2016年07月29日

末っ子の▲▼が止まった!(2)

実はもうひとつ▲▼があるんです。それは末っ子の「は・な・ぢ」つまり鼻血のこと。この春公開の映画「天使にアイムファイン」に彼を連れて行った話は過去記事でご紹介しましたね。
<過去記事>
天使がくれた奇跡C
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/436119050.html
天使がくれた奇跡D
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/436516205.html
1回目の上映10分前に鼻血が出始め、必死で祈ったら、開始ギリギリで止まり、初めから見られたという話を「天使がくれた奇跡C」に・・別の映画を一緒に観たすぐ後で、2回目を偶然観ることになった話を「天使がくれた奇跡D」に書かせていただきました。
末っ子は、幼稚園の頃から、しょっちゅう鼻血を出す子でした。止血方法がなかなかマスター出来ず、途中で鼻をかんでは又出る繰り返し。夜中に始まることも多く、布団はしょっちゅう鼻血で汚れていました。そんな十数年が経った今年の春。奇跡が起きたのです!!
それは、2回目の「天使にアイムファイン」を観て以降、全く鼻血が出ていないんです!!あれから3か月半。「アンビリーバブルな事態」としか言いようがありません。
父親も私も同様でしたので、悪しきDNAを受け継がせてしまったこと・・本当に子供たちには申し訳ない思いでした。ワタクシの場合、中学校時代から、授業中などにもお構いなしにお始まりになって・・高校時代はいったん治まっていましたが、大学時代にまた出やすい状態に。大学の医療センターで銀で焼いてもらうも効果なし。ある日、下宿で40分くらい出続ける事態が発生。なかなか止まらないことに、さすがに不安になってきて
「救急車を呼ぼうかしら?」
と思い始めたほど。でも、その時ふと
「私が将来必要とされている人間なら、必ず止まるだろう。」
という考えが突如頭に浮かび、後は天にお任せする気持ちになったのです。どれほど時間が経ったか判りませんでしたが、やがて出血も止まり、ホッとした次弟。20歳か21歳の頃だったと思います。
私が将来必要とされている人間・・だったかどうかは神のみぞ知る話ですが、「毒にも薬にもならないけれど、まぁしゃあないなぁ」と思われつつ、生かされてきたかも知れません(*^_^*)
実は先週 まだ末っ子とひとつの部屋で暮らしていた時、彼のかんしゃくに途方に暮れ、マンションの下に降りますと、前を近くの法友が自転車で通り過ぎたのです。彼女は10ヶ月前にも偶然、末っ子と歩いていた時に出くわしたことがあったので、彼のことを告げますと
「天使にアイムファインの主題歌は、大川隆法先生も、悪しき者を近づけない力がある・・っておっしゃていたよ。」
と教えてくださったのです。「ALL TIME BEST」は買ったのですが、また「天使にアイムファインが入っているAは手元にありません。そこでYOUTUBEで検索すると・・雲母ちゃんが踊っているエンディングの映像があったのです。それで、末っ子のマッサージタイムにかけることに・・有難きは法友の存在です。
そんなこんなで、「そうそう鼻血が止まった奇跡のエピソードも書いておかなくちゃ!」と思い立った次弟。
最近、幸福の科学の映画主題歌(大川隆法作詞作曲、作詞のみ)を集めたCDが発売されました。ALL TIME BEST Uには「天使にアイムファイン」も収録されています。このCDも聞くだけで「奇跡が起きるかも?!」なんて自信を持ってお薦め致します。テレビでは気分の悪くなるニュースが流されている時期だからこそ、良きエネルギーを与えてくれる映画や音楽に触れて、心と体を守って参りましょう!
そういう意味では、七海ひろこの演説を聞くのも、同じ効果があると思いますよ。

<大川隆法作詞作曲CD>
https://happy-science.jp/info/2016/17716/

TSUTAYA単曲ダウンロードは・・
http://music-tsutaya.tsite.jp/album/view/AL209403
SEESAAブログの不具合か?文の頭ひと文字を空白に出来ず、皆様には読みづらさを与えてしまっていること、お詫び申し上げます。
posted by サンサンてるよ at 17:41| 大阪 ☀| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

末っ子の▲▼が止まった!!

相模原市の悲惨なニュースには、新聞もテレビも全く見る気が起きません。同じく障がい者福祉に従事する者として、他人事とは思えない事件でした。亡くなられた方々、ご遺族の皆様、関係者の皆様のお心が一日も早く安らかになりますよう・・
あることがきっかけで2日間全く癇癪を起こさず、ニコニコ絵を描いていた末っ子。間の悪いことに、このニュースを見てしまったのです。そして、ニュースの中で「彼にとってのタブーの言葉××」が出て来たのか、「××・・××・・なんなんこの人」と怒りだし、投げたリモコンはとうとう故障。
私たちがニュースを見て「いやだなぁ」と思う何倍も、自閉症ゆえか感じ取っている彼。悪いニュースからは悪しきエネルギーが放出されていると聞いているので、彼の心を守るためにも、心を鬼にしてテレビを隠しました。大川隆法総裁も早速、この事件の霊的な背景を調査くださったようです。東京の繁栄、日本の繁栄を邪魔をする者たちの仕業なのでしょう。
彼にとってのタブーの言葉「××」は、ブログをお読みくださっている方を、万一傷つけてはいけないので、控えますが、それに対して私は今日はハッキリと
「自分が支援学級に行ってたことを悪く思っているようだけど、神様が一番大切に思っているのは、心がピュアかどうかということやねん。英語や数学を努力して学ぶことも大切だけど、勉強ができるというだけでは、神様はヨシ!と思ってくれへんのよ。●●は心がピュアだから、それでいいねん、オッケーや!●●は神様から愛されてるねん。」
というと、ハッとした顔をして、それ以上は言おうとしませんでした。久々に心に台風が吹き荒れた夜でしたが、2時間後またいつもの親子交流タイムに・・耳中マッサージ&足裏のアロママッサージという彼のお気に入りがあって、何とかそこに持っていくために、
@エルカンターレファイト
A亡くなった母に助けを依頼
B30分ほどクールダウンさせて、ハーゲンダッツのアイスを持ってゆく
Cアイスの後は、耳掃除しようねと心を誘導
マイナスの思いを切り替えるのに、今日は彼は自分から音楽をつけて、気持ちを落ち着かせようとしていました。
家庭のことを何でも書いてますが、自分だけが苦しんでいると思っている方の助けに少しでもなればと思ってのこと・・末っ子との出来事は昔から私のブログに良く登場しているので、良いことも苦しいこともありますが、彼もまた心の法則や霊的な人生観を伝道するための協力者なのかも?と最近思うのです。ということで彼の人生計画、彼の存在や勇気には敬意を抱いているのですよ。ありがとう●●くん(*^_^*)
そうそう末っ子の癇癪(かんしゃく)が火曜日と水曜日は全くなかった理由は・・
@お父さんが、もうひとつ部屋を借りてくださって、ひと部屋に二人でずっといるストレスから解放された。
A月曜日の夜に、私の胸の骨をゲンコツでなぐったので、自分の手も痛かった。今までは物を投げたり、筋肉の部分だったから、相手の痛みが判らなかった。
それで、これは教育のチャンス!と思い
「お母さん、手を動かすと、胸の骨が痛いわ。骨折したかもしれない。お料理もう出来ないわ。」
と怪我人を演じて家事を手伝ってもらうと、焼きそばを自分で作ったり、キッチンの洗い物を進んで洗ってくれたり・・ちゃんと「ごめんなさい」と言えたり、打って変わって良い子ちゃんになったのです。
ということでタイトルの「末っ子の▲▼が止まった」の▲▼は癇癪(かんしゃく)だったのです。そうそう大事なことを書き忘れていました。日曜日には淡路島開拓支部に悪霊撃退祈願を申し込ませていただいたのです。いつも思うのは、一見良くない現象が起きたに見えても、それが結果的に良き方向へと導かれる布石になっている・・祈願をさせていただく度に、仏の智慧の深さに打たれるのです。今回も、痛い思いをしても、それが良い結果を生んでくれました。
話が飛びましたが、そういう訳で嬉しい変化が続いていた矢先の、悲惨な事件。テレビを通じて地獄領域を増やそうとするのが、悪霊悪魔の目的ですので、大切なお子さんを守るためにも、テレビは選んで見るようにしてくださいね。無ければ無いで、十分過ごせます。
七海ひろこが東京大改造計画に着手したら、自分たちの居場所が無くなりますからね。それは必死でしょう。
今日のMAGMAGニュースには、台湾の「日本好き」が過去最高に。なぜここまで相思相愛なのか?

