2017年04月29日

何でも備えは大切!


危機管理1.jpg

北朝鮮に対しては「憲法九条」の適用除外を!
posted by サンサンてるよ at 10:29| 大阪 | 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真実の任侠道とは?

 末っ子がもしかして気に入るかと、試しに借りてきた「任侠ヘルパー」。実はどこかで風邪を移されたのか?はたまたレンタルショップで「インフルエンザ♪」という歌を聴いてしまったせいか?喉は痛いし身体はだるいし微熱はあるわで、水曜日木曜日は久々の休養デーになってしまったのです。ただ寝てるのも勿体ないと、ふと点けてしまったのが「任侠ヘルパー」。早々に2巻まで見終わったのですが続きが気になって仕方ない。それで第6巻まで全部借りてきて・・ごめんなさ〜〜い。昨日は一気に最後まで見てしまいました。こんな偶然の出会いもあるのですね。このドラマに関する噂など全く聞いたこともなかったのに・・
 私自身「任侠」という言葉を曖昧にしか捉えてなかったのですが、このドラマを通して「本物の任侠とは?」を学ばせていただいたように思います。本来「任侠」という言葉は、WIKIによりますと
仁義を重んじ、困っていたり苦しんでいたりする人を見ると放っておけず、彼らを助けるために体を張る自己犠牲的精神や人の性質を指す語。 現代的には右翼やヤクザと重複する面もあるが依拠する信念を違える。また、ヤクザ史研究家の藤田五郎の著述によれば、正しい任侠精神とは正邪の分別と勧善懲悪にあるという。 仁侠(じんきょう)、義侠心(ぎきょうしん)、侠気(きょうき)、男気(おとこぎ)などともいう。
・・・・・・・・・・
戦前の日本の知識人や近年の国内外のヤクザ研究者のあいだでは、任侠道と武士道は同列のものであり、ヤクザは武士の倫理的継承者であるという言説が広く受け入れられている。杉浦重剛は日本人は生まれながらに「大和魂」を持つが、その魂が武士に顕れれば武士道、町人に顕れれば侠客道だと述べたという。

とのこと。その歴史はかなり古いようです。宗教が、多くのイカサマ宗教に本来の姿を隠されてしまったように、本物の任侠精神も現代では廃れてしまっているようですね。
 そう考えれば、大川隆法総裁が2009年に幸福実現党を立ち上げられたのも、この「任侠の心」ゆえ。「中国や北朝鮮の脅威」をいち早く察知し、それを訴える手段として政党を立ち上げた行動こそ、「国民を助けるために身体を張る自己犠牲的精神」以外の何物でもありません。正に、弱きを助け(消費税減税)強きをくじく(防衛強化)です。警告した事態がとうとう現実となってしまい残念でなりません。
 高島礼子さんに似ているとささやかれている釈量子党首・・このまま極妻に出られそうと思うのは、私だけでしょうか?釈党首の過去世は持統天皇。その父である天智天皇の時代も、唐からの脅威が大和朝廷の政治課題でした。白村江の戦いでは唐新羅軍に負けてしまいましたが、その時、唐の捕虜となった武人の一人にこんなエピソードがあったようです。
(Wikiより)
捕虜の帰還
690年(持統4年)、持統天皇は、筑後国上陽東S(上妻郡)の住人大伴部博麻に対して「百済救援の役であなたは唐の抑留捕虜とされた。その後、土師連富杼(はじのむらじほど)、氷連老(ひのむらじおゆ)、筑紫君薩夜麻、弓削連元宝児(ゆげのむらじげんぽうじ)の四人が、唐で日本襲撃計画を聞き、朝廷に奏上したいが帰れないことを憂えた。その時あなたは、富杼らに『私を奴隷に売りその金で帰朝し奏上してほしい』と言った。そのため、筑紫君薩夜麻や富杼らは日本へ帰り奏上できたが、あなたはひとり30年近くも唐に留まった後にやっと帰ることが出来た。わたしは、あなたが朝廷を尊び国へ忠誠を示したことを喜ぶ。」と詔して表彰し、大伴部博麻の一族に土地などの褒美を与えた

