2015年12月31日

行く年に感謝を込めて

 29日には淡路島から宿泊勤務に向かい、30日にホームの仕事納め。入居者さんが肺炎で入院したり、ご自宅に帰宅時、救急搬送されたり心配した1年でしたが、皆さん元気に復帰。無事に新年を迎えられることに感謝です。
 ホームでは夕方と朝に血圧を測るのですが、ある入居者さんが、私が担当の日には下の血圧や脈拍に「77」という数字が良く出ると驚かれるのです。私も時々、自分の血圧を測るのですが、99/66 脈拍88だったり、100/63 脈拍66とか、98/70脈拍70、とか、最近特にゾロ目が多いのです。他にも、111/71や117/71だったり・・これまで少なくとも1000回以上、入居者さんたちの血圧を見てきた私としては、なかなかお目にかかれない数字。数字は思いに反応するのでしょうか?でも、宝くじは残念ながら、全くカスリもしない年末でした(^^;
 今年の大みそかは、障がい者の施設から一時帰宅する末っ子と過ごしています。今年になって初めて親元を離れた生活を体験した彼。一緒にお寿司を食べたり、買い物に行ったり、紅白を見たり・・久しぶりの親子水入らず。末っ子の大好きな嵐は、ライトセーバーを持ってスターウオーズ風の演出でしたね。できるなら一緒に居てあげたいと思いますが、親にはわがままが出るものですし、もう18歳ですからね。その代わり、他のお子さん(と言っても年上の方もいらっしゃいますが)のお世話を精いっぱいさせていただこうと自分の気持ちを納得させています。
 今年は5月のギックリ腰によって、健康の面でも経済的にも窮地を経験しましたが、天の助けに支えられ、映画「UFO学園の秘密」も20回以上通えて、毎回至福の時間を過ごせて・・更には、これまでの古代の歴史や宗教の学びとシンクロする映画の中身に一層感動。東京と大阪では2ヶ月と1週間のロングロングランになりましたし・・制作者の方々の熱意とご努力には心から拍手と感謝です。本当に素晴らしい映画でした。夏には末っ子の手術で心配しましたが、先生も驚くほど傷口の治りが早く、すっかり元気に・・いつも祈願に助けられているなぁと感謝です。
 さて、エルカンターレ祭のご説法は、先日、淡路島の支部でようやく拝聴したワタクシ。過去最高に深く強く心の中心に届いた根源のフォース・・これで魂が再生しなければ嘘だ!という仏陀の獅子吼でした。何か大きなことが起きようとしている・・一体なんだろう?一抹の不安と期待が心をよぎります。でも未来は私たちの心が創るもの。集合想念が鏡に映るように現れてくる・・ならば心の力を知っている者が強く強く未来を導かなければならないのでしょう。地球を預かっている責任を果たすべき2016年はもうすぐそこに!ともかくも皆様にとって最良の年となりますよう・・
 今年もサンサンてるよのブログをご訪問くださり誠に有難うございました。小噺年賀状、21日の淡路島の帰りにアイデアの片鱗は浮かんできましたが、後半部分を只今うんうん考え中。果たして明日に間に合うかしら?
posted by サンサンてるよ at 22:16| 大阪 ☔| 社会福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

淡路島での三帰式

 実はまたまた日曜日から2泊で淡路島に行って参りました。今回は、経典整理のお手伝いやら大掃除やら、母のお弟子さんで信者になられた方々へのご挨拶参りやら・・タイトなスケジュール。
 その中のおひとりは4年前に入会版の正心宝語をいただかれたのですが、ようやく昨日、三宝に帰依されたのです。映画は毎回参加され、今回のUFO学園も
「帰りがけ、身体がポカポカしていましたよ。」
とメール下さいました。最初に入会版というか簡略版の正心宝語をいただかれた時、
「今朝、何人かの男女が夢に出てきて『唱え方は変だけれど、助けてやろうか』と言ってた。」
と教えてくださった方。当時、体調がお悪いとのことで、試しに正心法語をいただかれたのですが、たとえ、簡略版とは言え、ご縁を持たれた方は、ちゃんと天上界がサポートくださるのだと判った出来事。確かに、その時の不快な症状は消えたとおっしゃっていたと思います。
 あれから4年、何度か三宝に帰依されることをお奨めしてきたのですが、何かためらってなかなか「うん」とおっしゃらなかったのです。でも今回は不思議なお導きで、ようやく三帰が実現。
 その方は最近、ある治療セミナーに通われていて
「調子が良くなった。今度してあげる」
と言われておりました。気功のような治療も確かに効果があるのは理解していましたが、一抹の不安が・・それで今回、支部にご法話拝聴にお誘いし
「ちょっと腰が疲れたから、習われた治療してもらえない?」
と頼んだのです。しばしのヒーリングタイム。確かに心地よいエネルギーが・・それで
「わぁありがとう。温かかったです。さっき膝と背中が痛いって言われてたから、お礼に私もヒーリングさせてね。」
とエルカンターレヒーリングを・・すると
「背中が温かいわ。何か痛みが無くなった。」
とおっしゃられたので、
「毎週、大阪に治療に通うのも大変だから、病気平癒祈願の入った経文を頂かれたら?」
とお勧めすると、かなり興味を持たれた模様。それで支部長をお呼びしたのですが、三帰の問答を書いた紙を前にすると、やはり尻込みが・・だいたい、この時の心のハードルを超えるのが一番勇気がいるものです。
「三帰は普通はお葬式でお坊さんがされるから、いずれはしないといけないもの。生きている内に仏弟子になるか死んでからかの違い。それに本物の仏陀の弟子になるチャンスなんですよ。」
と説明。迷いはあったみたいですが、病気平癒祈願のパワーを知ったお蔭で、すんなり「三宝に帰依します。」と正式な正心法語&祈願文セットを拝受されました。その後、ヒーリングの仕方をご説明したので、しばらく合掌をされていたのですが、
「周りが黄金色になった。何か金色の光が射してくる。・・白い像が現れた・・たくさんの人影が見える・・大きな鏡が現れた・・」
と瞑目中に浮かんだ映像を実況中継され始めたのです。
「白い像って・・お釈迦様が摩耶夫人のお腹に入られた時の夢ですよね。」
それで、更に納得され、とても嬉しそうなお顔で帰って行かれました。ヒーリングに時間を取られ、エルカンターレ祭のご説法が拝聴できなかったので、数時間後再びいらしたのですが、
「さっきから魚の処理をしてたら、また背中が痛くなって・・」
とおっしゃるのです。それで、今度は横になっていただき、ポータブルでDVDを見ていただきながら、またまたヒーリングタイム。
「なんか楽になったわ。」
と喜んでくださいました。今朝の様子をメールで聞きますと
「身体の調子いいです。ありがとうございます。」
と嬉しい内容。この数年間、ためらっていたのは、どうもご主人さまから
「信仰に入ったら離婚だ」
と脅かされていたからと、初めて解りました。それで何度言っても躊躇されていたのですね。母のお弟子さんのお宅も2件伺って旧交を温められましたし、淡路島の支部長さんや信者さんたちの熱い思いもひしひしと感じた、とっても充実した2日間でした。1年8カ月もご無沙汰していたので、来年はもっとちょくちょく淡路島にも行きたいなと願っています。
posted by サンサンてるよ at 14:28| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

