇気にかかっているのです。
<UFO学園の秘密・上映情報>
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=384
posted by サンサンてるよ at 22:23| 大阪 ☔| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

映画の難点をひとつ申しあげるなら

昨日はまた次女と映画へ・・私は日曜日には行きませんでしたが、満員御礼だったとか。ヨカッタヨカッタ。実は、先週木曜日から、熱が出た入居者さんのお世話が続き、日曜日は私も体調がすぐれず休養タイムを取っておりました。それに長女の誕生日だったので、心を込めて手紙を書いたり・・時には自分のためだけに時間を使う日もないとリフレッシュできませんものね。
 さて昨日「あっ!」と思ったのは、事件が起きた部室でたたずむレイのネクタイです。大写しになったネクタイの模様が△になっている!14日の記事では
「レイには真輝さんのイメージがかぶっているのでは?」
と書きましたが、
「この△はホルスの目の象徴か?やっぱり、レイはホルスだという暗示かしら?」
なんて思ってしまったのです。他のシーンでは、どのネクタイも△はハッキリ描かれていません。ナスカ学園(やHSU大学)の校章はピラミッドですが、それだけではない意図が隠されているのでは?
guide-abouthsu.jpg
images4LF9B4DQ.jpgimagesS7H73F73.jpg
 ホルスの目は、一ドル札にも印刷されているピラミッドの頂上にある目ですから、△は、アメリカ人やアカデミー賞関係者はドキッと反応するマークでしょうね。△は三位一体も表しますし、演出が憎いこと!!きっと、そこここに「接着剤」に当たるものを散りばめているのでしょう。尤も「皆さんが使っているマーク、本家本元はこっちでっせ」と言いたいところですが・・(笑)

 ポテチ、パン食、ダイエットコーラ・・これらも、アメリカ人が親しみを覚えるもので、うまく演出に使っておられますが、ひとつ苦情を申し上げるなら、サンサンてるよは映画を観た後、無性にポテチが食べたくなってしまう・・こういう洗脳効果はあかんと思いますよ(笑)理由に気がついてからは買ってませんけどね。
 この1年ほど、認知症予防の食生活を勉強したワタクシ。実は、映画に出てくる食べ物飲み物は、あまり推奨できないのです。コンビニのパンやスナックには、マーガリンやショートニングを始め、有害な油脂が使われています。たとえばマーガリンは「心筋梗塞などのリスクが高まるトランス脂肪酸」を含んでいるとして、アメリカでは使用中止となりました。でも日本では、まだ出回っています。アメリカでの流れを受けてマーガリンの在庫を抱えないよう、バター不足だと言って店頭に並べない、値段を高くする・・魂胆が見え見えです!最近の研究ではオリーブオイルも摂りすぎは良くないという結果も・・
 ダイエットコーラに入っている人工甘味料も、実はあまり良くないのです。砂糖でないとは言え、すい臓は大量のインスシュンを出すと判ったそうです。(ボストン大学医学部のバーバラ・コーキー博士の研究)
http://macaro-ni.jp/13023
http://bihada-mania.jp/blog/16121
 血糖値が上がる→インシュリンが出る→血糖値が下がる→アドレナリンなど怒りのホルモンが出る→血糖値を上げるという繰り返し・・キレる子どもが増えている理由のひとつです。
 ですから、危ない添加物をいっぱい含んだスナック菓子や飲み物を、学園の売店にそろえていること・・お節介でしょうが「やめて〜」と言いたいですね。敗戦で食は欧米化。更にはわざと病気になるような添加物を入れて儲けにつなげる闇の勢力・・こんな悪循環はもう絶たなくては・・やはり昔からの日本食がいいですわ。
http://bihada-mania.jp/blog/16121
 朝食シーンで
「朝食が玄米と味噌汁と漬物の日は、夕方になっても疲れないし、頭がシャキッとするぜ」
なんて言ってほしいのですが、外国の方は「はぁ?」となるでしょうから、痛し痒しですね。
http://kusakashun.com/genmai/story03.html
 でも、せめて本当の学園では「学生の健康を考えたメニューやお菓子」精舎などでは「認知症予防のメニュー」に真剣に取り組んでいただきたいですね。祈願もすごいですが、宿泊や雲水したら、お腹回りすっきりした〜記憶力良くなったという評判が立つかも?
 日本食礼賛から話は戻りますが、ともかく、欧米圏へのインパクトは「コーラやポテチ以上に、ホルス降臨の真実の方が桁違いに大きい」と私は思いますね。キリスト教の前はユダヤ教ですが、ユダヤ人はカナンの地に行く前はエジプトで奴隷として働いていました。
 ですからエジプト神話の影響をキリスト教が受けていないはずがありません。実際、キリスト教以前の様々な宗教には、救世主に関して似た物語があるようです。たとえば、ホルス。(BC3000年頃からエジプトで祭られている王)
12月25日、聖母イシス・メリーから生まれる。ホルスの誕生には東方から星が現れ、3人の王が祝いに駆けつけ新しい救世主として崇拝した。12歳で天才児として教育者となり、30歳でアナブによって洗礼を受け、聖職活動を始めた。12人の使途と旅を共にし、病を治したり水の上を歩くなどの奇跡をおこした。ホルスは多くの名前で知られていた。真実、光、神の子、よき羊飼いなど。タイフォンに裏切られた後、十字架に張り付けられ埋葬されたが、3日後に生き返った。
イエス様にそっくりでしょう?メリーはマリアのことですし・・ 
 更には、エジプトでは、ホルスとオシリスは一体の存在と見なされてきました。ということで、結論を申し上げますと、映画「UFO学園の秘密」は、ホルスでもあるオシリスの復活を高らかに告げる映画なのだと思いま〜す!(注:サンサンてるよ説)
別にこれは映画の難点じゃぁございませんわよ。救世主とは言え、もう十字架は結構ですので・・言葉の槍ではすでに突かれ放題ですし、すでに何度も復活されてますしね。どうか今世は末永くお元気にご活躍くださいませ。信者一同からのお願いです。
http://shinjihi.hatenablog.com/entry/2015/01/10/045355
http://www.moonover.jp/bekkan/mania/chirist.htm
posted by サンサンてるよ at 09:54| 大阪 ☁| 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

映画ヒットの条件とは?