 自分を奴隷として売らせ、その金で仲間だけ日本に帰らせ、唐の日本襲撃計画を朝廷に伝えさせた・・古の武士道を語るエピソードです。
 昭和天皇も「自分の命と引き換えに国民を救ってほしい」とマッカーサーに懇願された・・現代に目を向ければ、国家の一大事に天皇の生前退位問題が同時平行している・・
 古き良き任侠の心を忘れてしまった国NIPPON。けれども、たとえ報道されなくとも、全国で「弱きを助け強きをくじく」活動を続けてきた集団が確かにあったこと・・これぞ大和魂だと後世の人はご理解くださるはず。明日は幸福実現党立党8周年大会が開催されます。これまで以上に愛国心、世界平和を祈る心を結集し、日本を大きく変える一日となることでしょう。
釈2.jpg
<関連記事>
釈量子党首が安倍首相宛に、「緊迫化する朝鮮半島情勢を受け万全の措置を求める要望書」を提出
緊迫化する朝鮮半島情勢
https://info.hr-party.jp/2017/4391/
特設サイト:北朝鮮暴発に備えよ
https://hr-party.jp/special/Northkorea/
立党8周年の幸福実現党について考える 真っ先に「北朝鮮の脅威」を訴えていた
https://hr-party.jp/special/Northkorea/
posted by サンサンてるよ at 08:09| 大阪 | 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

