2016年03月30日

天使がくれた奇跡?!B

 またまた更新が途切れてましたね。実は、仕事が目いっぱい詰まって、ひとつの仕事が終わったら仮眠をして、また次の仕事へという過酷なスケジュール。心身にエネルギー補給をするには最適の映画ですから、日曜日の夜、同じように社会福祉の仕事をする法友と「天使にアイムファイン」見て参りました。。
 実は映画までの待ち時間、法友と入った甘味処で、信じられない出会いがあったのです。隣に若い女性が2人座っていたのですが、私のすぐ横の方が、
「アイムソーリー」
と私のコートの上に落ちたものを拾っています。どうも、パフェの上から栗の裏ごしした塊が落ちたようなのです。私も
「ネバーマインド(気にしないで)」
と返しましたが、しばらくしてふと<日本人に見えたけど、アジアからの観光客なんだ>と気づき
「どちらからいらしたの?」
と聞いてみたのです。すると「香港」とのこと。ということで久々に英検3級の海外伝道開始です。
「私も5年前に香港に行ったことがありますよ。」
から始まって、
「この上の階で、こんな映画をしていますが、時間があればいかがですか?」
ちょうどカバンに入れていた映画のチラシを見せると興味を示されたので
「良かったらチケット差し上げますよ。」
と言いますと、今日は時間ないが、明日から京都に行くとのこと。早速スマホで京都の映画館を調べたら、何と東寺のすぐ近く。それで住所や上映時間をメモしてお渡ししました。
「東寺は行く予定あります。」
と言われるので、何てラッキー!更にラッキーなことに、カバンに「I'm fine SPIRIT」が入っていたことを思い出し
「これが映画の原作本なんですよ。読まれませんか?」
と渡すと、ページをめくって
「えーーっ、いいんですか?嬉しい!」
と喜んでくださる彼女たち。
この英語経典は、英検3級のサンサンてるよでもストレス無く読めるので、最近英語の教材に持ち歩いていたのです。ということで最初の数ページを読んだだけで、香港へと旅立ってゆくことに・・(^.^)/~~~
「Master Ryuho Okawaご存知ですか?香港でも講演会されたことがあって、著書は2000冊出されているんですよ。ギネスブックにも載っています。」
なんて話をしていたのですが、しばらくすると、先に帰ろうとする彼女たちから
「記念に一緒に写真撮ってもいいですか?」
と言われ、ちょうどその日、パスポート写真を撮るため化粧をしていた私は快諾を・・(いつもはノーメイクなので、これもラッキー!)すると、それぞれチラシと経典を手に持たれて満面の笑顔。美女の2人(甘い基準で美女の3人)の顔を隠さないといけないのは心苦しいのですが・・ここに掲載を。
 後で法友に
「あの栗のカタマリ、生きてるんと違う?アレが落ちなかったら、話のきっかけつかめなかったもんね。」
と言うと
「マロンちゃん、エライ!」
大阪のおばちゃんに戻って喜びあいました。もしかしたら、彼女たちの守護天使さまが、「えいっ!」と念力で栗を落としたのかな?なんて・・不思議な出会いの夜でした。前回も思ったのですが、全ての回を英語字幕付きにしてくださったらいいのに・・私たちの英語の勉強と、いつ外国の方が行かれてもいいように・・次回からそうなったら嬉しいな。
 1回目2回目は泣けなかったという法友も、今回はウルウルだったとか。私も見るたびに、葛藤の思いが薄れてゆくのを感じます。元おとうちゃんの行為で、許せずに塊になっていた出来事があったのですが、氷が融けてゆくみたいな感覚を覚えているのです。やっぱり不思議なパワーを持った映画なのかも知れません。
香港天使2.jpg
book_01_0271.jpg>ファイン1.jpg
posted by サンサンてるよ at 11:25| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

