2017年01月30日

政治家さんも一人の人間

理念経済学.jpg
 今日も引き続き政治のお勉強・・読んだのは鈴木真実哉先生の「理念経済学」昨年までの私なら、「経済学」の言葉を見ただけで、速やかに苦手モードに入って買わなかったと思います。ところが、どういう訳か新年から政治関係の本を手に取ることが多く、その延長線なのか自分でも不思議なのですが、ネット注文していたのです。
 「平成政治20年史」(平野貞夫著)の本は、生々しい政界の裏側がドラマのように繰り広げられていて、思わず惹きこまれましたが、「理念経済学」も私のような素人にも解りやすく書いてくださっていて、一気に読んでしまいました。経済成長と人の心の関係を解明した画期的な内容!「愛国心」「向上心」「信仰心」一見、経済活動と関係なく見える「心の在り方」が、いかに国の発展に貢献するかが述べられていました。
buta1-thumbnail2-thumbnail2.jpg
 本当?と疑問に思っている方のために、サンサンてるよ的解釈を述べますと、豚ちゃんを国家に例えるなら、国の上に覆いかぶさる目には見えない黒雲が晴れて、宇宙からあらゆる良きエネルギー(インスピレーションも含めて)が、その国にサンサンと注がれてくる・・その結果ワンダフルでアメイジングでエキサイティングな国に変貌していくということなんでしょう。
 まだ暗雲立ちこめる日本ですので、もうひとつ実感が湧きませんが、日本の全国民が、感謝や思いやり、朗らかさや反省の心、向上心や克己心・・そして更に高次な「愛国心」や「信仰心」を持った時、霊視できる方なら、のけ反ってしまうほどの光の柱が日本に立てられるということですね。
 鈴木真実哉先生と私の接着剤は、同じ信仰を持つという一点。それが無ければおそらく読んでいなかったでしょう。お奨めの1冊ですね。
 さて、夕方パソコンを開けたら最初に出てくるページに「野田聖子さんがダウン症のお子さんを育てていらっしゃると」いう記事が・・ご主人様が主夫となり、ご自身は国会議員を続けながらの子育て。しかも私と同じ56歳。忙しいのに子育てブログも更新して・・ちょっと感動してしまいました。
<野田聖子オフィシャルブログ>
http://ameblo.jp/seiko-noda/entry-12212906731.html
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1809
この話は初めて知りましたねぇ。幸福実現党に関わっていなければ、「障がい児の親」というのが私との「接着剤」となって、きっと野田聖子さんに投票すると思いますね。
 幸福実現党の候補者さんには、「同じ信仰」というもっと強い接着剤があります。けれども、以前お会いしているのに「誰?」という顔をされたり、党にメッセージ送っても返信がなかったり・・下手すると接着が剥がれないとも限らない心理を知っておいた方がいいかな?と思ったりもします。皆さん票を得るためにどれだけの努力をされているか・・政策うんぬんよりも共通点で入れてしまうことってあると思うんですね。「同じことでご苦労されているんだ〜なら私の気持ちも分かってくれそう〜」と人間は思ってしまうものです。
 どこかのおじさま議員のように、当選した途端に有権者を忘れるのもいけませんが、もう一段接着力を「アロンアルファ」並みにする努力は必要かなと思うのですね。
 毎年「実現党応援小噺年賀状」をシリーズで支援者の皆様に出してはいますが、それは大川隆法総裁が創られた大事な政党だから応援するのであって、候補者の皆様との接点・共通点が少ない場合は、力が100%は出ない場合もあるのでは?信者さんの本音を知って、もっと自己PRし「わ〜〜私と同じ〜〜」とか「そんなご苦労をされているんだ〜」という部分をお知らせいただきたいなと願っています。 
posted by サンサンてるよ at 20:41| 大阪 ☀| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内