http://www.mag2.com/p/news/213547?utm_medium=email&utm_source=mag_news_9999&utm_campaign=mag_news_0728
という記事がありました。他国の大切な仲間を守るためにも、日本はもっと軍事的にも霊的にも防衛力を付け、経済的にも力を持ってゆかねばなりません。そのためには、日本の首都である東京のトップが誰であるかは、日本の防衛にも経済的精神的繁栄にも、大きく関わってきます。
結婚相手を選ぶ時も不安です。このひとで本当に大丈夫だろうか?若いし、まだ目に見えた実績は無いし・・でも未来に賭けて、皆さん結婚を決意されたんでしょう?それは都知事も同じです。どうか勇気を出して、「七海ひろこ」の未来に賭けてみてください!
posted by サンサンてるよ at 10:49| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

東京に降り立ったウルトラウーマン七海

これまでの父親への葛藤の思いを、今は身近にいる私にぶつけてくる末っ子。「傷要らず」を頑張りたいと先日書きましたが、早速あちこち物をぶつけられたり、爪を立てられたり・・
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/440296381.html
狭いワンルームに一緒に居ると、ストレスも溜まるのだろうと、その都度一人で近くの商店街に出かけたりして、彼のクールダウンの時間を確保。家に戻るとまたおとなしくお絵かきしたりしているのですが、今まで4LDKで暮らしていた彼としては、ちょっと耐えられない環境なのかも知れません。いつも親身になってお世話くださる相談員の方も様子を見に来てくださり、そういう時は借りて来た猫のよう・・その相談員の方は、本当に仕事熱心で、土日も休まず障害を持った子どもたちのために東奔西走してらっしゃる素晴らしい方。この出会いにも神様のお導きを感じ、手を合わせているのです。
合わせて最近の状況をお父さんに相談すると、同じマンションの上の部屋を借りてくれることに・・ようやく私の「仕事場」兼「避難場所」が出来ました。「ちょっと上の階の掃除してくるね。」と出かけると、不安になったのか?
「また戻ってくる?」
「僕を見捨てるの?」
今までと打って変わって弱気発言(*^^)v ようやく程よい距離が確保できたと嬉しい思いでした。どちらかがどちらかのために犠牲になるのも良くありませんからね。絵を描いたりして一人でいる時間も大好きな彼なので、時々様子を見に行く程度の関わりとなりました。殴られても蹴られても、夜は綿棒での耳掃除や足裏やふくらはぎのオイルマッサージをしてあげて、睡眠剤無しで眠れるようにしてあげる過保護お母さん。そんな時は、親子の語らいが今までのように出来る触れ合いタイム。先日は
「●●は今日、不安になるねんて言ってたね。お母さんも昔不安になった時は『不安ちゃん、そんなに私の心が居心地いいんだったら、ゆっくりしていいよ。コーヒーでも飲む?』と語り掛けたとたんに、不安がスーッと消えていったのよ。」
という話をしました。過去記事にも書きましたが、当時サポートしていた心の病の方に自殺願望があって、夜中に時々電話してきていたのですが、私自身大丈夫かと不安に思っていた時の出来事でした。その方にも
「心にはダムのようにエネルギーを溜める性質があって、感謝や優しさや笑いでエネルギーが溜まり、怒りや不安を持ち続けるとエネルギーが抜けてゆくの。心にたっぷりエネルギーがあると幸福を感じ、心がエネルギー不足になると不幸感覚が襲ってくる。だから『心の省エネ』が大切なのよ。」
というお話をさせていただいたものです。本当に・・人生の苦難もユーモア精神で対処すれば、どれほど楽に感じられるか・・
<過去記事>エルカンターレを楽しもう(3)心の法則ちゃん有難う
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388730949.html
ワタクシ、こういう心の性質を見ていて、「自と他の心身に、宇宙のエネルギーが注がれる方向で、思いと行いを選び取れ」というのが「宇宙の法則」であり「私たちに課せられた義務」なのだと納得したのです。
そう考えた時、幸福の科学がなぜ幸福実現党を作ったか?日本の防衛の弱さもさることながら、売り上げが上がらない、借金の返済が出来ない・・先行きの不安で心のエネルギーを消耗し、自殺に至る方の増大を見るに見かねてのことなのです。自殺しても魂は決して楽にはならないからです。
「経済の安定は心の安定につながる」無駄に心のエネルギーを消耗させないためにも、消費税減税、相続税や法人税の減税は必須のことなのです。エリートたちはちゃんと生活が保障されているから、庶民の苦しみなど判らないでしょう?そんなエリートたちが、ファーストクラスに乗って税金を無駄使いするのです。
都知事選に目を転じますと、聞いているだけで「心にエネルギーが注がれる」七海ひろこさん。同じ話であっても何度聞いても感動で胸がジーンとします。胸の赤ランプが青く光ります。これは心にエネルギーが注がれている証!それは彼女が、人々の心にエネルギーを与えられる人物であることを意味します。つまり彼女は「東京に降り立ったウルトラマン、いえウルトラウーマン」なのです!本当に・・ワクワクするような東京が実現すると私は思います。皆さん、いっちょう「七海ひろこに賭けていませんか!

<過去記事>候補者の良し悪しの見分け方
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/440177828.html
posted by サンサンてるよ at 13:15| 大阪 ☔| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

真実の姿を隠された神功皇后

このブログを以前からお読みいただいている方は、サンサンてるよが「レキジョ」の一面を持っていることを知ってくださっているかと思います。この4年ほどは「日本の歴史に潜むウソ」について書かれた本を、数々読んで参りました。中でも「アッと驚く内容」で感銘を受けたのが、以下の書籍。
61ZfreN+ygL._SL500_SX346_BO1,204,203,200_.jpg
この方のご著書には「世界の文字は日本の天皇が『宇宙構造図』に基づき創られた。一見まったく異なるように見える文字が、実は同じ型紙的デザインから生まれている」という内容のものもあります。
<過去記事>世界の文字は古代日本で作られた?!
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/412751863.html
上の写真の本は、日本書紀は実は日本の真実の歴史を歪めるために書かれたが、その陰謀に気付いた太安万侶は、「裏面解読法」(暗号手法の一種)を用いて「真実の天皇の御姿や歴史の出来事を忍び込ませた」という衝撃的な発見を綴ったものです。
今回の都知事選に関して、大川隆法総裁は「七海ひろこ」を誰が守護・指導されているか霊言を取られ、「神功皇后」であることを突き止められました。
正史では、神功皇后はお腹に赤ちゃんがいるのに新羅に出兵し、その子が応神天皇となったことが有名ですが、実は「えっ?」と思うような記述があって「おかしいな」と思っていたのです。
しかし、上記の本(P104〜106)を読みますと
ここには日本が新羅を攻める正当性がどこにもない。これも日本の皇后が残虐な侵略者であるような印象を与えるために、陰謀組織が作り上げたデタラメである。ましてや、スメラミコトを助けるお立場にある皇后が、自分の産んだ子ではないとはいえ、天皇の御子を殺すようなことをするなどあり得ないことである。
さらに「日本書紀」は非常に重大なことを歴史から葬っている。それは神功皇后の即位である。神功皇后は、新羅によって奪われた日本の直轄地をもとに復すために、新羅に渡られたのである。しかも「日本書紀」では武力によって新羅を攻めたように書かれているが、実際は、仲哀天皇からスメラミコトの御位を受け継ぎ、天皇に即位なさった上で、領土を回復するという条件のもと、新羅と講和条約を結ばれたのである。

実は陰謀組織というのは、百済からの帰化人で、「僧侶」の仮面をかぶり「仏教を利用して」日本を弱体化させる悪行を働いていたと、日本書紀の暗号には書かれているそうです。神功皇后を侵略者と書くことで、新羅(今の韓国と領土が重なっている)と日本の関係を未来に悪化させたい意図も感じます。神功皇后の出兵は、「日本の領土を回復しにいく正当行為」だったのですね。
最初は「素晴らしい仏教の教えを広めるから」と、善意で受け入れていたが、やがて「裏の意図」を見抜いて抵抗し始めた皇族方を、次々と亡き者にしたり、歴史書の中で貶めたり・・
そんなおひとりが天智天皇。大川真輝さま御結婚への祝福の意味で、次の一説をご紹介しておきましょう。(P259)
陰謀組織は大海人皇子に天智天皇の前で槍舞を行わせ、ご兄弟が争われるのを合図に挙兵する手はずを整えていた。ところが争いが始まるどころかご兄弟は誤解を解き和解したので、内乱の計画は不首尾に終わってしまった。
天智天皇と大海人皇子の誤解が解けた陰には、中臣鎌足の活躍があった。そのことを知った陰謀組織は、鎌足毒殺を計画、実行したのだった。鎌足毒殺に用いられたのは「砒素ひそ」であったと太安万侶は裏面で伝えている。鎌足毒殺に成功した組織は、大胆にもつぎに天智天皇の毒殺を計画したのだった。・・・これまで一般的には、天智天皇は権力欲の強い専制君主であったと伝えられてきたが、本当は陰謀渦巻くなかで、皇統を守るために身を挺して戦われた偉大な天皇のおひとりだったのである。