 この解答も、昨日ご紹介した「職業としての宗教家」(大川隆法スピリチュアルライフの極意)にヒントが書かれているんですね。
51v6yO2HPGL__SX333_BO1,204,203,200_.jpg
 どこに書かれているかは、実際に本をお買い求めの上、探してくださいね(*^^*)今回のUFO学園に当てはめるとすれば・・たとえば、レキジョのサンサンてるよの場合は、主人公を「正史では業績を抹殺された神々や部族」の復活として見たから、毎回飽きもせず映画館に足を運び、更にはPR記事を次々と書いている訳です。55歳のおばちゃんは、単なる高校生の活躍では「感情移入」は出来なかったでしょうね。レイの変化身には、国常立や古代イスラエルの民など「貶められた鬼の復活」もっとハッキリ言うなら真輝さんと重ね合わせて見てましたもの。(※広義では総裁先生ともかぶるのかも?5人まとめて「地球神として現れたエルカンターレ」の働きのようにも感じています。)
 今年の2月3日に参加した「大本」の節分祭。そこに置いてあった冊子には、
太古の昔、この大地をお造りになった国祖・国常立尊は大地の神々の世界を治めていた。とても良い世界が樹立されたが・・多くの神々の中に「我よし」「強いもの勝ち」のおごれる心が高まり世が乱れていった。
 そこで国常立尊は神々の罪を一身に背負い、節分の日に世の艮(東北)に隠れてしまった・・それから悠久の歳月が流れ、地上の乱れが激しさを増し、陰から世の中を見守っていた国常立尊はこれ以上放っておけないと再び世に出てきた。

と書かれていました。江戸末期からの教派神道の勃興がその先駆けと言われています。ですから、悪神から鬼呼ばわりされてきた国常立大神の復活を願って、大本の節分祭では「鬼は内、福は内」と唱えます。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/413552385.html
 この「我よし、強いもの勝ちの悪神」というのは、映画UFO学園の表現では悪質レプタリアンや背後の邪神のことになるのかもしれません。そういう意味では、2013年11月24日に大川隆法総裁が橿原支部にて、
「国常立は次男(大川真輝)です。」
と宣言されたことは、邪神たちにとっては「ヒョエーーーッ」となる出来事なのですね。以下の書籍に詳細があります。
06161708_557fd96d59285.jpg
 この本ワタクシ大好きですね。「・・2700年近く単一王朝が続いている国など、世界にない。これ自体が世界遺産そのものだと思う・・日本と言う国はもっと自信を持たなくてはいけない。」と力強く言ってくださっているご説法。発掘が進めば、今以上に進んだものも出てくる・・稲作も、2000年くらい前に日本から韓国の方に輸出されたと判ってきた・・日本人は自虐史観を変えなければいけないとお話されています。その他にも衝撃の事実が続々と・・
 途中、外国に侵略されそうになっても、神風などで何度も免れている・・日本の背後にかなり強力な神々がいてくださった証拠です。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731144.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20131228-1.html
 その代表格とも言える「国常立大神」が、映画の中でも復活したように私には思えるのです。(あくまでもサンサンてるよの私見です・・)そして、行き詰った世界を大きく変えていく働きをされてゆくのだと・・となると、邪神たちにとって確かに目障りな存在です。
 それぞれの方が、自分と映画の接着剤となるものを発見しているのだと思います。中高生なら、すぐに感情移入できるでしょうが、年代が離れるとまた別の接着剤が必要となります。水瀬アンナちゃんと私の接着剤は「瀬織津姫」という女神。それは「森下春花」ちゃんともかぶっています。日下部や風間という苗字には、物部や出雲を想起させてくれます。天城(甘木)は、奄美諸島の徳之島や九州北部、岡山、奈良など邪馬台国の候補地(移動ルートか?)によく登場する地名です。最終地点の奈良大和で、国常立が初代天皇として即位したとも言われています。そういう意味では、彼らの本名という形で、歴史人間への接着剤をこの映画は上手く用意して下さっていたということでしょう。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429214322.html
 けれども、誰もが日本の隠された歴史や神々に詳しくはないので、多くの人を惹き付けるには、「接着剤の多様性」が必要でしょうね。これは、映画に限らず、宗教としても、実現党としても、大事なポイントだと思うのです。
 それにしても「職業としての宗教家」は、ファンを増やして事業を発展させる智慧が満載ですね。「宗教はちょっと・・」と思われる方にとっても、書かれている内容はとっても解りやすい「経営指南書」だと思います。軽い対談本と思ったらいけませんね。是非お手元において繰り返し読まれたら、商売繁盛間違いなし!まずは私が繰り返し読まなくては・・
<雲母(キララ)さんのプロフィールより>
1998年生まれ。2011年「ファイナルジャッジメント」で映画デビュー。2013年「ウルトラマンギンガ」シリーズのヒロイン役でテレビデビューを果たす。続編「ウルトラマンギンガS」にもゲスト出演。その他、舞台等に多数出演。2016年春公開予定の「天使にアイムファイン」に主演予定。
posted by サンサンてるよ at 07:49| 大阪 ☔| 日本再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

大川総裁の遠隔透視光線?!