天使がくれた奇跡?!A

 先ほど、「天使にアイムファイン」2回目を観てきました。1週間ぶりです(;_:)実写だし、前回でストーリー覚えたから泣かないと思うわ〜と高をくくってましたし「絶対泣かないぞ〜〜」と理性をフル稼働させていたにも関わらず、もう徳島のおばあちゃん天使の場面辺りから、ウルウルの連続・・
 前回見落としていた方々やシーンや台詞もあったり、新しい発見も・・やはり、あっと言う間の2時間でした。次回作につながる伏線もあって、今から楽しみです。
 今回の奇跡は・・やはり「葛藤の解消」でしたね。「サンサンてるよの人生は葛藤だらけか?」と思われそうですが、これは日記ですので、幸福の科学を良く見せたいがための誇張や吹聴は全くありません。ありのままを書いています。今回の相手はご本人が現れて・・ではなく、協賛企業の中に出てくる会社の方。お世話になった部分も多々あるので、感謝はしているのですが、「ちょっとこれは・・」と驚くことも多く、心の中で「もう傷つきたくない」とシャッターを下ろしていた方でした。
 ですから、「この方との修行はもう終わり」と思っていたのですが、今日はその方の会社の名前を見ながら
「いつも大黒天として応援をありがとうございます。」
と素直に祝福できたんですね。これは自分でも驚きでした。
 信仰を持っているのにどうして?という出来事は、相手の問題ではなく、実は自分の問題なのかも知れません。
「どんな出来事や人に出会おうとも、信仰を失わないか?」
というテストの協力者となってくれていると思うべきなのでしょうね。そのために仏に出会わされている・・気心の知れた法友とばかりつきあっていても、信仰心を磨いたとは言えませんものね。
 映画が終われば、敵役ともお酒を飲んで労い合うように、あの世に帰った時に感謝できるのは、もしかしたらそういう相手なのかも知れません。
 かくいう私の結婚相手も、信仰の面では敵役でした。経済的には守られていましたが、隠れて信仰しないといけない、共通の話題の無い何とも寂しい夫婦。経済的に守られていた・・というのは、大手企業の会社員であり、かつビルの経営もしている方だったから。
「財産目当てで結婚したんやろ?」
「主婦はたかりや」
などの暴言が、信仰攻撃のおまけで浴びせられる悲しい夫婦関係でした。そんな20年間が経った頃、瞑想や研修のたびに再三促されたのは「家を出ること」将来もし財産を引き継いだなら、もちろん安定した老後は保証されたのでしょうが、天はそれを許してくださらなかった。経済的な基盤を奪い、家庭を奪い・・それでも信仰を貫けるか。こんな軟弱な私に、ここまで苛酷なテストを課さずとも良いのにと思うのですが・・
 小さい頃から普通ではない家庭環境に育ち、成長しては理解してくれない夫に悩まされ・・私にとって家庭は正に修行の場でした。そんな家族にも光が見え始めた話は、過去記事で語らせていただきました。
<ある家族の物語>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/432034662.html
 けれども、元夫のような頑迷な方が最近軟化し始めたのも、全国全世界に立派な精舎が建ったり、学園生やHSUの学生さんたちが文武両道でがんばってくださったり(チアダンス部が世界大会で優勝したり、毎年東大・京大・医大などに合格したり・・)、
https://www.youtube.com/watch?v=OJJXomlyT8E
幸福実現党からようやく地方議員が生まれたり、幸福の科学の映画が国際的に評価されたり・・日本や世界を救うための宗教活動や政治活動、教育事業や映画などが、目に見えた成果を上げてきたお蔭だと感謝しています。
 もちろん、こんな父親の目を覚まさせるために、あえて障がいをもって生まれてきた末っ子、そして、母親を攻撃し続けた父親であっても受け入れて、何かと支えになってくれているお姉ちゃんたちにも感謝です。
 最近は末っ子のことで密に連絡を取り合って・・夫婦ではなくても、親としての義務は共に果たしている仲です。距離を取ったことで、「親しき仲にもあるべき礼儀」が生まれたのかも知れません。
 思えば、この信仰に入ったのも、母のしたことを責める思いに悩んだから・・でもその葛藤が、遠い未来に用意されていた霊的な喜びへとつながったことを考えるなら、「人生の葛藤」は「幸福の卵」と言えるのでしょう。最近、家族を捨てて去って行った父親たちのことも、ふと懐かしく思い出されます。縁を持たせていただいた相手は、みんな修行の協力者なのだと、しみじみ思います。
 本当に・・この映画は観るたびに、心を浄化してくれるのかも知れませんね。そんな映画をくださった大川隆法総裁先生や制作スタッフの皆様に心より感謝を捧げます。
posted by サンサンてるよ at 22:42| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

天使がくれた奇跡?!@

最近時々訪問するのが、東京スポーツ紙のサイト。数年前から幸福の科学の経典や講演会のダイジェストを紹介くださっている新聞。近くの図書館では見られないので、ようやくサイトを探し出しました。先日の福岡大講演会の詳細もちゃんと記事になっていて嬉しい限り!あちこちからの圧力にも屈せず感謝の合掌です。そのひとつひとつの勇気が集まって、日本を護ってゆくのですからね。
 見出しが「9000人が聞き惚れた新鮮@攪_」ですよ。記者さんはもう信者なみの信仰心かも?!
http://www.to-spo-world.com/neta/2016/03/17/27766.html
 さて昨夜は、シネリーブル梅田での上映会に行ってきました。
<天使にアイムファイン公式サイト>
http://www.to-spo-world.com/neta/2016/03/17/27766.html
出かけようとしたら
「1回目2回目の上映は満員御礼です!」
というメールが・・大阪は上映館が2か所。近くに住んでいる者はすぐに行けるのだから遠慮しなくては・・と思い直し、席が余りそうな最終回(18:20〜)に行くことに・・それでも10席しか残っていなかったようで、初日の大阪上映、大成功でした!(3回目も満員御礼)
 映画の感想はというと・・もうオープニングでいきなり胸つまり、最初から最後まで涙と鼻水をタオルでぬぐいつづけました!(皆さん大きめのタオルのご用意を・・)こんな体験も初めて!帰宅して鏡を見たら、目の下がシワシワ!どれほどの水分を失ったのかと驚くほどでした。
「目の下だけ、芦川よしみさんに似てるわ」
喜んでいいのか悪いのか・・最初私は
「芦川よしみさんも年を取られたなぁ」
と不届きなことを思いましたが、あれは末期がんの身体の状態を表現するために、わざと老け顔にしているだけで、「自分をわざと醜く見せる勇気・・これぞ真の女優魂!」と後で舌を巻いた次第。そんな気迫のこもった演技でしたねぇ。最近守護霊霊言があったようですので、書籍になるのが楽しみ!

