2017年06月23日

嬉しかった映画の感想(3)

 まだエアコンの交換に来てくれませんが、昨日も曇りで涼しくて助かりました。でも今日は晴れており、部屋にいる時の格好は正にリゾート風。
「家にいても、バカンス気分だ〜」
と暑さも手伝って久しぶりに惚けております。(陰の声・・頭の中は年中バカンスだけどね。)
 実は、このブログの更新を1週間ほど出来なかった訳は・・地方の貸会場で「君のまなざし」が上映されるので、知人へのお手紙をセッセと書いていたからなのです。
 17日18日には綾部市であるので、大本の奥都城を訪れた時に知り合ったご夫妻に・・他宗の者にも親戚の様にもてなしてくださったご恩は今でも忘れておりません。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731083.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/413552385.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/439820126.html
 18日は洲本市でありましたので、亡き母の吟詠のお弟子さんたちにお知らせを・・まだまだ元気で指導をしたかったであろう母と、母を今でも慕ってくださる皆様の思いが私に影響するのか・・13年経ってもご縁が続いているのです。そして一人、また一人と正心法語をお持ちいただく方も出てきました。
 ある方にお手紙の後、お電話しましたら、ご家族が難病でかなり参っておられるご様子。それで病気平癒祈願をさせていただき、当日お守りと正心法語を支部長に託しますと、わざわざ会場まで取りに来てくださったのです。喜ばれていたので、こういう巡り合わせも亡き母の長年の願いだったからでしょう。
 映画に行ってくださった別の方も、母を姉のように慕ってくださっていた方。10年ぶりに淡路島で再会した時に、初めて支部に来てくださったのですが、
「息子の嫁が脳出血で危篤なんです。」
と告白されたので、正心法語と病気平癒祈願をお奨めしたのです。後日伺うと
「手術も成功し、奇跡的に命を取り留めました。」
と報告くださりホッとしました。
<過去記事>淡路島伝道の旅A入会編
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/395053443.html
 今回も映画を楽しみにされていたので、感想を伺いますと嬉しい言葉が・・
涙が止まりませんでした
「どのシーンですか?」
「いろいろありますが、平安時代、子どもたちが殺される場面とか、最後、親子が和解する場面とか・・」
「そうですよね。私も毎回タオルで涙を拭きっぱなしでした。」
「映画の中でいい言葉おっしゃってましたね。過去は変えられる・・でしたか。心打たれました。」
とても感動されていました。私にも
「あんなことが起きてしまった・・相手ばかりに目が行くが、背後には唆した悪霊もいたことだろう。姿を隠して卑怯な真似を・・でもそれを見抜けなかった私の落ち度でもある。」
と悔やむことはあります。そういう人間にとっては、どれほど心救われることか・・

 『心と体のほんとうの関係』(幸福の科学出版)には、
 私は、これまでに、「過去は変えられないが、未来は変えることができる。だから、未来を変えましょう」という教えを、何度も説いていますが、実際は、もう一段あって、「現在が変われば、過去だって変えられる」ということが言えます。
 あなたが見ている過去は、「現在の眼鏡」を通して見ている過去″であり、現在のあなたが幸福なら、過去に、どのようなことがあっても、みな幸福に見えるのです。

と述べられています。
 伝道の法でも、再び「過去は変えられる」と強調されています。実は、近くの支部長さんからの「毎日の一転語メール」で知ったのです。伝道の法・・年初にサラッと読んだだけだったので、昨日からまた真剣に読み始めた次第。(末っ子の看護で読む間が無かったというのは言い訳にしか過ぎませんので深く反省)。このブログでは「何でも正直に」をモットーとしているので、過去記事にも嘘偽りはございません〜〜
 ところで、以前の記事で「健太には救世主のイメージが重ねられている」と書きましたが、
・朝飛が生まれるのと引き換えに母が亡くなっている(お釈迦様と同じ)
という設定を見ますと、
「朝飛にも救世主のイメージが重ねられているのでは?」
と思ったのです。
 ですから健太が「救世主・預言者」として活動をする際、協力してゆくのではないかと・・男性性と女性性、太陽と月・・それぞれの長所を併せ持った「理想の救世主」の誕生です。
 ですから、自身がダークサイドに堕ちた経験を救済のパワーに変えたなら、正に「過去は変えられる」ことを実証できるのでしょう。
 チビ朝飛が視えない相手と相撲を取っているシーンも、12部族の祖であるヤコブ(イスラエル)を思い出させてくれましたねぇ。ポテッと負けてはいますが・・ユダヤ教・キリスト教圏の方々なら、ハッとするシーンでは?
 今日は「君のまなざし」ロングランの最終日。本当に言い尽くせないほどの感動をいただきました。改めまして大川隆法総裁を始め、制作に関わってくださった全ての皆様に深く感謝申し上げます。また次の作品を楽しみにしていま〜〜す。
心とからだの本当の関係.jpg

伝道の法.jpg
posted by サンサンてるよ at 22:21| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

嬉しかった映画の感想(2)

 今日のお天気「大阪は30℃晴れ」の予報で、私は朝から憂鬱だったのです。というのは、昨夜エアコン(おそらく20年以上経っている)が変な音を立て始めたと思ったら水が落ちてきて、慌てて洗面器を・・しかも18度に下げても、温風しか出てこない。そこでオーナーの管理会社に
「経年劣化なので交換をお願いします。」
とメールしたのですが、翌朝伺うと
「契約書では、借主が交換しないといけないんです。」
と言われてヒョエーッ!
「でも社長が、いつもお掃除してくださっているので特別に・・ということで交換します。でも数日待ってくださいね。」
交換は有り難いのですが、数日待っている間に、サンサンてるよは干物になってしまうかも・・と内心ガッカリ。でもでも・・天はそんな哀れなおばちゃんを見捨てることはなかったのです。
 というのも午後になっても気温は上がるどころか曇りが続き、涼しい風まで吹いてきたではあ〜りませんか。小さい扇風機を買いに走ったものの、要らないくらい。思わず
「お天気の神様、有難うございます〜〜〜」
と手を合わせたのでした。
 「特別に交換」してくださることになったのも、「これ拾っとけよ」とばかりに、ほぼ毎日共用部分にタバコの空箱や包装セロハンを捨てる人あり、郵便受けからチラシを出して、ワザと玄関ロビーに置いてくれている人あり(これもほぼ毎日)・・そんな屈辱に耐えてきたご褒美ね・・うんうん。最初はムカついてましたが、だんだん動じなくなってきたのも事実。
 おまけに、映画に行ってくださった方の感想も嬉しいものばかり・・先日の記事に登場してくれた友人。その後もメールをくれました。
来週も行けたら行くね(※3回目)。はまったわ〜イケメンより息子さんがいいわ〜」
2回目の「はまったわ〜」発言。幸福の科学の映画は1作目から観てくれている彼女。11作目にして、ようやくみこころに触れたようでヨカッタ!
 ということで、50代の女性の心もガッチリつかんだ宏洋さんなのでした(*^^*)(心の声・・宏洋さんもイケメンなんですが・・)
 もうお一人は、高校時代、家庭教師をしてくださった恩師。ヘルパーさんの時間が合わずご一緒することは出来ませんでしたが、
「息子さんすごいね。歌も歌ってるんやね。演技も上手やったし・・プロの俳優に見劣りしてなかった。」
「お父さんに顔が良く似てるね」(※今回私もそう思った)
「映画の展開も面白かった」
感動してくださったようでした。そしてようやく念願叶って、正心法語を持っていただく運びとなったのです。国立大学の数学科を卒業された秀才ながら、ご両親の看護のために、妹さんを嫁に出して、自分が一手に引き受けられた「仏さま」のような方。目の見えないお父様の看護は、実に30年以上に及んだとか。その合間に家庭教師をされたり、40歳から60歳まで毎年フルマラソンに挑戦されたり(最高タイム約3時間)・・介護のストレスを上手にかわしながらゴールまで余裕で完走された30年。お母様がご存命の時は、ご両親の間に寝て、二人分のお世話のため眠れなかったとか。もうもう〜介護マラソンではなく、介護トライアスロンとも言える偉業です。
 久々に昔話に花が咲いて・・
「高3の夏休みになっても、1日8時間の勉強で合格できたのは、ひとえに先生のお陰です〜」
と心からの感謝を・・昼寝は欠かさなかったですもの。
「いや〜毎週どんな質問が出るか緊張したよ。良く勉強してたと思うよ。」
「いえいえ、先生への質問作らないといけないので、来られる数日前に慌てて勉強してたんです。」
と暴露話も・・でも滑り込みセーフではなく真ん中くらいの順位で合格していたので、2次試験用の理数系のご指導が的を射ていたのだと思います。
 有名な方のご家族の家庭教師をされていたり、最近では自閉症のお子さんの指導をされていたとのこと。介護のみならず教師と言う菩薩業をずっと続けておられる先生。近況を伺って感動した次第。
 亡き母が自分の卒業した高校の恩師に「どなたか紹介していただけませんか?」と頼んだところ、同じ高校の後輩というご縁で来てくださったのが最初。実に40年来のおつきあいとなります。瞑想も良くされるせいか、御年73歳なのに60代にしか見えません。世の中には凄い方がいらっしゃるなぁとため息が出ます。
 この先生もそうですが、母のつないでくれたご縁は、淡路島にもたくさん残っていて、その話はまた改めて・・今日は強靭な精神力の持ち主である恩師をご紹介したかったのです。 
posted by サンサンてるよ at 21:39| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

嬉しかった映画の感想(1)

 今日は父の日。ダーウィンが来たの番組では、オスが子育てするトサカレンカクという鳥の生態が放送されていました。メスは卵を産むだけで、温め育てるのはお父さん鳥の仕事とか・・
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=10555
 それを見ながら、6月号の月刊誌に書かれた、大川隆法総裁の「育メン涙の物語」を思い出していました。特にご長男の宏洋さんの時が最も大変だったようで、状況を想像しては笑ったり、身につまされたり・・
 また、映画を観れば、
「男の子は一度は父親に反発するのが常なので、宏洋さん自身の体験が『君のまなざし』にも反映しているのだろうなぁ・・また生まれ変わっても親子にと思えるようになってヨカッタ・・」
一組の親子の歴史に涙が流れたサンサンてるよでございました。
<幸福の科学・月刊誌の購読申込はこちらからどうぞ>
https://happy-science.jp/info/magazine-class/happy-science/