 先日、映画をご一緒した方と、おしゃべりしていた時のこと
「1日に4回上映されていた時と、今日みたいに1日で1回上映の時とで、映画の長さ違わないですか?数分だけかも知れないけれど、見かけないシーンが出てきたり、何だか時間がゆったり流れる感じがするんですけど・・」
「えーっ、それは同じ時間でしょう?見落としていた場面に気づいただけじゃない?」
映画館の方に聞いたのですが、同じ長さとのこと。主人公がベガ星から帰る途中に、それぞれの夢を語るシーン・・光一元の世界の中で地球への愛を語るところ・・何だか最初の頃より、ゆったりじっくり語り掛けてくれている感じがするのですが・・
「時間の感じ方が変わったんじゃない?」
とはその方の推理。
「そのシーンの間は、時間がゆったり流れるということ?」
浦島太郎が数日と思ったら、地球では何百年も経っていた・・みたいなことが起きているのでしょうか。この世的な意識で観ていたのが最初の頃で、今は映画の中の時間(UFOの中での時間)で観ているということ?何だかキツネにつままれた気分・・でも主人公の思いが私の心に届く感覚が、増しているのは確かです。
 さて、話は変わりますが、今日「職業としての宗教家」大川隆法スピリチュアルライフの極意の第2章を読んでいて、ビックリしたことが!(DVDはほとんど拝聴できないので、本になってようやく情報をゲットできる私です)P40 辺りから、総裁先生の遠隔透視とはどういう感じか書かれているのですが、それを読んで思い出したことがあります。
51v6yO2HPGL__SX333_BO1,204,203,200_.jpg
 あれは2009年の8月、幸福実現党が初めての衆院選を戦った時のこと。大川隆法総裁が大阪に街頭演説に来てくださったことがありました。場所は中之島の大阪市庁前。何とか家を抜け出せた私は、ギリギリに駆けつけられたのですが、ロープを張られた空間には人がいっぱい。どこで聞こうかなとウロウロしている内に、街宣車の上にご登壇され、演説が始まったのです。通行人のような顔をして人の流れに沿って歩いている内に、ちょうど街宣車の横に・・そこで真下から総裁先生のお姿を見上げる形になってしまったのですが、ふとこちらを向かれた総裁先生の左目が・・
ピカーーッと銀色に光ったのです〜〜
時間にして数秒だったのですが、「えーーっ今のは何?」とずっと疑問に思っていたんです。ともかくも「普通の人間ではないんだ」という事は解りましたが・・でも、この本のP41を読んで「これかも?」と納得。霊的な目ん玉がにゅるにゅる飛び出して対象に届くというより、牽引ビームのような何らかのビームが出ていて、その間の空間は何も無いに等しくなるのかしら?
 他にもP34には「魂がいくつかに分かれてゆく」という話も・・あれは2011年の3月、私が初めて北陸正心館に参拝した時のこと。礼拝堂でふと
「総裁先生は今日はどちらにご巡錫かしら?」
と思った途端、
「ここにいる!」
という厳かな声が響いてきたことがありました。その裏付けも取れた気がして溜飲を下げた気分。
 以前から支部で起きていることも、信者さんの悩みも、東京にいながら全部ご存知では?と思っていましたが、普通の人間なら参ってしまいますよね。これだけでも超人的な精神力の持ち主だと解ります。トップシークレットに当たる内容をサラリと告白されたのも、お相手が可憐な雲母(キララ)さんだからかな?雲母(キララ)さんありがとう〜〜〜
<お知らせ>
シネリーブル梅田では、再度ロングランが決定し、14日(土)~20日(金)までは、15:55~18:05の1回上映です。
シネプレックス枚方も20日まで上映します。同じく、16:40~18:50の1回です。
全国のロングラン上映映画館はこちら
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=384
posted by サンサンてるよ at 20:09| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

ごめんなさい、ごめんなさい

 昨日はロングランになってから初めて時間が取れ映画館へ・・ご一緒したのは、1年ほど前から急に親しくなった法友でした。10年くらい前は同じ支部にいらっしゃったのですが、別の支部の所属になったりで、ほとんど交流は無かったのですが、最近不思議なご縁でおしゃべりする機会が増えた方。昨年、定年退職されたので、何と毎日映画館に通われたとのこと。どうりで一層雰囲気が違ってこられた感じが・・昨日は私の見落としていたシーンを解説くださったり、いろいろと勉強になりました。見落としていたシーンとは、
「ベガ星で大きい池から、エイスケの丸い魂がポンと出てきて、4人の子どもの横に並ぶのよ。」
という普通は気づかないような場面。英語への勉強熱も素晴らしく、英語吹き替えでリスニングの訓練をされたようです。
 この方のすごいところは、退職金をそっくりそのままポンと大学にご寄付され、老後の心配などされていないこと。我がごとより地球の未来を優先されている尊いお心に頭が下がった次第。朝は全編読じゅのお祈り、寝る前も必ず祈りの時間を取る規則正しい毎日。退職を機にハワイ正心館に3カ月雲水に行かれ、太陽の法も30回以上は読んだとのことで、教学への姿勢も感動。さすが【純粋な信仰】ご説法後の質疑で、「不惜身命」と書いた紙を掲げ、先生にご指名された方だけのことはある。2007年の12月1日でしたね。あれからもう8年ですか・・今朝は「そうそう」と懐かしく思い出し【純粋な信仰】を読み返しておりました。
 先生のご巡錫が再開されたきっかけとなった大阪中央支部での出来事。2007年5月のあの日、専門学校の授業が終わった直後、法友から「先生がいらっしゃってます」とメールがあり、「私が行ってもいいのかしら?」と思いつつも支部へ。総裁先生がエレベーターから出てこられる時に、歓喜の気持ちをマックスにしてお迎えしました。元来遠慮深い人間なので、先生の大サービスで次々に列をなして握手される中、握手することもなく、後ろの方で合掌してお見送りした次第。(抱きついた人もいたようですが・・)
「平日の昼間、突然にも関わらず、たくさんの人が集まってくださったことが、私の心に火を付けてくれた」
と【純粋な信仰】の中で告白くださったこと・・本当に勿体ないことでございます。
 話が逸れてしまいました。その方のご精進に比べると恥ずかしいほど、私など時間的にも経済的にもギリギリで、この数年は植福も研修も支部のお手伝いもほとんどできない状態ですし、たいてい起き掛けにブログの内容が浮かんでくるので、忘れない内に下書きに放り込もうと、朝のご挨拶もそこそこに「ごめんなさい。ごめんなさい」とご本尊の前を通り過ぎ、パソコンに向かいカチャカチャ。そうこうしている内にホームに出発の時間となり、行きがけに正心法語を出来なかったら、家事をしながら心の中で唱えたり、寝る前も、横に入居者さんがいるので、主や全国全世界の職員さんや信者さん(最近は、協力くださっている宇宙人の方々)のお働きに感謝し、皆様のご健康と幸福と豊かさを祈念し、先祖や恩人、子どもたちがお世話になっている先生方、衣食住を提供してくださっている方々へも感謝をして、パタンと寝てしまう生活。全編読じゅは、ゆっくり時間のある時くらいという、いい加減な信者でございます。子どもたちにも十分なことが出来ていませんし・・ウンモ星人のように「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝らないといけないことは山ほどあります。
 そんな信者でも、皆様の後ろからついて行くことが許されている寛容な団体が幸福の科学。私はお布施を強要されたことなど皆無ですよ。月の半分以上はホーム泊まりで生活に追われていた数年間でしたが、昨日は、法友の素晴らしいご精進の姿が、私の心にも火を付けてくださった気がします。
 映画が終わって駅を降りた頃にはもう真っ暗。途中、街灯に照らされてキラキラ光るものが・・近寄って見ると、割れたガラス瓶が散乱しています。以前の私なら、そのまま通り過ぎるところでしたが、先日テレビで見た「町の掃除をして地域貢献する社長さん」に影響されたのでしょうか?ホウキとチリ取りを持って現場に戻り、細かい欠片も残さずお掃除を・・酔っぱらって座り込んだ方や登校するお子さんが怪我したらいけませんもの・・欠片は箱を2重にしてゴミ箱へ。これまでマンション周りだけだった関心範囲が広がったのは、やはりあの番組のお蔭かな?家から駅までの掃除を毎日続けてらっしゃる信者さんもいらっしゃいますし・・いろいろな方に影響されるのが、この世に生きている醍醐味だなあと感謝しました。
posted by サンサンてるよ at 09:12| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

大阪でも更なるロングランが決定!