任侠の心に触発されて

 世間では、「すわっ核戦争?!」という緊張感が走っているというのに、看護の日々は変わらず、毎度の食事に掃除・洗濯、末っ子の好きな「ごくせん」DVDを借りたり返したりの単調な毎日。レンタルビデオショップにこれほど通ったのも初めてのこと。
 思えば、昨年はドラえもんばかり見ていた彼。今年になってからは、ピノキオ、となりのトトロ、魔女の宅急便を英語音声も交えながら何度も見ておりました。「アルプスの少女ハイジ見たい」とか「おかあさんといっしょのDVD、あつこお姉さんの」とか時折リクエストも・・「この子は幼児路線なのかな?小さい頃に帰って、心を癒しているのかな?」とほほえましくもちょっぴり心配しておりましたら、3月になってからは「名探偵コナン」や「金田一少年の事件簿」を見るように・・人気アニメだけれど、殺人シーンはちょっと?と思っておりましたら、ある日
「お母さん、ごくせんて何?」
と聞かれたのです。その言葉を手掛かりに、テレビドラマの「ごくせん」シリーズを借りてきましたら、何と!彼がすっかりはまってしまったのです。2002年、2005年、2008年のシリーズ、映画やスペシャル・・全て見終わっても、2クール3クールと「ごくせん」三昧。任侠の世界出身の先生とヤンキーの生徒たちとの、心温まる師弟愛に、わずかなシーンをチラ見しただけで私もファンになってしまいました。
 先週、またショップに行った際、他に何かないかしらと、ふと目に留まったのが「任侠ヘルパー」。裏の解説を見ますと、彼が好きだったSMAPの草薙くんが主演している・・ごくせんと似た設定だしねと借りて帰りましたら・・・
「見ない」
とのアッサリ断られてしまいました。
「もったいないなあ」
と思って、返す前にちょっと見てしまったら、面白いじゃあ〜〜りませんか。ヤレヤレ、この非常実態になんということを・・私自身、2013年は認知症の方々のグループホームに夜勤で月に4〜5回入っていたので、馴染みがある世界。それもあってか感情移入してしまったのかも知れません。それに、任侠の世界から一転して、利他の世界で七転八倒する彼らの熱い心に、何度も胸を打たれてしまったのです。
 いつミサイルに打たれるか判らぬ身ならば、最後は感動に心打たれていたい・・と自己弁護しながら、グイグイ惹きこむストーリーに完敗。子育て中は、子どもとEテレ見るくらいで、これまで映画もドラマもほとんど見ることなく暮らしてきた人生。本当に勿体ないことでした。
 とは言っても、ちゃんと大川隆法総裁の京都講演会のお誘いの手紙を書いたり、するべきことも忘れてはおりません。先日は近くの支部で、仙台正心館の佐竹館長のお話があり、行って参りましたが、中国や北朝鮮のバックに「何とか地球を核戦争に持ち込みたい」と画策する宇宙人がいるようで怒り心頭。人の縄張りを勝手に荒らすなよ!と言いたい気分です。
 本当に日本がここまで崖っぷちに来てしまったこと・・一体だれが責任を取るというのでしょう。日本の方向を変えようと思えば、変えることもできたはずなのに・・いつの時代も予言者の言葉は受け入れられず、国を滅ぼしてきた。古代のイスラエル王国やユダ王国も同様・・その末裔が流れてきたかも知れない日本で、同じことが起きようとしている。
 天皇皇后は左翼である・・なんてネット情報。以前は「まさか」と思っていたのに、マスコミに創られた姿しか見ていなかったのかも知れません。急にこのようになったのではなく、終戦後間もなくから、今日の日本に向けての布石は着々と打たれていた・・誰が誰が・・と犯人捜しをするより、作られた流れに逆らわず流されてしまった日本人の共業でもあるのでしょう。
 現代の預言者は様々な手段を講じて、早くから警告をしていたというのに、多くの日本人は耳を貸そうとしなかった・・愛国心の欠如は左翼の国民だけでなく、トップまでもそうなら仕方ないのかも知れません。ドラマを見ていたら、任侠の世界の方々の方が、よほど筋の通った生き方されていると思いますね。
 せめて「日本は悪い国ではなかったこと」これだけは全国民に知ってほしいものです。最近読んだ中でとても判り易かったのが、久保有政さんの
「自虐史観を脱せよ――「日本は悪い国、侵略国家」 ではなかった! 真の近代史を知ろう Kindle版
久保脱自虐史観.jpg 
 この方は、聖書研究家で、日本とユダヤの共通性を書いた本も数多く出しておられます。古代キリスト教徒と現代のクリスチャンはマインドも思想も、日本に対する思いも全く異なるのでしょう。
 日本の真実を知ったら、世界の国々は日本を何としても護らざるを得なくなるはずなのですが・・いずれにしても日本は自身の素晴らしさを世界にPRするのが下手な国民なのかも知れません。
「てめえら、日本をなめたらあかんで」
と声を大にして言いたいサンサンてるよでした。
posted by サンサンてるよ at 13:57| 大阪 ☀| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

残された日々を愛おしむ様に

大川隆法総裁の高知での講演会も4日後に迫って参りました。朝鮮半島の緊張が最高に高まっている中、全国全世界から総裁の御言葉に熱い期待が向けられていることでしょう。毎回、日本語で拝聴できることを当たり前に思っていないか・・私たちも反省する必要がありますが、せっかく日本語で聞けるというのに、鼻から否定してきた日本人の贖いも必要なのかも知れません。共にその罰を受ける覚悟を決めないといけない時期が来たようです。それも仕方ないこと・・これまで疑っていた方も、冥土の土産に是非お近くの支部に足を運んでみてください。核攻撃された場合は、冥土までたどり着けないですけれどね。
高知講演会.jpg
https://ryuho-okawa.org/info/2017/1544/
 今朝届いたリバティニュースクリップに、昨日亡くなられた渡部昇一先生の業績がまとめられていました。過去世のお一人は、アメリカ独立宣言を起草したベンジャミン・フランクリン。大川隆法総裁と対談された方だけあって、そのご生涯は煌めく知性のみならず、勇気に彩られていたと心から思います。やはり亡くなった翌日に霊言が録られたとか。冥福を祈られなくとも、更なるご活躍をこれからもされてゆく方でしょう。幸福の科学グループにも多大なご協力をいただいた見事なご生涯、心より尊敬申し上げます。
<リバティニュースクリップのお申し込みはこちら>
http://the-liberty.com/
渡部昇一.jpg
 もうひとつ支部から届くメールには、毎日経典の大切な個所を抜粋して書いてくださっているので、一度読んでも忘れてる身には有り難い限り。大川隆法総裁は、未来の事態を見越して、世間が気づく前から警告しているのに、本当にもったいない・・日本の政治家やマスコミの愚かさにはあきれるばかりです。