 実は先日、大川裕太さんが大阪正心館に来られた時にバッタリ再会したKさん。以前、日暮里支部に伺った時に支部長でいらして、大阪から来た私に親切にしてくださったので
「覚えてくださってますか?」
と思わず声をかけてしまいました。若い頃俳優を目指してらしたので演技経験もあり、メディア局からひっぱりダコの方。それをふと思い出し
「もしかして、今度の映画に出られてたりして・・」
と言うと
「実は、芦川よしみさんの夫役で・・でも怒ってる役ですよ(^^;」
とおっしゃりビックリ。それで判別できましたが、イケメンの方なので、聞いてなければ、イメージが違ってて判らなかったかも?そんな楽しいサプライズもあちこちにあった映画でした。
 ベテランの俳優さんたち、新人さんたち、そしてボランティアの皆さん・・演技経験の長短を問わず、信仰心あふれる方々が大集合して作った映画は、確かに何かが違う。ストーリーや演出や演技力をカバーして余りあるものが、きっと画面からあふれ出ているのでしょう。
 実は最近、ちょっとマイナス思考続きで、映画に行く前も心は晴れない状態でした。でもそんな私にも不思議な力が働いて・・素晴らしい夜にしてくださいました。
 「席が埋まりそうだから早めに行かなくちゃ!」
と40分前に予約したのですが。そこは一番前の一番右端。その横は車いすの方用のスペースでした。けれども、後でそこにいらっしゃった方が、私のこれまでの葛藤を流す手助けをしてくださったのです!
 おしゃべり好きなおじ様で、始まる前に声をかけてくださったのですが、聞くと私がちょっとわだかまりを感じていた方と同じ支部(わだかまりの相手は以前は私と同じ支部)なのです。その方から言われたこと、9割方流してきたのですが、やはり時折過去の辛かった体験が浮かんできます。これを「信仰から引き離そうとするダークサイドからの干渉」と呼びますが・・辛い体験の後、すぐに私は引っ越ししたので、修復の機会もなかったのですが(普通にしゃべりはしますが、心の中にはまだ許せていない部分がある状態)、その日は久しぶりにその方と再会。向こうから声をかけてくださり、更には、車いすの方を両側で守りながら一緒に梅田まで帰ったり、楽しくおしゃべりさせていただきました。
 更には、もうひとり、私が心にひっかかりを感じていた方とも知り合いで、見つけて挨拶しに行かれるので、私も一緒についてゆき
「今日初めて偶然に隣同士になったんです。足元暗いので、今から一緒に梅田まで帰ろうと思って・・」
とこれまた親しくおしゃべりする時間となりました。以前は冷たい視線だった方が、今はニコニコ笑いかけてくださる不思議・・
「もう過去のことは完全に忘れよう」
と思えたひと時でした。
 きっと私の受けた心の傷を癒す方向で、天使の導きがあったのかなぁと感謝。偶然隣に座った方が、私がまだちょっぴりわだかまりを感じていた相手と何人も知り合いで、その方々と話す機会を作ってくださる・・そうでなければ、まだ私の心は以前と同じだったかも知れません。
 というのは、福島と同じく、どうもサンサンてるよにも風評被害があったようで、やはりその期間は「どうして?私が何をしたと言うの?」とショックな体験がいろいろあったのです。
 サンガはもちろん和合して理想的であるべきですが、やはり信仰心を試し鍛える出来事が起きてきます。(嬉しいご縁がほとんどではありますが・・)それを乗り越えられなければ信仰したとは言わせない・・のも厳粛な真実。皆さんがそれぞれに信仰を内外から鍛えられているのでしょうけれど、日本の危機迫る時代に、もう過去の葛藤は全て流してゆかなくてはならないのでしょう。そんな慈悲が私に及んだ映画初日でした。
 身体に関する奇跡も報告されていますが、もう過去の修行は終わった・・そう自分で区切りをつけられたのも映画の奇跡のひとつだったのでしょう。きっと観た方全てに、気づかずとも天使の力が働いているはず・・信じられないことが明日も明後日も起きることでしょう。
posted by サンサンてるよ at 07:48| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