その後のページにも、天武天皇、持統天皇が天智天皇のご遺志を継がれ、日本を守られたご苦労も・・本当に表面に現れている歴史書では判らないご生涯を送られているのだと思います。
神功天皇(皇后表記は実績を貶めるため)が「七海ひろこ」として、持統天皇が「釈量子」幸福実現党党首として、今現代日本に生まれていると、幸福の科学の霊言によって明かされてきました。それは、陰謀組織による日本解体計画が、現代も尚、連綿と続いているからだと思います。この本では聖徳太子はちょっと悪く書かれていますが、聖徳太子も又、最初は陰謀組織の意図が見抜けず仏教を受けれたが、後に反旗を翻し、暗殺されてしまったのかも?と推測しています。
仏教自体は決して悪いものではないけれど、新しいものが導入された時には、初めは宗教軋轢も生まれます。その混乱に乗じて、国を乗っ取ろうとする勢力もいたのでしょう。
「獅子身中の虫」は国家に限らず、どんな組織にも存在します。幸福の科学も又、世代を継承する中で注意を払い戦ってゆかねばなりません。盤石な人員配置で、未来永劫、日本が、日本を守るために作られた幸福の科学や幸福実現党が発展してゆきますように・・そのためにもお子様方のご結婚を心より喜んでいる次第です。
日本を守るために現代に生まれ変わっている偉大なる方々。その方々に真なる活躍の場を与え、日本の繁栄が世界の繁栄につながるような時代を、一刻も早く築かねばなりません。今、東京都民の方々がその命運を握っています。たかが都知事ではないのです。どうか曇りなき目で、誰が国を真に繁栄させていく人物なのか?選んでいただければと存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
posted by サンサンてるよ at 07:37| 大阪 ☀| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

七海ひろこの待ち受け画面

実は昨日からまた末っ子との同居生活が始まりました。
「これは精神科の領域ではないから、うちではどうしようもありません。」
と主治医の有難いお墨付きをいただき、無事に退院。いつも親身に東奔西走してくださる相談員の方が、グループホームやショートステイなどを当たってくださいましたが、どれもダメ。ということで、またまた親子水入らずの生活に。
・・とは言っても熱中症の心配される昨今、水は要るので、今度は「傷要らず」でお互い頑張ってゆきたいと・・同僚のお母さんたちの話を聞いても、息子さんが大きくなったら力では勝てない・・という悩み事を聞くことがあります。自閉症に限らず、思春期の男の子はやたらイライラしていて、ささいなことでも怒りだしたりするようですので、どこのご家庭にもある悩みなのかも知れません。上二人が女の子だったので、両親ともに毎日ビックリドッキリで、最初はどうしようかと思いました。
昨夜は「お笑い番組」や「タブーの言葉」にも反応せずやり過ごせて、「神経を伸ばすための祈り」の効果を実感致しました。いろんな場面で笑顔が増えて・・琵琶湖正心館のT講師、本当にありがとうございました。
自閉症支援の研修や現場などでは
「自分の都合ではなく、その子たちの世界を理解し共感しての支援」
をいつも要求されます。それは、一般の子育てや伝道も同じこと。限りない精進が求められています。
さて、ここ数日のブログ検索用語(どういうキーワードでサンサンてるよの日記でっせにたどりついたか?)を見てみますと
「七海ひろこ 過去世」
「七海ひろこ 待ち受け」
「七海ひろこ 経歴」
「七海ひろこ 本名」

どうです!この関心の高さ。もうひとつ「七海ひろこ マスコミ無視」というのがありましたが、もうマスコミの応援は要らないのでは?大衆パワーで盛り上げてゆきましょう!
それにしても「七海ひろこ 待ち受け」には思わず笑ってしまいました。ありがとう〜〜ファンになってくださって(*^^)v
幸福実現党さんでも、ぜひ「七海ひろこ」の待ち受け画面や壁紙をたくさん作ってくださいね。未来を暗示するような素晴らしいイメージ画像を・・
そうそう「復活の象徴 黄金虫」で、サンさんてるよのブログにたどりついてくださった方も・・新たな御縁に感謝です。
4845ed643e9dbc0d3052bcfc4a8872be.jpg
posted by サンサンてるよ at 09:05| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

「七海ひろこ」の若くても濃い経歴

先日来、応援記事を書かせていただいている「七海ひろこ」この方に最接近遭遇したのは、2016.4.17大川隆法総裁が京都で講演をされた会場でのことでした。熊本地震のための義援金を募る箱を持って、客席をくまなく歩きまわっていた七海さん。私も熊本の応援しようと、後を追ったのでした。にこやかな笑顔とキリリとした目元が不思議なハーモニーを醸し出す七海ひろこさんを間近に見た最初でした。
ついでに「ブログで七海さんのこと書いたんですよ。」とちょっぴり自己紹介。けれどもこの時点では、まだ彼女の真価が判っていなかったと思います。
けれども参院選や都知事選で、つらつら経歴を見ますに
「慶応大学法学部卒、NTTデータ鰍ノ勤務後、幸福の科学に奉職。国際局、理事まどを経て、幸福実現党に入る。財務局長」
幸福の科学の職員さんも同様ですが、財務局では「信者さんや支援者からの応援を一円たりとも無駄には使わない!」という精神を叩き込まれますから、それは「都民の血液である税金は、一円たりとも無駄にはしない!」マインドをすでに獲得していることを意味します。何度落選しても、私たちは「無駄に使われた」なんて思っていません。当落の結果ではなく、幸福実現党が正論を訴えてきた事が、どれほど隣国から日本を守ってきたか・・防衛費として使われたに等しいのですね。
もちろん会社であれ東京都であれ「経営」に欠かせない「財務的思考」が身についているということでもあります。
更には「国際局」では、大川隆法総裁の海外での講演会を一切合切取り仕切ったという手腕。語学力、交渉力、計画力、実行力が無ければ出来ない仕事です。ご本人は「弱冠32歳」と謙遜されていますが、都知事として即生かせるだけの仕事能力をお持ちです。海外から来られたVIPと対等に渡り合える才能は十分ですね。
実はサンサンてるよは、自分の仕事や末っ子の病気のこと等で、政治のことまで関心が回らず、しかも幸福実現党の候補者がどんな経歴なのか、これまで十分には知らなかったのです。
大阪から出た数森候補だって、参院選候補を紹介する新聞記事で「陶芸家を目指していたが、父親の勧めで大学に進学」と初めて知った次第。
http://ameblo.jp/nfk-go/entry-12177514492.html
しかも自慢じゃないですが、
「大阪狭山市出身の数森さん。なんと楠木正成の末裔であり、「七生報国」の精神を心の柱としているという。」
<参照記事>
(http://www.are-you-happy.com/article_opinion/4675)
後に首相となる政治家の秘書にならないかと誘いを受けていた。しかし「このまま政界に入っても、国民の役には立てない。ただの『政治屋』になってしまうのではないかと思い」企業に入って社会勉強に徹することを決めた。
<参照記事>
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11215
これらの情報を知ったのは、参院選が終わった後(笑)
それでも、皮膚感覚で「この方を襲う、いや推そう!」と思って応援記事を書いて参りました。党員だからと言って、くまなく情報をゲットしている時間とエネルギーはないのでございます(笑)
ということで今回の都知事選に立候補している「七海ひろこ」の真価を知ったのも、つい数日前のこと。信者でさえこれですから、実現党の票が伸び悩むのも無理はありません。信者さんでも、古い付き合いから既存政党を応援している方も多いですもの。
この魅力あふれるレディの街宣を、公平な目を持ったマスコミは、ちゃんとPRしてくださっています。
日仏共同テレビ局
http://www.france10.tv/politics/5855/
8bitNewsサイト
http://8bitnews.org/?cat=18
8bitNewsの理念を読んだのですが、確かに既存のマスコミは自分たちの思惑で「情報を濾過(ろか)」していますね。濾過を通り越して「情報を操作」しています。下のサイトで「パブリックアクセス」という言葉を知ったのですが、
「パブリック・アクセス」。市民が公共の資源や財産にアクセスする権利。テレビやラジオ局が使用している電波も公共の財産とみなされ、アメリカや韓国、ドイツでは法律などによって市民がテレビチャンネルや番組を運営する権利が保障されている。
http://8bitnews.org/?page_id=320
関東方面での地震は、「情報を操作しているマスコミ」への警告ではないかと思ってしまいました。
posted by サンサンてるよ at 00:16| 大阪 ☀| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

黄金虫を助けると良いことが?!