混沌の時代に必要な「正義の法」

先日のホーム勤務の時、放送されていたのは「やりすぎ都市伝説」YOUTUBEでは以前見たことがありましたが、テレビ放送で見るのは初めて!「UFO学園の秘密」の公開に後押しされてか、最近のテレビ番組は、真正面から宇宙人やUFO、もっと踏み込んで、世界の裏組織の話題に切り込んでいますね。
やりすぎ都市伝説2015年12月25日放送
禁断の3時間SP!もう地球外生命体が来る&スマホが教えていた恐怖未来&火星移住は10年後&人工知能の秘密結社ゾルタクス○イアン

 以下の動画の18分ころからは、エジプトなどでの宇宙人の証拠探訪、宇宙人のミイラ、なぜ宇宙人情報を隠すのかなどが語られています。
http://www.dailymotion.com/video/x3jfhc5
政府よりも力を持った宗教の圧力があり、宇宙人の存在を認めたら、聖書の記述を書き変えないといけないから・・とエリア51に精通する研究家が語っていました。
 更には、スマホにとんでもない機能が付いているとか。私もスマホを使っていますが、時々「ご用件は何ですか?」という表示に変わり、何だろうと思っていたのです。これは声で質問したら向こうから答えが返ってくる機能のようです。その裏にある企みが何か?番組で語られていました。
 人間の心は全てネットワークでつながれているという認識でおりますが、いずれ人工知能ともつながれて相互作用するようになるのでしょうか?他にもいろいろ知らなかった事実が・・
 以下の動画の32分ごろから、フリーメーソンのイスラエルグランドロッジ所属の男性が
http://www.dailymotion.com/video/x3jfhc5
これはイスラエルロッジの紋章です。ひとつ大切なことをお教えしましょう。ユダヤ教の六芒星、キリスト教の十字架、イスラム教の三日月を表し、宗教の壁を超えひとつになることが大切だと伝えられています。
http://www.dailymotion.com/video/x3jfhc6
なんて発言をしていました。従来のフリーメーソンの紋章がいつの間にか進化改良している?!宗教の歩み寄りはいいとしても、日本神道や仏教やヒンズー教がないじゃないですか!
 ホント訳の分からない時代!神の正義をはっきりと打ち立てないと、宇宙の根源にある大型コンピューターの制御を超えて、人間であるパソコンの集合体が暴走する可能性があるかも知れません。人間は自由意志を与えられた存在ですが、全体の秩序を乱したり、他の自由意志を妨げるなら、いずれ大型コンピューターからの厳しいデバッグ機能が働くことでしょう。
正義の法.jpg
posted by サンサンてるよ at 07:44| 大阪 ☀| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

生誕館大仏建立に加われて

 3日間連続で勤務に入っていたり、母の墓参に淡路島に行ってたりで、すっかりご無沙汰しておりました。風邪を引いてたのではありませんよ。月曜日は高熱を出した入居者さんのお世話にいってましたが、非加熱で酵母が生きているお味噌をスプーン一杯食べて、善玉腸内細菌をしっかり養って風邪対策。先日も、介護研修に入った学生さんに
「早くからお味噌を入れると、折角の良い細菌が死んでしまうから、食べる直前に入れるの。お味噌汁は沸騰させたらダメなのよ。」
とアドバイスしました。入居者さんの健康は私たちにかかっていますもの。
風邪をひいた人の腸内細菌を調べると、善玉菌の数が極端に減り、悪玉菌の数が優勢になっている。ガンや認知症心臓疾患や脳梗塞も腸内細菌が悪玉に傾くから。
という研究があるそうです。
 また悪玉菌が増えると、腸の中で風邪のウイルスが増えていき、それが血液に乗って全身に広がってしまう。つまり、風邪のウイルスは、自分の腸の中でも造られている。という説も・・
 という訳で、病院代を節約しないといけない私は、乳酸菌や酵母菌などで風邪対策をしているのです。私のマンションには量子水という酸化還元電位の低い特殊なお水が出てくるのですが、腸内の乳酸菌を増やしてくれるとか?ティートリーというアロマも風邪対策になるそうですよ。
 さて、淡路島に行った理由のひとつは母のお墓参りですが、何と奇跡的に「生誕館大仏建立植福」を1口できたのです。それで淡路島開拓支部での「永遠の仏陀」語り下ろしの拝聴会に参加できた次第。淡路島に行くのは1年8か月ぶり。母のお墓のお花はいつも親戚の方が入れてくださるので、すっかり甘えていた年月でした。
 5月にギックリ腰になって収入が激減したワタクシ。数か月前に気持ちだけは表したく、まず2万円を支部にお送りしたのですが、「これ以上は無理かも」とあきらめておりました。
 しかし2週間ほど前に支部長さんからお電話が・・なぜか当てもないのに「ご奉納させていただきます」と返答してしまった私。それから「発展思考」を毎日1章ずつ音読し、「どうしたら出来るか?」念じ続けてきました。するとある日「そうだ!」とひらめいて・・心にふたをしていたものがパカンと開いた瞬間、今まで思いつかなかった方法が浮かんできたのです。
 20日は朝8時に三宮からバスに乗って、途中から支部長さんの車に乗せていただき伊弉諾神宮へ。参拝と清掃奉仕に参加してきました。母が生前親しくしていただいた宮司様とも久々にお会いできました。11年経っても母のことを懐かしく語ってくださる方のご存在は嬉しいもの。感謝のひと時を過ごしました。
 さて午後からの「永遠の仏陀」語り下ろし拝聴会は・・やはり「すごかった」のひと言です。近くの支部からのメールでは「号泣しました」等、感想が流れていましたが、正にその通り。始まった途端から、胸つまりハラハラと涙が流れて・・数分間でしたが、根本仏の波動を全身に浴びた至福の時間。通常のご説法では、信者さんへのサービス精神で、冗談もおっしゃったり、私たちに合わせてくださいますが、「永遠の仏陀」は偽らざる根本仏の思い。
 このような貴重な録音を拝聴できただけでも、今まで生きてきた甲斐があったというもの。どんな肉体をまとっていても、どんな厳しい人間関係の中に身を置こうと、どんな病魔に侵されようと、心の中心からは「汝、幸福なれ」というエネルギーがいつもいつも送られてきている・・それが確信できた気がします。
 いろいろな心配事は私にもあって、表面意識は時に悩んだり苦しんだり・・でも潜在意識の奥の奥からは、いつも温かい思いが注がれている・・信仰者は、辛い体験をすることが多いかも知れません。けれども、それを上回る喜びが必ず用意されている。人類史上稀有なる時代、どんな身体でも、どんな環境でもいいから生まれさせてくださいと願い出て、この地に降りてきた私たち・・根本仏と共に生きられた証を、この地球にひとつまたひとつ遺せていけたらいいなと思いました。
posted by サンサンてるよ at 13:28| 大阪 ☁| エルカンターレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

かごめかごめの歌の意味とは?