 私は、「トランプ氏によって、中国の軍事的な拡張主義を封じ込められる」と見ているので、日本固有の問題としては、米国の経済戦略と協調しながら、日本独自で北朝鮮の軍事的脅威を封じ込められる程度の防衛力は持つべきではないかと考えます。・・
トランプ氏の頭のなかにも、おそらく、そういう考えがあると思うのです。
「中国本体は大きいから、日本だけではさすがに無理なので、アメリカのほうでしっかりと封印するけれども、北朝鮮ぐらいは、日本でどうにかしろよ」というところに本心があるはずです。・・
北朝鮮の軍事的な強硬策に対して、日本として防衛できる策、打つ手はいくらでもあるのに、何もしないのは、しないものの罪でしょう。それを防衛しなかったものの罪に当たるので、やはり、独自で何ができるかを考えるべきだと思います。防衛策はいくらでもあるはずです。
 したがって、憲法の責任にして逃げるのは、判断からの逃避(とうひ)にすぎないと考えています。
(繁栄への決断p151)

繁栄への決断.jpg
 今日は愚痴っぽい記事になってしまいました。残された時間は少ないかも知れませんが、1冊でも2冊でも、たとえば紀伊國屋書店に行き、幸福の科学の書籍を手に取って、そのままレジに行ってお買い求めくださいませ。残されたわずかな望みにかけて、心よりお願い申し上げます。
posted by サンサンてるよ at 14:03| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

神様 ありがとう!

この週末もお天気悪く、ミサイル発射のニュースに「これも気象兵器では?」と疑ってしまいました。でもふと
「もしかして今の日本はこの雨に守られているのでは?」
という気がして調べてみましたら、やはり
ミサイルやロケットは雨雲や雷雲が近くにある時には発射しない
とのこと。そういえば先日のミサイル発射は久しぶりの晴れ。宇宙人たちもその高度な技術で守って下さったのかも知れません。でも科学技術よりも国を守る力があるのは信仰心や愛国心だと思うので、そういう意味では宇宙人の科学技術にばかり頼れないのではと心配しています。
http://nandemo.ciao.jp/otenki-nandemo/kaminari-nandemo/taisaku/post-101.html
 世間はきな臭いニュースで賑わっていますが、この日曜日は春の大掃除をしておりました。すると、以前葬儀司会やラジオ番組に出演してた頃の資料が出てきたのです。実際に葬儀の司会をするまでに、1年半ほど先生の元でレッスンを・・その時の司会の先生から誘われて、FM枚方に月1回30分番組に出させていただいた時の資料でした。
http://sansanteruyo1.seesaa.net/category/22879483-1.html
 先生は、結婚式の司会もされるので面白エピソードを、私は自作の謎かけや小噺を披露するという30分。先生は自作の詩を朗読されることも多く、私が気に入った詩のコピーをもらっていたのです。その詩とは・・

「神様 ありがとう」
あなたはご存知ですか?
神様が私たち人間を未完成のままに お作りになられたことを・・
私たち一人一人が 悩みながらも 強くたくましく生きる為に
焦らず努力し 周りの人たちと助け合い支え合い 許し合いながら
人生を全うするように・・と。
神様は私たち人間をわざと未熟に未完成にお作りになりました。
その為 私たち人間は いつも自分中心でワガママです。
時に泣き怒り・・嘆き落ち込む・・それは未完成だから・・
時に自分の失敗を他人のせいにする・・未完成だから・・
      (途中略)
人間には失敗はつきものです。失敗の無い人生は人生ではありませんね。
失敗したからこそ知恵を絞りだす力を神様に頂いているのです。
そう思えば何と素晴らしい人生でしょう・・神様のお陰で・・
私たち人間は未熟未完成ですが、人生の終着駅まで周りのソウルメイトと
仲良く言葉を交わし、ガッツポーズしながら元気一杯に生きていきましょう。
神様!私たちを未完成 未熟にお作りいただき本当に本当にありがとう
  