日本の・・東京の・・未来を賭けた選挙の真っ最中に、こんな話で恐縮なのですが、私のブログにたどりつくキーワードで多いもののひとつが「黄金虫」
 昨日も「黄金虫助けた」の検索でヒットしていました。ちなみに私も試しますと、何と!2番目に出てきます。ということは、黄金虫を助ける行為はあまりポピュラーではないのでしょうか?
先日もマンションの廊下で、黄金虫の仲間?がひっくり返ってジッとしていました。手を伸ばしますとまだ生きていたようで手の上に乗ってきて離れようとしません。そこでまず涼しいところに移動させ、水を飲ませてお休みいただきました。
その翌日は、職場で掃除をしておりましたら、また黄金虫が・・今度は生き物大好きな同僚スタッフに「昔、黄金虫を助けたら、臨時収入があったのよ。」と手渡し、幸運を祈りました。
2011年5月にそんな不思議な体験をしたのですが、最初は下心無く(今も下心ありませんが)純粋に、お苦しみのご様子に、思わず部屋に連れ帰ったという次第。結局4日目にはお亡くなりになったのですが、当時の日記に
一夜開けた今日、なんと朝から1週間早くの臨時収入があったり、薬局では特賞の景品(薬や栄養ドリンク詰合せセット)が当たったりと嬉しい1日。きっと虫の窮地を無視しなかったからね。「神様有り難う!コガちゃん有り難う!」
なんて綴ってましたね。最近シーズンなのか、その後も何度も「コガネムシ」に出会うのです。土の上でひっくり返っても元に戻れますが、滑りやすい床の上では、本当にどうしようかと慌てふためき、やがて諦め、じっと助けを待っているのかも知れません。死んでいるように見えても、まだ生きていることが多いので、どうか「黄金虫の社会福祉」のためにも、救いの手を差し伸べてくださいね(*^_^*)
黄金虫はエジプトでは「スカラベ」と言って
・「再生」と「復活」の象徴
・古代エジプト太陽神ケプリの化身
・遠の力、精神的霊的覚醒を表す
・幸運のお護り

なんですって!最近サンサンてるよの前に、「再生と復活」を暗示する黄金虫がしきりに現れるということは・・・東京に若く新しい風が吹き渡ることで、日本の「再生と復活」につながるということかも?!七海ひろこさんには是非とも頑張っていただきたいと切に願っております。
<過去記事>幸運の黄金虫
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388730815.html
どなたかは存じ上げませんが、七海ファンのおじ様が歌っている動画を見つけました!
posted by サンサンてるよ at 19:01| 大阪 ☀| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

【再掲】候補者の良し悪しの見分け方(2014.12.13)

・・と言っても、地球人ではなく、宇宙人が全国の候補者の演説を見ながら「どうのように判断しているのかなあ?」というお話。というのは、今を遡ること7年ほど前、ワタクシ「夜空のウルうるマン」という楽語を書いたことがあるのです。地球の侵略を狙っている悪い宇宙人がいないかパトロールする・・という仕事を天の神様から授かってやってきた「ウルうる星人」。
 勤務の休憩時間に、とある大阪のおっちゃんとおしゃべりをするという落語風の物語なのですが、「あんさんの星のこと、教えておくんなはれ」と聞かれて話す中に「ウルうる星の政治家の選び方」というのがあるのです。
 なぜ「ウルうる星」と名づけたかというと、ウルトラマンみたいに胸にランプが付いているため。このランプが活動エネルギーの残量を知らせてくれる星人だからなのです。選挙の前ですので、「ウルうる星の政治経済」という箇所だけ要約してご披露いたしますと・・

★ウルうる星でも選挙で政治家を決めます。どの候補者を選ぶかと言うと、写真を見たり、演説を聞いて「胸のランプが青々と灯る人」に票を入れます。口でええこと言うてても、胸のランプが赤くなる人は要注意人物です。
●つまり、エネルギーを奪われる候補者は失格いうことでっしゃろ?ということは、演説してる目の前でもう判定されるようなもんですなぁ。
★ピンポーン。企業も自分とこの会社さえ儲かればいいと思って作った製品は、食べなくても手に持っただけでランプが赤くなりますから、最初から買いません。ですから、ごまかしが効きませんね。
職場でもランプが赤くなりかけたら、休憩室に行ってエネルギー補充しますから、過労死なんかありませんね。
●便利なランプでんなぁ。
★いえいえ、地球人はランプがなくても、相手や商品の値打ちを見抜いたり、他人の疲労に思いやりを持ちなさいと天の神様にテストされているのでしょう。よりハードルが高い能力を試されているということです。


他にも、学校教育、宗教、科学技術・・などについて語ってもらっているのですが、また「サンサンてるよの創作楽語集」にボチボチ入れていきますね。というのも、保存したファイルが行方不明で、印刷したものしか残っていないのです。ということで、
「自と他に良きエネルギーが注がれる思いや行いを選べ」
という宇宙の法則は、どこの星も同じ・・と私は考えておりますからね。政治家の皆さん、宇宙人にかかったら、ごまかしは効きませんよ!
buta1-thumbnail2.jpg

2016年07月17日

もうこの際「七海ひろこ」に託しましょう


何度聞いても飽きないですね。本当に心がスカッとする演説です。元気のない時にはぜひ聞いてみてください。心にチューッとエネルギーが注がれ、気持ちが明るくなります!こんなに堂々とした演説・・参院選で当選した方の中には、自分の演説が恥ずかしくなる方も多いのでは?なんなんでしょう。この溢れ出る自信の源は?小池候補については
「素晴らしい女性政治家だと思っています。なぜそう言えるのか?実は小池先生の選挙を手伝ったこともあって、車の隣に座り、また選挙事務所で小池百合子さんの姿を見させていただいておりました。女性政治家の道を切り開いてくださったことには大変尊敬と感謝の念を持っていますが、小池百合子さんの政策と七海ひろこの政策を比べてください。都政の問題以上に、私は東京を発展させるビジョンを持っております。ここに自信がございます。小池先生の胸をも借りて、私は東京をNO1にするためにチャレンジを続けて参ります。」
世界30ケ国を仕事で訪問してきた国際人だけあって、日本人の謙虚さを持ちながらも、行動や発言は欧米人並み。ライバルの年齢や実績にたじろがない肝っ玉を持っている・・4年後のことを考えたら、これはもうこの方に東京を任せるしかないでしょう。東京都の代表として挨拶するのに、どんな方が相応しいか?現段階での年齢や実績ではなく、4年後を想定しないといけないのですね。
さて今日のサンさんてるよは、お電話させていただいた友人知人への暑中見舞いに取り組んでおりました。立党以来7年間、何度落選しても変わらず応援を続けてくださっている有難い御縁。そんな皆さまへの感謝の思いを綴らせていただきました。ハガキの束を抱えて郵便局に行く途中は、子どもを乗せる椅子が付いているママチャリのあるお宅を探して「ヘルメスエンジェルス」をポスティング。しばらくすると、公園で大きなお腹のお母さんを発見。もうひとつ、昨年のザ伝道ですが「バイバイ・ママうつ〜産後のピンチを救ったキズナの力」を持っていたので、<断られてもいいから声をかけてみよう>と近づいてゆきました。
「小さいお子さんをお持ちのお母様にお配りしているのですが、良かったらどうぞ」
と差し出しますと、表紙をしばらく見ておられましたが、意外にもあっさり
「ありがとうございます。」
そこからしばらく私の出産体験記などをおしゃべり。若い頃に腰を痛めたけれど、3人出産したことを話すと
「実は私もぎっくり腰になって・・」
と一気にラポールが・・霊的な人生観もお話しなくてはと思って
「同じ親から生まれても魂は個性があるのか?つわりの時、1人目は中華料理を、2人目は和食を、3人目の時は激辛カレーを無性に食べたくなったんですよ。女女男の順ですが、男の子はやっぱり気性も激しいですね。」
と言うと、とっても興味深そうに眼を丸くしておられました。
「3歳のお姉ちゃんもいらっしゃって大変でしょうが、頑張ってくださいね。」
エールを送ってお別れ。ということで楽しいひと時を過ごしました。昨日までは赤の他人だった方と、こうやっておしゃべりが出来ること・・いつも喜びに満たされます。
小さな子どもたちや赤ちゃんが大きくなった時、生まれてきて良かったと思ってもらえる国をプレゼントしたい・・そんな願いから、幸福実現党の候補者たちは今日も東奔西走されています。
posted by サンサンてるよ at 21:39| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