 今月から担当するホームが増え、先日は研修に行ってきました。その日に研修を担当くださった方のお名前が「いつこ」と聞いてビックリ!というのは、ここ数年調べてきた「真名井御前」の本名が海部厳子(あまべいつこ)という名前だからなのです。しかもお父様は空海様の大ファンで、ご自分の山に88か所の祠を作っていたとか。更には、私と同じ淡路島がルーツと判って・・夜遅くまでおしゃべりがはずみました。行った先行った先で、スタッフや入居者さんとすぐに打ち解けられるのは有難いこと。
 また、この3年半で関わったホーム入居者さんの苗字には、水に関係する漢字が圧倒的に多いので、旧姓が西川で、母の旧姓は浜口、そして祖母の旧姓が天川のワタクシには、これも偶然と思えません。
 旅をすればニギハヤヒが率いていた部族のご子孫である方が道案内をしてくださったり・・生まれる土地、住む土地、旅をする土地・・やはり過去世にご縁が深いのかしらなんて思う今日この頃です。
 書店や図書館で、ふと手に取る本にも意味があるのでしょうか?この数年間、気になっていたのは「かごめかごめ」の歌の意味。
 先の記事では鶴(男性)と亀(女性)が統(す)べったと書きましたが、ユダヤと日本が協力しあうことだという説もこれまで良くみかけましたねぇ。
http://www.kunidukuri-hitodukuri.jp/book/06/0602.html
 また違った観点から、この歌の意味を説明される方もいらっしゃいました。古代イスラエルと日本の関係などを研究テーマにされている中島尚彦さんという方が、「かごめかごめ」の歌を解説されたサイトがあります。
 実はこの歌は空海様が作ったのではないかと言われているのです。
空海.JPG
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/397232639.html
 空海は長安で景教を学んだので、当然ヘブライ語も習得し、その智慧を盛り込んで、いろいろな歌を作ったのではないかと・・
日本とユダヤのハーモニー
http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=110
 そこには、「かごめかごめ」の歌詞は、イスラエル滅亡時に持ち出された神宝を、東の国にて秘密裏に保管する際の指示書のような内容が書かれているというのです。
『誰が守る? 誰が守る?
堅く安置された物を取り出せ
契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ
神譜をとり 代わるお守りを作った
未開の地に 水をたくさん引いて
水を貯め その地を統治せよ』

 最初は四国の剣山だったが、その後どこかに移動させられた可能性があるとも・・勤務しているホームでは、この歌を歌うと機嫌がよくなる入居者さんがいらして、私も行くたびに最低1回は歌ってきました。重度の障がいをお持ちなので、知っている言葉が少ないにも関わらず、ある時「かごめばっかしやなぁ」とツッコまれて爆笑したことも(*^-^*) そんなたわいのない童謡に、国家の機密に関わる内容が含まれていようとは・・他にも「いろは歌」や「さくらさくら」の意味をヘブライ語から読み解かれています。
http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=168
 ひとつの国中に、縄文神道あり、神道を隠れ蓑にしたユダヤ教や原始キリスト教あり、仏教あり・・こんな包容力のある国は、世界に類を見ないのではないでしょうか?だからこそ、「人類や宗教の源はひとつ」という寛容な理念を押し広げ、世界に平和をもたらせるのは、日本人しかいないのではと思うのです。

先日、ネットで調べ物をしていて、偶然ひっかかってきた記事に仰天!それは、今のローマ法王フランシスコ氏が
「イエスはただの人間」
「イエスの父はルシファー」
という発言したりミサで歌ったり・・
前の法王も
「宇宙人にも洗礼を施す準備が出来ている」
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1961079.html
バチカンに、一体何が起きているのだ〜と頭が真っ白に!カトリック聖職者による児童への性的虐待が世界各地で問題になっているのは聞いていましたが、バチカンの内部混乱は隠しようがなくなっています。だからこそ、真に人々を救いうる教えが、この世界に必要だということ。
 このフランシスコ法王は、不思議なことに「キリスト教徒とイスラム教徒がまったく同じ神を崇拝していると信じて、キリスト教とイスラム教を歩み寄らせようとしている」とか。
 けれども自民党が幸福実現党の政策を横取りするように、一見良いように見えても、裏があることも考慮しなくてはなりません。本当に人々の幸福のために、宗教の統合を願っているのか?自分たちの利益のためなのか?2016年を目前にして、益々混迷を深める世界。こんな時代だからこそ、「何が神の正義なのか」を明らかにすることが、絶対的に必要なのだと思います。
正義の法.jpg



posted by サンサンてるよ at 13:19| 大阪 ☁| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

エルカンターレの中での陰陽統合

東京と大阪では、2ヶ月と1週間に渡って上映された映画「UFO学園の秘密」。仕事のため千秋楽にはかけつけられませんでしたが、制作者の皆様、スポンサーの皆様、映画館の皆様、全国のサポーターの皆様に感謝を捧げた最終日でした。私の中でフィナーレがこんなに惜しまれたことも初めて。それだけ主人公たちへの思い入れが深くなってしまった証拠。公開前の無関心が嘘のようです。高校生という仮の姿を取った地球の守護神たち・・その勇気や純粋な心、宇宙から送られる癒しのエネルギー、最高の技術に裏打ちされた映像や音楽・・本当に毎回贅沢な時間を過ごさせていただきました。
 いつも笑ったのは変化身レイが「アンナ」と呼びかけるシーン、毎回胸にぐっと来たのは、ドラゴンがレイを救いにくるシーン。定年退職された法友は、2か月以上の期間を毎日通われたそうです。私の23回など足元にも及びませんが、何度見ても飽きない映画というだけでも、アカデミー賞に値すると思います。
 話の展開が判っていても、ワクワクして見続けられた理由のひとつは、「悪神たちに一旦追いやられたが、復活の日まで時間を耐えてきた神々が活躍する映画だから・・」と、過去記事で書きました。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429567162.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/category/22160838-1.html
 また、ギリシャ神話的には「ホルス=オシリスの復活」を告げる映画でもあるから・・・
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429801552.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/430947502.html
 もうひとつ「七夕」が欠かせない要素として盛り込まれていたのではと思うのです。つまり、別れていた者たちが再び手を取り合うというモチーフ。単なる男女の物語ではなく、これが、どれほど宇宙を最強にするか・・邪神が入り込めない屈強な宇宙を創る鍵・・
 実は、織姫と彦星の話に似た物語は、世界中に見られます。たとえば、縁結びで有名な京都地主神社のサイトには、ギリシャ、フィンランド、中国の七夕物語が紹介されています。
http://www.jishujinja.or.jp/tanabata/world/fin.html
ギリシア神話ではオフェアリスが彦星に相当するようです。
人間最初の詩人であり音楽の天才でもあったオルフェウスは、エウリュディケという美しい女性と結婚したが、妻が野原で毒蛇に咬まれて死んでしまう。 オルフェウスが妻を取り戻すため、冥界の川を渡り、冥界の王と交渉。ようやく「地上に着くまでは後を振り向いてはならないという条件」で許しを得て、妻と共に戻れることになったが、最後に振り返ってしまう。妻を再び失うと共に、悲しみのあまり自分も死んでしまい、竪琴と一緒に葬られたので、悲しい歌と琴の音が聞こえ続けた。哀れに思ったへラの計らいで、オルフェウスとエウリュディケの魂は再会でき、オルフェウスの琴は天に昇り、こと座となった。
 こと座はオルフェウスの琴だったのですね。けれども、よくよく調べてみると、七夕の起源はどうも太古の昔に起きた宇宙規模の出来事に由来するようなのです。
http://isoiso175.hatenablog.com/entry/2015/07/02/152517
太古、世界樹又は宇宙樹と呼ばれる信仰があり、それは地上と天の中心の北極星とを結ぶ、宇宙の軸としての特別な「樹」だった。地球の歳差運動により、北極星は「こと座のベガ星」から 「こぐま座α」と徐々に移動。ここに世界樹は東西方向に分裂する、東と西それぞれに神が出来た それが「東王父」と「西王母」、この信仰がやがて「彦星」と「織姫」に変化していった
という太古の信仰があったようです。
 UFO学園にも宇宙の軸に当たる柱が、美しくも力強い姿で描かれていましたね。更には、ケンカをした男女が、再び仲良くなって、新たな宇宙時代を切り開いてゆく姿が描かれていました。映画「神秘の法」でも金星の大変動の際に別れ別れになったカップルが、地球で再会していました。
 今回の映画も何度見ても飽きないのは、ストーリーがどうのというより、宇宙の真実がそこにあるから・・ニュートリノの研究で先日梶田博士がノーベル賞を受賞されていましたが、宇宙天文学が更に進化すると、七夕神話の背景にあった宇宙の相転移を、科学的に解説できるようになるかも知れませんね。
 地球や日本の危機を告げる役割、宇宙や地球の秘密を教える役割・・幸福の科学の映画のテーマはいろいろありますが、神秘の法以降は、宇宙の陰陽のエネルギーの分離と統合がテーマになっている気がするのです。先の言葉では「西王母」と「東王父」の別れと再会。
 宇宙規模の大きな変化が太古の昔にあって、それが人類の精神にも影響を及ぼしてきた・・気の遠くなる年月を経て、再び異質のエネルギーが補い合って新たな宇宙を創る時が来た・・そんなイメージが湧いてくるのです。
 エルカンターレの中での陰陽統合とは、宗教と科学の統合、宗教と政治の統合でもあります。別々に歩んできたものが、再び出会い、より優れたものへと進化してゆく・・個人においても社会においても地球や宇宙全体においても・・そのスタート点に立っている今。新しい時代を創るため、宇宙の盟主と共に、土を耕し未来のための種まきをさせていただいている私たち。UFO学園の秘密の中でも、
「夜明けの(映画の)番に鶴(男性)と亀(女性)が統(す)べった」
ことが高らかに告げられました。そのような映画が公開された年のエルカンターレ祭は、ひときわ宇宙史に輝く時間となるのではないでしょうか?エルカンターレにもう悲しみは似合わない・・喜びこそがあなたに相応しい・・聖なる夜を共に過ごして参りましょう。