 私も最初の子どもの時は、母乳半分ミルク半分だったので、昼に授乳を始めて寝かしつけ、家事をし終わったら、もう夕食時。そう言えば昼ご飯食べてなかったわ〜というドタバタの子育てでした。寝たと思ってベッドに置くとお目目がパチリの繰り返し。でも一旦寝たら、3時間は連続して昼寝をしてくれるのが長女だったので、生後6か月を過ぎる頃には、その間に経典を読んだり、伝道のお手紙を書いたりも出来るようになりました。うんうん親孝行な子じゃ。(実は3か月の時に『オカアサン』と呼んでくれた早熟な子でもありました。)
 その長女を3か月検診のため保健所に連れていった時のこと。前に並んでいたお母さんとおしゃべりをしたのがきっかけで、終わってから近くのインド料理店に入り、次に会う約束まで。初めて会ったのに、エラく気が合って・・それから毎週のように互いの家に遊びに行ったり、大阪城に日向ぼっこに出かけたり・・私の最初のママ友となってくれた友人がおりました。しかも、初めて彼女の家に行った時、長女に着せていた白いドレスを見て
「その服、ウチの子も同じの持ってるわ」
とタンスから出してきて、生後4か月の2人を記念撮影。そんな不思議な偶然も・・。
 2年ほど経った時、ご主人の転勤で関東に引っ越すことに・・それからもご縁は続き、互いに3人の子持ちとなり、しかも3人目はどちらも障がいを持っているという、これも不思議な共通点が。前振りが長かったですが、今日はその友人の映画の感想です。
 映画はほぼ義理で毎回行ってくれていたのですが、「UFO学園の秘密」の時も
「難しくてよく解らなかったわ」
と言われてガックリ。今回の映画、大切な友人なのに、地域周り、看護、家事で忙しく、終了1週間前までなかなか連絡できなかったのです。土日はあと1回を残すのみという9日にようやくお手紙を・・ダメもとで出した案内でしたが、何と早速日曜日には、ご主人と3番目のお嬢ちゃんとで観に行ってくださったとのこと。実はそのお嬢ちゃんは言葉がしゃべられない障がいを持っておられるのですが、
「●●がパパと観に行ったんだけど、号泣したんだって。内容解ったのかな?」
とても嬉しそうなメールが・・
「えっ、もしかして怖い鬼が出てくるからかなぁ。ごめんね〜」
「そこかなぁ?パパは『みこころに触れたんだと思う』と言ってたけど・・
テッキリ怖くて泣いたと勘違いしてしまったのです。信者でもないお父さんの「みこころに触れた・・」発言にも爆笑。後でお父さんに確認を取ってくれたらしく
「手塚理美さんの幽霊が、お父さんお母さんと会話するシーンだったって」
「えーーっ●●ちゃん、スゴイッ」
パパも感動したって言ってた。私も水曜日くらいに行くわ」
さて、木曜日の朝のこと
「みたよ〜私も泣いたわ。」
との報告が。更に金曜の朝には
背中が痛くて、映画の間ガサガサ動いてたんだけど・・悔しいけどマシになったわ
数日前からギックリ腰になっていたとか。
「悔しいけど・・が受けるわ」
苦笑の返信を・・
 さて金曜日が映画の最終日。私も何とか観に行ける算段がついて梅田へ。
「今から映画観るから、腰が良くなるようにお祈りするね。」
とメールを送りますと
実は私も今から2回目観る。ビックリした?」
「したした」
初めて2回も映画を観てくれるなんて、感謝感激!更には
今までチケットいろいろもらったけど、今回は一番ハマった。●●も珍しくパンフ指さして見たいと言うし・・日曜日に又、パパと観に行く予定。
何と!近くの映画館がロングランになったとか。感激したワタクシ、●●ちゃん専用の映画パンフと残っていたチケットを再度送ったのでした。更に翌日には
「送ってくれてありがとう。映画に出てきたペンダントは販売しないん?似たの探してたんだけど?
もう完全に映画の世界に魅了されたようでした。石上神宮のお守りとしては売られているようですが、こちらで売るのはどうなんでしょう?法律違反になるのかも知れませんね。どうもニーズがあるようなので、8/2の東京ドーム講演会では、石上神宮の出張所を作っていただいて、七支刀ペンダントを売っていただくとか・・それからフィギュアセットも是非宜しく〜〜私は東京まで行けませんので、通信販売してくださ〜〜い。
 ということで、互いに苦労の多い子育てをしていますが、小さな成長の喜びにホッコリする時も・・本当に心が温かい素晴らしいパパやママに育てられている●●ちゃん。友人ご一家がこれからも健康で幸せでありますよう・・心から祈っています。
posted by サンサンてるよ at 20:41| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

嬉し楽しの映画PR活動

 北朝鮮が毎週のようにミサイルを飛ばしてくる昨今。普段、支部でお会いすることの無い信者さんを訪問して、情報提供をしておこうということになったのです。それで副支部長さんが
「サンサンさんも手伝ってもらえますか?」
と名簿を持って我が家に来てくださったのが5月の連休前。他支部の人間ということもあって、近隣の名簿を見たのは今回が初めてでした。以前の私なら、夜勤でグッタリの介護の仕事や、まだ安定しない末っ子の世話で、とても引き受けることはできなかったと思います。
 けれども有り難いことに、末っ子が一人で留守番できるようになったので、感謝の思いでさせていただくことにしたのです。前を通り過ぎていたのに、信者さんのお宅と知らなかったことに愕然。
「何事も無いに越したことはありませんが、困った事態が発生したら助け合えるよう、日ごろお目にかかれない方々を訪問させていただいております。」
みたいな趣旨でまずはお手紙を投函。そして週末ごとに、自転車であちこち走り回り、毎週変わる上映時間をお知らせ。最初は留守でも、一人、また一人とお会いできる方も出てきました。。
「そうだ!今まで知らなかったお詫びに、この方々の周りから、PR配布をさせていただこう」
と思い立ったのが最初。そこから段々と広がっていって、1か月で約1800軒のお宅にポスティングさせていただきました。庭先に出てらっしゃる方には
「今上映中の映画のご案内を配らせていただいております。」
と声をかけますと、ほぼ全員が表紙をじっと見てから
「ありがとう」
と言われ受け取って下さるのです。What's94号の主演3人がカッコイイからかも知れませんね。
「こちらこそ、ありがとうございます。」
恐縮するほど。ちょっと怖いお兄さんかなと思っても、案外優しい方だったり・・
 他にも嬉しいエピソードはいろいろあって、末っ子がご迷惑をかけたコンビニの店長さんに差し上げていたのですが、人手不足で店長さんは週に2回も徹夜勤務。行きたいけど行けない状態。ある夜のこと、若い店員さんに親切にしてもらったので、チケットを見せて聞いてみますと
「映画は良く観ます。行ってみたいです。」
と喜んでくださったのです。これまでほとんどしゃべったことの無い方でしたのに・・
 また、自転車屋さんに荷物籠を付けてもらいに行った時のこと。従業員のおじさんに
「これ上映中の映画のご案内なんですが・・」
とお渡ししますと、
「あっ、大川さんとこの・・手塚理美さんて、真田広之さんと結婚してた人で、最近、吉本興業に移籍したんやろ?」
と話が盛り上がり、後でチケットをプレゼント。お二人とも後日
「先週日曜は満席だったので、早めに行かれた方が・・」
とお伝えすると、ニコニコして
「ハイ」
本当にたくさんの新たな出会いをいただきました。
 そうそう、同じマンションに住む方なのですが、
「もしかしたら守護霊様が必死なのかしら?」
と疑うほど何度も遭遇する方が数名いらして・・もちろん勇気を出して声をかけさせていただきました。
 極めつけは、この写真。大規模マンションはゴミ箱行きになると勿体ないので、中心は1軒家で、時折小規模マンションに・・入れるのは、303号室の方(ディープな信者さんしか意味が解らないと思います)、名前やカギのあるポスト。すると、11日の朝、何気に入ったマンションで目を疑う郵便受けが!!
IMG_20170611_091008 (1).jpg
 303号室というのは、
大川隆法総裁が、幸福の科学立宗までの約二年間止住され、商社勤務のかたわら、諸如来、諸菩薩と交流し、最初の「霊言集」を発刊された聖なる地。2003年5月、その建物(当時は寮)が、改修、保存され「名古屋記念館」として落慶した。
と、名古屋記念館の説明にあるように、サラリーマン時代の大川総裁が住んでらっしゃた寮の部屋番号なのです。靴箱や私物入れにも「303」と印があって、今もそのまま残されています。
http://shoja.jp/nagoyakinenkan/
 1か月ほぼ毎日町を歩いて、最後にこんなサプライズが待っていたなんて・・3年前に幸福実現党のチラシ配布で回った時は、気が付かなかったなぁ・・新しく引っ越して来られたのかしら?なんて不思議な思い。
 そんなこんなで足腰は毎日疲労の極致でしたが、心はルンルン。他にもまだまだ嬉しいこといっぱいでしたよ。

<補足>
What's94号を1800も独り占めしたのではなく、淡路島開拓支部から以前の冊子を大量に送っていただき、今回の全戸配布に取り組めた次第です。いろいろ取り交ぜての配布なので、映画の案内が無い冊子には自作のシールを裏に貼り付けて・・ともかくも大型マンション以外の方々にはお知らせが出来たことに感謝。梅崎さんの魂の出どころである賀茂別雷大神のお守りだと思ってお届けしたんですよ。UFO学園の秘密の時も同様でした。幸福の科学の映画の場合、単なる映画案内ではないのですね。
◆過去記事:守護神をお届けに行くと・・
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428522445.html
posted by サンサンてるよ at 22:11| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

