2017年03月31日

ラジオで「真理への道」が放送&昆布の威力

 昨日はいきなり気温が上がり、各地で桜の開花が報告されました。涼しいはずの東京が本州では今年一番(21日)。「どうして?」と思っていましたが、場所は靖国神社(標本木があるそうです)。お国のためにご尽力された方々への、慰霊と感謝の印でしょうか?日本軍人の尊いお心は、たとえ今は誤解されていようと因果の理法はくらませないもの。昨今メディアを騒がせている事件の当事者たちにも、「天網恢恢疎にして漏らさず」の如く、因果の理法が働いているようですね。
 さて昨日は、私のブログでたびたびご紹介している大黒天の方が遊びに来てくださいました。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/445057878.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/445147253.html?seesaa_related=category
4か月ぶりのこと。前回来てくださった時、生誕館落慶参拝の帰りに買われた「鳴門の昆布」をお土産にくださったのですが、ずっと放っていたのです。
 けれども最近の体調不調に「そうだ!」と思い立ち、鳴門昆布を一袋全部、コトコト煮込んで食べてみたのです。すると、何だか頭と体がシャキッとした感じが・・昆布には記憶の定着を良くするグルタミン酸が多く含まれています。そのせいでしょうか?
 以前から、「グルタミン酸ナトリウムは神経を興奮させるので、自閉症や統合失調症の人、心臓疾患の方にはタブー」と書いてきました。ですから、末っ子に昆布出汁タップリのヌルヌルスープを飲ませた直後は心配しましたが、全く不穏になりませんでした。それで念のために調べてみましたら
グルタミン酸は、アミノ酸の一種で昆布のうま味成分です。グルタミン酸は、さとうきびからとれる糖蜜やでんぷんから発酵法で作ります。グルタミン酸は、そのままでは水に溶けにくいものです。水に溶けやすく、また調味料として使いやすくするために、ナトリウムをつけて乾燥したものがグルタミン酸ナトリウムです。(味の素HPより)
ナトリウムイオンが余分に含まれているということですね。更には、
グルタミン酸を含む多くのアミノ酸には「L体」と「D体」という二つの種類があり、お互い鏡に映ったような立体関係にある。そして、私たちの生体の中で使われているアミノ酸のほとんどはL体で、化学合成で作られたグルタミン酸ナトリウムはL体とD体がほぼ半分ずつで構成されている。一方、昆布などに含まれる天然のグルタミン酸はL体のみ。しかも美味しいと感じるグルタミン酸はL体だけで、D体はむしろ不快に感じてしまう。
のだそうです。天然のグルタミン酸は心配ないということですね。お茶などにも入っていますもの。
 今回は「鳴門のワカメ」をお土産にいただき有り難い限り。あの渦潮の中で揉まれた世界最強のワカメですからね・・それにしても海の中でユラユラしている昆布やワカメが、人間の頭脳や背筋をシャキッとさせるというのも面白い現象です(笑)
 もうひとつのお土産は、末っ子には映画「仏陀再誕」のDVD、そして私には映画「君のまなざし」鑑賞券を100枚。いつもご支援くださり本当に有難うございます。今回も有効に使わせていただきますね。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/422725707.html
 この大黒天様、自然の食材を使った料理の達人。突然、立ち止まるので何かと思えば、道端のヨモギやタンポポを採っておられます。帰宅後ゆでて、野草料理の作り方を教えてくださいました。楽しいひと時の後、
「家に着いたという電話はしないわよ〜」
と宣言して帰られたのに、夜8時過ぎにお電話が・・
「ラジオ関西で主のご説法を放送しているよ。」
テレビやラジオの入りにくい地域なので、早速スマホでラジオが聞けるRadikoアプリをダウンロード。以前は雑音に悩まされながら聞いていましたが、本当に音声がクリア。あぁシアワセ〜〜
 最初の10分を聞けなかったのと、28日のラジオ大阪での放送もうっかり聞き逃していた私。朝からRadikoにつないで、過去の放送を検索しました。1週間以内であれば、さかのぼって聞けるのが有り難いですね。ラジオ大阪では、知り合いの大黒天の方々がスポンサーですので、皆様に感謝の合掌を。タイムフリーという場所をクリックし「真理への道」と検索すれば出てきます。これからは聞き逃した「天使のモーニングコール」もRadikoで聞こうっと!
<ラジオ大阪>
http://radiko.jp/#!/ts/OBC/20170328223000
<ラジオ関西>
http://radiko.jp/#!/ts/CRK/20170330200000
posted by サンサンてるよ at 09:45| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内