月神や星神も味方にして・・

 最近のマイブームは「月信仰」数年前から古今東西の宗教をザーッと眺めてきましたが、「太古の昔、太陽信仰に先立って月信仰があった。とするなら、人々はどのように月を崇めていたのか?」や「月読命とは何者か」などでも明かされた「世界各地で月信仰は消されていった。」という話が気になっています。かなり反応してしまうということは、過去に何らかの強い衝撃があったのでしょうか?
 あるいは、3年前に神泉苑で出会ったエネルギーを感じる気功師さんから
「サンサンてるよと言っても、太陽ではありませんね。」
と言われたのが、月に目を向けるきっかけだったのかも知れません。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731037.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731058.html
 古代日本でも「月信仰」や「星信仰」の部族が迫害されたり、歴史の悲劇がありました。古代のみならず、明治においてもあったようで、和歌山県の日出(ひので)神社(和歌山県西牟婁郡白浜町日置436番地)が、明治42年より前は「出月宮」と呼ばれていたのがそのひとつ。国家の政策で廃仏毀釈や神道の統一があった結果でしょう。それでも、十五夜お月さんにお団子を備えたり、月信仰の名残りは民衆の風俗に健在ですね。
http://tsukigoyomi.jp/2014/hakken04.html
 けれども、新しい時代を迎えるに当たっては、是非とも過去の葛藤を解決しておく必要があるのではと思うのですね。歴史の歪曲が為され、ご祭神の名前を変えさせられたり、神社仏閣を壊されたり、殺されたりした側の悔しさは、100%消えるものではないでしょう。
 他国に無実の罪を着せたり、堂々とミサイルを発射する国々に囲まれている昨今ですが、日本人自身が自国の歴史を正しく伝えていないから、他国からも正しく評価されないのでは?と思うのです。
実は、体制側が隠した月神や星神も又、外敵を撃退する強力な力を持っていると幸福の科学の霊査でも判ってきました。そういった神々への正しい評価が為されるなら、護国への大きな力となることでしょう。
<参照>女神アルテミスリーディング
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1416
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9104
 とは言え、歴史の修正はすぐには難しいかも知れません。ならば、せめて唯物論を返上し、太古の信仰であるところの「自分たちを生かしてくださっている存在への感謝」に目覚めないといけないのではないでしょうか。日本人の祖先は、この世界を産み維持している宇宙のエネルギーを、太陽、月、星(地球も)や、風や水など自然現象を通じて感じ取り、尊崇の念を捧げてきたようです。
http://www012.upp.so-net.ne.jp/houi/sankou.htm
http://ameblo.jp/angelcake0823/entry-12089228966.html
 私たちのエルカンターレ信仰は、地上の仏陀のみならず、その背後にある天体の力や、宇宙の根源の力をも仰ぎ見ているので、正に戦いなど生みようのない太古の信仰を復活させつつ、新たな宇宙文明を築こうとしているのでしょう。
 祖先神の違いや、星のみ月のみ太陽のみと信仰が細分化してきたのが、過去の戦いの原因であったのなら、今再び、太陽、月、地球、他の星々・・太陽系や銀河を一体と見て、更にそういった銀河を統率している偉大なる根本の神霊を仰ぎ見る・・そのような壮大な信仰が必要なのでしょう。それは過去にどんな宗教を信じている人でも取り込んで、統合出来る信仰です。それこそが、日本や世界を救う秘策!

 また今週も連続勤務の睡眠不足で疲労が溜まっており、昨夜は早くから昏々と眠りました。目が覚めても時差ボケ状態はなかなかスッキリせず、朝からボーっとしていたのですが、これ又、最近のマイブームである山水治夫さんの「シリウスブルー」を聞いたり、三代目J Soul Brothersの「次の時代へ」を聞いたりしている内に、だんだん元気が・・
https://www.youtube.com/watch?v=IdQWw8qrlDw
 そうそう映画UFO学園の秘密の曲も思い浮かべハミングすると、前向きになれますね。とどめは「正心法語全編読じゅ」やはりお腹から声を出すのが一番エネルギーが入ってシャキッとするかな?
 ということで今から梅田で「天使にアイムファイン」を観て参ります。きっと又ひとつ「マイブーム」が増えることでしょう。
posted by サンサンてるよ at 12:57| 大阪 ☔| 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

勝利の女神よ微笑んで!

ラジオ放送に続いて、テレビでも12日13日に「正義の法・講義」放映されていたのですね。びわ湖放送、岐阜放送、群馬テレビ、三重テレビ、奈良テレビ、テレビ和歌山・・もう終わってからブログに書いても仕方ありませんが、これは日記ですので2016年3月の動き・・ということで記録に残しておかなくては・・
 ここ数年にようやくマスコミからの追い風を受けていること、日本にとって「時、遅かりし」ということにならないよう、私も毎日祈る思いです。
 昨日は、勤務明けの午後に会議があるので、家に帰るには慌ただしく・・待ち時間をどうしようと考えていて思いついたのが、カラオケ!ごめんなさい。日本の危機に呑気なことと叱らないでね。先日の記事に書いた三代目J Soul Brothers の「次の時代へ」をどうしても覚えたくて・・
http://j-lyric.net/artist/a0548db/l02521f.html
https://www.youtube.com/watch?v=IdQWw8qrlDw
信じ続けたものが いま僕の前でそっとカタチになる・・
    溢れる思いがあるから あきらめない
    いつの日か きっと未来は愛に満ちる・・
    ・・・・・・
僕たちは希望の空へ 愛をつないでいくんだ
思い出も悔しい涙のあとも 未来という道標
次の時代の光となれ ♪

 歌はみんなのものなので、我田引水的な歌い方で本当に申し訳ないのですが、1時間の間、「幸福実現党〜今度こそ!」という応援の思いで、7回くらい繰り返し歌いました。
 そして今日も勤務先の近くの「勝利の女神」に参拝を・・「勝運守り」を拝受して祈ったひと時。2月から行き始めた自閉症サポート機関のすぐ近くに、数年前からよく参拝していたお気に入りの神社があるのです。休憩時間を使って往復できる距離なので余計にラッキー。歴史に名だたる天皇や武将たちに厚い尊崇の念を捧げられてきた女神。おそらく自民党の皆さんなどはすでにご存じで、昔からご加護を祈ってきたのでしょうけれど・・日本の危機を目前に、戦いの女神はどのようにご判断されるでしょうか?今からまた夜勤に入るので、今日は短いですが、忘備録を・・
posted by サンサンてるよ at 18:48| 大阪 ☀| 日本再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