万華鏡のような「君のまなざし」

 映画「君のまなざし」が公開されてから2週間以上が経ちました。シネリーブル梅田などでは日曜日は全日満員御礼。(ワタクシはヘルパーさんが来て下さる水曜か木曜しか行けません)今日は雨でしたが、公開前から約束していたので、親しい法友たちと一緒に観てきました。
「ゆ○○○だから、お皿を片付けられないのは解るけど、健太が汗を拭いてもらってる後ろで、朝飛が料理を盛り付けている・・この矛盾は何なんだ〜」
とツッコんだり、
『いい出会いがあるかもね』と言いながら健太を見る目は邪悪だけれど、アルバイト先ではとってもひょうきんな朝飛、そして幼い頃の健太や朝飛がただただ可愛くて・・まるで、子どもの発表会を見る親の気持ちでした。
(大学構内だろうと、虫に刺される高原だろうと、朝飛がビーチサンダルに半ズボンでは不似合なので「やっぱりねぇ」というのは2回目くらいから思っておりました。)
 終わってからケーキセットをいただきながら、おばちゃん3人組の法談タイム。ひとりの法友が
「ブログ読んだよ〜30回以上観てるけど、あれは思いつかないね。」
と褒めてくださいました。定年退職されているので、時間はタップリあって羨ましい限り。
 けれども、もし公開が一年早かったら、歴史的考察や心理学的考察・・こんな記事も生まれてなかったでしょうね。1年前と言えば、まだ我が家の末っ子の癇癪がひどくて
「この子にどうしてあげたらいいか?」
ばかりが関心事。映画のお誘いも地域周りなど、とても出来ていなかったと思いますし、映画だって、
「末っ子がヘルパーさんに物を投げないかしら?」
気になって観に行けなかったはず。ウツウツしていたら映画の見方も変わっていたでしょうし・・気持ちも時間も余裕のできた今だからこそ、こうやって有り難い時間を過ごさせていただいています。
 子どもの病気に限らず、これまでに取り組んだ人生の問題集は数えきれず。ですから、信仰の喜びよりも悩みに心が占拠される時もしばしばでした。エルカンターレ信仰というのは洗脳とは全く異なり、試練と格闘しながら、ひとつ、またひとつと理解を深めてゆくもの。
「エルカンターレ信仰にも真善美があるのかも?」
と気づいたのは、信者になって15年くらい経った頃だったでしょうか?
「エルカンターレ信仰って何なんだ〜」
悶々としながら、ずっと考え続けた末のことでした。
<過去記事>
https://ameblo.jp/teruyo729/entry-12249556010.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388731069.html
そんな悶々からは今は解放されているので、余生を楽しく?送っているところ。今回の映画も
「チビ健太やチビ朝飛のフィギュアが欲しい〜〜〜登場人物のフィギュアセット作って欲しい〜」
とすっかり虜になっております。いつも公開までは無関心のワタクシですが、観てしまったら惹きこまれずには居られない・・ビフォア・アフタの落差の大きい人なのです。
 というか制作陣のレベルがそれだけ高いということでしょうね。本当に・・製作総指揮の総裁先生はもちろんですが、脚本の宏洋さま、演じられた皆様、エンドロールのスタッフの皆様、そして経済的に支えてくださった皆様にも只々感謝を捧げています。
 BGM(水澤有一さん作曲)も主題歌・挿入歌も大好きで、何をするにも口ずさんでおりますの。何という贅沢をさせていただいているのか・・しみじみ感じております。
 新しい宗教を警戒する気持ちは本当に良く判りますが、見ないと勿体ない映画です。チケットは「幸福への招待状」。皆様の人生を絶対に変えてゆきますから・・是非ご覧くださいね。
posted by サンサンてるよ at 22:33| 大阪 ☔| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

映画の奇跡いろいろ

 「幸福の科学の映画が上映される劇場には、もしかしたら、天使の方々が来てくださっているのでは?」
と思ったのは、2000年の「太陽の法」だったかしら?劇場に入ると
<この間も来てらっしゃいましたね。>
という思いがどこからともなく届いたのです。当時はビシバシに宗教映画でしたから
「行ってね」
「うん」
で行ってくれる方はほとんどいません。ですから、待ち合わせてお連れして、終わったらお食事かお茶タイム・・という具合に、普段なかなか会えない友人知人とおしゃべり出来る機会でもありました。
 確かにあの時、劇場内で瞑目していると、ぐるりを取り囲んで浮かんでいる天使のイメージが湧いたのです。(私は霊視は出来ませんので、あくまでもイメージ)
 でも毎回の映画で
「長年の病気が治った」
「見えなかった目が視えるように・・」
等の病気治癒の報告は、全国からワンサと入ってきていたので、
<上映会場は、高次元パワーを照射くださるところ>
というのは、私たちにはもはや疑う余地などありません。我が子も「天使にアイムファイン」を2回見たら、小さい頃からしょっちゅう出ていた鼻血がピタリと止まりましたもの。それは今でも続いており、久しぶりに出たのは、急に暑くなった先週1回だけ。部屋が暑くてのぼせたようです。
<過去記事>
末っ子の▼▲が止まった(2)
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/440548166.html
 先日も、ある法友からお電話あり、
「母が背中の骨折で痛みがずっとあって、2時間も座ってられないと思っていたのに、映画を観終わったら、痛みが消えていたの〜〜」
と教えてくれたのです。
「あれからもお友達と一緒に、もう一回観に行ったんだけど、痛くなかったって。」
その法友も支部活動の合間を縫って、週2回はお母様の看護に大阪から奈良まで通っていたので、親を思う気持ちが天に通じたのかも知れませんね。お母様自身も、骨折以来、「正心法語全編読じゅ」を日課にされるようになったとか。それもあってか、今回の不思議な治癒体験につながったようです。
 実は私にも「映画の奇跡」かどうか判りませんが。今朝は不思議な出来事が・・今日はゴミ収集日。ゴミ袋に穴が空いていたのか、収集車に運ぶ途中で落ちたゴミが道路に散乱していたのです。それを片付けていますと、80歳くらいのおばあちゃまが
「奥さん、偉いねえ。」
と声をかけてくださったのです。
「マナーの悪い入居者さんがいて、ネットの外に置くと、すぐにカラスが来て袋をつつくんです。」
「ウチも育てている庭の花に缶コーヒーをかける人がいるんですよ。」
「お近くの方ですか?」
「散歩でこちらまで来たんです。○○の方面です。」
「私も以前、そこの近くのグループホームに伺っていたんですよ。」
大阪のおばちゃんが二人会えば、長年の友人のようにおしゃべりがはずみます。しばらくすると、その方が突然
「マンションの掃除を任されるのも、奥さんが素晴らしいからですわ。お顔が幸せそうですもん。いやぁ、顔に現れてるわ。」
しみじみ私を見ながら、耳を疑うようなことを言われたのです。暑い中での立ち話でしたので、それで家に帰ってゆかれましたが、何だか狐につままれた気持ち・・
 掃除を続けていると、顔が変わってくるの?でも最近、映画のご案内で地域を回らせていただいているからでは?いや、やっぱり「君のまなざし」に3回足を運んだから、私の心を清めていただいたのかも?・・なんて、あれこれ考えておりました。(陰の声・・まだもうちょっと観ないとあかんて)
 素直に感動する方も、批判の眼差しで観る方も・・それぞれがそれぞれに何らかの良き変化を受けたらいいなと願っています。因果の法則はくらませませんから、どの波長に合わせるかで「嬉しい結果」か「怖い結果」か変わってくる可能性もありますけどね・・

<過去記事>この方の町の浄化力には脱帽です。足元にも及びません。
松田光夫さんの陰徳に拍手
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/448988674.html
posted by サンサンてるよ at 20:40| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

君のまなざし〜見事な熱演でした!!

 20日から待ちに待った「君のまなざし」が公開されました。2015年の映画「UFO学園の秘密」は20回以上足を運びましたが、今回は看護の身。ヘルパーさんが来て下さる水曜日か木曜しか行けないなぁ・・・と諦めていたのですが、21日日曜日、夜の上映に、ひょんなことから行ける運びとなったのです。末っ子の食事を用意して
「賢くお留守番しててね。」
と阪急電車に乗ってシネリーブル梅田へ・・ここまで落ち着いてきた我が子と守護霊さまに感謝の合掌を・・祈願すれば支援霊の方が来てくださったでしょうし、いつも亡き母には孫の見守りをしてもらいました。大変な時期を懐かしく思い出しつつも、心は早や「君のまなざし」の世界へ。
 さて映画館では、売店に「君のまなざし」をテーマにしたソーダドリンクがありました。シネリーブルさんは、前回の「天使にアイムファイン」でも特製ドリンクを用意してくださっていましたしね。嬉しいご配慮。
 いよいよ初回を鑑賞。18日に小説版を既に読んでいた私は、ネタバレ後の視点で映画を楽しみました。
「麦茶の入ったガラスのコップが、●つしかない・・」
「あっ、やっぱりスルーされている」
他にもいろいろありますが、謎解きにしかけられた演出にワクワク。
 守護霊霊言本では「大根」と謙遜されていた「水月ゆうこ」さんも、ワタクシ的には好感の持てる演技でした。タイトルの「君のまなざし」に相応しい眼力の持ち主ですね。
 梅崎快人さんも、後世畏るべし!の俳優さんだと舌を巻きました。映画「UFO学園の秘密」の時にも書きましたが、信者だからと言って、最初から映画に強い思い入れを持てる訳ではないのです。あの映画の時は、最初はただの高校生だと思っていたのが、主人公にオシリスやホルス、瀬織津姫などの女神が重ねられていることが判って、「おお〜〜〜」と急に心が近づいたという訳。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/430947502.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428325510.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428565256.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428478492.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/430403312.html
 実は、今回も「知らない新人が出てるし、本当に面白くなるのかしら?」と最近まで思っていたのです。ところが5月14日、主演の3人と握手をした夜、皆様の守護霊霊言本を読みましたら、何と!
梅崎快人さん・・私の大好きな神社のご祭神であり、他にも朝廷と戦った蝦夷のヒーローだった。
(梅崎快人の守護霊霊言より)
梅崎1.jpg
 と知りビックリ!歴女としては、どちらも憧れの方ですので、ラポールが急速に出来上がった次第。本当は、俳優さんの霊的な背景を知らずとも、ストーリーだけでどこまで惹き込めるかが勝負ですが、事前に築いたラポールの強弱で映画の印象は変わってくるかも知れませんね。
 さてプロディーサー&脚本&主演&主題歌歌唱の何役もこなされた大川宏洋さん。この方の才能と潜在力には圧倒されまくりでした。この朝飛役は他の方には出来なかったでしょうね。いやぁ、すごい迫力でした。悪霊の役でありながら、人々の心を善や許しに向かわせる・・地獄霊が出てくる他の映画との決定的な違いですね。(劇団新星では張飛役をされていますし、朝飛も「ちょうひ」と読めるので、よほど張飛に惚れ込んでらっしゃるのでしょうか?)
 また、ペンションオーナーの「たちばな」という苗字。藤原氏の政敵であったのが「橘(立花も同族)氏」ですので、平安時代のシーンも歴史的に意味深ですね。
 ともかく、小説を事前に読んでいても、感動に打ち震えたり、展開に驚いたり、十分に楽しませていただきました。不満な点を無理に上げよと言われるなら・・