 当初、UFO学園の秘密の終了予定は11月6日。次の週に仕事を詰めて入れていた私は、13日までロングラン決定!と聞いて、嬉しい反面あちゃ〜〜。でも、立ち見が続いたお蔭で、更に1週間延長されることに決定!シネリーブル梅田では、20日まで上映されることになりました!!バンザ~~イ
 昨日は、勤務明けにマンション清掃のため舞い戻って、またトンボ返りで勤務に・・。連泊の時は、特に気持ちの切り替えが大切!いつもは読書で気分転換ですが、昨日は掃除の日だったので、手すりについた鳥のフンや長〜〜いナメクジのご遺体などを、水をかけながら取り除きました。先日購入した「大川隆法の鎌倉でのUFO招来体験」に、「蚊やナメクジも小型の宇宙人ロボットかも?!」なんて記述があったので、思わず疑ってしまいましたわ(笑)だって滅多に見かけないタイプのナメクジだったんですもの。
10301710_563325dd8926b.jpg
 先日ホームのテレビで観たカンブリア宮殿では、”超”地域密着経営をしている不動産会社が取り上げられていました。大里綜合管理株式会社の野老真理子(ところ まりこ)社長。明るく地域の方々を元気づけるその裏には、社員のミスで若者を死なせてしまった悲しい事故があったとか。それをきっかけに経営方針を徹底的に見直し、今は仕事の時間の半分以上を、地域貢献に費やしているとのこと。いろいろなイベントを企画して、地域の方を喜ばせている中で、掃除を最も重要視しているそうです。
 それは、事故の原因は「気づく力の欠如」そして、掃除は「気づく力」を養うと解ったから・・2年前からマンション清掃も担当している私には心ひきしまる言葉でした。バックナンバーもあるのですね。放送を見逃した方はこちらから・・ホームに行くといつも良い番組に出会えます。
http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/?sc_cid=biz_txbiz_cambria
 そうそう、先日再会した気功師さんからは
「アメリカの病院などで、気功治療をするので、1日3時間くらいは瞑想します。貴女も介護をしているなら、エネルギー補給は大切ですよ。」
とアドバイスをくださいました。本当にその通りですね。先日、映画を観てくださった方も
「友人が希望を持って、老人介護施設に就職したが、ウツ病になってしまった。」
とおっしゃっていました。医療や介護に限らず、夜勤や残業の多い方、仕事の時間が不規則な方、ずっと座りっぱなしの方・・自分のエネルギー残量を常にチェックし補給しないと、心身共に危険ですものね。
 この数年間は、正心法語を読んで10分ほど瞑目してから仕事に出発〜(日によってそれも出来ない時もありました)という慌ただしい生活でした。50代前半はそれで突っ走れてきましたが、今年辺りから、もう少し身体をケアしなくてはと思っています。3時間とまでは行かずとも、もう少し瞑想タイムを取らなくては・・読書瞑想は常にしているんですけどね・・
 この日曜日は、入居者さんと南の島唄のDVDを観ながら踊りました。歌や踊りもエネルギー補給にいいですね。姫神の音楽も好きですが、南方の明るくも何かしら物悲しい旋律に心惹かれます。そうやって明るく前向きに歌わないと、やりきれない歴史もあったのでしょうね。
 さて昨日は又、とっても嬉しいメールをいただきました。私が夏に天橋立で撮影した動画、他の人に見せると「カメラの傷に光が反射しただけでは?」とかいう人も居て、悩んでいたのです。でも前後の動画には映っていないし、場所も次々に移動している・・それで、そういうことに詳しい先生に、”勇気を出して”お聞きしてみたのです。というのは、私はその先生のメルマガ読者に過ぎず、こんなことを聞いてもお答えくださるか自信がなかったから・・
 そしたら、意外にも嬉しいお返事が・・更には、お礼方々ダメ元で映画のご案内も差し上げたら、すでに地元の信者さんからチケットを送られているとのお返事でビックリ!この先生ご夫妻も、先の気功師さんのようにエネルギーの解る方。そして、この先生の物理の理論に私は大きく影響されたので、言わば恩人に当たる方なのです。それで、是非観ていただきたいなと思い、
「地球や日本を守ってきた神々が、高校生として活躍する映画、ベガやプレアデスともつながる映画です、もし宜しければ・・」
とメールしますと、
「この木曜日に妻と観にゆきます。」
とこれまた嬉しいお返事が・・先生のお近くにたくさんロングラン会場があったのでラッキーでした。ギリギリ間に合って本当にヨカッタ!朝からウルウルでした。
posted by サンサンてるよ at 12:54| 大阪 ☀| 社会福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

正心宝は星からエネルギーを引いている?!