人生の難問に苦しむ人へA

フランスではトラック暴走テロ、トルコでは軍事クーデター・・毎日のように世界の悲惨なニュースが流れてきます。こんな異常な年もかつてなかったのでは?
近所に目を向けますと、以前はJR優位だった人身事故が、最近では阪急電車でも頻繁に起きています。今日は2駅向こうで起きたと知って愕然!顔は知らずとも、同時代に生きる方の苦しみを救うことができなかった口惜しさ・・
先の記事では、幸福の科学の信仰は「年中、常春の世界を与えられるもの」ではなく「厳寒の中で花咲かせる喜びを与えてくれるもの」だと書きました。けれども、ある意味、周りでは辛いことがいろいろ起きても、心の一番中心は「年中、常春」に近かったかなと思うのです。心の奥底に全幅の信頼を置ける存在がいてくださる安心感ですね。その代わりに、苦しみの中にいる友人知人を手助けする課題が与えられてきたように思います。
私自身、数年おきに心の病に苦しむ方のサポートをさせていただきました。その中から学んだことは
「心には法則があって、感謝や感動、朗らかさや反省などプラスの思いを持てば、心にエネルギーが注がれ幸福感を覚え、怒りや妬み、不安や取り越し苦労などマイナス思いを持てば、心からエネルギーが奪われ不幸感覚を引き起こす」
ということ。ある方が調子を崩すたびに祈願を重ねたのですが
「心にエネルギーがドッと入る気がするけど、またスーッと抜けてゆく」
という言葉に
「いくら外からエネルギーを与えても、自分の中に不安や悲しみなどマイナスの思いがあれば、エネルギーが抜けてゆく」
ことを実体験として理解しました。
そんなことから当時取り組んでいた新聞投稿に「心の法則」について書いてみたら、産経新聞に掲載。
「心の省エネでこの夏快適に」
夏に心がけたい省エネ。でも私が今取り組んでいるのは心のエネルギーの浪費を避ける「心の省エネ」である。子どものイタズラにカッとし過ぎない。他人や自分を責め過ぎない。他人の言動を気にし過ぎない。これは自分の感情には、感謝など心が温かくなるものと、怒りや焦り、不安のようにエネルギーが抜けてゆくものがあることに気付いたからだ。
だから「悲観的なことを考え始めたな」と思ったら「もったいない、省エネ、省エネ」と、すぐにストップをかける。
大切なエネルギーをマイナスの思いに無駄使いしなければ、節約した分、心のエネルギーが蓄えられて何だか豊かな気持ちになれる。すると一日が終わっても「あぁ疲れた」とならず、心地よい眠りにつける。
夏は暑さでイライラすることが多い。そんな状態はちょうど車のアイドリングのように、心のエネルギーが浪費されているに違いない。心にゆとりを持つように心がけ、夏を快適に過ごしたものだ。

もう15年前のことで、先日資料を整理していたらコピーが出てきて懐かしい思いでした。
それは「黄金の法」(大川隆法著)では
仏光物理学では3つの基本テーゼがあり、第1のテーゼ(命題)は、仏の光は親和的性質を持ったものに出会うと増幅され、排他的性質をもったものに出合うと、それを避けて通るというのもです。・・(途中略)・・第1のテーゼにより、愛・善・美・真といった、仏の光に親和性のある心の状態を保てば、幸福な人生が待っています。しかし、憎悪・怒り・嫉妬・猜疑心・愚痴・利己主義などの心の状態を保てば、仏の光を排斥し、やがては不幸を招来することとなるのです。
と表現されています。
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=154
幸福の科学でも「自殺防止キャンペーン」を繰り広げていますが、自殺を考えている方は、様々な不安や恐怖、失望で、人を生かす心身のエネルギーが枯渇し、逆に悪しきエネルギーが流れ込んでいる状態だと考えられます。
ですから、どこにも相談するところがないと絶望する前に、どうか幸福の科学の精舎にお越しください。こんなに人生に絶望する人々が激増している昨今、もうされているところも多いかと思いますが、支部でもまずは心身を休められる休憩室を用意しなくてはならないと思います。話を聞いて欲しい方には、聞いて差し上げるのもいいのでしょうが、何を求めているか敏感に察知して、指や足の指圧、背中のマッサージなどで心身を緩めて差し上げると自然と眠りに誘われます。まずは眠りでエネルギーを回復していただくのが一番。親切な信者さんがその間お部屋を提供してくださるなら、尚有難いことです。そんな「命の保健室」体制も全国に完備していく必要がありますね。本当に大変な世の中になってきました。
私が幸福の科学で学べて一番有難かったのが、この「心の法則」♪笑ってよ〜君のため〜に♪のHPにも書きましたが
「事業の不振で自殺を考えてい御夫婦が、隣の部屋から流れてきたヤスキヨの漫才を聞いている内に、自殺を思いとどまった」エピソード。本当に・・周りがどんな状況でも、自分の心をBからAの状態に変えられたら、出来事を見る目もガラッと変わってしまうのですね。
http://www.k5.dion.ne.jp/~sunshine/warai5.html
http://www.k5.dion.ne.jp/~sunshine/warai6.html
buta1-thumbnail2.jpg
どうかどうか、自殺を考えるなんてことは、最後の最後のそのまた最後の最後にしていただいて、まずはお気軽の幸福の科学の支部や精舎に遊びに来てください。全国にある幸福の科学の精舎(研修や保養のための施設)で、心と体をゆっくり休めていただいたら、きっと又、新たな人生へと歩みだす勇気と知恵をいただけると思います。
<サンサンてるよの地獄極楽道中記>にも心の法則を楽しく解説させていただいています。
http://blog.livedoor.jp/sunsunteruyo7788/archives/2013-03.html
posted by サンサンてるよ at 20:19| 大阪 ☁| 心の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

人生の難問に苦しむ方へ

今日は大川隆法総裁が幸福の科学を立ち上げるために、勤務していた会社を辞められた日。30年前はまだ景気も良く、幸福の科学が、政治改革よりも宗教改革として始まったのも、当然のことかも知れません。もちろん当初から政治改革や教育改革も射程に入っていたようですが・・
実は、総裁が立宗された30年前、私は「人生の氷河期」の真っ只中におりました。私は幸福実現党の党員ですから、このブログでは候補者の応援記事も書きますが、何といっても「心の教え」から始まった幸福の科学グループの活動。「政治がどうのより、この苦しみをどうにかしてほしい〜」という方も数多くいらっしゃることでしょう。重過ぎる人生の難問にあえいでいる方々が・・今日はそういう方々を念頭に置いて思うところを述べてみます。
苦しみには、ご自身やご家族の病、家庭不和、事業の不振などがあることでしょう。このような「貧・病・争」の問題に救いの手を伸べて来たのが、古来より宗教の仕事でした。実際に幸福の科学の信仰に出会って「病が奇跡的に治った!」「暴れていた家族に笑顔が戻った!」という話は山ほどあるので、宗教本来の役割を果たしてきたのは事実。それは「人生の意味や心の法則、万物や心の法則を創られた魂の親の存在を知ることで安心感を得たことや、大いなる力の存在を信じて祈願に委ねたこと」などの結果です。
けれども、事業の不振など「貧」に関しては、政策面からの助けもいるので、それが「幸福実現党」が創られた理由のひとつです。
私自身を振り返るなら、家族の崩壊に伴う苦しみが、幸福の科学へ導かれるきっかけとなりました。父親に女性が出来て離婚、そしてその後の母の苦悩や混乱・・そんな中で谷底深く落とされるような出来事に遭遇した時、私の心を救ったのは「あんたの勝手にすればいいでしょう?」という思いでした。本当は何度も書きたくないのですが、「あんた」と呼びかけたのは「この世界を統べるご存在」。その方を強烈に意識した最初だったと過去記事で書かせていただきました。落ちていった谷底には闇ではなく光があった・・一番底で仏神が受け止めてくださっていた・・とつくづく思います。
幸福の科学に出会う前の出来事ですが、そこから人生の意味や人生の難問への処し方が書いてある「幸福の科学」の書籍を手に取るようになったという歴史がありました。
<過去記事>
心から理解しあえる日を夢見て
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20141225-1.html
♪笑わないでよ〜君のため〜に♪G人は変わるということ
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388730837.html
エルカンターレを楽しもう(5)善と悪について
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388730955.html

あれから30年・・「禍福はあざなえる繩の如し」一見不幸や苦しみに思える出来事が、時間と共に「幸福や喜び」へと変わってゆく・・それは確かだと実体験しましたね。神や仏と呼ばれる方は、「信仰を持ったから、常春のような環境に置いてあげよう」という砂糖菓子の愛ではなく、「厳寒に耐えて花を咲かせる喜びを与えたい」と願う「真の愛」を持っておられるのでは?と感じています。
御利益信仰ではなく、そんな仏神の心に近づきたく集っておられるのが、幸福の科学の信者さんではないでしょうか?そして同時代や未来の同胞を守りたい・・という「宗教心」から政治にも提言し、立候補されています。過去幾転生に渡って、厳しい試練をくぐり抜けてきた逸材ばかりです。
他にも、経営や教育、芸術や福祉、もちろん伝道者として・・それぞれの分野で才能を花開かせている信者さんも数多くいらっしゃいます。
先日来「家庭環境から受けた心の傷」の話をしてきましたが、その経験無くば、現代の仏陀やその珠玉の教えにも、素晴らしい法友の皆さまにも出会うことはなかった・・とつくづく思います。本当に幸運だったと・・もしかしたら、家族や友人は
「あなたを仏に出会わせるために、真の幸福に誘うために、試練を与えますよ。」
と生まれる前に約束したソウルメイトなのかも知れません。重要な働きをされる方には、その試練に乗じて徹底的に痛めつけようとする悪霊のたぐいもやってきているかも知れません。
けれども同時に、試練を魂の栄光の記憶とさせんがために「光の仲間」も数多く見守って力を与えてくれていると信じています。
posted by サンサンてるよ at 10:19| 大阪 ☁| 心の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七海ひろこに任せて〜!