 梅崎快人さんが神社の御手洗(みたらい)で、柄杓に水をつたわせるシーンは「実に美しい〜〜」と感動しました。でも、サンサンてるよ的には、その後の二礼二拍手一礼はいただけませんでしたねぇ。この作法は明治以降のもので、それ以前はずっと「三礼三拍手一礼」だったようです。それは・・
 「天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」「高皇産霊神(たかみむすびのかみ)」「神皇産霊神(かみむすひのかみ)」の三神を拝するから。
 ただし、「出雲大社」「宇佐神宮」「弥彦神社(新潟)」などでは四拍手がしきたりで、和魂・荒魂・奇魂・幸魂それぞれに柏手を打つからとされています。(※「出雲大社」や「伊勢神宮」では大祭には神職は八拍手する)二拍手に抵抗を感じたその他の理由はまた後日に・・
 
 もうひとつの不満は、全ての上映に英語字幕を付けていただきたいなと言うこと。いつでも海外の方オッケーにして差し上げないと、決まった日にちだけだと都合がつかないと思うので。
 この映画、中には「神、あの世、前世とか宗教臭い」と受け取る人もいるかも知れませんが、神の存在が当たり前の海外では、大歓迎されると思いますね。思い出す度にまた涙が浮かんできます。ほんま良かったわぁ。シ・ア・ワ・セ 後日DVDでと言わず、是非劇場で、高次元の光を体験してくださいね。
posted by サンサンてるよ at 08:34| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

大川宏洋さんがエライなと思った事

 さて、ブログでのご紹介は3番目になってしまいましたが、今日は、大川家最初のお子様である大川宏洋さんのお話です。この御方については、
・幼い頃から父親(大川隆法総裁)から、かなりの量の絵本を読み聞かせてもらっており、早熟の天才。
・母親の暴虐を兄弟姉妹の盾となって一身に受けていた
・母親に勘当された時には、親しい友人の家でお世話になった。
・中学時代は、教祖の子どもということで陰湿なイジメを受けていた
・高校時代はバンドを組んで音楽活動をしていた
・大学時代は、お金儲けの苦労、世間の厳しさを学ぶために、居酒屋でアルバイトをしていた。
・卒業後も、一旦教団の仕事を離れて、3年間建設会社に就職し厳しい指導を受けた。
・・・と聞いております。
 ネットや週刊誌などでは、ヤッカミからか大川隆法総裁やお子様たちのことを悪く書く人もいます。しかし、さてその方々が、大川家のメンバーと同じ苦労をしなさいと言われたら
「とてもとても自分たちでは耐えられない」
と根を上げると断言します。大川隆法総裁は信者さんには優しいですが、将来教団をしょって立つ後継者たちは、厳しく育てているのだ・・と常々感じているのです。
 あり得ない試練を数々潜り抜けてこられた現在28歳の大川宏洋さん。10代の頃から芸能分野での才能を発揮され、
・2009年公開の映画「仏陀再誕」では、脚本を担当
・2012年の映画「ファイナル・ジャッジメント」では企画・脚本他、プロデューサーとして関わる。
・2016年にはニュースタープロダクションの社長となり、映画「天使にアイムファイン」全国上映に奔走。
そして
・2017年3月に自身が座長を務める「劇団新星」を立ち上げ、三国志を題材にした演劇『俺と劉備様と関羽兄貴と』で脚本と張飛役を演じる。
・今年5月20日公開の映画「君のまなざし」では、総合プロデューサー・脚本・主演男優・主題歌歌唱を担当。
・・という具合に、経営のみならず、芸能系の才能を存分に発揮されています。
 そんな雲の上の存在だった宏洋さん・・実はこの14日、大川隆法総裁の京都講演会の後、握手をさせてただく栄誉に浴したのです。前座として、主演の3人がトークショーを・・その時、
「主演の守護霊霊言セットを購入された方には、先着?百名かにサイン入り色紙をプレゼント。しかも主演のお二人との握手付き」
とのご案内があったのですが、
「今日の人数では、無理だろう」
と諦めておりました。
 さて、大川隆法総裁のエキサイティングなご講演の後、一緒に来た法友が「早めに出た方がいい」とのことで、アンケートを書きたかったのですが、向かいの「みやこめっせ」に移動。法友が朝からご用意くださった「たこ飯」を次女と一緒に頂戴し、30分ほどくつろいでいたのですが、
「やっぱり伝えたいことがあるので、アンケート渡してくるわ」
と会場だった「ロームシアター」に戻りました。スタッフにアンケートを渡し、ふと見ますと、そこには主演の3人が!先ほどまで長蛇の列であっただろう握手会の会場は、サイン入り色紙セットが終了したのか、もう誰もいません。でもこんなチャンスは又と無い!バッグの中には、ちょうど色紙セットに払えるお金が残っていて「ラッキー!」ダメもとで
「まだ色紙セットありますか?」
とお聞きしますと、何と、まだ少しだけ残っていたのです。急いでセットを拝受し、ドキドキしながら主演の3人の前に・・そこからは、もう夢のようなひと時でした。健太役の梅崎快人さん、優しい笑顔と共に心を込めて握手をしてくださいました。あかり役の水月ゆうこさんには
「以前、新大阪支部にいらしたと聞いて、より親近感を持ちました。」
に始まり、しばし歓談を・・「君の名は」の主人公、三葉と瀧が水神(月神でもある)瀬織津姫に由来するのでヒットしたんだと踏んでいたワタクシ。
「芸名の水月は、水神(月神)に関係が深いのでヒット間違い無しだと思います。」
と激励を・・本名も水に関係しているようですが、「水が付いた芸名がいいね」と皆さんが付けてくださったんですと解説くださいました。
 さて、いよいよ大川宏洋さんの番。
「お初にお目にかかります。」
「いつもお世話になっております。」
訳の判らんことを口走りながら、たたずむおばちゃんの手を両手で固く握ってくださった宏洋さん。守護霊霊言本では「若き天才にありがちな、性急さやいらだち、誤解されがちな高慢さを感じ取る人もいるだろう(大川隆法先生の前書きより)」と書かれていました。
 しかし、地上のご本人は違うと思いますね。映画のPRをしてくださる信者さんお一人お一人に、心から感謝されている・・それが伝わってくるような心を込めた握手をしてくださり感謝感激。真剣に教団の「限界突破」を成し遂げてゆかんとする気概も感じました。
 ご自分から世間と積極的に関わろうという気持ちの大きい大川宏洋さん、若き後継者たちの活躍を心から応援しているのです。

 建設会社での修行時代のエピソードは以下の書籍に収録されています。
宏洋.jpg
梅崎1.jpg
posted by サンサンてるよ at 08:06| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

大川真輝さんがエライなと思った事

 心身ともに落ち着いてきた末っ子ですが、まだ今年の1月は少し不安定で、コンビニで騒動を起こしてしまったことは過去記事に書きました。
<過去記事>
人の仏性に涙して
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/446007427.html
 その時に優しく声をかけて末っ子を落ち着かせてくださった店員さんには、絶対に映画のチケットをプレゼントするぞ〜と決心していたワタクシ。1週間に1度の夜にしか勤務に来られないので、なかなかお会いできなかったのですが、先日ようやくチャンス到来。お支払いの時に
「映画とかお好きですか?今度『君のまなざし』という映画があるのですが・・」
とお聞きしますと
「実写は見ませんね。アニメ中心です。」
とのこと。内心ガッカリしましたが、
「どんなアニメが好きですか?」
「君の名ははいいですね。」
「私も観に行きました。新海監督の他の作品もDVDで観ました。他にお奨めはないですか?」
「そうですね。サマーウオーズいいですよ。」
と教えてくださったので、早速観てみました。そうそう、買い忘れがあって、後でもう一度チケット渡しに行きましたら
「すみません。ありがとうございます。」
と快く受け取って下さったのです。ヤッター!
「いえいえ、以前の恩返しに何かさせていただきたかったので・・」
嬉しいひと時でした。本当に今回の映画は、人生でお世話になった皆様にはチケットプレゼントさせていただこうと思っております。
 さて「サマーウオーズ」ですが、数学オリンピックの日本代表に惜しくもなり損ねた数学の天才たちと、バーチャルリアリティの世界を荒らす悪者との戦いの物語。その映画を観ながら、実は大川家のご次男である「大川真輝」さんを思い出していたのです。なぜなら真輝さんは、開成中学高校で学んだ秀才・・に留まらず、私の記憶に間違いが無ければ、小学生の時には算数オリンピックで優秀な成績をあげていたと聞いています。つまりひらめき閃き💡ヒラメキの天才ということですね。
 先日は「大川裕太さんがエライなと思ったこと」を書きましたので、兄弟平等にということで、今日は大川真輝さんについても語らせていただきます。
 今年最初に届いた「ザ・大黒天」。実は巻頭を飾った「大川家の集合写真」に大川真輝・瑞保夫妻の姿はありませんでした。最初は「あれっ、なんで?」と思いましたが、そこが真輝さんのエライ点。名古屋正心館の副館長としての仕事を放り出してまで、写真撮影に駆けつけるようなことはされなかったのでしょう。
 また、新卒で社会人未経験である嫁の教育の面もあるのかも知れません。信者さんの悩みや苦しみを真に理解できないと、将来立派な教団指導者になれないという判断もあったのでしょう。
 だからこそ、夫婦ともに一職員としての修行を積む覚悟をされて、一旦家を出られたのかも知れません。大川家のメンバーという意識を外して、信者さんの心により近づき寄り添う道に徹している・・その心の軌跡や決意、日々の仕事の姿を想像して感動しているサンサンてるよなのです。
 実は先日、私の大阪の法友から「毎週名古屋正心館に通っているの」というメールが来てビックリ!愛知(反省も含めて)発展へ大きく貢献されていますね。頼もしい後継者たちの活躍にウキウキワクワク。
 ご長男の宏洋さんもそうですが、大川家のご子息様たちは、その優遇された立場に決して胡坐をかかず、自分を試し鍛える気概に満ちています。だから信者さんが喜んでついていく教団なのだと思いますよ。
「さすがっ、世間のボンクラ2世とは全然違う!」
と心からエールを贈っているのです。
posted by サンサンてるよ at 19:29| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