 今回の映画を機に、久しぶりに連絡をした友人や恩人、母を通してご縁をいただいた経営者の方、元議員さま、ご神職様、・・旧交を温めたり、貴重なご意見を伺ったりできました。突然のお誘いにも関わらず、快く映画館にお運びくださった皆様には心より感謝申し上げます。
 中でも嬉しかったのは、ダメ元で「もしかしてご関心あられないかしら?」と突撃メールを出した方から、快諾の返事をいただいたこと。その方は日本の真実の歴史に関わるご本を数多く出してらっしゃる著名な方。その方がお話をされる会に、この6月に初めて参加したのです。参加者の1人に過ぎない私に有難くも名刺を下さったので、そのアドレスに思わずメールを・・すると「友人も観たと言ってましたので・・」とちゃんとお返事をいただき、気さくなお人柄に感銘を受けました。 
 久しぶりに再会できた方々にも感謝の合掌。前の支部に居た時に、実現党のポスターを貼って下さっていた靴屋さんご夫妻。同じく前の支部に居た時にお世話になった大先輩・・ご年配なのでちょっと心配でしたが、最先端情報に一生懸命ついてきてくださったようです。
 中でも、先日の記事でご紹介したエネルギーの見える貴公子、いえ気功師のアメリカ人と再会できたことは、ラッキーでした。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/427436318.html
 映画の情報を送ってはいましたが、「日本に戻ったら連絡する」とメールがあったきり、なかなか返事が無く心配していたのです。
「日本での英語吹き替え上映も終わってしまったし・・」と残念に思っていましたら、
「大阪に来ています。今どこにいますか?」
とようやくメールが。映画鑑賞中だったので、後で気づいて慌てて返信すると、
「今日は時間が無くて映画は観れないが、少しだけならお話できる」
とのことで、ヨドバシカメラ前で待ち合わせることになりました。何と言っても
正心宝は宇宙からエネルギーを送られている。正心法語もパワーを感じる」
と教えてくれた方。ですから、映画も是非・・と思ったので、連絡がつくようずっと祈る思いだったのです。
 英語が解らない場合に備えて、次女にも「来て〜」とメールしましたが、予定が合わず残念。ともかく、私のコートの色、メガネの特徴を伝え待つこと20分。ようやく現れ嬉しい再会が叶いました。2年前からNYに戻っていたとのこと。けれども、メールでアメリカにいると判り、北米での上映情報をお知らせした時は、すでにNYでの上映は終わっていたようでした。
 少しの予定が2時間近くいろいろ話が弾み、私のオーラの色(今回はブルーがメインで紫は一部分)やら、頭から螺旋を描いてエネルギーが出ている様子を教えてくださったり、家族の写真を見せれば、それぞれの体調や心境が判るようで、子どもの心配をしていた私の心も見抜いて、安心させる言葉をくださったり・・解りやすい英語で話してくださり、たくさんのおしゃべりが出来ました。
 更には、私が撮影した雲の意味やら、日本の神様は宇宙人だという話やら・・なんで外国人なのに日本の神話に詳しいの?とビックリするほど。以前、私のことを獅子座と言われた意味(生まれは蟹座なのに)が解らないままだったので、聞いてみましたら、
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20130718-1.html
「プライドが高いということです。」
「えーっ、そうですかぁ?」
「いえ、良い意味でのプライドがあるということです。」
とのこと。
 別れ際に「そうそう・・これを見て貰わなくては・・」とコートに隠れていた正心宝を見せて
「今回も何か感じますか?」
と聞きましたら、しばらくじっと見ていて
「星とつながっている・・星からエネルギーを引いています。」
と言われました。
「どの星ですか?」
と聞いたのですが、
「大事な話なので、また時間がある時に・・」
とその日はお別れした次第。でも再会をとても喜んでくださって・・いろいろな方を使って、私たちに真実を教えてくださること・・つくづく有難いなと思えた日でした。
posted by サンサンてるよ at 09:24| 大阪 ☁| エルカンターレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

日本の国魂に感謝を捧げて

 国造りの先人のご業績に感謝を捧げ、無念を抱えた方々には鎮魂の祈りを捧げる・・それがひいては私たちの国造りを後押してくれる・・そんなことを前回の記事では書きました。
 最近「おっ!」と思ったのは、幸福の科学、大阪と奈良の本部主催で、大神神社参拝&三輪山登山のツアーが企画されていたこと。私は仕事で行けませんでしたが、参加された支部長さんが会議の時に報告下さいました。
「往復2時間の登山で、足がまだガクガクしています。山の頂上には何と!大きな岩があって、反重力技術で運んだのではないか?その岩にはクッキリと十字が刻まれていて、やはり宇宙のレーザー技術かなにかで刻んだのではと説明されてました。」
おお〜〜宇宙時代に相応しい解釈!支部長さんも段々レキジョ&ウチュジョ(宇宙女子の略)へと変身されている感じが・・三輪山では撮影禁止なので、写真がないのです。他の磐座(イワクラ)の写真があるので、こちらを見ていただいたらいいかしら?
http://mysteryspot.main.jp/mysteryspot/yamazoe1/yamazoe-1.htm
 ツアーに同行されたのは、大神神社のご祭神にも関係の深い木下局長。ですから世間の誤解が多いですが、幸福の科学は大川隆法総裁を個人崇拝する団体ではないのです。エルカンターレという宇宙の根源の意識を信仰対象としています。もちろん総裁はその根源意識と同通し、この地球に新たな精神文明&宇宙文明をもたらす方という認識ではいます。だからと言って、古来の宗教を否定する唯我独尊の姿勢ではないのです。総裁ご自身も、分け御魂に縁のあった神社仏閣に参拝されています。最近、幸福実現党の候補者さんたちのブログを見ても、地元の神社に参拝され、日本の神々を大事にされていますね。
http://masakosasaki.blog.fc2.com/blog-entry-39.html
http://masakosasaki.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
 その木下局長の過去世は、大国主命。大神神社のご祭神は大物主神と言って、『日本書記』では、大国主神の「幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)」であると名乗られたとあります。その神は「三輪山」という神体山に鎮まっていると伝えられ、安倍晴明は
ここには我が国において、文字や数字や楽や舞や風習行事の中にそのすべてを象徴として隠し、その本性は記紀においても隠された知恵と魔術の神≠ェ封印されている。
とつぶやかれたとか・・
 封印とは、その本来の力が発揮できない様にされていること。悪質レプタリアンたちが核戦争を起こそうとしている危機の時代だからこそ、日本古来の強力な神々に目覚めていただかなくてはなりません。名前は異なっても、まだ明かされていないエルカンターレのご分身だと認識し、本来の仕事に戻っていただく・・人間がその神を認め、祈りを捧げないと、十分な力を発揮することは出来ないのでしょう。私も3年前に三輪山の途中までは登ったのですが、あまり時間が無く頂上まで行けなかったのです。今年中にはもう一度参拝したいなと思っています。
 古代信仰にも浸ってきたこの数年。それはエルカンターレ信仰と別個のものではありません。法を説くだけがエルカンターレの仕事ではないのです。安定した生存環境を提供する、水、火、空、土、風の働き・・時には星の存続のために大手術をする働き・・それぞれの星にも宿るエルカンターレは、機能を分化させて多くの仕事をこなされます。
 太古の巫女や神官たちは、そのような自然現象を司る神に感謝を捧げてきました。大地の神などに祈りを捧げたその祭祀跡が磐座(イワクラ)だったのかも知れません。
 そこで思い出したのが、UFO学園の秘密の主人公のひとり、ハルと呼ばれる女学生。「森下春花」が本名ですが、これも、ワタシ的には、守下遥に読み替えられるのです。遥か下、つまり地球の地殻を守り安定させる働き・・しかし、人間の悪しき思いに反応して、大きく動く時もある大地の神。可愛い顔と声からは想像できませんが、巨大なパワーを秘めています。
 そんな地球の守護神たちが一堂に会した映画「UFO学園の秘密」アカデミー賞にもエントリーが決定しました!まだロングラン上映している映画館もあります。あの大スクリーン、そして天使の集う磁場でなければ体験できないものがありますから、是非お出かけくださいね。11月7日から13日まで、シネリーブル梅田では15:45~18:00の1回上映です。
他のロングラン映画館はこちらです
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429123573.html
<映画の主人公の名前の解析記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/427726306.html 天城零他全般
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428325510.html 水瀬アンナ
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428478492.html 日下部大空
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428565256.html 風間永介
posted by サンサンてるよ at 08:39| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