先の参院選で全国から「百数十万人の支持」を得て、上昇気流に乗っている「幸福実現党」。休む間もなく「都知事選」に立候補することとなった「七海ひろこ」さんの街宣をYOUTUBEで拝見しました。どうです!余裕の微笑みを見せながら、聴衆に語り掛けるこの堂々とした姿!!男性も女性もノックアウトされてしまいます。

<産経ニュースでの記事>
http://www.sankei.com/politics/news/160714/plt1607140048-n1.html
東京No.1宣言(1)
経済的にも、精神的にも、世界1リッチな都市・東京を実現する
東京No.1宣言(2)
家族でも、一人でも、育てやすい、住みやすい都市・東京を実現する
東京No.1宣言(3)
24時間ときめくことができる都市・東京を実現する

消費税5%の特区を設けたり、固定資産税の減免、特区を活用した法人税の軽減、超高層化住宅で家賃を安くする、電車を24時間運行させる・・「もう東京は繁栄するしかない!」政策の数々。
詳細はこちらでご覧くださいませ
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11627
こんな本も出ているのですが売り切れの可能性も・・「七海ひろこの富国宣言」
無題.png
・・と残念に思っていましたら、さっそく次の本が緊急出版されました!
07151335_5788681f870cd.jpg
http://211.1.226.62/products/detail.php?product_id=1707
昨日のワタクシのブログの管理画面では「七海ひろこ 過去世」とか「七海ひろこ 本名」とかいうキーワードで検索されていました。七海さんへの関心が高まっている証拠ですね。こちらの本にも対談記事が載っています。
01302255_54cb8d6843eb4.jpg
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1403
posted by サンサンてるよ at 06:16| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

革命の同志に感謝をささげて

まずは幸福実現党に尊い応援をくださった皆さまへ心より感謝申し上げます。目に見える結果には至らずとも、全国に「100万人を超す」御賛同者がいてくださったことが判った今回の選挙。経済に関しても、国防に関しても、国家観に関しても、国を真に憂える方々がこんなにもいてくださったと、ある意味ホッとしています。
立党7年が経ち、バックに幸福の科学がいる宗教政党だということも判った上での御判断。真の維新の同志とも言える方々の署名が100万筆集まったと同じこと。政府もこれだけの御声を決して無視はできないと思います。
暑い中を連日戦ってくださった候補者の皆様、サポーターの皆様の心身のお疲れが一日も早く回復しますよう心より祈念いたします。
さて、数年来の心身の疲れが一気に出ている末っ子のことですが、昨日は病院に見舞いに行ってきました。医師や相談員の方の御判断で、しばらくは静かにひとりでいる時間が必要とのことで、彼に会うのは17日ぶりのこと。どんな表情で出てくるか不安でしたが、以前お世話になったサクセスの先生の写真(7月9日に大阪正心館で会った時に撮らせていただいたもの)を見せて
「●●先生も、がんばって〜と言ってくれてたよ。」
と言うとニッコリ。551豚まんを3個食べた後は、すぐに3代目JSBのYOUTUBEを見始めて又ニッコリ・・久しぶりに彼の笑顔を見れました。病室では何も娯楽を与えられずにいたとのこと。
やがて「出演者がゲラゲラ笑っているバタエティ番組」の動画を見始めたので、
「またタイムスリップが始まる?!」
かとドキッとしましたが、以前のように怒り始めない・・あれっ?やっぱり「神経を伸ばすための祈り」のお蔭かも?!と嬉しい思いでした。
私自身の心の変化を見ても、家庭を崩壊させたことよりも、養父の医師としての手腕に・・与えられた悲しみよりも、母の教育者としての優れた資質(小学校教師時代の子どもたちを思う気持ちや、心を打つ吟詠で最盛期には100人もの弟子がいたこと、カルチャーセンターの講師など)に改めて目を向けられるようになりました。
ということで親子二人三脚で「心の傷の癒し」に取り組んでいるところ。面会室で爪を切ったり、耳掃除をしてあげたのですが、公示日以降数日の荒れ様は嘘のような末っ子でした。彼が入院したことで、選挙活動の時間もできましたし・・
実は病院の場所は大阪の中でものどかな農園が広がる地域。帰りのバスを待っている間、農作業のおじさんと目が会ったので
「暑いですね〜さっき通ってきた道で、スイカの中身が丸ごと食べられていたのを見つけましたよ。」
「それはきっとイタチの小さい奴かな?」
から始まったおしゃべりタイム。ちょっと農家の方の事も知りたくて
「消費税上がるのとかどんな風に受け止めていらっしゃいますか?」
と聞いてみると
・農家は儲からない。
・相続税だけで億かかるから、田畑を売らないと納められない
と重税に苦しんでおられる様子。
「ちなみに選挙はどこを入れられましたか?」
と聞いていますと
「おじいさんは自民党やけど、ワシは真逆の共産党に入れたんや!」
とおっしゃるので
「幸福実現党ってご存知ですか?相続税や贈与税を廃止することを主張してますし、親の面倒を見る方にメリットを与える税制に変えますので、次回はぜひ!」
「名前は知ってたよ。そうかね。」
ひょんなことから確約?をいただいて帰って来ました。本当に億の相続税なんて・・国民を苦しめる重税国家ですね。
posted by サンサンてるよ at 06:48| 大阪 ☁| 心の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

過去を水に流してA

昨日は「数森けいご」の街宣場所に応援にかけつけ、その後夜9時から大阪正心館へ。投票日を明日に控え、皆で念いを結集させる祈願をするとお知らせメールが来たため。
最近赴任されたM館長が導師をされたのですが、お声や祈願文の読み上げ方が、迫力と威厳があって・・とても厳粛な気持ちに誘われました。素晴らしい館長さんが来てくださったと嬉しい思いでした。
素晴らしい出家者に出会えることは、今の私にとって「心の傷を癒す」上でも必須のこと。教団に25年も在籍していると、信仰の試しは次々に起きて・・それは家族だけでなく、出家在家に関わらず、法友を通じてもやってきます。
「その方が」というより「その一瞬だけ私にダメージを与えるひと言」を言わせ、あるいは「そういう行動を取らせて」サーッと去ってゆく「悪ちゃん部隊(サンサンてるよの付けた略称はAKB)」の仕業だと、頭では判っているのですが、その嫌な思い出が相手とダブってしまう悲しい性。家の鍵を閉めたかどうかや英語の単語、更にまずいことに御法話の内容はすぐに忘れるのにねえ(・_・;)
ちなみにアイドルのAKBって、活動拠点としているAKIBA(秋葉原)の略なんですね。つい最近知りました。で、名古屋のSAKAEを拠点としているのがSKEで、大阪のナンバNAMBAを拠点としているのがNMBということも・・もう〜知らないこと多過ぎ〜〜
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1273385407
アイドルのAKBはかわいいですが、こっちのAKBはやることがズルい!姿が見えないことをいいことに、仲違いさせたり、一番弱いものにチョッカイを出したり・・「ええ加減にしなはれ!」と言いたくなります。
実は、最近「まだちょっぴりわだかまりの残っている相手」とたびたび接近遭遇するのです。でも『過去をサラサラと流して』と決意したワタクシ、自分から話しかけに行ったり、意外にも向こうからワザワザ来てくださったり・・仏が仏の子らの和解をお手伝いくださっているように感じます。
幸福の科学の伝道ブログであるにも関わらず、何でも正直に書いていますが、それは「サンガの中の和解、そこからの発展」なしには、キリスト教とイスラム教の和解を始め、世界の葛藤を無くせないと思うから・・自分の中から「マイナスの思い」を捨てなければ、世界に「憎しみを捨てよ」と呼びかける資格は無いと思うから・・
今日は投票日。勝利を祈念する発展の思いと共に、自らを深く見つめる反省の思いの両輪で、日本や世界の幸福を実現してゆきたいものです。
そういえば、何だか今年の記念すべきご生誕祭の報告がすっかり遅くなってしまいました。今年も近くの支部で拝聴させていただきました。そこで不思議な出会いが・・近くに住んでいるのにこれまでなかなかお目にかかれなかった方。一緒に電車で帰ったのですが、これまでの闘病記を伺い、胸打たれました。病気は確かに辛いものですが、私が末っ子の病気で大切なことに気付いたように、心にささったガラスの破片の存在を知らせてくれるもの。普段は忘れていても、他人を責める思いであったり、自分の存在を呪う思いであったり・・
でもこれまでの人生でどんなことがあっても、仏の目は見逃すことなく、その傷を優しく癒してくださいます。そのプロセスが一見厳しいものと見えても、それは魂の健康に導いてくれる慈悲。幸福の科学に集って、真の意味で幸福になれないことなど「絶対に」ない!と25年経った今、私は断言いたします。
その方の偉いところは、同じ病院に入院されている方々に
「ともかく笑おうや」
とたわいないお喋りをしながら励ましておられること。何かのお役に立てば・・と自作落語のサイトを御紹介しておきました。信者さんは、どんな境遇にあってもやっぱり「与える愛に生きている」と知って、嬉しい聖夜を過ごして参りました。
posted by サンサンてるよ at 06:34| 大阪 ☀| 心の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