法友の遠隔ヒーリング

 4月下旬、もらいたくもないのに戴いてしまった風邪の菌。私の副鼻腔がよほど居心地がいいのか、今回はなかなか退散してくれません。ゴールデンウィークは、日頃お会いできない信者さんに映画のご案内や北朝鮮問題のお話をする活動があったのですが、咳が出ており、とりあえずはお手紙を投函。後日伺うことにしました。
 幸い、末っ子も見違えるように落ち着いてきたので、家事の合間には出来るだけ身体を休めたゴールデンウイークでした。本当に終日癇癪を起すことも無くなって、毎日「ごくせん」を機嫌よく観ている彼。バラエティ番組でゲストが笑っているのを、自分が笑われているように感じることも無くなり、祈願の威力にただただ手を合わせています。
 昨年の7月以来、土日祝日も無い看護生活で緊張が続いていましたが、ちょっとホッと出来るようになり気が緩んだせいでしょうか?一気に疲れが出た感じですね。行楽は出来ずとも、今まとめてお休みをいただいている気分。
 先日も「だるいなあ。しんどいなあ(※徳島弁では、しんだい・・と言います。)」と思いつつ、横になっておりましたら、夕方に法友からお電話が・・
「わかるわかる・・何もしたくない・・もうどうでもいいって気になるでしょう?肉体業は辛いねぇ。」
23年間、介護生活を体験されたので、心から共感してくださいます。右腕が思うように動かなくなっても、介護は毎日続くという・・壮絶な苦行をやり遂げた方。いつもお顔を思い浮かべては「私などまだまだ」と励まされておりました。
 一旦電話を切って、「さて夕食の準備をするか!」とキッチンへ。末っ子に食事を運び戻りましたら、またお電話が・・
「さっき、心を込めてエルカンターレヒーリングさせていただいたよ。」
「どうりで、さっき突然元気が湧いてきて、夕食の準備をする気になったんです!」
と感謝の報告を・・いつもと違う元気の無い声に余程ご心配をおかけしたようです。
 私も朝のお祈りでは、家族、末っ子を支援くださっている皆様、以前末っ子が癇癪を起して叩いてしまった方々、幸福実現党を応援くださっている皆様のご健康を祈念し、長年の介護のお疲れが取れますよう、その方に向けてもヒーリングさせていただいていました。でも、ここ数日はお祈りするのに座るのもしんどくてサボっていたのです。でも、有り難いことに兵庫県明石市から温かい思いを送ってくださり、ただただ感謝。
 毎日思いを向けた先でどれほどの効果が出ているのか・・自分では全く自信の無い感じだったのですが、多少は届いているのかも知れませんね。
 と言っても、すぐに回復するだけがいいのではなく、身体からの信号も無視することなく、休む時には休まないといけません。それに、病気の時は自我で考える気力が無くなるので、表面意識が大人しくなっている気がするのです。日頃見られない動画もじっくり見れますし、プラスの面があるのも確か。
 昨日は、北朝鮮の収容所から奇跡的に脱出できた方々の体験談を、次々と観ておりました。子育てや介護の間は、なかなか社会問題に目を向ける時間もなかったので、この年になって世界の問題を学んでいるところ・・本当に許せないことが、すぐ近くの国で平然と行われている・・自分の国がミサイルで攻撃される時だけアタフタするのではなく、どんな時も世界の理不尽を無くしたいという思いと行動を起こすべきなのですね。
https://www.youtube.com/watch?v=cgNItVjMjRk&feature=youtu.be
https://www.youtube.com/watch?v=EUuJwVCFCrQ&app=desktop
 我らが大川隆法総裁は、自分の団体の利害だけで動く方ではありません。この日本発の運動がもっともっと大きくなり、世界への影響力を広げることで、そういう悲しみを無くしていくのが最終目的。ひとつひとつのご説法や講演会や映画も、そういう願いに裏打ちされています。映画「神秘の法」で描かれたヘルメスウィングスの活動が、幸福の科学Happy Scienceの活動の未来形でもあるのですね。単なる宗教に留まらず、国造りのサポート、人権監視や保護、超古代遺跡の発見や保護、宇宙技術の正しい活用、地球の防衛・・地球という星造りに喜々として取り組むメンバーの姿が瞼に浮かぶようです。
 2017年は古今の預言からは「かなり大変な年」とか。けれども、それを突き抜けて、あるいは最小限に抑える希望は確かにあります。まだご覧になってらっしゃらない方は、是非一度「神秘の法」を・・この映画によって、オバマの弱腰アメリカが、トランプ氏率いる強いアメリカとなったのは間違いありません。
<関連記事>
https://youtu.be/5FjYrOzHfgY
http://the-liberty.com/article.php?item_id=5916
http://hspicturesstudio.jp/2015/97/
posted by サンサンてるよ at 12:08| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

大川裕太さんがエライなと思った事(1)

金正恩.jpg
 今回、上記の本はKindle版で読ませていただきました。いきなり笑ってしまったのは、
4月20日の午後に大川隆法総裁のところに金正恩の守護霊が来て、珍しく「大川先生」という言葉を使ってきた。
というエピソード。最初はかなり下手に出ていたようですね。霊言能力を持たれた大川隆法総裁を上手に利用しようという魂胆なのでしょう。ともかく、幸福の科学の霊言本が世界の外交に大きな影響を与えていることは確かですね。公開直後に翻訳され、各国首脳の手に渡る霊言やご説法の内容。この緊迫した時代に「もしも幸福の科学の霊言がなかったら?」考えただけでも恐ろしくなります。
 この本の中で、「さすが大川家の後継者!」と感心したことがあります。それは三男の裕太さんが金正恩氏の守護霊に対して
「あなた様」とか「守護霊様」とか「いらっしゃる」とか、ちゃんと敬語を使っていること。たとえば、
今、アメリカがあなた様のところに、ミサイルを撃ち込むなり、あるいは空母から航空機で爆撃を仕掛けてくるなりする可能性は、どのくらいあると見積もっていらっしゃいますか?とか
お祖父様(※金日成)は心配していらっしゃいました。
とかいうようにやり取りされているんですね。
ネットでは北朝鮮より韓国の情報が多いですが、あちこちのサイトで

・部下でも年上なら敬語を使う
・喧嘩をしていても年上には敬語を使う
・他人に話す場合でも、自分の父母のことは敬語を使う

と述べられています。喧嘩の時でも敬語を使わないと、そのことで余計に悪感情が大きくなるからだとか・・韓国では立場よりも年齢が何よりも優先するようです。大学などでは浪人生と現役生が同じ学年になってしまうので、日本では同輩気分ですが、韓国では言葉に気を付けないといけないのですね。
 とは言え、韓国でも年々敬語文化は廃れてきているとのことですが、ドラマなどではやはり従来の韓国の姿が描かれていることでしょう。
 霊言では、幹部の皆さんが質問者となることが多いですが、世間では人気もあって実績を遺されている方に、失礼な発言をしてしまったケースもありました。(たとえば手塚治虫氏の霊言)そういう場合には、大川隆法総裁が霊言の最後にちゃんと弟子をたしなめられ、感動したことがあります。過去世や他の星での立場がいくら偉くとも、この世ではこの世での立場をわきまえて発言しないといけないことを示される総裁に、またまた惚れ直してしまいましたわっ。霊言を通して幸福の科学ファンを増やすことが大切だと思いますから、それに反するやりとりは極力避けなくてはなりません。その方のファンの皆様に霊言を渡した時に、喜んで頂ける内容を心がけないといけないということです。
 そういう意味でも、この霊言を韓国圏の方々が読んだ時にどう思うかまで考えて言葉を選んでらっしゃる・・いろいろな配慮を全方位に巡らせている大川家の若者たちに「さすがっ」と舌を巻いているのですよ。
<追記>
あともうひとつ中国と北朝鮮のことを「唇歯の関係」と表現されてらっしゃるの・・ワタクシ初めて知りました。出典は「荘子」だとか。一方が滅びれば、必ず一緒に滅びる(唇亡ぶれば即ち歯寒し)・・みたいな意味。本当に教養溢れる若者です。
http://www.geocities.jp/ryoubow/zatugaku/sisin.htm
posted by サンサンてるよ at 12:20| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

残された日々を愛おしむ様に

大川隆法総裁の高知での講演会も4日後に迫って参りました。朝鮮半島の緊張が最高に高まっている中、全国全世界から総裁の御言葉に熱い期待が向けられていることでしょう。毎回、日本語で拝聴できることを当たり前に思っていないか・・私たちも反省する必要がありますが、せっかく日本語で聞けるというのに、鼻から否定してきた日本人の贖いも必要なのかも知れません。共にその罰を受ける覚悟を決めないといけない時期が来たようです。それも仕方ないこと・・これまで疑っていた方も、冥土の土産に是非お近くの支部に足を運んでみてください。核攻撃された場合は、冥土までたどり着けないですけれどね。
高知講演会.jpg
https://ryuho-okawa.org/info/2017/1544/
 今朝届いたリバティニュースクリップに、昨日亡くなられた渡部昇一先生の業績がまとめられていました。過去世のお一人は、アメリカ独立宣言を起草したベンジャミン・フランクリン。大川隆法総裁と対談された方だけあって、そのご生涯は煌めく知性のみならず、勇気に彩られていたと心から思います。やはり亡くなった翌日に霊言が録られたとか。冥福を祈られなくとも、更なるご活躍をこれからもされてゆく方でしょう。幸福の科学グループにも多大なご協力をいただいた見事なご生涯、心より尊敬申し上げます。
<リバティニュースクリップのお申し込みはこちら>
http://the-liberty.com/
渡部昇一.jpg
 もうひとつ支部から届くメールには、毎日経典の大切な個所を抜粋して書いてくださっているので、一度読んでも忘れてる身には有り難い限り。大川隆法総裁は、未来の事態を見越して、世間が気づく前から警告しているのに、本当にもったいない・・日本の政治家やマスコミの愚かさにはあきれるばかりです。

 私は、「トランプ氏によって、中国の軍事的な拡張主義を封じ込められる」と見ているので、日本固有の問題としては、米国の経済戦略と協調しながら、日本独自で北朝鮮の軍事的脅威を封じ込められる程度の防衛力は持つべきではないかと考えます。・・
トランプ氏の頭のなかにも、おそらく、そういう考えがあると思うのです。
「中国本体は大きいから、日本だけではさすがに無理なので、アメリカのほうでしっかりと封印するけれども、北朝鮮ぐらいは、日本でどうにかしろよ」というところに本心があるはずです。・・
北朝鮮の軍事的な強硬策に対して、日本として防衛できる策、打つ手はいくらでもあるのに、何もしないのは、しないものの罪でしょう。それを防衛しなかったものの罪に当たるので、やはり、独自で何ができるかを考えるべきだと思います。防衛策はいくらでもあるはずです。
 したがって、憲法の責任にして逃げるのは、判断からの逃避(とうひ)にすぎないと考えています。
(繁栄への決断p151)

