2017年02月13日

芸能界でも奴隷解放を!

 朝8時ごろに電話が鳴るので何事かと思えば、
「清水富美加さんの芸能ニュース、4チャンネルや6チャンネルでやってるよ」
法友からのお知らせ。テレビを見ない私には有り難い促しで、早速つけてみますと、町の人のインタビューが・・
「芸能界は汚れた部分もあるので、仕方ないところもあるんじゃないですか?」
みたいな良識的な意見があって拍手。
 昨日は幸福の科学広報局の記者会見があり、真相がだんだん判ってきました。
<詳細はこちら>
https://the-liberty.com/article.php?item_id=12576
 いくら儲けても本人には月5万円しか払わなかったり、嫌な仕事を強要したり・・線路に立ち入った女性タレントを問題にするくらいなら、所属タレントを奴隷扱いしているブラックな経営姿勢をこそ追及すべきです!平等な世の中が実現したと思われている日本の中にも、まだまだ理不尽な世界はあるのでしょう。仕事を失うことが怖くて、死にたいと思っているタレントさんは他にもおられるとか・・芸能界の闇に光が当たればいいですね。
 奇しくも昨日はアメリカで「奴隷解放」に尽力された「リンカーン」の伝記映画を観ておりました。教科書的な内容しか知らなかった私。議会で賛成票を得るために、どのような戦略を立て努力されたかに絞って描かれており感動でした。もう一度見たいなと思っているところ。
 この映画では、奴隷の苦しみまでは描かれていなかったのですが、「それでも夜は明ける」やイギリス版奴隷解放物語「アメージンググレース」を既に観ていたので、時代背景や奴隷の過酷な日々がより理解できた次第。奴隷解放のために白人たちが自らの血を流して戦った事実・・どうしてここまでできるのか?欧米の議会は教会から分かれたものなので「神への信仰」が前提にあります。従って政治家も含めて民衆の行動指針は「聖書」にあるから・・それにしてもまだ謎です。過去世がジョージ・ワシントンだったトランプ大統領の登場もあって、今アメリカの歴史に熱い目を向けているところ。
 清水富美加さんも芸能界の「奴隷解放」に向けて、きっと何らかのお役があったのでしょう。出家後の法名である「千眼美子」は「千手千眼観音」に由来する名前。如来や観音や菩薩と呼ばれる方々は、自分のカルマの刈り取りというよりは、苦しむ人間を救うために、あえてこの世に生まれてくると聞いています。芸能界にも勇気ある人々が多数出現し、タレントさんたちが苦役から解放されたらいいですね。
リンカーン.jpg
https://matome.naver.jp/odai/2136643977749865801
それでも夜は明ける.jpgameijinngugure-su.jpg
posted by サンサンてるよ at 09:54| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内