安倍氏のルーツとは?

日本の危機に直面した現代、この時期に首相になられるのは何の因果なのでしょう?息つく間もないほど多忙な日々、周りからの抵抗・・他国を慮っての弱腰にはがゆい思いもしましたが、韓国での昼食会を蹴って、日本の気概をしめしたと聞いて、今日はその話題を・・
 レキジョ的には安倍氏のルーツは大変興味深いのです。先日は、恩人と一緒に「あべのアポロシネマ」に映画を観に行ってきましたが、この阿倍野(あべの)という地名が、古代に安倍氏の住んでいたところなのです!
 実は、私が都構想に反対したひとつの理由は、その土地の歴史が隠されてしまうから・・単なる東西南北で大阪を表現してもらっては困るんです!たとえば、生野区は聖徳太子に我が子の病を助けてもらった生野長者に由来します。大阪は奈良に負けない古い歴史を持っているのです。
 阿倍野区は、安倍晴明にもご縁の深い場所で、阿倍野元町には安倍晴明神社があります。安倍文殊院のある桜井市も安倍氏の本拠地のひとつ。東北の氏族という印象のある安倍氏ですが、神武よりも古くから奈良や大阪を治めていた氏族だと言われています。ナガスネヒコや兄の安日(アビ)という方がその氏族の長。元々ナガスネヒコがヤマトの王でしたが、その妹をニギハヤヒが娶ったことで、ニギハヤヒが大王に・・記紀には曖昧ない表現しかされていませんが、初代の天皇です。ニギハヤヒが有名なので、ナガスネヒコは脇役みたいで知らない人も多いですが、神武がなかなか勝てなかった強敵。
 しかし、後に神武に屈してからは、東北へと一族が移動し、奥州安倍氏のルーツになったようです。隠された物部王国「日本」(谷川健一著)のP123には
「奥州安倍氏の先祖が、長脛彦の兄、安日(あび)であることを・・宮内庁も認めたことになります。」
とあります。アビが後世アベになった・・兄と伝承されているが、実は死んだと見せかけた長脛彦自身(彼の苗字が安日)だという説もあって、歴史は一筋縄ではいかないのですが、アビ(アベ)は大和朝廷の成立よりも古い家系と言えます。
 ナガスネヒコ兄弟は、随分と神武側を手こずらせたので、記紀では悪く書かれていますが、本当にそうなのかと、最近疑問に思っているのです。(※幸福の科学の最近の出家者にナガスネヒコを過去世に持った方がいらっっしゃるので、今回ナガスネヒコをテーマに書いています。安倍首相のご先祖筋の方が幸福の科学にいらしたら、やはり睨みが効きますもの!(^^)!)
 国というものは、一朝一夕に出来るものではありません。最初の一段があってこそ、上へと昇ってゆけるもの・・土台となった方々は、時に戦いに負け、逆賊扱いされても、日本の礎を作って下さったことに違いありません。
 ですから、現代の国造りに携わる者は、そういう方々にも鎮魂や感謝の思いを向けることが礼儀ではないかと思うのです。それがひいては、私たちの活動にもご協力いただけることになるのではないかと・・過去の葛藤がどうも影響している気がするのです。その辺りを和らげてゆけるのは、宗教政党としての強みですよね。真に日本を護る力を持っているのは、神仏の力を引いてこられる宗教政党なのです。
 そんな持論に基づいて、歴史を学び、神社仏閣めぐりをしてきた数年間。おとといは、映画の後、阿倍野からJR大和路線に乗って、八尾の渋川神社(祭神は、天忍穗耳尊とニギハヤヒ尊)や大聖勝軍寺にお参りしてきました。聖徳太子が物部守屋に勝ったことを感謝して建てたお寺です。ご本尊は太子が祈願をした如意輪観音さま。付近は、正に守屋が討ち取られた場所・・と書けば、守屋に仏敵・朝敵の悪いイメージを与えてしまいますが、これも「本当に仏敵だったのか?」と私は疑いを持っているのです。言われなき敗者の無念を感じるので、国造りの先人に感謝と鎮魂の祈りを捧げてきました。
 この辺りも古代は物部氏の本拠地で、物部の一族である跡部にちなんだ地名もあります。(跡部町)。跡は阿刀とも書き、空海様の母方の出身氏族。つまり空海様は物部にもルーツを持ちます。
 先の疑いの理由のひとつは、八尾駅近くの渋川天神社の境内に、物部守屋が日本で初めて建てたというお寺の跡があるからなのです。日本で最初の寺、飛鳥寺(別名法興寺:蘇我馬子建立)が完成する10年も前に、すでにこの地に物部氏のお寺があったとか。
仏教崇拝抗争や古代の仏教を再検討すべき課題を提起している寺址である。
とは石碑に書かれた八尾市教育委員会の弁。先日も書きましたが、物部守屋の娘は、日本最初の尼僧ですし・・
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20150706-1.html
♪悪は善となり善は悪となる♪(神秘の法の主題歌より)物部守屋の評価も一考の余地がありそうですね。サンサンてるよは、定説をうのみにしないレキジョなのです。歴史は勝者に有利に書かれますから・・こういう改ざんの可能性を数々見てきたから、すでに歴史をねじまげて憚らない国々に絶対勝たねばならないのです。
http://1000ya.isis.ne.jp/1209.html
posted by サンサンてるよ at 23:31| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

全国でロングラン決定!

