2013年11月29日

アトランティスの息吹に痺れて〜

 11月24日は大川隆法総裁先生が奈良は橿原にご巡錫。新大阪支部で「日本建国の精神」を拝聴させていただきました。国常立のお話もあって興味深い内容。日本の古代史に浸った後は、一気に超古代に飛んで「アトランティス文明・ピラミッドパワーの秘密を探る」を拝聴。トス神の叡智にしびれまくった2時間でした。長年の疑問だった「ダークマター」の正体を簡潔明瞭に説かれ、危機の警告もさることながら、宇宙の秘密に招待された至福のひと時。全国全世界の宇宙物理学者さん必聴ですね。ついでにダークエネルギーの正体も質問していただきたかったですが・・同じダークと付いていても働きは異なるはずですよね。同じだと宇宙が大変な状況になりますもの・・
ダークマター.jpg
 内容がバレてはいけないのでこの辺にするとして、帰りに購入した「未来産業学とは何か〜未来文明の源流を創造する」を読みながら、もうワクワクドキドキ。やはり個人的に一番思い入れが深いのは「未来産業学部」。しかも幸福の科学大学のご指導霊にトス神がなってくださっているなんて・・有り得ない話です。対して地上の私たちの認識がまだまだ遅れていることを、さぞ歯がゆく情けなく思ってらっしゃることでしょう。
 ということで、すっかり科学づいてしまって今日は、「量子論」に惹かれた学生時代に戻って、保江邦夫先生の「路傍の奇跡」を読んでおりました。15日の長女の誕生日プレゼントは「合気開眼」(保江邦夫)と『合気修得への道』 佐川幸義先生に就いた二十年(木村達雄)を贈りましたが、「愛の宇宙方程式」に出会って以来、ちょっとハマっておりますの。
 「路傍の奇跡」に書かれている「宇宙の根源の方程式」が発見された時の物語は、まるでエジソン博物館で星川隆太が数式のインスピレーションを得たシーンのよう・・高速道路を走行中、突然異次元空間に入ったかのような感覚が起き、額の裏側に浮かび上がった数式・・それが後に「ヤスエ方程式」「オイラー・ヤスエ方程式」と呼ばれる基礎方程式になったそうです。保江先生の人生には有り得ない奇跡が満載ですが、「物理法則の背後に隠されたより深いレベルの真理を発見する」のが学生時代からの夢。その執念が実った瞬間やそこに到るプロセスは、何と神の恩寵に包まれていることか・・それが臨場感を持って伝わってくる本でした。
「あなたの全てを知りたいのです!」
と創造主に立ち向かってゆく気迫は、宗教であれ科学であれ、人の心を打つものです。同様に創造主の心をも動かし、その御姿の一端を垣間見させてくださるのでしょう。
 宗教という言葉が泥にまみれ、人々が信仰を失った時、その泥を拭い真実の光を放たせるために、この世に救世主が送られる・・そのような歴史が過去繰り返されてきました。時代と地域を超えて何度も預言者が送られたために、副産物として起きてしまった宗教間の争い。全てのピースをつなぎ合わせて全体を完成させればよいものを、自分たちの得たピースだけを掲げ、教義の違いで自他を分ける愚かな人類。そんな愚行をやめさせるために、過去の全ての預言者を送られた方が、自ら地上に降りてきてくださった有り得ない時代。科学をも含めた全ての宗教が統合される時代がようやく到来したのです。人類が長い間待ちわびた時代が・・その喜びを全世界の人達と分かち合うことができますように・・そのための大きな役割を幸福の科学大学が担ってゆくのだと、自信を持って全世界に発信してゆきたいですね。


51uNwCuX3tL__SL500_AA300_.jpg

posted by サンサンてるよ at 22:51| 宗教と科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内