繁栄への決断.jpg
 今日は愚痴っぽい記事になってしまいました。残された時間は少ないかも知れませんが、1冊でも2冊でも、たとえば紀伊國屋書店に行き、幸福の科学の書籍を手に取って、そのままレジに行ってお買い求めくださいませ。残されたわずかな望みにかけて、心よりお願い申し上げます。
posted by サンサンてるよ at 14:03| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

松田光夫さんの陰徳に拍手

 今日は久しぶりに晴れ間が見えて、ホッとしました。先週は毎日のように雨か曇り、更には強風の日もあり、桜を心配しておりましたが、近くの公園ではまだまだ十分に咲き誇っていました。夕方、この春初めてゆっくりと花見を・・すると、強烈な桜の香りがしてきたのです。以前は、これほど桜に香りがあるとは感じなかったのに・・思い切り吸い込んだせいか、家に帰ってくしゃみの連続。
 思えば、3月に花粉症になった時には、鼻水が出過ぎて顔がシワシワに・・鏡を見た時はショックでしたねぇ。それで、お肌のお手入れに熱心でない私もさすがに、あれこれ保湿ローションを試した次第。ちょうどお試しセットとして届いていたのが、スクワレンの保湿オイル。「救われん」なんて宗教的には良くない名前ですが、これが又、救世主のように肌にしみこんでくれて、ようやく以前の張りが戻りました。
 スクワレンと書きましたが、正確には酸化しないように化学変化させた「スクワラン」という物質のようです。私はスクワレンの方が馴染みがあるので、最初は「誤字かしら?」なんて思ってしまいました。サプリに入っているのは「スクワレン」肌用に変えているのが「スクワラン」だそうです。
 一昨日はマンションの玄関やごみ置き場を掃除。連日の雨で、床が泥でかなり汚れていました。マンションのお掃除おばさんをやり始めてもう3年。たばこの吸い殻のみならず、たばこの空き箱や包装セロハンが、
「これ拾っておけよ」
と言わんばかりに、共用部分にしょっちゅう捨てられているのです。以前は悪意を感じて
「こんなことする人には、いいことないわよ〜〜」
なんて怒っていましたが、最近、大富豪は掃除を大切にしていると知って
「もしかしたら、ゴミをひとつ拾うごとに、豊かさの切符を拾っているのでは?」
なんて発想の転換が起きたのです。それなら、ありがとうと思いながら拾わなくてはね・・
 そんな次元とは全く違う心で、自宅から駅まで1キロの道を、夜中に起き出して朝までにきれいに掃除をされている方がいらっしゃいます。尼崎の松田光夫さんという元校長先生です。この方のことを思い出す度、マンションの前に吸い殻がいくら落ちていようと、カラスがゴミ袋を漁って生ごみが散乱していようと、平静心でいなくては・・と反省するのです。この方は以前、幸福の科学の冊子「夢人間」にも紹介されたので、全国的にも有名な方。あの伊田信光さんもブログで紹介されています。
<尼崎に度肝を抜くシニアあり>
http://ida-shinkou.com/2013/09/595
 私も2015年3月に過去記事でご紹介しました。何度でも書きたい方なんです。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/415192820.html
 仏教では「下座行」と言って、「人の嫌がる汚れ仕事を喜んでする修行」だそうです。自分の部屋以外の場所を掃除しても、その効果は自分の部屋にまで及んでいると感じることがあります。
 逆に、マンションの共用部分が汚れていたら、いくら自分の部屋だけ綺麗にしても、何か物足りない・・自分の責任範囲をどこまで広げられるか・・ということですね。
 政治家も自分の責任をどこまで広げられるかでその資質が試されます。松田光夫さんのような方は、政治家になられてもきっと素晴らしい町を作っていかれることでしょう。
posted by サンサンてるよ at 21:29| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

落語に学ぶ伝道力

 今朝、久しぶりにNHKを付けましたら、接客との対話が苦手な男性が、落語家さんから「コミュニケーション力」を学ぶという放送をしていました。タイトルは「助けて!きわめびと選『落語に学ぶ“雑談力”〜話し下手店長×立川談笑〜』」
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/RebroadNoticeInsert/Confirm.do?pkey=001-20170401-21-08254
・自分が言ったことをお客様が受け入れているか鋭く観察し、別の球を投げる柔軟性を持つ
・お客様と心と心がシンクロしながら、話しているか?
といったことが語られていました。落語のマクラは、お客様を噺の世界にスムーズに誘うためだけでなく、いかに演者とお客様の間にラポールを築けるか?という大切な時間なのですね。この人の話なら心を開いて聞いてみようかと思わせるかどうか・・ベテランなら最初から心を開いてくれていますが、新米落語家さんや初めて訪問する営業マン等には必須の心がけです。これは、正に伝道に際しても欠かせない心構え。話下手店長さんが「お客様の気持ちが判らず、自分の言いたいことだけ言ってました。」と述懐されていたのを聞いて「あるある」と苦笑。
 対して、大川隆法総裁のご説法は、上記の2つを共に満たしています。演台に立たれる前後から、その日の聴衆の方々の平均的なニーズを霊的につかみ、必要があれば柔軟に説法の内容を変えてゆかれます。ですから、演題とかけ離れたことをおっしゃることもしばしば。それは、聴衆の心の声をしっかりと霊耳で聞いておられるから・・
<関連記事>
ラポール形成の決定版
http://life-and-mind.com/rapport-making-secret-477
 昨日は、見逃したラジオ放送はRadikoというサイトで1週間以内なら聞ける話をしましたが、NHKもメンバー登録すれば、過去の番組を見られるようですね。ただし、メンバー登録があるので、未納の方は「受信料を払ってください」と、後で家まで来られるかも知れません。収入が少なくても消費税は一律取られるのですから
受信料払ってほしいなら、消費税反対くらい言ってくださいね!それから公平な報道をしてから、受信料うんぬんしてください。
 地球の次元が上がったせいでしょうか?これまでの所業の結果が顕著に現れてくる昨今です。良い番組もたくさんある一方で、「ちょっと偏ってません?」と思われる番組もあるので、大衆心理を支配できる立場の方は特に気を付けないとね。因果応報って怖いですよ。
posted by サンサンてるよ at 16:29| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

ラジオで「真理への道」が放送&昆布の威力

 昨日はいきなり気温が上がり、各地で桜の開花が報告されました。涼しいはずの東京が本州では今年一番(21日)。「どうして?」と思っていましたが、場所は靖国神社(標本木があるそうです)。お国のためにご尽力された方々への、慰霊と感謝の印でしょうか?日本軍人の尊いお心は、たとえ今は誤解されていようと因果の理法はくらませないもの。昨今メディアを騒がせている事件の当事者たちにも、「天網恢恢疎にして漏らさず」の如く、因果の理法が働いているようですね。
 さて昨日は、私のブログでたびたびご紹介している大黒天の方が遊びに来てくださいました。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/445057878.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/445147253.html?seesaa_related=category
4か月ぶりのこと。前回来てくださった時、生誕館落慶参拝の帰りに買われた「鳴門の昆布」をお土産にくださったのですが、ずっと放っていたのです。
 けれども最近の体調不調に「そうだ!」と思い立ち、鳴門昆布を一袋全部、コトコト煮込んで食べてみたのです。すると、何だか頭と体がシャキッとした感じが・・昆布には記憶の定着を良くするグルタミン酸が多く含まれています。そのせいでしょうか?
 以前から、「グルタミン酸ナトリウムは神経を興奮させるので、自閉症や統合失調症の人、心臓疾患の方にはタブー」と書いてきました。ですから、末っ子に昆布出汁タップリのヌルヌルスープを飲ませた直後は心配しましたが、全く不穏になりませんでした。それで念のために調べてみましたら
グルタミン酸は、アミノ酸の一種で昆布のうま味成分です。グルタミン酸は、さとうきびからとれる糖蜜やでんぷんから発酵法で作ります。グルタミン酸は、そのままでは水に溶けにくいものです。水に溶けやすく、また調味料として使いやすくするために、ナトリウムをつけて乾燥したものがグルタミン酸ナトリウムです。(味の素HPより)
ナトリウムイオンが余分に含まれているということですね。更には、
グルタミン酸を含む多くのアミノ酸には「L体」と「D体」という二つの種類があり、お互い鏡に映ったような立体関係にある。そして、私たちの生体の中で使われているアミノ酸のほとんどはL体で、化学合成で作られたグルタミン酸ナトリウムはL体とD体がほぼ半分ずつで構成されている。一方、昆布などに含まれる天然のグルタミン酸はL体のみ。しかも美味しいと感じるグルタミン酸はL体だけで、D体はむしろ不快に感じてしまう。
のだそうです。天然のグルタミン酸は心配ないということですね。お茶などにも入っていますもの。
 今回は「鳴門のワカメ」をお土産にいただき有り難い限り。あの渦潮の中で揉まれた世界最強のワカメですからね・・それにしても海の中でユラユラしている昆布やワカメが、人間の頭脳や背筋をシャキッとさせるというのも面白い現象です(笑)
 もうひとつのお土産は、末っ子には映画「仏陀再誕」のDVD、そして私には映画「君のまなざし」鑑賞券を100枚。いつもご支援くださり本当に有難うございます。今回も有効に使わせていただきますね。
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/422725707.html
 この大黒天様、自然の食材を使った料理の達人。突然、立ち止まるので何かと思えば、道端のヨモギやタンポポを採っておられます。帰宅後ゆでて、野草料理の作り方を教えてくださいました。楽しいひと時の後、
「家に着いたという電話はしないわよ〜」
と宣言して帰られたのに、夜8時過ぎにお電話が・・
「ラジオ関西で主のご説法を放送しているよ。」
テレビやラジオの入りにくい地域なので、早速スマホでラジオが聞けるRadikoアプリをダウンロード。以前は雑音に悩まされながら聞いていましたが、本当に音声がクリア。あぁシアワセ〜〜
 最初の10分を聞けなかったのと、28日のラジオ大阪での放送もうっかり聞き逃していた私。朝からRadikoにつないで、過去の放送を検索しました。1週間以内であれば、さかのぼって聞けるのが有り難いですね。ラジオ大阪では、知り合いの大黒天の方々がスポンサーですので、皆様に感謝の合掌を。タイムフリーという場所をクリックし「真理への道」と検索すれば出てきます。これからは聞き逃した「天使のモーニングコール」もRadikoで聞こうっと!
<ラジオ大阪>
http://radiko.jp/#!/ts/OBC/20170328223000
<ラジオ関西>
http://radiko.jp/#!/ts/CRK/20170330200000
posted by サンサンてるよ at 09:45| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