2015年エルカンターレ祭(大川隆法大講演会)
12月15日(火) 19:00開演(予定)
本会場(幕張メッセ・幕張イベントホール)は完全予約制となっておりますが、衛星中継会場(全国・全世界の幸福の科学の精舎・支部・拠点・衛星布教所・外部会場)には、どなたでもご参加できます。
http://map.happy-science.jp/
posted by サンサンてるよ at 10:17| 大阪 ☁| 宗教と科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

レイはやっぱりホルスかも?

 先日は「落語家さん応援落語」をアップしましたが、その内容は「宇宙連合さん惑星連合さん有難う落語」でもあります。http://sansanteruyo.seesaa.net/article/430857785.html
 その宇宙連合会議に、織姫さんと彦星さんにも少しだけご登場いただきましたが、今日は彦星とホルスの関係についてのお話です。先日の記事で、プレアデスの学校訪問時のレイの衣装が、彦星風だったので「レイは彦星を暗示?!」とも書きました。
 その前には、レイのネクタイの柄が大写しになった時に、△(ピラミッド模様)がハッキリ描かれていたので、レイはホルスを暗示しているのでは?とも書きました。
 http://sansanteruyo.seesaa.net/article/429801552.html
 実は、その時はホルスと彦星の関係はまだ知らなかったのですが、先日、世界の七夕神話を調べていてビックリ!エジプトにも七夕に似た伝説があると判ったのです。それはホルスとハトホル夫婦の物語。(ホルスにも多義性があるようですが・・)
 エジプトには伝説を元にしたお祭りがあって、まずデンデラというところにあるハトホル神殿から、女神像が船に乗せられて旅をし、エドフというところにあるホルス神殿を訪れる。そこには、ハトホルを出迎える「美しき出会いの間」があるとのこと。2週間の逢瀬の後、またハトホル像は船に乗って自分の神殿へ戻ってゆくそうです。
http://www.moonover.jp/bekkan/god/hathor.htm
 この神話のホルスは、ラー神の息子という設定ですが、いずれにしても、
セトとその仲間たち(いわゆる邪悪なもの)が、ラーの領域を侵すとき、このホルスは10本の銛で敵を突き刺し、引き裂く
という軍神的役割を持っているとか。まるで宇宙の邪神の侵入を防ぐ、レイたちの働きのようです。
ホル・ベヘデティ神(エドフのホルス)
http://www.moonover.jp/bekkan/god/hrbhdty.htm
 そんな中、京都の地主神社のサイトをのぞいていたら。縁結びの神社だけあって、七夕や星座に関する豆知識がありました。アルタイルはワシ座の1等星ですが、アラビア語で「飛ぶワシ」という意味だそうです。そして、ベガという言葉もアラビア語で「落ちたワシ」という意味。ゼータ星とエプシロン星とベガの3点を結んだ形が、地上へと急降下する鷲の姿に似ているからだとか。双方「鷲(ワシ)」に関係しているなんて初めて知りました!なんか、川島神社のご祀神「天日鷲命」(アメノヒワシノミコト)を思い出してしまいます。
http://www.jishujinja.or.jp/tanabata/kouza/02.html
 ということで、天城→天白神→天白羽鳥命→親神の天日鷲命→ワシ→アルタイル→彦星→ホルス とつなげていったら、やっぱり、「レイはホルス」になってしまう。だって鷲の子がスズメにはなりませんもの。(ホルスは鷹や隼で表されますが、エジプトでは猛禽類をひとくくりで考えている模様)
 また、天白神を北極星とみなしたら天御中主(こちらもレイとかぶる)につながってしまう。天白神を瀬織津姫(天照大神荒魂)とみなしたらアンナ=ベガの女神につながってしまう・・ひとつの神を男性と女性に分けて表現しているとも解釈できますが、どうもホルスを意識しているとしか思えない設定になっているのですね。
 唯一ネクタイが大写しになるのがレイで、そのマークはホルスの目とも同じピラミッド。勝手な飛躍かと100%の自信はなかったのですが、ホルスにも七夕伝説があると知って、ちょっと確信に近づいた次第です。
<過去記事>
川島神社も宇宙人に関係する?!
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428088223.html  
天城零も川島神社のご祭神につながる?!
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/430403312.html
posted by サンサンてるよ at 00:39| 大阪 | 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