過去を水に流して@

 今日は午後は電話かけをして、懐かしい方々と声の再会。皆様の温かいお返事にただただ感謝でした。夜は7時10分から、ナンバは高島屋前で「数森けいご」の最終日最後の街宣。2009年の初めての衆院選で大川隆法総裁が獅子吼された御姿を懐かしく思い出しながら、かっこいい〜〜演説に聞きほれておりました。
 さて話は変わりますが、ブログの管理画面では「どんなキーワードでこのブログにたどりついたか?」が判るように表示されます。今日のキーワードで思わず微笑んでしまったのが
「七海寛子 住所」
きっと可愛くて素敵な「七海ひろこ」さんのファンになった方が、住所を調べたくなったのでしょうか?それで私のブログに偶然訪問してくださって・・何はともあれ「いらっしゃ〜〜い」皆さんどんどん七海さんのファンになってね。でも、ストーカーにならない程度にね( ^)o(^ )
 もうひとつキーワードに「血のつながらない親子」というのがあって、実は昨日から私は養父の供養を思っていたので、シンクロにビックリ!
 というのも腰痛持ちのワタクシ、平野貞夫さんの「坂本龍馬と謎の北極星信仰」の本をきっかけに「妙見活法」なる治療法を知り、その治療法を取り入れている大阪の鍼の先生をご紹介いただき、時々通っているのです。妙見活法もありますが、鍼一本を打ってその日の治療は完了。
 その方のお師匠様に当たる方のご著書を先日来読んでいたのですが、こちらも又、目からウロコの内容!確かに数回の治療で腰の違和感は激減していますので、鍼一本と侮るなかれです。
藤原蓮風.png
 精神科の領域の病気も、鍼一本で改善に導いているのは、外からの薬ではなく体内の薬(神経伝達物質やホルモン)を針で活性化させていると考えられます。養父の場合は鍼一本ではないですが、経絡を流れるエネルギーの調整を治療に用いていました。西洋医学に見放された方が遠くから来られていたので、やはり「東洋医学を侮るべからず」というのが、私の若い頃からの信念。
 ということで「女性にもてて母を泣かせた。家族を捨てて家を出て行った。」という点で、やはり心のシャッターをある時から下してしまっていた相手でしたが、末っ子が悲しみを忘れられない症状に悩まされているのを目の当たりにし、
「これは他人事ではなく、一見障がいを持っていない私たちも、過去をひきずっていることは多い。それを綺麗サッパリ心の中から流してゆくことで、我が子にも良い影響が及ぶのではないか?」
と気づいたのです。それも琵琶湖正心館のT講師のアドバイスがあってのこと。
「養父に対しても、自分に悲しみを与えた点だけを拡大視して、素晴らしい点を忘れていた。霊となっても医者は医者ですから、養父に末っ子の病院に飛んで行ってもらって、気・血・水の流れを整えて治療してほしいなぁ」
なんて虫のいいことを思いついたのです。12年前に養父が亡くなったと判った時には、総本山の1年供養もさせていただきましたが、この5年ほどは経済的にも厳しく、供養を申し込めていなかったのです。それで、責めていた思い(積極的に責めていたというより心を閉ざしていた感じですが)を本当にゼロにして、供養させていただこうかなと・・血のつながらない私を親身に育ててくださったのですから・・そして人を診る場合の東洋医学的考え方に導いてくれたのですから・・
 すでに祈願を2件琵琶湖で申し込んだ後なので少し迷いはあったのですが、「神経を伸ばすための祈り」の効果は早くも表れているようです。
posted by サンサンてるよ at 15:27| 大阪 ☁| 心の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だから幸福実現党E

DSC_0275.JPG
 朝から、数森けいごさんの街宣を聞きに行ってきました。昔から政治は苦手意識があって、「心身の癒し」が主なる関心事。ですから、初めて聞くことも多々あってとても勉強になりました。数森候補の演説の中で
「有権者一人当たりの選挙権の価値は100万円くらいに相当します。ですから折角与えられている選挙権を無駄にせず、選挙に行ってください。」
みたいなことをおっしゃたのにビックリ!帰宅して調べてみますと、その額を計算されている記事を発見。選挙の実施にかかる費用は衆議院や参議院の国政選挙では580〜660億円にもなるとか。
<参考サイト>
http://ameblo.jp/ayh777/entry-12176497106.html
 前回は猪瀬さんが1年ほどで、今回は舛添さんが2年で辞職させられましたが、1回の都知事選にかかる費用は49億円(大阪府知事選は約18億円)。税金を使ってこんなに頻繁に選挙をするなんて、待機児童をかかえるお母さんが聞いたら憤慨しそうです。
<参考サイト>
http://www.sankei.com/politics/news/131225/plt1312250034-n1.html
<参考サイト>
http://style.nikkei.com/article/DGXDZO48759780T21C12A1W14001
 その他にも、無駄使いが積りに積もって、自民党はこれまで1000兆円の借金を作ったとのこと。

 その借金の返済は、国民が消費税という形で負担させられているのが真実の姿。小島一郎さんがあるおばあちゃまに伺った話が載っていました。
皆さんのホンネをカタチにする小島一郎です。今日もたくさんの方のホンネを伺いました。タバコと駄菓子を長年売ってきたおばあちゃん。
「2世、3世の政治家はダメだよ。庶民の生活なんて全然分かってないよ!」
「消費税の増税10%は延期されたけどねぇ」
私から、
「そもそも、5%から8%に増税したこと自体が厳しいですよね」
と、水を向けると、おばあちゃん「そうなんだよ!1年前の消費税の請求額は9万円だったのに、今年の請求は14万円だよ!売り上げは下がっているのに、どうして消費税の請求額が5万円も増えるのかねぇ」
赤字でも消費税は請求されます。
おばあちゃん「だから、閉めなければならない店が増えているよ」
庶民や中小企業を徹底的に苦しめているとしか思えません。
おばあちゃんの切実な気持ちは胸に迫ります。
皆さん、どのように考えますか?

http://kojima-ichiro.net/10554.html
 更には年金という名前の税金!!今日じっくり見させていただきましたが、開いた口がふさがらない内容でした!
「国の借金1000兆円」のカラクリとは? なぜ年金は破綻したのか?<前編>【ザ・ファクト】

「国の借金1000兆円」のカラクリとは? なぜ年金は破綻したのか?<後編>【ザ・ファクト】
https://www.youtube.com/watch?v=n-TseiFCdGI

もうこんないい加減な国家経営は終わりにしなくてはいけませんね!
posted by サンサンてるよ at 14:31| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だから幸福実現党D

 昨日は久々に丸一日休みだったので、朝から友人知人に電話かけを・・淡路島の知人には、いつも母の思い出話を語ってくださるおばさまがいらして、
「昨年お母様のお墓に参らせていただきました。墓標に書かれている『十億の人に十億の母あるも わが母に勝る母あらめやも』は感動しました。詩吟も人格も本当に素晴らしいお母様でしたね。」
と言ってくださり、感謝の合掌。
DSC_0272.JPG
母の写真を中心にして、右が和歌、左が「生まれ変わってもまた皆様に出会えますように」という文章を入れ、両脇にはお弟子さんたちが母を偲べるようにと石でベンチを置いて・・という私のわがままを形にしてくださったのが地元の石材店の社長さま。いくつかのデザイン画をファックスでやり取りしながら、女性らしく全体的に丸みのある枠組みや墓標で・・と落ち着いたのが上の写真。
 さて今日届いた支部メールで、幸福実現党のCMが他にもいろいろあると知りました。
「愛のキューピット編」

「イタい男子に辞書編」

 これらの若者向けCMを、日刊大衆のサイトでは
黙っていられないということでいえば、幸福実現党のCMも非常にユニークだ。「愛してるから、黙ってられない。」がキャッチフレーズの同党のCMの中に、
「イタい男子に辞書編」https://youtu.be/mPw1NMs87Ok
というのがある。おしゃれなレストランで女の子の関心を得ようと知識が豊富なことをひけらかそうとする男子。しかし、ひけらかす知識がことごとく間違っている。たまりかねた女の子が最後に辞書を突きつけるのだが、これが「広辞苑」ではなく「幸辞苑」。細かいところにもスパイスを利かせているところも面白い。
 ちなみにこのCM、出演している男女は役者さんではないというから二度ビックリだ。同党ではこの他にも、レストランで同席女性になかなか告白できない男子に店員さんが告白の助け舟を出す、
「愛のキューピット編」https://youtu.be/WHDFU2myi7Y
があり、若者向けのCMとしては完成度が高い。

とおほめくださっているとか。「イタイ男児」には笑ってしまいました。ユーモア精神を大切にするサンサンてるよとしては、もし私が18歳で幸福実現党を初めてこういうCMで知ったら、きっと投票してしまうだろうなぁ。でも中国の軍艦が領海侵犯している今、CMの背後には「日本を守りたい」という切実な願いが込められていることも知ってくださいね、若者の皆さん!
http://yoshiko-sakurai.jp/2016/06/25/6418
http://vox.hatenablog.com/entry/2016/06/16/1849
posted by サンサンてるよ at 01:17| 大阪 ☔| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

だから比例も「幸福」で国民の幸福を実現!