 仏となれる性質・仏性を持ちながらも、時に泣き怒り、嘆き落ち込む・・グルタミン酸ナトリウムが我が子にはタブーと判って、毎回手作りの食事を出していたのに、今朝は「もう大丈夫かな?」とコンビニの唐揚げを久しぶりに2つ朝食に付けたのです。結果は・・以前ほどではありませんが、イライラが再発。そして私に物を投げて手が出血するほどの怪我をしたのです。自業自得だったのに、末っ子を叱ってしまった私。親としての未熟さに落ち込んだ朝でした。
 私もまた失敗多き人生を送ってきました。自分が成功している自覚は無く、56にもなって何も成していない事実に恥じ入るばかり。
 けれども、昨年来、息子の病気平癒の一助にと、薬の勉強を再開しているのです。この30年間に世界中の薬の研究成果は膨れ上がり、覚えることは倍増。衰えた脳細胞はアップアップしています。
 その一方で、30年前にはどういうメカニズムか判らなかったものが、今はすっきりと説明が為されている・・そんな喜びも感じつつ、分厚い参考書とにらめっこの毎日。この先どれほど生きられるか判りませんが、新しいことに挑戦して毎日をワクワク生きてゆきたいなと思っています。 
posted by サンサンてるよ at 11:17| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

松田光夫さんの陰徳に拍手

 今日は久しぶりに晴れ間が見えて、ホッとしました。先週は毎日のように雨か曇り、更には強風の日もあり、桜を心配しておりましたが、近くの公園ではまだまだ十分に咲き誇っていました。夕方、この春初めてゆっくりと花見を・・すると、強烈な桜の香りがしてきたのです。以前は、これほど桜に香りがあるとは感じなかったのに・・思い切り吸い込んだせいか、家に帰ってくしゃみの連続。
 思えば、3月に花粉症になった時には、鼻水が出過ぎて顔がシワシワに・・鏡を見た時はショックでしたねぇ。それで、お肌のお手入れに熱心でない私もさすがに、あれこれ保湿ローションを試した次第。ちょうどお試しセットとして届いていたのが、スクワレンの保湿オイル。「救われん」なんて宗教的には良くない名前ですが、これが又、救世主のように肌にしみこんでくれて、ようやく以前の張りが戻りました。
 スクワレンと書きましたが、正確には酸化しないように化学変化させた「スクワラン」という物質のようです。私はスクワレンの方が馴染みがあるので、最初は「誤字かしら?」なんて思ってしまいました。サプリに入っているのは「スクワレン」肌用に変えているのが「スクワラン」だそうです。
 一昨日はマンションの玄関やごみ置き場を掃除。連日の雨で、床が泥でかなり汚れていました。マンションのお掃除おばさんをやり始めてもう3年。たばこの吸い殻のみならず、たばこの空き箱や包装セロハンが、
「これ拾っておけよ」
と言わんばかりに、共用部分にしょっちゅう捨てられているのです。以前は悪意を感じて
「こんなことする人には、いいことないわよ〜〜」
なんて怒っていましたが、最近、大富豪は掃除を大切にしていると知って
「もしかしたら、ゴミをひとつ拾うごとに、豊かさの切符を拾っているのでは?」
なんて発想の転換が起きたのです。それなら、ありがとうと思いながら拾わなくてはね・・
 そんな次元とは全く違う心で、自宅から駅まで1キロの道を、夜中に起き出して朝までにきれいに掃除をされている方がいらっしゃいます。尼崎の松田光夫さんという元校長先生です。この方のことを思い出す度、マンションの前に吸い殻がいくら落ちていようと、カラスがゴミ袋を漁って生ごみが散乱していようと、平静心でいなくては・・と反省するのです。この方は以前、幸福の科学の冊子「夢人間」にも紹介されたので、全国的にも有名な方。あの伊田信光さんもブログで紹介されています。
<尼崎に度肝を抜くシニアあり>
http://ida-shinkou.com/2013/09/595
 私も2015年3月に過去記事でご紹介しました。何度でも書きたい方なんです。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/415192820.html
 仏教では「下座行」と言って、「人の嫌がる汚れ仕事を喜んでする修行」だそうです。自分の部屋以外の場所を掃除しても、その効果は自分の部屋にまで及んでいると感じることがあります。
 逆に、マンションの共用部分が汚れていたら、いくら自分の部屋だけ綺麗にしても、何か物足りない・・自分の責任範囲をどこまで広げられるか・・ということですね。
 政治家も自分の責任をどこまで広げられるかでその資質が試されます。松田光夫さんのような方は、政治家になられてもきっと素晴らしい町を作っていかれることでしょう。
posted by サンサンてるよ at 21:29| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