10月10日から11月6日までの上映だった映画「UFO学園の秘密」全国のたくさんの映画館でロングランが決まったのですね。おめでとうございます。制作に関わった方々がこの映画に込めた願い、光の強さからすれば、当然の結果でしょうね。商業主義で作った映画ではなく、心から日本や世界を救いたいという無私なる願いから生まれた映画・・大阪シネリーブル梅田では、何度も立ち見が出てましたもの。(シネリーブル梅田では11月7日〜13日までは、15:45〜18:00の1回上映)忙しくて見逃した方は、ぜひ・・ホント・・あり得ない映画です。
【北海道】
北海道/ディノスシネマズ札幌劇場
11 / 7 〜 11 / 13
【東北】
青森/フォーラム八戸
11 / 7 〜 続映
青森/シネマヴィレッジ8・イオン柏
11 / 7 〜 11 / 13
岩手/ルミエール盛岡
11 / 7 〜 11 / 13
山形/鶴岡まちおかキネマ
11 / 7 〜 11 / 13
【関東・甲信越】
東京/ヒューマントラストシネマ渋谷
11 / 7 〜 続映
東京/品川プリンスシネマ
11 / 7 〜 続映
東京/ニュー八王子シネマ
11 / 7 〜 11 / 13
神奈川/横浜ニューテアトル
11 / 7 〜 11 / 13
千葉/シネプレックス幕張
11 / 7 〜 11 / 13
千葉/USシネマ千葉ニュータウン
11 / 7 〜 11 / 13
埼玉/シネプレックス新座
11 / 7 〜 11 / 13
埼玉/ユナイテッド・シネマ ウニクス上里
11 / 7 〜 11 / 13
栃木/宇都宮ヒカリ座
11 / 7 〜 11 / 27
栃木/小山シネマロブレ
11 / 7 〜 11 / 13
新潟/J-MAXシアター
11 / 7 〜 11 / 20
新潟/十日町シネマパラダイス☆
11 / 7 〜 12 / 4
長野/長野千石劇場
11 / 7 〜 11 / 13
長野/シネマポイント
11 / 7 〜 11 / 20
【中部・北陸】
愛知/名古屋ピカデリー
11 / 7 〜 11 / 8
愛知/中川コロナシネマワールド
11 / 7 〜 11 / 13
愛知/半田コロナシネマワールド
11 / 7 〜 11 / 13
静岡/静岡東宝会館
11 / 7 〜 11 / 13
岐阜/大垣コロナシネマワールド
11 / 7 〜 11 / 13
福井/福井コロナシネマワールド
11 / 7 〜 11 / 13
【関西】
大阪/シネ・リーブル梅田
11 / 7 〜 11/13
大阪/シネプレックス枚方
11 / 7 〜 11 / 13
兵庫/姫路・大劇シネマ
11 / 7 〜 11 / 8
滋賀/ユナイテッド・シネマ大津
11 / 7 〜 11 / 13
【九州・沖縄】
福岡/ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
11 / 7 〜 11 / 13
福岡/福岡中洲大洋
11 / 7 〜 11 / 13
福岡/ネプレックス小倉
11 / 7 〜 11 / 13
福岡/ユナイテッド・シネマなかま16
11 / 7 〜 11 / 13
福岡/ユナイテッド・シネマ トリアス久山
11 / 7 〜 11 / 13
福岡/ユナイテッド・シネマ長崎
11 / 7 〜 11 / 13
posted by サンサンてるよ at 13:34| 大阪 ☀| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

学園祭に突撃して・・

 昨日は、親戚から映画の感想をいただきました。
「とても良かったです。身体がポカポカしました。」
「寒くなってきたけど帰りポカポカで・・楽しかった。良く寝られました。」
「前回の映画も一緒に行った姪が『おばちゃんと映画行ってヨカッタ』と言ってくれました。喜びは素晴らしいね。」 
 嬉しい内容にジーンとしました。
 さて、大黒天の方から頂戴したチケットがまだ残っていたので、ご縁のある大学に行ってきました。ちょうど学園祭の真っ最中。目的はSF研究会。映画を上映しているので会場を探していると、途中に映画研究会の学生さんが・・<そうだ!このサークルにも声をかけてみよう>と聞いてみましたが、
「先輩は先日UFO学園に行ったようですが、僕は実写の方が関心あって・・今、その先輩はここにいません。」
とのこと。あまり興味なさそうなので、
「映画で世の中に影響与えられるのですから、頑張ってね。」
お別れしてエレベーターに乗ったら、面白い服装を着て変なものを持った学生さんも一緒に乗り込みました。
「どこのサークルですか?」
「●●研究会です。」
「おばさん、SF研究会の部屋を探して来たんだけど、これもご縁だから、ちょっとお聞きしますが、こんな映画に興味ある?」
「あっ、この映画先日観てきました。」
「あらぁ、嬉しい。チケット欲しい方に差し上げようと思ってきたんだけど・・」
「ほんまですか?もう1回見たいっす。」
「じゃぁ、お友達何人と行かれる?」
「4人で・・」
「オッケー、あっ感想はこのメールに送ってね、強引な勧誘とかしないとこだから・・」
「ハイ、ありがとうございます。」
「最後のシーン、すごかったでしょう?」
「ハイッ」
「命がけで出してる映画だから、おばさんかて来年この世にいてるかどうか分からないからね。このチケットは『若者よ、日本を救え』って思いでお渡ししています。」
ということで、犬も歩けば棒に当たる。サンサンてるよも歩けば、早速該当者に当たりました。
 別に学内で大々的にチラシ撒いてないし、相手の意志を尊重して無理やり渡してないし・・喜んでいただける方に、不思議な導きで出会った訳ですからね。クレーム対象ではないと思いますよ。ホント、映画研究会の人とおしゃべりしてなければ、彼とエレベーターに同乗することはなかった・・何万人もごったがえしていた中で、よくぞ出会ってくださいました!
 そうこうしている内に、SF研究会の催しは終了してたので、翌日また学園祭へ。ようやく、自主映画を観てきました。タイムワープを題材にした内容だったので、疑問点についていろいろ質問を・・現在の主人公の危機を察して、未来の主人公の魂が現在にやってきて、友人の身体に宿って主人公を救うというストーリー。詳しく解説いただいてようやく判りました。いろいろお話していたら、他のメンバーも集まってこられ、何だか座談会に。途中、
「皆さんは本を読んでますか?」
と思わず聞きますと、スマホよりも本を読むとのこと。
「本当?おばさんは昔、紀伊國屋書店に勤めていたから嬉しいわ。そうそう、本が2割引きで買えたのよ。」
「上映した映画の主人公も紀伊國屋でバイトしています。」
アルバイトも2割引きで買えるとか、さすが太っ腹の紀伊國屋書店さん!
ダークマターについて聞いてみたところ
「もしダークマターが無ければ、全ての星からの光が地球に届いて、夜も暗くなくなる」
という説明を、ある学生さんがしてくださいました。
「あらぁ、それ解りやすいね。おばさんが今読んでる本にも似たことが書いてあるわ。」
とおもむろに「アトランティス文明〜ピラミッドパワーの秘密を探る」を出して見せたり、人間はパソコンで、そこから送信される思いをモニターしている大型コンピューターのような機能を神と呼んできたのかな?と思った話、フリーエネルギーや宇宙人からの軍事技術など、いろいろお話した1時間。SF研究会と言っても関心事は様々で、映画には今ひとつでしたが、おしゃべりに真剣に耳を傾けてくださり感謝。名刺を渡して帰ってきました。シネリーブル梅田では立ち見が続き、上映期間が延長になるかも知れないとのこと。(※夜に11月13日まで延長と決定!15:45~の1回)若い人たちの感想、楽しみに待ってま〜〜す。今回ご縁をいただいた学生さんたちの夢が実現しますように・・
posted by サンサンてるよ at 14:27| 大阪 ☀| 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