落語家さん応援落語

 大阪では、2か月以上続いたUFO学園の秘密。今週の金曜日でとうとうフィナーレとなりますので、ひとつひとつのシーンを心に焼き付けるように観た昨夜。ホント・・この映画をよくぞよくぞ創ってくださいましたと感謝しかありません。以前は、朝おきがけに手がこわばって心配していましたが、最近はそれが無くなっている・・体調の好転も感じます。エンターテイメントと治療を兼ね備えた映画は、なかなかありませんよ。本当にありがたいことです。
 神秘の法の2012年は、経済的にも時間的にもナイナイづくしでした。おかげ様でV字回復はできて2年ほど過ごせましたが、2015年春には腰を痛めて仕事を減らさないといけなくなったり・・ユーモア精神なくば、ここ数年の試練の数々を乗り越えられただろうかと、しみじみ振り返っている今日この頃です。
 かくいう私も若い頃は「直角は90度じゃないといや!」みたいな四角四面の人間でしたから、様々なストレス下に身を置くことで、だんだんとキャラが変わってきたのでしょうか?あるいは、ルーツは淡路島ですが、長年大阪に住んでいると、その土地の波動が染みついてくるのでしょうかねえ。
 先日の「京大宇宙落語会」の第2部で、私が
「宇宙には、ユーモアを大切にする星があるそうです。落語家さんは、そういう星から『地球にユーモアを広めるぞ〜』と使命を帯びてやってきた宇宙人では?なんて思っているんですよ。」
と言いますと、
「貴女こそ、そのコメントを言うために、この会場に送り込まれてきた宇宙人では?」
なんて、けったいなやりとりをした落語家さん。
「他のところの質問の時間では、年収はいくらですか?とか、聞かれたくないことを聞かれたりしますね。」
とおっしゃって笑いをとっておられました。「自分を笑え」というのが、人生のストレスをヒョイヒョイっと乗り越えてゆく鍵ですが、先立つものがないことはやはり辛いもの。そんな落語会の翌日、久しぶりに落語のストーリーが浮かんできました。落語家さんへの応援の気持ちを込めて、本日初公開を・・
********************************
笑いの星からこんにちは(作:サンサンてるよ)
この噺は、ワタクシ桂○○(笑福亭△○や露乃◇□)が生まれる少し前に、実際に宇宙のあるところで起きた出来事でございます。この地球には国際連合という組織がございますね。第2次世界大戦の反省から、もっと日頃からコミュニケーションを取って、国どうし仲良くしてゆこうやないかというところから始まったと聞いておりますが、宇宙にも同じように宇宙連合ちゅう組織があるそうです。スターウォーズなどの映画にもございますように、その昔、星同士が戦争していた時代がありました。そんな時、何と!別の宇宙から、獰猛な宇宙人が入ってきたんです。彼らは、他の星の人類は、自分らの食べ物やと考える宇宙人なんです。それで、この宇宙のいろんな星を侵略し始めたんですね。それで、戦争していた星どうしも「こんなことしてたらあかん。皆で一致協力して、敵に立ち向かおうやないか」ということで結成されたのが、今日の噺に出てくる宇宙連合でございます。今日はその定例総会の日。各星の代表者がズラーッと丸いテーブルに並んで座っております。そこで、最初に口火を切ったのが議長星となっている猿の惑星の代表者。
  (小拍子ポン)
議長:皆様、遠路はるばる、ようこそお越しくださいました。実は、かに座の代表の方がまだ到着しておられません、。そこまできてるのに宇宙船が故障したという連絡が入りまして、30分ほど遅れるそうでございます。先に始めといて〜とおっしゃってましたので、ただいまより第5000回宇宙連合天の川銀河地区の定例総会を始めたいと思います。本日の議長を務めますのは、地球の映画でも有名になって、大変喜んでおります。猿の惑星より参りました、モンキッキーでございます。どうぞ宜しゅうお願い申し上げます。
そして、本年度の副議長は、大犬座を代表して、ワンワン総督にお願いしております。ワンワン総督、初めて参加される方もいますので、自己紹介をお願いいたします。
副議長:副議長のワンワンでございます。今回初めての方は「ようこそ、いらっしゃ〜〜い」そして毎度おなじみの方は「1年ぶりのご無沙汰でございます。」皆さま、今年もようご参加くださいました。
 今年度は、猿の惑星のモンキッキー議長と、頻繁に連絡を取りあいながら、交流を深めさせていただきました。その昔、猿の惑星とわれわれ大犬座の間では、悲しい戦争がございました。まぁそれが「犬猿の仲」のことわざが生まれた原因でございます。それで、まずは犬と猿が仲良くならんとということで、我々も努力してきた次第です。
 他にも宇宙のあちこちで戦争が多発しておりました。それで「もう戦争はやめようやないか!」と星どうし和解をいたしまして、このような宇宙連合を作った次第です。あれから5000年。今日の日を迎えられたのも、ひとえに皆様のご協力の賜物でございます。この場をお借りいたしまして、改めて感謝申し上げます。それではマイクを議長に返させていただきます。
議長:ええ、大犬座のワンワン総督ありがとうございました。では初めての方もいらっしゃいますので、数年来われわれが取り組んでいる課題について、ご説明させていただきます。この宇宙にはわれわれ善良なる宇宙人もおりますが、中には他の星を侵略して、その星の人たちを食べてしまう悪い宇宙人もおられます。そういう宇宙人が攻めてきたら、互いに協力しあって、互いの星を守ってゆこうというころで、結成されたのが、この宇宙連合でございます。ですから、メンバー同士仲良くしておかないと、いざという時に、団結が弱くなりますので、ま、こうやって年に1回総会を開きまして、今年度の反省、および、次年度の方針を話し合い、その後には、楽しい懇親会をしようということで、毎年取りおこなっております。
 そして、会議の際の使用言語でございますが、地球の国のひとつである、日本の言葉を使っていただいております。と申しますのも、地球に初めて我々の仲間が降り立ったところが、日本だという古い言い伝えがございます。そして、地球はまだわれわれの宇宙連合には入っておりませんが、地球は今、悪い宇宙人に狙われていますので、我々としても何とかして守ってあげないといけません。ですから、我々が地球で活動する時にも、やはり地球の言葉を何かひとつ学んでおかないと、コミュニケーションが取れないということになります。それで日本語が選ばれたわけでございます。更には、これから日本が世界の中心になってゆくことも大きな理由です。
 その中でも関西弁を選びましたのは、このような会議の中で議論が白熱しましても、そないに深刻なケンカにはならないかなと判断したからでございます。関西では、耳に痛いことを言われても、「うさぎの逆立ちですなぁ」と表現して、怒り狂ったりは致しません。なんや関西弁を使うておりますと、宇宙空間にぽわん~~んとした波動というかエネルギーを与えるというか、そういう研究結果が出ておりまして、互いの星の友好に最適ではないかと、判断した次第です。
ま、そういういろいろな理由で、今日はできるだけ関西弁でおしゃべりしていただけたらと思うております。まだ十分にマスターできていない方は、ところどころでも結構でございます。できるだけ努力をしていただくということで・・