もうひとつの桜に思いを寄せて



 我が家の近くでも桜が満開となりました。けれども雨の多かった先週、早くも散り始めています。青空を背景にした桜を見たいのに、今年の春は何だか物悲しい気分。
 本州で一番早かったのは、東京は靖国神社と聞いた数日後、昨年「サクラ花」という映画が公開されていたと知りました。早速近くのレンタルショップに行きましたが、まだDVDにはなっておらず、予告編を手掛かりに雰囲気を味わうしかありません。
 戦争物は得てして左翼的な見方で描かれているものが多いですが、この映画でも特攻隊員が気が狂ったように叫ぶシーンが予告編に映っていました。私ももちろん戦争は反対ですが、そういうシーンは違和感ありますね。プロペラも車輪も燃料も無く、敵に向かって行かれた「桜花」の乗組員の方に失礼では?と思ってしまいました。
 と申しますのも、ある法友の旦那様(入会信者である太田様)のお話を以前聞いたことがあったのですが、帝国軍人はあんな無様な姿を晒していないはずだから・・靖国神社の英霊の皆様の名誉にかけて、ここに再度転載を・・この法友の旦那様であるおじいちゃま19歳の頃のお話。死を覚悟して、戦闘機の中で座禅を組んだという豪胆のエピソード、とくとご覧くださいませ。
**************************
 昭和20年5月29日。太田庶康さん19才。戦局はいよいよ厳しくなり、硫黄島を占領した米軍は、度々大挙して東京上空に襲来するように・・ある日、B29やP51の大群がやって来たのを邀撃すべく、太田さんが所属する戦闘機隊36機の零戦は、次々に百里基地を飛び立って行った。敵機は300以上。1機で10機を相手に戦う計算である。後ろの方を飛んでいた太田さん。ふと別の敵機集団がはるか後方に回り込んでいることに気が付いた。このままでは、挟み撃ちに会う。味方に手先信号で知らせるも通じない。一刻を争う状況の中、ただ独り向きを変え、敵機集団目がけて突進していった。というのは、乗る予定の零戦がエンジントラブルで、予備機に急遽乗り換えるも、無線機がはずされていたからだ。最初、蜂の集団のようにしか見えていなかった敵機も、もう早や眼前。激しい銃撃戦が始まった。敵機が白煙をひいて降下してゆく。突如、機関銃弾のひとつが前のエンジンに当たり、燃え上がった。機内は目も開けられぬほどの熱さ。そこで風防コクピットの屋根を開けようとしたが、風圧でビクともしない。このままでは、焼け死ぬのが先か、墜落死するのが先かという状況。しかし、押そうが引こうが、どうしても屋根は開かない。「ええい、もういい。潔く死んでやれ。」機内であぐらを組むと、座禅を始めた太田さん。すると、不思議なことに全身の痛みが無くなり、何とも言えず快い気持ちに。「ああ、これが極楽か!」と夢うつつになったそうだ。そこへ、今度は後ろから、機関銃が・・左足に激痛が走ったかと思うと、突然、コックピットの屋根が開き、空中へ放り出された。パラシュートも開いて、どうやら着地したようだが、意識は朦朧。パラシュートが風で動くたび、地面を引きずられ、全身に激痛が走った事だけは鮮明に覚えているそうだ。後に、目の玉以外は包帯で覆われていたことから、全身に火傷を負っていたことを知る。
 収容されたのは、成田山の境内にある旅館を、海軍が病院として接収していたところ。入隊したての頃、トイレ掃除をしていたら、何でも早くしないといけない軍隊生活のこと、成田山のお守りが落ちている事も多かったそうである。「もったいないと拾って、保管していたお陰かな?それにしても、二回目の銃撃が命を助けてくれるとは・・」と笑っておられたお顔が印象的。小さい頃から海軍のパイロットに憧れ、自ら志願し16才で入隊。敵機襲来の時には、「戦死したばかりの兄貴の敵討ちだ!」という思いもあったとか。
 その後、二人の息子さんのお父様となられ、今では二人のお孫さんの良きおじいちゃま。それにしても、生命の危機の真っただ中にあって、座禅を組むとは・・もう決して戦争があって欲しくはないが、「ああ、日本では若者よりも、おじいちゃまの方がカッコイイー!」

