2017年04月13日

松田光夫さんの陰徳に拍手

 今日は久しぶりに晴れ間が見えて、ホッとしました。先週は毎日のように雨か曇り、更には強風の日もあり、桜を心配しておりましたが、近くの公園ではまだまだ十分に咲き誇っていました。夕方、この春初めてゆっくりと花見を・・すると、強烈な桜の香りがしてきたのです。以前は、これほど桜に香りがあるとは感じなかったのに・・思い切り吸い込んだせいか、家に帰ってくしゃみの連続。
 思えば、3月に花粉症になった時には、鼻水が出過ぎて顔がシワシワに・・鏡を見た時はショックでしたねぇ。それで、お肌のお手入れに熱心でない私もさすがに、あれこれ保湿ローションを試した次第。ちょうどお試しセットとして届いていたのが、スクワレンの保湿オイル。「救われん」なんて宗教的には良くない名前ですが、これが又、救世主のように肌にしみこんでくれて、ようやく以前の張りが戻りました。
 スクワレンと書きましたが、正確には酸化しないように化学変化させた「スクワラン」という物質のようです。私はスクワレンの方が馴染みがあるので、最初は「誤字かしら?」なんて思ってしまいました。サプリに入っているのは「スクワレン」肌用に変えているのが「スクワラン」だそうです。
 一昨日はマンションの玄関やごみ置き場を掃除。連日の雨で、床が泥でかなり汚れていました。マンションのお掃除おばさんをやり始めてもう3年。たばこの吸い殻のみならず、たばこの空き箱や包装セロハンが、
「これ拾っておけよ」
と言わんばかりに、共用部分にしょっちゅう捨てられているのです。以前は悪意を感じて
「こんなことする人には、いいことないわよ〜〜」
なんて怒っていましたが、最近、大富豪は掃除を大切にしていると知って
「もしかしたら、ゴミをひとつ拾うごとに、豊かさの切符を拾っているのでは?」
なんて発想の転換が起きたのです。それなら、ありがとうと思いながら拾わなくてはね・・
 そんな次元とは全く違う心で、自宅から駅まで1キロの道を、夜中に起き出して朝までにきれいに掃除をされている方がいらっしゃいます。尼崎の松田光夫さんという元校長先生です。この方のことを思い出す度、マンションの前に吸い殻がいくら落ちていようと、カラスがゴミ袋を漁って生ごみが散乱していようと、平静心でいなくては・・と反省するのです。この方は以前、幸福の科学の冊子「夢人間」にも紹介されたので、全国的にも有名な方。あの伊田信光さんもブログで紹介されています。
<尼崎に度肝を抜くシニアあり>
http://ida-shinkou.com/2013/09/595
 私も2015年3月に過去記事でご紹介しました。何度でも書きたい方なんです。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/415192820.html
 仏教では「下座行」と言って、「人の嫌がる汚れ仕事を喜んでする修行」だそうです。自分の部屋以外の場所を掃除しても、その効果は自分の部屋にまで及んでいると感じることがあります。
 逆に、マンションの共用部分が汚れていたら、いくら自分の部屋だけ綺麗にしても、何か物足りない・・自分の責任範囲をどこまで広げられるか・・ということですね。
 政治家も自分の責任をどこまで広げられるかでその資質が試されます。松田光夫さんのような方は、政治家になられてもきっと素晴らしい町を作っていかれることでしょう。
posted by サンサンてるよ at 21:29| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内