2017年03月21日

映画「マザーテレサ」にも涙して・・

 こんなタイトルばっかりですが、3月上旬からの風邪(および副鼻腔炎)で体調が悪かった期間、看護の合間には出来るだけ横になって、大川隆法総裁のご法話を聞いたり、2つの映画「マザーテレサ」を観ておりました。
 一つ目は、「マザーテレサ神の愛した聖女」でチャップリンの娘さんが主演したもの(1997年)。確かにお父さんと雰囲気が似ています(笑)マザーもユーモア精神にあふれた方だったようですね。地理や歴史を教えていた頃の授業は面白くて、インドの聖マリア学院の生徒に人気があったとか。ユーモアのある方をすぐに大好きになってしまうサンサンてるよ。生徒として聞きたかったわぁ。
 もうひとつはオリビア・ハッセー主演のもの。オリビアさんはマザーテレサに憧れ、出演する20年も前から「いつかは演じてみたい」と念じておられたとか。演じた当時は御年50歳くらい。他の映画やテレビでは、聖母マリア役をされたこともあるようですね。宗教的な方なんでしょうか?
 この映画の中で一番心に残った言葉は、イエス様の言葉を聞いたと、ためらいがちに、しかし信念を持って、バチカンから派遣された神父に告げるシーン。
Eerything you did to one of the least of my brothers,you did it to me.(最も小さな兄弟に対して、貴女がした全てのことは、私(イエス)にしたことと同じなのだ)
とイエス様から告げられたと告白します。それを否定せず、受け入れた神父さんも素晴らしい方でした。とは言え、キリスト教に改宗させるのではなく、ケアする方々の宗教を大事にされていたことにも感動。本物の信仰をお持ちなのだと思いました。
実は、同じ映画の中で、行き倒れの老人を助けるため、マザーテレサが
「マギー、手伝って」
と呼びかけた女性(病院のスタッフ)。
「あれっ、この女優さん。ファイナルジャッジメントに出ていた方にそっくり!」
とビックリしたのです。それで、そのスリランカの女優さんのことを調べましたら、ウマリ・ティラカラトナという御名前で、確かにマザーテレサにも出ていたと判明。この当時で10代でしょうか。まだ初々しい雰囲気でしたねぇ。
<参照記事>
https://ja-jp.facebook.com/fj.movie/posts/277632922311356
 思えば「ファイナルジャッジメント」や映画「神秘の法」が公開された年から早や5年。翌2013年には、スリランカ航空や台湾の航空会社で機内上映されていたのですね。今頃になって知りました。「神秘の法」はヒューストン国際映画祭で賞を取り、世界的に有名になりましたし・・この2つの映画が日本政府に代わって外交の舵取りを行い、日本を護ったことは明らかでしょう。
https://happy-science.jp/info/2013/6034/
 そうそう、映画で初めて知ったのですが、マザーテレサも、他宗の民衆からの迫害や、詐欺被害などに遭われていたのですね。そんな試練をものともせず信念を貫かれたご生涯。お亡くなりになったのは1997年。直後の霊言を支部で聞いたことを今も覚えています。
「私のいるべきところはスラムです。帰らなければ・・」
とまだ地上の意識が続いておられました。あれから16年経った2013年、霊界でのマザーテレサのご活躍のご様子が解る霊言が出されました。
マザーテレサ3.jpg
あちゃ〜〜これはまだ買ってなかったわぁ。なんでだろう?そうそう、私が金欠だった年に発刊されたからだわ。早速取り寄せなくては・・
posted by サンサンてるよ at 11:29| 大阪 ☔| エルカンターレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内