<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20130810-1.html
posted by サンサンてるよ at 12:57| 大阪 ☔| 日本再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

疲れが取れるお塩に出会って・・

 昨日は、1週間ぶりに近くの商店街へ・・以前、小池ゆり子さんや女優さんの霊言をお貸ししていたお店に、別の霊言本をお持ちしようと思って・・消費税の高い時代、経営に苦しまれている商店街の方々ですので、今回は松下幸之助さま、稲盛和夫さまの霊言本を持参。
「小池ゆり子さんのは気になるね」
と前回おっしゃっていたご主人様。今回は
「松下幸之助さん、稲盛さんいいね。読んでみたいですわ。」
興味津々。もうひとつプーチン大統領のもいかがですか?と聞きますと
「プーチンはどうもなぁ」
とお嫌いな様子。
「私も最初は人間的な感情の無い怖い人かと思ってましたが、前世は日本人で、天皇や徳川の将軍をされていたんですって。」
とお奨めを・・帰りがけ奥様が
「サンサンさんにはいつももらってばかりだから・・」
と黒糖ドーナツをお土産にくださいました。靴を買わない時も、「休憩タイムにどうぞ」と豚まんやお菓子などをお届けしたりしながら人間関係を作ってきた4年間。2年前、高倉健さんの霊言を初めてお渡ししたのです。引っ越ししてきた5年前は、まさか入会されたり、ポスターを貼ってくださるお店になろうとは、思ってもみませんでしたので、本当に人の縁は解らないもの。
 ここのご夫妻は笑顔が素敵だし親切だし、私とおしゃべりしているとお客様がいらっしゃるので、ゆっくりお話しできるのは4回に1回くらい。奥様は、私が福祉法人で宿泊支援に行っていると知って
「偉いわねぇ。なかなか出来ないことよ。」
と感心くださっていましたし、今は子どもの看護生活になったので、私の身体や末っ子の状態をご心配くださる温かいハートの方なのです。消費税が下がって、皆様の経営が楽になればいいなぁと心から思います。
松下幸之助.jpg稲盛和夫.jpg
 さて、2月下旬から体調不良だった私、法友がひまし油を送ってくださったので、点眼点鼻してますと、かゆみが激減。更には近くの自然食品のお店で
「今日はすごいお塩が入荷したんです。お塩を入れると、イソジンの赤い色が消えるんですよ。つまり還元力の強い、身体を錆びさせないお塩なんです。」
と目の前で実験してくださるので、思わず買ってしまいました。温泉卵のように硫黄の臭いがしますが、数日飲んでおりますと、何やら身体が軽やかに・・それで風邪を引いた娘たちにも分けてあげると、残り少なくなったので、新たに注文しようとネット検索をしたのです。(土日はお店がお休みなもので)
 見つけましたよ。リ・コエンザイムソルトちゃん!!しかも、以前大阪正心館で偶然知り合った神奈川の法友のお店ではあ〜〜りませんか。これは本当にお奨めですね。コーヒーを飲まなくなった代わりに、朝昼晩とこの塩水を飲んでいるのですが、夜になっても疲れをほとんど感じません。
 数か月前に近くの美容院で同じようなソルトを買ってバスタイムには使っていましたが、無くなった切り補充していなかったのです。飲むと更に疲れが激減ですね!水素水と同じ効果があるようです。ナトリウムが気になる方は、併せてマグネシウムやカリウムたっぷりの「にがり」を入れてはいかがでしょう。洗顔用もあるので、私もお顔の変化を毎日楽しんでおりますの。多分、残りの人生、このお塩無しでは生きていけないかも?