しびれました!福岡大講演会

 先週は2日続きの夜勤が寝不足だったことに加えて、朝8時半からの勤務を夕方5時に終え、引き続き7時からの夜勤に入ったこともあって、金曜日から土曜日にかけて一気に疲労が襲ってきました。それで次女にマッサージに来てもらったり、2カ月ぶりに岩盤浴に行ったり・・でも、お世話に入っている入居者さんが順調に回復して、その後も引き続きおしゃべりできるようになったのは嬉しい出来事でした。
 東日本大震災で命を失われた方々、いまだ復興にご尽力されている方々のことを思えば、こんなことぐらいでへこたれていてはいけないのですが、若い頃、人災によって腰を痛めたことは、今も尾を引いていますね。
 そういう意味では、私もプチ障がい者なのですが、それでも3人の子どもを産み育て、母の介護もし、その合間ではありましたが、伝道活動にも情熱を注ぎ・・自分でも良くこの腰で30年がんばってこれたなぁと、最近なぜか、自分の精神力をほめてあげたい気持ちでいます。と言っても、今回も映画のチケットを頂戴した、明石の大黒天の方の精神力にはまだまだ及びませんが・・24年間、休みなしの介護ですからね。ギネスブックに載ってもいいくらいの方です。
 さて昨日の福岡大講演会。前日までは「大阪正心館に行こうか?いや、久々に茨木支部にしようかな?」と思っていたのですが、当日の朝「会場の結界護持を月読命様にお願いしなくっちゃ!」と思い立ち、松尾大社の近くの月読神社に参拝してきました。昔からそこには女神像が祀られていたとか(現在は松尾大社の宝物館所蔵)。悪霊退散の強大な力を持った女神だと明かされたのは、次の霊言ですから、女神と言う点も合致します。
月読命.jpg
 その後に大阪に戻るには間に合わないので、そこから一番近い洛西支部で「時代を変える奇跡の力」を拝聴。洛西支部は初めての訪問です。そこでの時間はもう涙涙で、理性的で滅多に泣かないサンサンてるよが
「タオルを持ってきてヨカッタ」
と思ったほど。幸福実現党のPRタイムも
「素晴らしい方々ばかりだなぁ。この方々の志が成就したらいいな。」
と身びいきではなく、心から思いましたし、オープニングの恍多さんの歌声も最高!
 そして大川隆法総裁のご説法は・・日本の未来が感じ取れる故の、渾身の祈りのような思いが、そこここに吐露されていて・・目の前に座っている方々との再会も、場合によったら無いかもしれない・・それが時折、目を瞑り声を詰まらせるご様子に感じられて、
「本当に日本は瀬戸際なのだということ」
が十分に解るご説法でした。だって、「死者は『どんな宗教を信じていたか』を聞かれ、住む世界が振り分けられる。唯物論者や無神論者には厳しい世界が待っている」話をされるなんて、最初はビックリでしたが、東日本大震災の時のように、自分の死が分からず途方にくれる人々が大量に出てくる可能性があるからだと、私は解釈しました。決して組織拡大の意図ゆえではなく・・場合によったら本当に辛い時代がやってくるのかも知れません。
 最近の日本神道探求の霊言の中で、日本と古代イスラエルの神は一緒だと明かされてきました。古代イスラエル人がたどりついた証拠が遺跡として残されている淡路島。両親とも淡路島で生まれた私は、自分なりに淡路島や日本の本当の歴史を調べてきました。
 なぜ彼らが日本にやってきたか?それは旧約の預言者や、新約の預言者の警告を聞かず、国を滅ぼされたから・・そして長い旅をして新天地日本で新たな国造りをした・・だから日本人は今、同じ問題を出題されているのですね。
<預言者の警告を受け入れて心を入れ替えるか?それとも一蹴するのか?神仏のご存在を信じ愛に生きるのか?それとも自己の保身のみを考えて生きるのか?>
今は預言者というより、過去の預言者たちを送り出した方が直接、この世に現れている時代。最近は、マスコミが大川隆法総裁のご説法を、ようやく国内で放映したり記事にしたりしてますが、、後世「遅かった」と言われることになるかも知れません。
 けれども、まだ一縷の望みに賭けておられるからこそ、総裁は各地に大講演会に出向き、人々に直接その想いを届けておられる・・一言一句は正確ではないかも知れませんが
最終通告です
と昨日はおっしゃいました。
あなた方の前に立ちたるは、エルカンターレである
と1991年東京ドームのエルカンターレ宣言を再びされました。あなた方はこれから苦難の中を生きるかも知れないが、この時代、エルカンターレと出会っていたのだよという、魂の記憶を再びプレゼントするため・・慈悲以外にありません。それほど日本は断崖絶壁に立っている・・鈍いサンサンてるよが、感動とショックで打ち震えるようなご説法でした。
 その後の流れは「なぜ朝、京都行きを思い立ったか?」謎が解けるような出会いが次々と・・行事の後、大八木光子さんという方のお話を伺ったのですが、お祖父様が経営されていた割烹を、若女将として赤字から黒字転換された方。経営手腕のあられるこんな方に日本の政治を任せたいなと思ったひと時でした。これまで日本人は選挙という形でも「神からの出題」を提示されていたのでしょう。でも、まだまだ十分には正解には到っていない・・
http://ameblo.jp/el-miko/
 帰ろうと玄関を出ると「駅まで送りましょうか?」と声をかけてくださったり、洛西支部でも心優しい信者さんたちに出会えて
<やっぱり幸福の科学の信者さんはステキ!>
と思ってしまいました。これまで一所懸命に活動にまい進されてきた方々が、どうかその実りを味わうことができますように・・
posted by サンサンてるよ at 13:00| 大阪 ☔| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

守護霊様の粘り勝ち!