映画で嬉しい再会が・・

 3年ごとの幸福の科学の映画。今回で9作目となりますが、毎回
「どなたをお誘いしようかな?」
とワクワクします。乳児健診で知り合ったお母さん、PTAのママ友、同級生、恩師や恩人・・第1作目から、ご縁深くき方々と観させていただいた四半世紀。悲しいかな、2012年の2つの映画だけは、時間的にも経済的にも自分ひとりで行って慌てて帰ってくる感じでした。でも今回は、以前記事にも書いた大黒天の方から、チケットをたくさんいただいたのです。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/422725707.html
 それで、ご恩になった方や地域の商店街の方々にもプレゼントでき本当に感謝感謝。先日、高校時代の親友にも、37年ぶりに電話をしてみました。彼女とは英語の単語のテストをしながら往復3キロの道を通った仲。卒業後は年賀状をやり取りするだけになっていましたが、いつかは感謝の気持ちを形に・・と思っていたところでした。
 思い切ってお電話すると、ちょうど会いたいなと思ってくださっていたとのこと。どうも太陽の法はチケットを送っていたようで、息子さんが見に行かれたと、15年目にして知りました。37年ぶりの再会なので
「紫のバッグを持って立ってますね。」
と目印をお伝えしてました。けれども、向こうからやってきた歩き方は、高校時代とそっくり。一目で彼女とわかりました。彼女も
「雰囲気、全然変わっていないわ」
とニコニコ。でも、お互い目じりがキリリと上がっていたのが、笑いジワ付きの二重瞼に(整形してませんよ)になっていて、年月を重ねた優しい眼元へと変貌していました。
 さて、終了直後の感想では
「クオリティの高いアニメですね。感動しました。」
と言ってくださり、ヤッター!更には、ランチとコーヒータイムで3時間ずっとしゃべり通しでしたが、世界情勢を良く理解されていて、子育てにまい進していた主婦とは思えないほど。沖縄基地問題にしても
「翁長知事の娘さんが、中国に留学していた時に、習近平につながりがある人と結婚しているからなんでしょう?」
私の知らなかったことまで教えてくれてビックリ!後で調べたら、どうも恵隆之介さんなどから出ている情報だったようです。
<沖縄・翁長雄志の正体「恵隆之介」>
https://www.youtube.com/watch?v=-VlA521m8uw
<中国領土を誇示する龍柱反対活動>
http://stgeoge.ti-da.net/d2015-01.html
沖縄では、弾丸は飛んで来なくとも、すでに戦争状態なのですね。もっともっと応援の思いを送らないと!と反省しました。毎日エルカンターレファイトを沖縄に飛ばさないとね!!
 また、気象兵器や地震兵器、宇宙人からの軍事技術の提供・・ディープな話題もすっと理解され、こちらがビックリ。懐かしい先生方や同級生の話、この40年間のいろいろな苦労話も交換しながら、嬉しいひと時を過ごして参りました。私も苦労人と思ってましたが、彼女も想像以上の苦労を重ねてきたようで・・明るく話す彼女にただただ頭が下がりました。
 そうそう、「仏陀再誕」の時だったか、獣医さんで偶然知り合った方(他教団の方)が、私をえらく気に入ってくださり、一緒に映画を見た時のことを思い出しました。その方は
「何だか出にくかった尿が、映画を観た後で大量に出ました。」
と感謝してくださいましたが、実は席に座った途端、男性のような声で
「こんなところに連れてきやがって!」
と抗議の念を受けたこともありましたねぇ。その方につきまとっていた見えない存在でしょうか?
 かと思うと、
「この間もいらっしゃってましたね。」
と嬉しそうな女性の声が、歓迎してくださったことも・・あれは黄金の法の時だったかしら?ですから、幸福の科学の映画を上映している時は、それぞれの会場に天使が集っていると信じているのです。私は霊的な存在を見えない人ですが、思いだけは受け取っているのかも知れません。
 今回はベガやプレアデスを始め、宇宙からの癒しパワーを浴びられる「UFO学園の秘密」昨日はシネリーブル梅田では、1回目の英語吹き替えが満員御礼だったようです。
 私も主人公が、地球を支える神々であり、日本の国造りにも関わった神々だと解ってからは、尊敬の眼差しで観ているのです。また、毎回協賛企業になってくださっている信者の皆様の会社、そして紀伊國屋書店、三井住友銀行を始め、各企業様にも感謝の合掌をしているのです。レキジョ的には、ルーツからすれば先祖の願いをちゃんと子孫が果たして、救世主を支えてらっしゃるのだなぁと深い感慨を覚えるのです。
ともかく、いろいろな意味でディープな映画。皆様も不思議体験、いっぱいしてくださいね〜。
posted by サンサンてるよ at 11:12| 大阪 ☔| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内