2017年06月25日

海老蔵さん麻央さんご夫妻に想う

 5月中旬から1ヵ月間、映画のPR活動に駆け抜けたせいか、今頃になってドッと疲れがでたようです。それともエアコンの効かない部屋にいるせいでしょうか?看護と家事の合間には、しんどくてすぐに横になっていた昨日。そんな中「小林麻央さんが亡くなられた」という衝撃のニュースを知りました。私の祖父母や母もガンで亡くなっており、他人事とは思えず
「小さいお子さんもいらっしゃるのだから、必ず治って〜」
と念じておりました。けれども、海老蔵さんのインタビューを読んでみますと
・昨日、妻が旅立ちました
・7月もせがれが舞台に出るんですけど・・きっと見ていると思うので、心配で心配でしょうがないんじゃないでしょうか。
・プロポーズでの「来世も再来世も一緒にいよう」という言葉)僕はそのつもりです。
・昨日の今日なんで、こういうこと(※記者会見の事)も聞いていると思うんですよ、全部聞いていると思うんだよね。言いたいことは言わなくても伝わると思うので・・
・きのう先に旅立ちましたけど、麻央は皆様のそばにいると思うので、
というように、霊的な人生観に基づく見事な返答の数々。怨霊が乗り移る演目もあれば、「先代が乗り移ったかのような演技」などという会話も当たり前の世界。
肉体は死んでも魂は生きていること
は当然として受け止めてらっしゃるのかも知れません。
 北朝鮮のミサイルが飛んできた場合の避難方法のCMを政府が流す時代。多くの人が発言に注目するご夫妻だからこそ、身を持って人々に「あの世があること」を教えるお役目があったのかも知れません。天使の如きご夫妻です。
 愛する人との別れは辛い・・アナキンは妻を失う恐れからダークサイドに堕ちた。それほどの心の痛手です。にも関わらず、妻の死の翌日も、気持ちを切り替え舞台を務める見事な役者魂に、心から拍手を贈りました。永遠の生命を信じ切れるか・・同じくガンの手術をした息子を抱える私にも、突き付けられている課題です。 
posted by サンサンてるよ at 18:16| 大阪 ☔| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内