 2日続きの夜勤は、いずれも入居者さんが夜中のトイレに間に合わず着替えをしたり、別の方はなかなか寝付けずで、私も寝不足となってしまいました。いつもは良く寝てくださるのに、2日続けてこういうことになるのは珍しいこと。
 でもお蔭で、寝不足はプチうつ状態につながることが実体験として判りました。自分は何もお役に立ってないのでは?とマイナス思考になったり、悲しみの感情に囚われたり・・そういう時は、脳内ホルモンの不足が原因であることも知っておいた方がいいのですね。昨日は昼寝をしても頭がすっきりせず、今朝ようやく元に戻った感じです。
 海外旅行で時差ボケとなって、何かだるいなぁ元気が出ないなぁというのも同じ原理。生物は蛍光灯の強さの光では、体内時計がセットできず、日の光のような強い光を同じ時刻に浴びないと脳がシャキッとしないようですね。日本やアムステルダムのホテル・オークラがブライトライトを使用して、このサービスを行っているとか。太陽の光の有難さをしみじみ感じます。
http://www.brightlight.jp/
 身体的には厳しい宿泊勤務ですが、嬉しい出会いが用意されていることもあります。先日は入居者さんが、J SOUL BrothersのCDを貸してくださり寝る前に聞きました。末っ子が好きなアーティストのことをもっと知りたくて・・実は、末っ子が小学生の時に、1年ほどお世話になったサクセスの先生が、今は大阪正心館にいらっしゃるのですが、先日お会いしたら
「私も、J Soul Brothersのファンなんです。○○君と気が合うかも?」
とのことでビックリ。いろんな方を惹き付けていると知り、余計に聞きたくなって・・その中では「次の世代へ」という曲がいっぺんに好きになりました。幸福実現党の応援ソングにしていただきたいくらい・・
http://j-lyric.net/artist/a0548db/l02521f.html
 今振り返れば、その入居者さんの部屋にEXILEのポスターが貼ってあることから始まり、そのホームでEXILEのドキュメンタリー番組を見る機会があり、末っ子とカラオケに行った時に、J soul brothersがEXILEから派生したグループだと判って・・と順を追って、出会いが用意されていたように感じます。そんなこともなければ、おそらくまだ聞くこともなかったであろう曲。
 何度も繰り返し促され、導かれてゆくことは幸福の科学でも良くありますね。先日、福岡在住の方に思い切って大講演会のご案内をメールでお知らせ。すると「近くの信者さんもお誘い下さっており、時期が時期だけに家内と二人で参加します。初めてなので楽しみです。」
という嬉しいお返事をいただきました。本当に素晴らしいご夫妻で、しかも霊的な方々なので、きっと信じられないひと時になることでしょう。実は10年ほど前に、四国の信者さんの家を訪問する機会があったとか。そして年月を経て、また九州で別の伝道者が現れ、今年になって、おまけのように私からもアプローチがあり・・ご縁の深い方はそうやって守護霊様が一生懸命、いろいろな人を使ってエルカンターレへと導いてらっしゃるのだと解りました。というのも、メールを送る前のお祈りでは、嗚咽で経文が読めませんでしたから・・
「きっと向こうの守護霊様が喜んでらっしゃるんだ」
と思いました。数日間、返信が無く「やっぱりダメなのかな?」と思っていた矢先の吉報。「繰り返しの愛」「忍耐の愛」そんな言葉が浮かんできた出来事でした。

最後になりましたが、今日はいよいよ、「『正義の法』講義」が放送されます!ラジオ大阪では夜の10時半からです。私はインターネット経由で聴く予定。早速radiko.jpアプリをダウンロードしました。音声がクリアですね。ワクワク楽しみ^_^
2016年3月10日(木) 22:30〜23:30
ラジオ大阪1314khz
posted by サンサンてるよ at 06:49| 大阪 ☁| 社会福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

大川裕太さんの本サイコー!