法友を得るは善きかな

 先日、副鼻腔炎の原因が「細菌の感染」ではなく「花粉症」が原因では?と言う記事を書きましたら、ブログ仲間の法友から
「花粉症には、ひまし油が良く効きますよ。送りましょうか?」
という有り難いお申し出をいただきました。細菌の感染ではないと解り、抗生物質を止めて、プロポリスを飲んでおりましたら、ほほの痛みは無くなりひと安心。抗生物質は腸内細菌も殺してしまうのが難点。良い腸内細菌が元気で働いてくれる事がアレルギー対策の必須条件。ですから、抗生物質を止めたのが良かったのかも知れません。
 すると今度は、くしゃみと鼻水、目のかゆみが発生。そこで、ご紹介いただいたサイトで「ひまし油」を注文したのですが、来週の金曜日まで届きません。それで、少し送っていただくことに・・有り難い情報とお心遣いをいただき、心から感謝の合掌を・・
http://ameblo.jp/7sakura8p/entry-12244967237.html
http://www.caycegoods.com/id.Cayce.BFcare.ECCO001.html
 こんな時期なので、親しい法友に
「気温が上がったり下がったりしてますが、体調はいかが?」
とメールしましたら、
「毎週、大阪から名古屋正心館に通っています。英検準2級を目指して、毎日勉強しています。」
という元気なお返事が・・この方は昨年定年退職されたシニア世代。幸福の科学のシニアの方は、肌はつやつやしてらっしゃるし、いつまでも若く見えるし・・正心法語の読じゅや教学の継続、他の方の幸せを願い続ける気持ち、新たな事に挑戦すること・・が若さを保つ秘訣なのかもしれません。
 実は私も昨年来、ある資格を取るための勉強を少しづつしているのですが、やっぱり英語にも毎日触れなくてはね・・とネットで予備校の授業が見れるというサービスに申し込みを・・スタディサプリというのですが、昨日学んだことを翌日は忘れる頭になってしまった身としては、これから挽回作戦を図らねばなりません。英会話教室に行く時間もお金もありませんので、渡りに船と飛びついた次第。いくつか動画を観てみましたが、「Oh my God!」を軽々しく使ってはいけないなど、英語を実際に使う上での注意点があり、とっても勉強になりました。さよならのGood byにも、背景にGodがあったなんて・・そうだったんですね。目から鱗!
 外見だけでなく、脳の中身もいつまでも若々しくありたい・こうやって刺激をしてくださる勉強熱心な法友の存在に感謝です。
タイトルの「法友を得るは善きな」は幸福の科学の経文「エルカンターレへの祈り」の中の「植福功徳経」の一節です。本当にその通りだと思う昨日の体験でした。









posted by サンサンてるよ at 10:35| 大阪 | 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

サンサン流風邪撃退法

 毎日更新してたと思ったら、また1週間空いてしまいました。実は先週の土曜日に少しゾクゾクするなと思っていたら、軽い風邪を引いたような感じ・・この冬初めてのこと。日曜日には支部で「千手観音への祈り」があったので参加してきましたが、やはり外出して寒風に当たったのがいけなかったのでしょう。微熱が出始めたのです。高熱には至らなかったものの、翌日にはしっかり副鼻腔炎になっておりました。ホッペの裏がジンジン痛む何とも言えない辛さ・・ご体験ないでしょうか?起き上がるのも億劫になるほど、身体がおもだるい感じ。
 ギックリ腰で横になっていた間は、田中裕子さん演じる若き日の「おしん」シリーズを観ておりました。「おしん」が放映されていた頃は、私はテレビの無い下宿生活。この年になってようやく通して見ることができました。
 ギックリ腰からは回復したのに、数日後またダウンだなんて・・ただ寝ていても仕方ないので、「免疫力をあげるために笑わなくちゃ!」と思い立ち、笑福亭仁智さんの落語「いくじい」や「スタディベースボール」を。こんな時でもなければ落語もなかなか聞けません。久々に爆笑タイムでした。(※ギックリ腰の時は落語は聞けませんので、ご注意ください。)
 能年玲奈さんや上野樹里さんの守護霊霊言本も、失礼ながら寝たまま読破・・すごいことが次々起きていますね。今年は年初からどうしたんでしょう?
そうそう、もうひとつ「のだめカンタービレ」も知らなかったものですから、第1話と第2話を見ながら、爆笑しておりました。
上野樹里.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=27AJIt21MJs
 そして食事は、スパイスを効かしたラーメンや激辛カレーに「ウコンの力」を活用。小麦は副鼻腔炎に悪いとのこと。テニス選手のジャコビッチさんは、小麦製品を止めて鼻詰まりが治ったようです。
http://hanatooru.com/archives/249.html
http://hanatooru.com/archives/596.html
<他にも、副鼻腔炎を悪化させる食べ物として>
動物性たんぱく質・・牛肉・豚肉・ハム・ソーセージ・ハンバーグ、ベーコン・チーズ・牛乳など
糖分・・ケーキ・シュークリーム・クッキー・菓子パン、チョコレートなど
ヒスタミン・・酒・さんま・マグロ・アサリ・蟹・海老・タコ・イカ、豚肉・ほうれん草・そば・里芋・筍・トマト、ビール・卵白・ワイン・コーヒー

http://tikunousilyou.com/archives/120.htmlより
 他にも、プロポリスのサプリを飲んだり、ティーツリーをアロマで炊いたり、自分なりの治療をしておりましたが、今回は治ったと思っても、翌朝には痛みがぶり返し、ホッペの裏がスッキリしません。昨日は次女が薬を持ってきてくれましたので、遅まきながら服用して終日休養デーに。次女が総本山で学生部合宿に参加した後、東海道を時折歩きながら、箱根精舎や名古屋正心館でお泊りさせていただいた話を聞きながらウツラウツラ・・半年間、休みなく看護が続いたので、今まとめてお休みをいただいているのかしら?母の窮地を知ってか、末っ子も毎日機嫌よく過ごしててくれました。

 実はギックリ腰になったのは、レプロの霊言を購入した2日後。こんなことは思いたくないのですが、何だか悪意のアタックも感じるので、今日は他力の光も引いてくることにしました。朝の祈りの後、取り出したるは会内経典の「結界の作り方」今日は英語で音読をしていたのですが、最後の「祈りの言霊」の個所に差し掛かると、胸つまり涙が流れ始め、何だか光がドドーッと降ろされてくる感じが・・今日は随分と元気になったので、エルカンターレと一体になる強い信念が大切だと実感。
 実は、13年前に母の介護をしていた時も、風邪から咳が止まらなくなり、呼吸困難に陥ったことがあったのです。意識がもうろうとする中で、思わずナイチンゲール様に呼びかけると
この身体は主が創りし身体 この身体は主が宿りし身体
という言葉が浮かんできて、しばらく唱えていたら咳が止まったという不思議な体験をしました。
<過去記事>全ての人に仏さまが宿っている
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388730857.html
 最近、立て続けに「悪霊撃退」関連のご説法が説かれているということは、私たちも気を抜けない状況にあるということなのでしょう。私は余り悪霊の存在を意識しないで生きている方なのです。「撃退波動」で戦うというより、感謝や感動、笑いなどプラスの思いで波長を合わせないようにするタイプ。とは言っても、こんなご時世ですから、エクソシストの修行も必要なのかも知れませんね。
<エクソシスト関連ご法話>
https://happy-science.jp/info/lecture-theme/exorcist/
posted by サンサンてるよ at 15:07| 大阪 ☔| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

2世信者の悩みと希望

 私のブログは幸福の科学のPRのような一面がありますが、組織としての幸福の科学は、まだまだ発展途上ですし、つまり日々努力をし続けている真っ最中なので「100%完璧だから参加してね。」という気持ちからではありません。説かれる法は、もちろん当初より最高峰とはいえ、それでも年々進化発展しています。
 つまり、未公開株を持つが如く、先行者利益のあるビジネスの如く・・と言っては俗な表現ですが、これからどれほど化けるか判らないものに、私たちは賭けているのかも知れません。
「今はまだ良く判らないかも知れないけれど、来世には判ってただけるから・・来世まで待たずとも、そんなに遠くない将来、幸福の科学で学べて良かったわと思っていただけるから・・」
という気持ちで、お奨めしている感じでしょうか。今は毀誉褒貶の真っただ中ですけれどね。
 だってイエス様のお弟子さんたちだって、関わっていたら損なことばかりなのに、師に付き従った・・将来これほどの世界宗教になるとは、当時誰一人として予想がつかなかったことでしょう。
(※とは言え、祈願や研修での奇跡体験は半端ではありませんので、悩み苦しみの中にある方、更に人生を前進させたい方は、是非ご体験を!ただし、ご利益信仰ではありません。)
 なんでまた、新興宗教に関わっているかという話ですが、誰にでもあるという過去世。チラッチラッとだけですが、たまに浮かんでくる記憶をつなぎ合わせるなら、ある時は修道女として、またある時は尼僧として生きていたように感じるのです。もちろん私の表面意識は頑固なので、100%納得している訳ではありませんが・・いつの時代も宗教に関わってきた自分。
 ですから、今世は幸福の科学に所属して信仰を学んでおりますが、過去世において様々な宗教を経てきた私ですので、信仰に出会うプロセスは人それぞれで良い・・というスタンスでおります。
 長女が生まれる9か月前に誌友会員に、そして1か月前に正会員になったので、3人の我が子は私の膝の上で正心法語を聞きながら育ちました。幼稚園に上がる前は、支部が遊び場でした。けれども、それぞれが自分で考える年齢になれば、私はそれぞれの自由に任せてきました。長女が、当時サクセスの指導員もしていましたが理系の学部で実験に忙しく
「お母さんは悲しむかも知れないけれど、幸福の科学から一旦距離を置きたい。外からの目を体験したい。」
と手紙をくれた時も
「そう?じゃぁ、貴女がどうやって神様・創造主に出会ったか、また教えてね。」
と返事を書きました。拍子抜けしたと思います。
 次女は私が家を出た後、自分の意志で幸福の科学の信仰を選び、学生部で活動を始めました。サクセスの指導員も体験させていただきました。
 末っ子は小さい頃から霊的に敏感で、ご本尊との対話も時々あったようです。高校になって、信仰や自分の障がいを理解できない父親への葛藤の思いや、イジメで一時期地獄を見ましたが、幸福の科学の映画には私と一緒に行ってました。脳が興奮しまくりの昨年夏頃は、お祈りに嫌悪感を現わしていましたが、昨年11月6日、6年ぶりに支部に行き自分の意志で三宝に帰依。と言っても自分からはお祈りはしませんので、私が病気平癒祈願を唱えるのを横で聞いているだけ。時々モニョモニョ言ってる時もありますね(笑)自分でも「もう治った」と言うくらい落ち着いてきたのが自覚できるようです。
 というように、三者三様の歩みをそれぞれに良しとしている母なのです。私だって、親の離婚から始まった氷河期が無ければ、幸福の科学の本を読むこともなかったかも知れません。当時、たばこ1箱初めて買いましたもの。辛かったことを親にアピールするため、不良を気取ってね。まずくてすぐに止めましたが・・ですから、人生のドン底でこそ、神が手を広げて待ってくださっていると信じている人なのです。決して品行方正な聖人君子にだけ、微笑むような方ではないと・・
 ザ伝道の体験談を読ませていただいても、「とても私には耐えられない」と感涙にむせぶことなどしょっちゅう。皆さんそれだけの犠牲を払って、信仰に出会われている・・そうやって親は安寧を得たから、我が子に苦労をさせたくないのは、私も同じです。しかし、神は敢えて親の庇護から彼らを引き離して試練を与えることもある・・その姿を遠くでハラハラしながら見ないといけないのは、親として身を引きちぎられるような思いです。けれども魂の親の為さることには、ただ信じてお任せするしかない・・
 ですから清水富美加さんの来し方を知るにつれ、まだお若いのに家庭問題、きつい仕事や恋の悩み・・これでもかという試練が与えられてきたこと・・これも人々の救済をしてゆかれる方だからこそ、避けては通れなかった経験なのだと思います。(独白・・大川家の子どもたちを見よ。エルカンターレは身内ほど、より厳しく育てる!!)彼女自身が芸能界の浄化のために一旦地獄に身を置き、その実態を世間に知らしめるために生まれてこられたのでしょう。それを他人にとやかく言われる筋合いなどないのですね 
 きっとそれぞれに試練は与えられるはず。本物の信仰を掴むために・・2世信者の若者は、時にアンチブログに疑念を抱かされることもあるでしょう。お父さんやお母さんは正しいのだろうか?と。それも信仰の試し・そんなテストも用意されているでしょう。
 どんな道筋を選ぼうとも、どれほど時間がかかろうとも、たとえ一旦地獄を経験しようとも、きっと知らず知らず同じゴールへと導かれてゆく・・そう信じています。肉体の親子の縁を超えて、貴方・貴女たちを創ってくださった魂の親が、今世は貴方・貴女たちのすぐ側に居てくださっているのですから・・
posted by サンサンてるよ at 21:05| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