あ、そうそう、今回は、地球の衛星であります「月」より女性の代表の方もご参加いただいております。地球の偵察のため、月の裏側にお住まいを作っておられる宇宙人も、最近大分増えて参りましたので、やはり代表を選んでいただいて、お越しいただきました。今日は、最近の地球の様子を報告いただくなり、これから地球をどのように守ってゆくかというご提案をいただければと思っております。
それでは、説明が長くなりましたが、月の代表者の方、自己紹介をお願いいたします。
つきにうさぎ:皆さまはじめまして、月より参りました「つきにうさぎ」です。どうぞヨロピクピョン。
議長:えっ、あの有名な月野うさぎはん?
つきにうさぎ:いえん、つきにうさぎです。
議長:それ本名ですのん?
つきにうさぎ:ハイ、そうですピョン
議長:こらまた、面白い名前をご両親が付けはったんですなぁ。つきにウサギて、そのままですやん。
つきにうさぎ:ウチのパパとママの悪口を言ったら、許さないわピョン
月に代わってお仕置きよ!
議長:まぁまぁ、そないに怒りはらんと・・ちょっとその標準語も宜しいんですけど、来年からはできるだけ関西弁でお願いいたします。
では、今年の議題は、昨年と同じく、地球を侵略しようとしている宇宙人から、どうやって地球を守るかということでございます。昨年は、地球のお隣の金星の方からご提案いただいた「宇宙語の共通言語として、地球の関西弁を使おう」ということでしたね。副議長
副議長:ハイ、この宇宙では様々な星の貿易会社が、いろいろな物資を運んでおります。危険な武器や毒物を運んでいる宇宙船もおりますので、宇宙連合のパトロール隊員が、地球のすぐ上空で待機して検問を行っております。その時に
「もうかりまっか?」
と聞いたら
「ぼちぼちでんなぁ」
という合言葉で答えられたら、宇宙連合公認の貿易会社と判断します。もしも関西弁が使えなくて、しどろもどろするようなら、モグリの悪徳商社と判断せよと皆に伝えております。
議長:で、その成果はどうでした?副議長
副議長:まさか悪い宇宙人が関西弁までは勉強していないだろうと、この方法を採用いたしましたが、前半はそれで悪質な宇宙人を検挙できたんです。が、敵もさるもの。ちゃんと関西弁を覚えたようで
「もうかりまっか?」
と聞いたら
「ぼちぼちでんなあ」
と答えるようになりましたので、今年はちょっと作戦を練り直さんとあかんなあと思うとります。
議長:そうですか。困りましたねえ。では何かいいアイデアはございませんか?地球にどんどん新しい戦争の武器を持ち込まれたら困るんですわ。それでなくても地球ではテロや戦争が多発してまっさかい、このままでは地球が滅びる恐れがございます。それを食い止めるために、我々はこうやって宇宙連合を作って、悪質な奴らに対抗してきた次第です。ここで負けては宇宙連合の名折れでっさかい、今日は皆さんどうぞ宜しゅうお願い申し上げます。
ちょっと、織姫はん、大事な話をしている最中に、となりのの彦星はんと抱きおうてイチャイチャしてたらあきまへんがな
織姫:だって、この前彼と会ったの7月7日なのよ。もう5ヶ月も会ってないのよ。いいじゃない。ねえダ〜〜リン。
議長:ねえダ~~リンちゃいまっせ。ほんまにかなんなあ。
ワラワラ星人:議長
議長:ハイ、なんでしょう?えーーと、ワラワラ星の方・・ですね。もしかして今年初めて参加してくれはったんでっか?
ワラワラ星人:はい皆様初めまして、私は、笑いを大切にする星、ワラワラ星の者です。昔、ご近所に、人々が全く笑わない「ワラワン星」という星がございました。私ら双子の星やのに、性格が全く反対ですねん。ある時、私らワラワラ星とワラワン星の間で戦争がおきたんです。わたしらの星は、爆発したら誰でも笑いすぎてお腹が痛くなって降参するという爆弾を開発しまして、ワラワン星に落としたんです。けど、これが又、なかなか笑いよりまへんのですわ。ワラワン星には「笑うたら懲役10年」いう法律があるんです。それで、爆弾ではあかん。人は小さい頃から笑って育てんとあかん。生まれた時から、私らのように笑う人間に変えてしまおうということになりまして、ワラワン星で赤ちゃんが生まれたら、私らが赤ちゃんに、ウオークインするという方針に変わったんですわ。
議長:ウオークインというと、相手の身体に自分の魂を共存させるという方法ですな。
ワラワラ星人:ハイ、私らは身体を透明にすることもできまっかさい、相手にわからんようにオーバーラップすることができるんです。それから20年。そしたら、あの仏頂面のワラワン星人が、まあ面白いように笑うようになりまして、爆弾が破裂するたんびに、皆笑うて笑うて、とうとう、ワラワン星は降参したんです。で、ようやく私らの支配下に置くことができたんですわ。「笑うたら刑務所行き」なんていう法律はもちろん、廃止しました。
議長:それや!
副議長:ナンですのん議長
議長:ワラワラ星人はん、どうか地球人として生まれておくんなはれ。ウォークインでもかまいまへんさかい。
ワラワラ星人:えっ私らがですか?そやけど地球の人口は60億。私らはせいぜい10万人。数が足りません。
議長:いやいや、地球の日本というところには「落語家」というコメディアンがおりますねん。そういう人らに生まれて、地球に笑いをもたらしてほしいんですわ。
地球には今、ユーモアが絶対的に足りまへんねん。そやからあちこちでテロや大量虐殺が起きてます。人類皆兄弟やのに、互いに殺しあうてます。その星の人類が、いつも楽しそうに笑うてたら、悪い宇宙人も近寄れんようになるんですわ。これは宇宙の決まりごとでんねん。どうかワラワラ星人の皆さまのご協力をお願いできまへんやろか?
ワラワラ星人:ということは、わたしらの星から笑いのプロを、地球に派遣するということですね。
議長:ハイ、地球は我々にとっても大切な星なんです。私らの星からも代表者を選んで住まわせてもろてるんです。自分とこの星だけでは経験できへんことを、地球でさせてもろてるんです。私も何回か行かしてもろたことがありますけど、ほんまに美しい星ですわ。海や山の風景、きれいな花やかわいい動物たち、地球の中からはキラキラ光る宝石まで取れるんですわ。ここまでいろんな生き物がいる星は滅多にないんです。人間だけが環境を破壊するわ殺し合いをするわ・・悲しくて悲しくて、大好きなバナナも喉を通りません。
それも軍事大国のうしろに悪い宇宙人がついているからなんです。そんな一部の心得違いの者のために、この宇宙の宝物のような地球を、台無しにするわけには行きまへんねん。
  (小拍子ポン)
落語家:ということで、ここにおります私、こんな着物を着ておりますが、実はワラワラ星人の借りの姿なんです。けど、宇宙連合から一円も給料出てまへん。そやから、地球のためにやってきた私らを、どうか大切に思うてくださり、仕事をどんどんおくんなはれ〜。この間、あるところに呼ばれましたら、私が宇宙人やて知っている方から質問を受けたんです。
○○さん、地球の住み心地はいかがですか?それで私答えました。
ハイ、落語家だけあって、地球でも、オチツキます〜。
posted by サンサンてるよ at 09:19| 大阪 ☀| 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