 昨日は大川裕太理事が初めて大阪正心館でご講話くださった記念日。政治経済に疎いワタクシですが、なぜか参加したい気持ちになり申し込みました。ですから参考図書の「幸福実現党テーマ別政策集3、4」前日に買い求め「私に解るかしら?」としぶしぶ読み始めたのですが、
「こんな解りやすい政治経済の本はないわ〜〜」
と感動。前向きな思いで講義当日に臨むことができました。
 さて、警備の緊張感の中にも、次世代のご活躍を心から歓迎するムードが漂う正心館。私も朝からワクワク。本会場に参加なんて久しぶりですから・・ご登場された「生きてる生の裕太さま〜〜」キャーーッ(いつも写真や映像だけなもんで、過剰表現お許しを・・)。しゃべり方も「君は関西人か?!」と錯覚させる気取らない口調で、またまたファンが増えたのでは?ユーモアたっぷりで、天御中主の神様「郷に入っては郷に従え」をちゃんとわきまえられてらっしゃいますねぇ(笑)。
 「ヘルメス像が3体もあり、三井住友銀行の壁にはケリューケイオンの杖がある大阪が、かつては大大阪と呼ばれていたのに今は不況にあえいでいる。大阪人のマインドや政策・・どう変えたらいいのか?」
質問しようと思って手を挙げたのですが、2人で打ち切り。
 でも2人目の質問(大阪に関係ない質問)への回答の最後に、大阪へのアドバイスをちゃんと追加してくださり「さすが霊能者!」と脱帽しました。
 「負うた子に教えられ」という言葉がありますが、我が子の世代の方からこんな「厳選濃縮エキス」のような内容を教わるとは・・畏るべし大川家の2代目!未来は明るいぞ!と心から思いました。ホント・・あの苛酷な環境の中で、大川隆法総裁はこんな立派な子育てもされて・・感動は今も続いています。
 決して身びいきで言ってるのではなく、プロの経済学者さんをお連れしても目からウロコでは?経済オンチのおばさんに「私も経済に明るくなれるかも?」と希望を持たせてくれた大川裕太さん。「本当にありがとう〜〜」と感謝とエールを贈ります。真に解っている人ほど、解りやすく書けますからね。
大川裕太3.jpg>大川裕太4.jpg
 終了後は関西の幸福実現党の候補者の紹介。裕太さんの本を読んでからは「この方たち全員当選してほしい!国会議員全員、幸福実現党の議員にしたい!」って本当に思いましたもの。これまではマニュフェスト読んでも今ひとつピンとこなかったというのが本音。
 帰り際、10数年前に支部スタッフとして来られていた候補者さんに再会。激励すると共に
「過去世を明かすのは、対立していた者が今世は協調するという型を示すため」
「政治活動にも、過去に体制側に虐げられた方々の鎮魂が並行して必要」
という話をすると
「実は私も最近、本当にそういう観点が大切だと思っていたんです。」
とご賛同くださいました。幸福実現党の候補者さんが、過去最高に輝いて見えた昨日。国家の義務とは「国民の命や生活を護ること」税率や政策金利の数字が人を殺すことを判らない政治家や官僚にはお引き取りいただきたいですね。

そうそう、前後しましたが、5日は末っ子とドラえもんを鑑賞。縄文時代に未来の宇宙人が介入し、遮光式土偶をグレイのようなロボットとして描いていました。悪い宇宙人の手先はどうか?と思いますが、「遮光式土偶は宇宙人を模した人形」という最近の歴史家の説を一部取り入れた構成になっていましたね。
 末っ子はグループホームでの生活に向けて着々と準備中。先月は作業所での仕事にお給料が出たとのこと。3000円とは言え、我が子の頑張りに涙した母でした。高校は最後まで行けませんでしたが、きっと素晴らしい他の道が用意されていると信じています。障がいを持って生まれてきた君も「畏るべき勇気と精神力の持ち主」だとお母さんは思います。それぞれ与えられた個性を武器に、夢と幸せを世界中に溢れさせて♪ね。
posted by サンサンてるよ at 08:24| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

天使が来てくれた?!

 今日は、2月の5日の「祈願の効果が早すぎる?!」の続編に当たるお話です。あれから1カ月。食事量も食事内容も以前の状態に戻ったものの、全く言葉が出ない状態なので心配していた入居者さん。他のスタッフも、その方が眠れない時には添い寝をしたり、付きっ切りで親身に看護をされていました。彼女のみならず、スタッフの皆さんのお疲れを思うと、私も「早く元気な状態に」と願うばかり。
 さて先日は私が支援に入る日。いつもは早くに眠られるのですが、その日に限って夜中の11時を過ぎてもなかなか眠らず、私のいるリビングにすぐに出てこようとされます。最初は部屋にお連れしようとしていたのですが、ふとある考えが浮かびました。
「いつも遠くから祈っているだけだから、今日は彼女の前で祈ってみよう。」
と。「今年からは心を入れ替えて、毎日全編読じゅを・・」と思っていましたし、先日の「八正道セミナー」のI講師もしきりに「全編読じゅしましょうね。」と勧めておられたので、正心法語から降魔経、主への祈り、守護指導霊への祈り、そして病気平癒祈願のエルカンターレヒーリングを・・経文の内容は解らないとは思いますが、腕組みをしながら最後までじっと聞いておられました。そして0時を過ぎてようやくお布団に・・
 その朝のこと。昨夜は睡眠不足なので、またリビングに出てきた彼女に
「もう少し寝ていようね」
と促すと、小さな声で
「うん」
「えっ、声が出た!」
更には、そこからは個人情報で会話の内容は書けないのですが、しっかりとした意識で3回ほど受け答えが出来たのです!2ヶ月全くしゃべられなかった方が、ようやく自分の考えを言葉で伝えた瞬間に立ち会えて・・何だかキツネにつままれた気分。でも、「これはきっと天使の方が本当に来てくださったのだ!」と思いました。
 なかなか寝付けないので「彼女が眠れるように、天使よ来てください」と呼びかけたのは確か。毎日関わっているスタッフの方々のご苦労を思えば、私が彼女と会うのは週1回だけ。私が出来ることは祈ること・・パワーがあると言われている方法を使うこと・・少しでもお役に立てばいいなと思って・・
 スタッフの皆さんにメールでお伝えすると驚きと喜びの返信が。これまで親身に彼女を思っていた方々だからこその喜び。皆さんのこれまでの愛が蓄積されていたからであって、私のしたことはあくまでも最後のひと押しだと思っています。
 ちょうどその夜は、学生アルバイトで支援者として来ておられた方が社会人になるので「激励会」があり、私も初めて参加してきました。その法人のスタッフの方々は温かいハートの方ばかりですし、ホームの入居者さんもとても明るくて・・知的なハンディを背負いながらも、よくぞ心をずっと幼いのように保たれて・・年配の方も多く、いつも感動を受けるのです。私も数年前までは知らなかった世界ですが、まだ偏見の目で見ておられる方の、色眼鏡がはずされるようにと願って、今日も社会福祉の現場をレポートさせていただきました。
 それにしても、尊い支援活動をされている現場に、国や市の予算が年々削減されている現状。安い給料で盆も正月も無しに頑張っておられるスタッフの苦労が、政治家や官僚は判ってないですね。障がい者だけでなく、私たちも社会的弱者なんです〜〜私たちの方が老後の保障が期待できないとはこれ如何に?ブログで愚痴言ってても仕方ないですね。幸福実現党が理想の政治をしてくれる時代を期待することに致しましょう。
posted by サンサンてるよ at 09:04| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