真に幸福の科学のことを知りたい方は

 更新が2日飛んでしまいましたね。気が向いた時だけ更新する方針のワタクシが、なぜか12日からは11日連続で記事をアップしていたこと・・自分でも「なんでぇ」という感じでした。朝方「今日はこんな感じで・・」とアイデアが浮かんだりするので、忘れない内に入力をしてきた日々。もしかしたら、8日に伊田信光さんが新大阪にいらした時に、祈願をさせていただいたからかも?
 その3日後に清水富美加さんの出家のニュースが日本をかけ巡り、以来私も芸能レポーターばりに動向を追いかけてきました。そんな数日前、ギックリ腰になりかけたのです。1年9か月ぶりの事。大事を取って昨日は次女に掃除や買い物を手伝ってもらい、昼間は痛みを忘れるために昏々と眠っておりました。でも午前中に無理に動いたせいか、痛みは夜にかけて増してきます。今日はとうとう近くの整骨院のお世話になることに・・すでに完全なギックリ腰になっていたようで、「筋肉の損傷が激しいですから、数日は安静に」というお達しが・・
 そこで今日は借りていた映画「復活」を横になりながら見ておりました。イエス様の処刑に立ち会ったローマ帝国の軍人が、実際に復活したイエス様に出会い、回心する物語。姿勢を変える度にビビッと背骨に電気が走る身。中でイエス様がライ病患者を癒す場面があったのですが、思わず「イエス様〜〜私にも癒しの御光を・・」と祈ってしまいました。すると・・何と夕方には、椅子に座っても痛みが出ないくらいに私も復活。こうやってパソコンに向かえるようになった次第。イエス様ありがとうございま〜〜す。
 私たちはエルカンーターレという、イエス様やお釈迦様をこの地上に送り出した地球の最高神霊を信じています。イエス様が「天なる父」「我が父」と呼びかけていた方です。ですから当然、イエス様やお釈迦様を始め、世界宗教の祖が成された業績にも敬意を表しています。自分の宗教の教祖や神しか信じないというのではなく、各宗教の信仰を理解し受け入れています。こうやってクリスチャンの映画も観れば宣伝もします。幸福の科学では、「寛容なる信仰の態度」を重んじられているからです。
復活.jpg
 さて清水富美加さんの出家ニュースで、幸福の科学サイトへのアクセスが一日に100万に迫る勢いとか。私のブログへも、やはりご訪問くださる方が急増。けれども、「幸福の科学」で検索すれば、幸福の科学の事を悪く言ってるブログなども出てきます。私たちは個人の心の自由も又、尊重する態度ではおりますが、余りにも常軌を逸している場合は、ひと言物申す時があります。
 幸福の科学のサイトやザ伝道の体験談などが載っているサイトを基本、参考にしていただけたら良いかと思いますが、信者さんがどんな人か?信者さんの運営するブログなどを見られる方もあるでしょう。私のブログとて、完ぺきではありませんので、大変責任を感じておりますが、56年間の人生やこの27年間の信仰生活で私が体験した全てをここに豆乳している、いえ投入しているつもりです。
 私がいろいろなブログを比較検討して思いますのは、「その人の日常が見えるブログ・・信仰以外にも、何に関心を持って生きているかが解るブログ、自分の失敗も含めて正直に書かれたブログ」は基本的に参考になるかと思います。
 というのは今年出された「伝道の法」などは大川隆法総裁の失敗談の数々が大変正直に告白されているからです。トランプ大統領におそろいのカフスボタンをプレゼントされたり、プーチン大統領からも一目置かれている方にも関わらずです。成功した方は、普通は書かない内容ばかりです。つまり「失敗談を話せるのは、自信の裏返し
 初めての方が批判記事を見れば、「幸福の科学って大丈夫かしら?」と引けてしまうかも知れませんが、批判の羅列のみで、自分自身が語られていないブログはスルーして構わないのでは?と考えています。これは、大川隆法総裁の精神的態度と比較した場合の判断基準ですね。幸福の科学がこんなに注目されることにならなければ、基本私は他の方の言動には不干渉ですし、全ての方が大切な仲間だと考えておりますが、今日はちょっとご参考までに・・
 100人いれば100人の幸福の科学がある・・というのが私の持論。つまり「真に知りたければ、人の話を聞くだけでなく、自分自身が体験するしかない」恐れずに飛び込んできてくださいね。
<幸福の科学公式サイト>
https://happy-science.jp/
<精舎へ行こう>
http://shoja.jp/
<HAPPY SCIENCE公式チャンネル動画>
https://www.youtube.com/user/HappyScienceChannel
<幸福の科学グループ紹介>
http://hs-group.org/
posted by サンサンてるよ at 19:07| 大阪 ☁| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

能年玲奈さんにも応援のエールを!

 清水富美加さんが出演されていたNHK朝ドラ「まれ」は、まれにしか見なかったので、ご本人もストーリーもほとんど知らなかったのですが、能年玲奈さん主演の「あまちゃん」は、まあまぁちゃんとみていたので、彼女も同じ事務所で苦しんできたと知ってビックリ。
 NHKの朝ドラは6歳の時に見た「おはなはん」を皮切りに、10代の頃は「鳩子の海」「雲のじゅうたん」など今振り返ればほぼ毎回見てました。19歳から下宿が始まり、テレビ無しの生活。しかも20代は人生の氷河期でテレビを見る気持ちの余裕など無かったですね。30代は子育てが始まり、ほぼ教育テレビ。通して見たのは「君の名は」と「あぐり」くらい。40代の頃は唯一、落語の「ちりとてちん」を見たくらいでしょうか?
 52歳半ばからグループホームの仕事が始まったので、月の半分、宿泊した時のみ「あまちゃん」「ごちそうさん」「花子とアン」「マッサン」・・を仕事の傍らチラチラ見る程度。ということは「まれ」も見ていたことになりますが・・お菓子に関心無いせいか、ホームのリビングでかかっているものの、ストーリーは良く判っていなかった気がします。
 でも「朝が来た」は関西弁ですので、感情移入してましたねぇ。最近まで家にテレビが無かったもので、その後もほとんど見てないですね。
http://www9.nhk.or.jp/asadora/
「あまちゃん」の舞台は東北。東北と言えば、ホツマツタエに描かれる日高見国のあったところであり、瀬織津姫信仰のさかんな土地柄。ですから、レキジョ的には最近、熱い眼差しを向けておりました。「あまちゃん」は東北復興の応援ドラマの意味合いもあったようで、お陰で私も東北に親近感を持つようになった次第。あまちゃんの本名は天野アキ。私の祖母は天川姓なので、「天」のつく苗字に親近感を覚えたのと、海女は昔から「海人族」の職業なので、それも関心を持った理由。
 そんなこんなで「あぁ、あの『あまちゃん』の能年さん」と、こちらは顔も名前も知っておりました。その能年さん(守護霊)が、同じ事務所の同僚であった清水富美加さんに、エールの霊言を贈ってくださったとのこと。彼女の中にも強いものを感じます。あの本間社長をして、どちらも「普通の女の子とは違う」と思わせる何かがあったようですね。それは、そうでしょう。芸能界の浄化のために、天から遣わされた方々なのですから・・お二人には心からのエールを贈りたいですね。こちらも是非ご一読を・・
能年玲奈.jpg
<関連記事>
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12613
 何だか最近芸能レポーターのようになっているサンサンてるよですが、昨年来より、薬の作用機序や体の仕組み、政治や経済の入門編など・・を勉強しているところ。私の毎日の生活の中でブログにアップするのは、ごく一部分。信者だからと言って、芸能ニュースに釘付けでは無く、自分の身体の片隅で起きている感じですね。とは言え、芸能界の苦界にある方々が一日も早く、人間的な扱いを受けて幸福な芸能活動をしてゆけるよう、心から願っています。
posted by サンサンてるよ at 11:46| 大阪 ☀| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内