京大宇宙落語会に参加して

 昨日は久々に落語会に行って参りました。生の落語会は何年ぶりでしょうか?きっかけは、灘中灘高から京大法学部へと進み、その後落語家になったという方のインタビュー記事。桂福丸という名で調べていると、何と!5日に京大時計台ホールで、理学部天文台の柴田一成先生が主催する宇宙落語会に出演されるとのこと。柴田一成先生は、ちょうど2年前に天文学ツアーに参加した時、最新の太陽情報を解説くださった方。思わず申し込んでしまいました。
<過去記事>
太陽の怒りが爆発する日は近いの?!
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731091.html
家族を守る親の如き太陽<重要な内容を含みます>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/408721734.html
他の演者さんは林家染二さん、そして京大経済学部卒の笑福亭たまさん。
 2連泊で少し疲れておりましたが、気分転換を兼ねて京都へ出発。染二師匠の演目は「掛け取り」。「年末の借金取りをどうやって追い返すか?」という技を熱演。笑福亭たまさんは創作落語「陰陽師」桂福丸さんは「道具屋」という古典落語と「名月記」という創作落語を、それぞれ披露されました。
 桂福丸さんは、エリート街道まっしぐらと周りには思われていたにも関わらず、舞台への夢を捨てきれず、ついに桂福団治師匠に弟子入りして落語家の道へ。修行時代の思い出や学びを「怒られ力」という本にまとめておられます。
syoseki.gif
 江崎グリコの社長さんが「福丸君、落語家を辞めて、我が社の人事部長になってくれへんか?」と本の帯に書いておられます。けれども、地位や収入より自分らしさを選んだ人生・・少しでも応援になればと、私もこの本を定価で買わせていただきました。落語家さんは安定したお給料もボーナスもありませんから、皆さんも応援してあげてくださいね。
 座談会では、参加者の質問の時間があり、早速当てていただき
「かぐや姫も古事記の神様も、実は宇宙人では?などの本が最近では出版されています。歌舞伎でも、良い宇宙人と悪い宇宙人が戦う演目があるので、来年は宇宙人の登場する落語を、是非お願いしま〜す。」
「地球では戦争やテロが多いので、落語家さんは『よし!地球にユーモアを広めるぞ〜』という使命を持ってやってきた宇宙人では?」
なんてコメントさせていただきました。その宇宙人歌舞伎は浅草寺の空中に円筒形の宇宙船が現れた。その船から降り立ったのは悪の親玉・駄足米太夫(だあしべえだゆう)というあらすじ。そんなことから、第2部の座談会は、宇宙人の話で盛り上がり、こちらも爆笑の連続でした。
 司会の磯部洋明先生
「木村大治先生という方が、初め、アフリカ原住民のコミュニケーションの研究をされていたのですが、最近は宇宙人とどうやってコミュニケーションを取るかという研究を、分厚い本にまとめられています。」
とおっしゃられたので、帰宅後早速、調べてみました。宇宙人類学ですか・・さすが京大の先生は、常識にとらわれない自由な発想で研究されていますねぇ。木村大治先生のプロフィールは、京大先生図鑑というネット辞典に収録されていますが、エライ先生方を生き物図鑑のように紹介するという発想も、京大らしくて笑ってしまいます。
<京大先生図鑑>
http://www.kyoto-u.ac.jp/explore/professor/01_kimura.html
 先ほどの磯部洋明先生も、「宇宙総合学研究ユニット」なるネットワークを結成し、多角的に宇宙にアプローチされています。狭い専門分野に閉じこもらない研究者が増えてきた証拠でしょうね。
http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/issue/mm/jitsuha/2013/131025.htm
<以前の宇宙落語会のDVDはこちらで購入できます>
http://uchu-rakugo.jimdo.com/リンク/ 
 地球を我が物にしたい者たちは、戦争の火種、病気や貧困の原因を自分たちで創りだし、更には、日本が将来ライバルになるとみたら「自虐史観など歴史のねつ造」で誇りを「ゆとり教育」で国際競争力を奪い、日本の経済にもダメージを与え、日本を貶めてきました。宇宙人情報を隠してきたのもその一環。
 大学の先生方も、そういう意味では被害者で、学生の学力やマナーは低下するし、予算が削られるから研究以外の仕事が増えるし、厳しい局面に立たされています。
 たとえば、柴田一成先生が為さっている太陽の観察は、地震や電気系統の障害の予知にもつながります。実際、柴田一成先生が数年前、「巨大フレア発生!」と知らせる衛星からの情報を、全世界にメールされたおかげで、NASAや各地の電力会社は大損害をまぬがれたそうです。そんな大切な研究に、予算削減するなど国家による暴挙です!
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~kamobe/news/book_magazine/Toshimondai_2011AugVol102.pdf
 でも、いろいろなアイデアで研究費を集めたり、一般市民に学ぶ喜びを提供したり・・新しい挑戦が出来るチャンスでもありますね。
 正直、学生時代は、天文学など興味の対象外でしたが、大宇宙が根源の創造主の体であり、神の躍動する姿だと判ってからは、俄然興味が出てきましたねぇ。純粋な心で、神の身体を探求されている天文学の先生方も応援したく、NPO花山星空ネットワークの活動をご紹介します。是非ご入会されて、宇宙のロマンに浸ってくださいませ。楽しいイベントにも参加できますよ。
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/hosizora/
宇宙落語会へのご入会(入会金500円年会費1500円)はこちら・・
「宇宙落語制作委員会」事務局(潟qーロー内)
E-mail: uchurakugo@gmail.com

 もちろん、この25年以上、応援の思いを持ち続けてきたのは大川隆法総裁の熱く尊い御志。出版や映画のみならず、大学や学園、政党、福祉活動・・などにも顕現している宇宙規模の愛。全国全世界からサポーターが数多く現れて、地球の平和と繁栄が実現しますように・・
posted by サンサンてるよ at 15:29| 大阪 ☁| 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

大川総裁のユーモア精神炸裂

 今日は午前中映画に、午後は大阪奈良本部主催の行事に行って参りました。お目当ては、11月25日に行われた「著作2000冊突破記念パーティ」でサプライズ登場された大川隆法総裁のご挨拶。9月に新しく幸福の科学出版社長に就任された佐藤直史さんが、その時のDVDを見せてくださり、楽しいお話をたっぷり聞かせてくださいました。
<関連記事>
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10544
http://info.happy-science.jp/2015/14318/
 佐藤社長はユーモア精神のある方なので、私が気に入っている出家者のおひとり。しかも過去世は、空海様のお師匠様だった勤操大徳だとか。ですから、より一層親近感を感じているのです。
<過去記事>大黒天を引き寄せるには@
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/397856933.html
 6年前に聞いた佐藤社長のジョークを今でも覚えていますが、今回もユーモア満載。更には、その中で上映された大川隆法総裁のお話。初め緊張されていた参加者のお顔も、総裁のユーモアに思わず笑顔が・・ホントサービス精神の塊ですね。冗談めかして部下たちへの積り積もった思いも、ちゃんと晴らしておられました(*^^)v これからも総裁おひとりに働かせてたらあきませんわね。
 ともかく、2015年11月25日は歴史的な日だったのではないでしょうか?大衆の中に分け入って行きなさい・・という教えを身を持って示された。大川総裁の囲み取材など、本来あってはならないシチュエーションです。
sq2nes7a.jpg
 ご参加された大手出版社や新聞社、書店の皆様は、
http://info.happy-science.jp/2015/14318/
●こんなに気さくな方だとは思ってなかったです。こういう人柄が伝わっていくことで、若者からの人気ももっと出る方ではないかと思いました。
●すごく威厳があって、人を寄せ付けない雰囲気がある方かと思っていましたが、気さくでびっくりしました。
●総裁を至近距離で見られて感激。話した内容が活字にできるのはすごいこと。
●画面を通じてより、まぶしい感じのオーラでした。
●あんなに気さくな方だとは知りませんでした。大講演会で見るのとは違っていました。本当に気さくな方なんですね。

と口々に語っておられたようです。おもてなし役として参加された出版の女性が
「名刺交換をされた方が、本当に嬉しそうに『この名刺は宝物にします』とおっしゃってました。」
と報告くださいました。えっ、総裁がお名刺を・・と驚きの連続。すでに出版関係、マスコミ関係には予想以上の隠れファンがいらっしゃるのでしょうね。公言するのはまだ恥ずかしいけれど、大川隆法総裁の本は読まずにはいられない中毒読者が・・そしてまた一気にファンが広がったことでしょう。ともかく爆笑の連続だった昨日の行事でした。
 2015年の「智慧の法」はトーハンノンフィクション単行本部門2位(総合4位)日販ノンフィクション単行本部門4位(総合8位)という嬉しい発表もあって、良い年が越せそうです。10年以内には3000冊を目指す!と決意表明された大川総裁。これからはきっと、打つ玉打つ玉ホームランの連続となります!忍耐が実を結ぶ日も近いと信じて・・参加者のおひとりの感想をもうひとつご紹介しておきますね。
総裁が次から次へと執筆するバイタリティの源は何だろうと思っていた。『皆様を幸せにする』、そのために書いているのだということが分かり、うちの編集部員にもその考え方を分け与えたいと感じました。改めて紙面の方でご紹介させていただきます」(大手夕刊紙の幹部)