嬉しい再会と出会いに彩られて

 早いもので、映画「UFO学園の秘密」公開日から5カ月が経ちました。大阪では2ヶ月以上のロングランとなり、私の中では思い出の映画No2です。やはりNo1はベガの女神が登場する「神秘の法」かな・・
 そして今月19日からは「天使にアイムファイン」が公開されます。近くに映画館のない地域もあるので、大阪は盛り上がりたいですね。
 ブログ更新がご無沙汰していた間にも、トピックスとなる出来事はいろいろあったのですよ。まずは28日には新大阪支部にて祈願祭。侵略の想念には繁栄の想念で打ち返す・・そのささやかな一助となることを願って参加してきました。当日はバザーもしていて「富無限」「幸福」と書かれたアートフラワーの飾りをゲット。それを創られた先生と初めてお会いしました。以前から新大阪支部ではアートフラワーの催しを何度もされていたのですが、なかなか参加できず。
後方では法友のだんなさんがタコ焼きを担当。
「タコ焼きいくら?」
「一皿100万円」
という会話を耳にはさんだので
「大阪のおばちゃんには、オレオレ詐欺が通用しないのよね。『お母ちゃん大変やねん。100万振り込んどいて』言われたら『ヨッシャ、100円振り込んだらええんやな』って犯人はガックリくるとか・・」
なんて噺をしながら皆で楽しく過ごしたひと時。そんな中で、大阪中央支部で琵琶湖正心館のI講師をお招きして「八正道セミナー」があると教えてくださいました。
 何か参加したくなって昨日飛び入りで大阪中央支部へ。I講師「ここにも本物の出家者がいた〜〜」という感じの方でした。八正道を研究しつくしている方が講師をされると、わずか2000円の研修でも大きな気づきが得られますね。過去にいろいろ傷ついた経験も「許す修行に協力してくださっている相手」という観点が得られて、胸に溜まっていたものがスッキリ洗い流された気がしました。
 サッパリした後は、ご無沙汰していた入会信者さんを訪問。ハンコ屋さん、包装品の卸屋さん、花屋さん・・幸福実現党立党時に訪問したのがきっかけで知り合った方々です。1年〜2年ぶりの再会。でも皆さん歓迎してくださり、映画のチケットをプレゼントしたり、5月の大阪城ホールの講演会のご案内も出来ました。
「原発やめろって言う人間はアホですわ。」
政治談議の大好きなハンコ屋さんのおじ様。いつも1時間近くお話がはずみます。経済政策、防衛政策・・思いが同じなので有り難い限り。阪神淡路大震災の時には、電車の線路の図面を書くお仕事をされていたので徹夜続きだったというお話も。
「地震が1時間遅かったら、時速200キロの新幹線が町の中に突っ込んで大惨事になるところだった。」
と当時の同僚と話していたとか・・そんな過去があったこと初めて知りました。その日も若くして亡くなったご子息を懐かしんでらして、胸詰まりました。
 小売店の方々の怨嗟の思いを、幸福実現党の活動を通じて知ったワタクシ。皆さんそれぞれの悲しみや経済的な苦しみを抱えながらも一生懸命生きてらっしゃる・・今の日本はこんな善良な市民を苦しめる重税国家です!
 かく言う私も、ギックリ腰で収入が減った昨年は、市民税を4分の1しか払えておらず、とうとう先日差し押さえ調書が・・初めての事に、どうしよう〜と泣きそうになっていたら、これまた超特急で天の助けが入り、今日無事に払い込んできました。
 そうそう、支援者の訪問が終わって、あるスーパーにコーヒー飲みに入りましたら、ここで嬉しい出会いが・・車いすに乗って自動販売機を見上げておられる女性。思わず
「お手伝いしましょうか?」
と声をかけると
「ありがとうございます。上から3段目のカフェオーレを・・」
と嬉しいお返事が・・
「この方、絶対天使だわ」と思われる方。
「こんな方にチケットお渡ししたい・・どうかきっかけが出来ますよう」
と祈る思いでした。そこで、席を立つ際に思い切って
「映画お好きですか?」
とお聞きしましたら、素敵な笑顔で
「ハイ」
「友人から頂いたチケットがあって、もし良かったら・・」
お渡しすると「観に行きます」と喜んでくださって、「車いすの天使」に無事お届けできました。ハンディに負けず立派な資格も取られて頑張ってらっしゃると知って、いよいよ感動を深くした次第。
 実は先ほどの天の助けとは、全くもって思いがけなかったのですが、まだ学生の次女が貸してくれたこと。情けないお母さんですが、感謝の報告を兼ねて、そこから更に歩いて大阪正心館へ・・そこでも嬉しい出来事が・・本当に最後の最後まで与えられるばかりの一日でした。
posted by サンサンてるよ at 18:18| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内