<お奨めのネットショップ>
アポロライフデザインダイレクトショップ
http://apollolifedesign.ocnk.net/product-list/3
アポロライフデザイン楽天ショップ
http://item.rakuten.co.jp/apollomed/bio1/#bio1
商品説明は楽天ショップの方が詳しいですが、お買い求めはダイレクトショップでご注文求くださいませ。
posted by サンサンてるよ at 16:59| 大阪 ☀| 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

落語に学ぶ伝道力

 今朝、久しぶりにNHKを付けましたら、接客との対話が苦手な男性が、落語家さんから「コミュニケーション力」を学ぶという放送をしていました。タイトルは「助けて!きわめびと選『落語に学ぶ“雑談力”〜話し下手店長×立川談笑〜』」
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/RebroadNoticeInsert/Confirm.do?pkey=001-20170401-21-08254
・自分が言ったことをお客様が受け入れているか鋭く観察し、別の球を投げる柔軟性を持つ
・お客様と心と心がシンクロしながら、話しているか?
といったことが語られていました。落語のマクラは、お客様を噺の世界にスムーズに誘うためだけでなく、いかに演者とお客様の間にラポールを築けるか?という大切な時間なのですね。この人の話なら心を開いて聞いてみようかと思わせるかどうか・・ベテランなら最初から心を開いてくれていますが、新米落語家さんや初めて訪問する営業マン等には必須の心がけです。これは、正に伝道に際しても欠かせない心構え。話下手店長さんが「お客様の気持ちが判らず、自分の言いたいことだけ言ってました。」と述懐されていたのを聞いて「あるある」と苦笑。
 対して、大川隆法総裁のご説法は、上記の2つを共に満たしています。演台に立たれる前後から、その日の聴衆の方々の平均的なニーズを霊的につかみ、必要があれば柔軟に説法の内容を変えてゆかれます。ですから、演題とかけ離れたことをおっしゃることもしばしば。それは、聴衆の心の声をしっかりと霊耳で聞いておられるから・・
<関連記事>
ラポール形成の決定版
http://life-and-mind.com/rapport-making-secret-477
 昨日は、見逃したラジオ放送はRadikoというサイトで1週間以内なら聞ける話をしましたが、NHKもメンバー登録すれば、過去の番組を見られるようですね。ただし、メンバー登録があるので、未納の方は「受信料を払ってください」と、後で家まで来られるかも知れません。収入が少なくても消費税は一律取られるのですから
受信料払ってほしいなら、消費税反対くらい言ってくださいね!それから公平な報道をしてから、受信料うんぬんしてください。
 地球の次元が上がったせいでしょうか?これまでの所業の結果が顕著に現れてくる昨今です。良い番組もたくさんある一方で、「ちょっと偏ってません?」と思われる番組もあるので、大衆心理を支配できる立場の方は特に気を付けないとね。因果応報って怖いですよ。
posted by サンサンてるよ at 16:29| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内