 今日の行事では懐かしいお顔の支部長さんたちと再会。6年前「支部の7周年行事に、何か楽しいお話を・・」とお招きくださった支部長さんも来てらっしゃいました。あれは北朝鮮が日本にミサイルを発射した年。
「皆さん、どうしてキムジョンイル(金正日)って名前になったかご存知ですか?お父さん金日成(キムイルソン)さんですね。なんか、君いると損みたいですが・・キムジョンイル君が生まれる前、キムイルソンさんのところに、ある人が犬を連れてきました。あの国は何かあるとすぐに捕まってしまいます。それで『飼い主が捕まって犬が一人ぼっちになってしまった。ジョンという名前だが、犬がかわいそうじゃないか?どうしてくれるんだ。君ジョン要る?』と聞いたからなんですよ。」
なんていい加減なことを口走っておりました。途中で冗談だと判ってくれた方が、5分の4はいらしたかと思います。どうしましょう、残りの5分の1の方が今でもこの話を信じてらしたら・・
 私も日本笑い学会なるところに席を置いていますが、ここ数年は経典も厳選拝受ですし、税金や年金の請求は次々来るし、ちょっと笑えない状況。でも、お金が十分に無い時も、ユーモア精神で乗り切らなくてはね(^^;
 先日は笑い学会の年会費、10000円はちょっと無理かなと5000円振り込み。5000円は学生会員の年会費なので、「学生さんですか?」と問い合わせメールが・・
「すみません。来月には残りを振り込みます。今回は分割という事でお許しを・・割れても末に合わせんとぞ思う・・と考えております。」
とコメントしておきました。百人一首崇徳院の歌のパロディですが、さすがは笑い学会の事務局の方。
「ご事情が大変な折、請求して申し訳ありません。またご都合がおつきになったらお願いします。」
なんてハートフルなお返事が・・こんなお心遣いを頂戴したら、いつかは100万円くらいポンとお支払しようと思いますでしょう?
ちなみに教養ある皆様に、釈迦に説法ですが、崇徳院の歌とは
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
ですね。これをもじりまして、借金取りや税金請求には・・
せよ早く 人に急かるる 泣き顔の 割れても末に合わせんとぞ思ふ
                                              (サンサンてるよ)
と誠意をお伝えされてはいかがでしょうか?税務署の方も「1000回分割オッケーでっせ」と太っ腹になってねぇ。笑って超えよう大晦日!
 そうそう、ついでに映画の話ですが、主人公たちがプレアデスの学校を見学した時の服装。先日、アンナの服はV字カットになっていると書きましたが、ハルの服は上着の合わせ方がK字に見えるデザインでしたね。ケンタウルスのK。「神は細部に宿る」と言われますが、UFO学園の秘密は過去最高に飽きない映画です。すっかりレイ君たちの大ファンになってしまったサンサンてるよです(*^▽^*)
<上映情報>
シネリーブル梅田では3日4日は9:40~ 5日~11日は20:20~の1回上映です。
ヒューマントラストシネマ渋谷では、3日4日は9:50~、5日~11日まで10:00~
十日町シネマパラダイスでは、12月4日まで、15:00~(3日は休館)
http://www.t-cinepara.com/
ディノスシネマズ札幌劇場では12月4日まで、14:10~
http://cinema.sugai-dinos.jp/pc/sapporo/
posted by サンサンてるよ at 21:16| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

UFO学園の秘密12/11まで延長

 月曜日の朝のこと。マンションの管理人室のカギが行方不明に。大事な預かりものなので、もう真っ青。翌日が普通ゴミの日なので、収集車の方が持って行きやすいように、ゴミ置き場に散らばった小さな袋を、大きなゴミ袋に入れるのですが、その30分ほどの間にどこかに行ってしまったのです。マンションの廊下にも部屋にも落ちてないし・・友人と映画に出かける時間は迫ってくるし・・そこで思い出したのが、10代の頃に母に教わった「無くしものが出てくるおまじない」それは、片手で拝み
「北の神様、北の神様、○○が見つからないのです。出てきた暁には、両手を合わせて感謝申し上げますので、どうか見つけさせてください。」
と祈るもの。そんなにしょっちゅうお世話になっていないのですが、切羽詰まってお願いしてしまったのです。すると
「ゴミ袋の中にあるのでは?」
とふと思い、再びゴミ置き場に・・すると、何と大きなゴミ袋の一番そこにカギを発見!服のポケットに入れていたのに、どうしてこんなところに?と不思議な思い。でも5分ほどの間に見つかったので、ようやく出かけることが出来ました。あきらめて出かけていたら、ホーム勤務で帰れないので、翌朝のゴミ収集で持って行かれるところでした。もちろん両手を合わせて感謝の御礼を・・
 実はこの「北の神様のお祈り」よく効くのです。おそらく守護霊の方が「ほんとにもう・・」と呆れながらインスピレーションを送ってくれているのでしょうけれど、亡き母に教わった方法ですので、困った時は「北の神様」におすがりしている次第。
 最近、能勢妙見にお参りしたり、北極星信仰(妙見信仰)について調べたせいか、
「北の神様って、北極星や北斗七星のことかしら?」
なんて思い、ちょっと調べて見ましたら、蘇民将来によく似た物語が出てきたのです。北の神様が南の神様と結婚するために旅をしている途中のこと。お金持ちに一夜の宿を頼んだが断られた。その強欲な金持ちの心優しい弟が、親切にもてなしてくれた。数年後、妻と8人の子どもを伴って、お礼に再訪した北の神様。「葦で輪を作って腰に巻きなさい。それから、表の戸に名前を書いておきなさい。そうすれば、近所で疫病がはやっても、不幸な出来事が起こっても何事もなく暮らしていけるでしょう。」と厄除けの方法を教えて去っていった
まるでスサノオ尊のお話みたいです。陰陽道では、北=水=陰=女性を表すとか。ならば、女神という事でしょうか?北の神様の正体はなんなんでしょう?
北の神様
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7211/Japanese/northgodj.html
http://yomukiku-mukashi.com/Somin.html
 さて、2か月前からこのブログの中心テーマとなっております、映画「UFO学園の秘密」。シネリーブル梅田では、またまた1週間延長となりました!今週の4日金曜日までは9:40~ですが、5日(土)~11日(金)までは、20:20からの夜の上映となります。もう手元にチケットはないのですが、有難いと言えば有難いこと。まだまだ解明できていない謎は多いですもの。毎回不思議に思っていたのは、夜明教授が舞台でレクチャーしていた時に、出ていた五角形。地球と金星と太陽のマークが描いてあるのは判ったのですが、なぜ五角形になっているのか?理由を調べてみました。「五角形 地球 金星 太陽」で検索すると、こんなサイトが・・
http://www5e.biglobe.ne.jp/~midearth/bessatsured/hoshi/planetsearen3.htm
 地球と金星と太陽が1直線に並ぶ配列が584日ごとにあり、従って8年間に5回おきる。しかも方向がちょうど正五角形の頂点の位置と重なる・・とのこと!このサイトに解りやすい動画が出ているので、一度ご覧くださいませ。すごいすごい!惑星の運行にこんな規則性があるなんて・・やっぱり星々も偉大なる意志によって動いているのでしょうか?
 きっと地球にも、感情や意志があるのでしょうね。夜空の星にも、太陽や月にも・・・人間の思いを痛がったり痒がったり、愉快がったり・・痛い思いをさせるのは、もうやめなくてはね。地球を愛おしいと思う気持ちが、全ての人たちに広がってゆきますように・・
posted by サンサンてるよ at 22:52| 大阪 ☀| 宗教と科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内