6月26日、幸福実現党比例区七海ひろこ候補・新宿駅西口街頭演説その一

6月26日、幸福実現党・釈量子党首、七海ひろこ候補と新宿駅西口での演説動画その二(後半)

 このお二人の街頭演説も今日ゆっくり聞かせていただきましたが、なぜだか解りませんが、胸つまり涙がハラハラと流れます。可愛い綺麗な候補者は全国にもたくさんいるでしょうが、中身が全然違うっ!洗剤パワーが、いえ潜在パワーが全然違うっ!あれっ、もしかしたら日本をゴシゴシ洗濯する「洗剤パワー」も花王の「ウルトラアタック」以上にあるのかも知れませんね(*^^)v
ということで、国防には腰抜けで国民には情け容赦ない日本の政治に 『ウルトラアターック』! 
龍馬洗濯.png
posted by サンサンてるよ at 08:49| 大阪 ☔| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だから幸福実現党C

家でテレビを見ないワタクシ、末っ子が入院し、1か月ぶりに再開したグループホーム勤務で、やっと幸福実現党のテレビCMに出会えました。

今日は朝早くから、幸福実現党候補者の政見放送などを見て過ごしています。先の京都3区の衆議院補欠選挙の際、大八木みつこさんと一緒にいらしていた幹事長代理の『小島一郎』さん。
小学校から中学、高校までは、剣道に明け暮れ、埼玉県立川口高校時代から読書に目覚め、歴史、政治、経済、物理など幅広く学ぶ。今は明治維新の頃と似ており、日本を変え、世界を変える時が必ずやってくると確信。ニュー・エネルギーの開発を志して大学では物理学を専攻。
大川真輝さんが「腰が低い」と褒めてらした方ですが、政見放送も、とっても好感が持ててカッコイイ!

 昨日は、3年前に綾部に旅行した時に知り合ったご夫妻から
「ハガキ届きました。先日、『大八木みつこ』さんの選挙カーが綾部に来てらしたので、手を振って応援しましたよ!」
と嬉しいメールをいただきました。4月に綾部駅前で「天使にアイムファイン」上映会があると聞いて、急いでお知らせしたのですが、その後お電話できず気になっていました。けれども、同じメールで
「映画も主人と二人で見てきましたよ。」
とお知らせくださり、御礼が遅くなった失礼をお詫びしました。
 このご夫妻は、私が出口王仁三郎さまたちの墓参を思い立ち、綾部に初めて行った時に、お墓の前で偶然に出会った方々。向こうから声をかけてくださり、ご親切にも大本本部や綾部〜福知山観光に連れて行ってくださった、温かいハートのご夫妻です。本当に・・行く先々で不思議な出会いがあったこの数年間でした。
<過去記事>癒しの正心法語&感動の綾部紀行
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731083.html
そうそう先日は、琵琶湖正心館の食堂でお茶を飲んでおりますと、目の前に幸福実現党候補のモーターボートが!街宣をボートでするというのは、滋賀県ならではの光景。嬉しくなって皆で一生懸命手を振りました。滋賀県の候補は「荒川まさし」モーターボートの横にも
安心してください!減税しますよ!
と書かれていました。本当にそうなったらいいですね。
荒川まさしブログより
http://ameblo.jp/kerykeion777/
荒川まさし琵琶湖.jpg
選挙公報を見ておりますと、
・消費税増税と同時期に、国会議員報酬が月額26万円増!
・月100万円のポケットマネー(使途公開されない文書通信交通費)
という情報が・・福祉に使うなんて所詮耳障りの良い文句に過ぎません。本当に国民のためを思って働いてくださる議員さんには、報酬を税金から払っても全く構いませんが、自分のために地位を利用している人には、血税を一円たりとも使ってほしくないですね。
posted by サンサンてるよ at 06:10| 大阪 | 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

琵琶湖正心館で心を一新して

日曜日は琵琶湖正心館に参拝。早いもので前回から1年以上も空いてしまいました。今回は末っ子のことで祈願を思い立ったため。1日3回祈願があるのですが、3回目の導師が元館長のTさんと知って「ラッキー!」受付スタッフに
「心の傷は強力病気平癒祈願かスーパーベガヒーリングかどちらがいいですか?」
と聞いていると、ちょうどそこに通りかかったのが、そのTさん。その方に御相談を・・と言われお聞きしますと
「それなら『神経を伸ばすための祈り』がいいでしょう。」
とアドバイスいただき
「なるほど、大らかな心になれば、過去の矢も未来の矢も気にならなくなる」
と納得。
我が子を通じてイジメを受けた子どもたち、多くの方々の心の傷に気付かせていただきました。ユーモア精神で悪霊を跳ね返す心身を育めますよう・・皆様の転生に渡る心の傷が癒されますよう
心を込めて綴りました。そして、当初予定していた『幸福繁栄祈願』には参院選勝利に念いを絞って申し込みました。
エルカンターレが降りられるのは、地球が危機に直面しているため。政治的経済的宗教的に混乱を極める時代、地球の人たちをひとつに和合させる教えが一日も早く全世界に広がらなくてはなりません。日本、世界そして宇宙の幸福と繁栄につながるためにも、教団のそれぞれの事業が発展しますように・・
3回目となった「幸福繁栄祈願」今回も至福のひと時でした。
実は、我が子に起きた出来事は私自身の(父親も含めて)心の傷にも気付かないといけなかったようです。
というのも導師の方に
「親の小さい頃の心の傷が癒されていないと、子どもに現れることがあります。お母さんの心も癒されることを念じながら、祈願を受けてくださいね。」
とアドバイスいただいたから・・祈願の後、礼拝堂で瞑想したのですが、その中で思い出したのは、3,4歳の頃だったかしら?何かで叱られた時、母親に頬をつねられながら
「この痛みを覚えておきなさい」
と言われたこと。だから痛みだけが心に残っていたようです。しつけに厳しかった母親に心を閉ざし、無口無表情となって・・心配した母親に児童相談所?みたいなところに連れていかれ、何かのテストをされているシーンが蘇ってきました。
結婚してからは、信仰や家事の仕方などにガミガミ文句を言う夫に心を閉ざし、ちょうどシャッタ−の下半分を通じて物をやり取りするようにしか心の交流が出来なかった幾年月。最近は末っ子のために、家族一同タックルを組んで、末っ子の「幸福実現」のために邁進していますが、20数年間は夫と言えども自分の本心をさらけ出せない相手でした。
試練多き人生だったと本当に思いますが、その中で我慢してきたこと、傷ついてきた体験、その修行の相手となった方をも、大らかな気持ちで許してゆく・・大切な御縁だったと感謝してゆく・・私もまた「神経を伸ばすために」誘われたような祈願でした。
精舎の館長や講師の方々も、信者の皆様の人生に慰めを与え好転させるために、これまで厳しい御修行を積んで来られたのだとお察しいたします。私の心の中まで見透かされ、暖かさに満ちた眼差しで、おもてなしをたっぷりと頂戴した時間でした。
本当に・・このような精舎をいただきながら、年に1回しか参拝できていない自分を反省し、誕生月間だけでなく、もっと足しげく心の垢落としと新生に参拝したいなと思いました。珠玉のスタッフがそろっていますからね。ぜひ、全国の幸福の科学の正心館、
「まだ信者になるかどうか、迷っているんです。」
という方でも、お気軽に遊びにきてくださいね。そして悩みを相談してください。きっと帰る時には見違えるようなお顔と心になってらっしゃることと思います。
posted by サンサンてるよ at 07:03| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

だから幸福実現党B

先週末は、末っ子が入院。せっかく一緒に過ごせていたのに、また離れるという寂しさはありましたが、病気平癒祈願で「素晴らしい病院や先生に出会えますように・・」と書いてきたので、その祈りに応えてすべての出来事が起きていると解釈しています。末っ子の言動に現れる背景もだんだん判明してきましたし・・
そんなショックな出来事があった一方で、嬉しいお電話も。3年前に福知山で出会ったおじ様。
「事前投票に2人連れて行ってきましたで。今日は3人連れていきました。」
日本の未来のために、せっせと『幸福』『実現』にまい進くださっている尊いお姿に感謝の合掌。本当に・・旅先で偶然声をかけた方が、こんなにも熱心なサポーターになってくださるなんて・・
福知山の水害では、大川隆法総裁は被災者の皆さまにお見舞金を出してくださいました。私も食料品を送ったりしましたが、その恩返しだとおっしゃるおじ様。その道のプロだけあって、人脈も広く、恩義を大切になさいます。今朝は
「自分の家にポスター貼りましたで。知り合いの畑にも貼る許可をもらってきました。」
毎日のように報告をくださいます。
私もようやく事前投票に行ってきました。心を込めて「幸福」と記入。選んだ日は6月28日の一粒万倍日。1票が万票へと膨らみますよう・・
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/406033833.html
posted by サンサンてるよ at 14:25| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内