2017年08月12日

武器を使わず敵を降参させる方法とは?

 25歳くらいの時だったでしょうか。当時私は人生の氷河期で、何を見ても物悲しかったのですが、ある日家に届いた観葉植物を見て、思わず心奪われたのを今でも覚えています。それは「マコヤナ」という植物。何が驚いたって・・葉っぱの中に、葉っぱが描かれていたのです!
マコヤナ.jpg
 元々、自然の不思議に心打たれるタイプでしたので、22歳の時には、下宿の近くに植えられていた小さな白い花に釘付けになった時も・・白鷺という鳥に似ていることから「サギ草」という名前が付けられたとか。この植物との出会いも忘れられない想い出です。
サギ草.png
 それから数年後、何かの本で、
嘘発見器(ポリグラフ)の研究をしていた人が、近くにあった観葉植物を燃やしてその反応を試そうとしたところ、その研究者がそのように考えただけで、植物と電線でつないであったポリグラフが、突如強い反応を示した。その後も検証し、「植物は他者の思考や感情に反応している」と判った
という植物の神秘を知りました。
 実は、最近読んでいる本に、その同じ研究者(バクスター博士)の興味深い研究が載っていたのです。今度は植物ではなく、遺伝子のDNAと人間の感情との関係。それは

人のDNAはどれほどの距離を離そうと、元いた人間の感情に反応する

という研究結果です。対象者にホラーやコメディなど強い感情を惹き起こす映画を見せた時、数百マイル離れた場所のDNAが同時に強い信号を発したそうです。何度行っても同じ結果で、しかも、それは米国陸軍で行われた実験だったとか。
 小学校高学年か中学生の頃、髪や爪を切った後
「さっきまで私の髪や爪だったものは、今は私なのか?それとも私ではないのか?」
と思索する変な子でしたが、「たとえ切り離しても私なのだ」と、この個所を読んで納得した次第。
 更には、別の研究者によって
・人間の感情によってDNAの形が変わる
ということも判ったそうです。おそらくDNAの周りの水の構造が変わったためでは?と私なりの解釈をしましたが・・

 今読んでいる本と言うのは、7,8年前に買ったもので、最近部屋の整理をしていて出てきたもの。
「聖なるマトリックス」(ブレイデン,グレッグ著)というタイトルです。帯には
万物をつなぐエネルギー・フィールド、私たちは信念と感情を通して、マトリックスに接続する!聖書や古文書、古来の伝承や知恵、現代物理学の様々な発見から解き明かすスピリチュアルと科学の融合の書。
とあります。一昔前まではあった「エーテル」という物理的な概念に近いものだそうです。
聖なるマトリックス.png
 この本全体を通して著者が言わんとされていることは
この世界には、目には見えないけれども光や想念を伝える場があり、全ての存在はその場(マトリックス)を通じてつながっていること

 人間とDNAが引き離されても、元の主人を覚えているように、ビッグバン以前はひとつだった私たちなのだから、別個の存在として生きていても、生きとし生ける者は全てつながっているのだ
・・と主張されていました。
 他にも
・医師たちがガン患者の治癒をありありと思い描いただけで、ガンが消えた例
・ある町のわずか1%の人たちが心を静める瞑想をしたら犯罪が減った例
など、想念の力で他人の肉体や行動に影響を与えられることも書いてありました。
 北朝鮮のミサイルは、グアムに向けて発射準備をしているとか。そんな時に再び読み返したこの書。武器を使わない戦い方のヒントになるのではないでしょうか?
 と言っても「相手を念力でやっつける」というよりは、「相手を赤ちゃんのようにして抱っこして眠らせてみる」方が、サンサンてるよ的には好みですね。そんな想像も「女性的な戦い方」のひとつでは?と思うのです。全人類の半分は女性ですからね。全世界の女性パワー(男性の中の女性性も)を結集させたら、人類の未来も変わるはず。男たちの勝手でこの美しい国・美しい星を滅ぼされてたまるもんですか!!
 そういう意味では、東京ドームなどで人々の平和への願いを結集することも、マトリックスを通じて全地球に全宇宙に影響を及ぼしているのですね。マトリックスとは私たちの言葉では、宇宙の根本仏エルカンターレの身体・・人間の身体と同様、その一部に悪質なものが発生することも当然あります。
 医学では、ガン細胞を切除したり、抗がん剤で叩く方法もありますが、ガン細胞を正常細胞に戻す方法もあるのですね。鳥取大学の研究で、RNA分子がその働きをするそうです。
http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/seeds_cgi/disp.cgi?data_num=20111219141429
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1674.html
 私が薬学生だった頃は、
「ガン細胞に特定の波長の電磁波を当てたら、正常細胞に戻るのでは?」
なんて考えておりましたが、特定波長の電磁波とは、愛や感謝に近いものなのかも知れません。
 ゴンタ坊主にはガツンとぶちかまして強面で対処しないといけませんが、全面核戦争にまで発展させないためにも、心の奥底には愛を隠し持っていてほしいなと願っています。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/archives/20130714-1.html 
posted by サンサンてるよ at 19:02| 大阪 ☀| 宗教と科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

食べ物による戦争回避論

 ちょっと間が空いてしまいました。というのも末っ子(実は19歳)が数週間前から
「携帯ほしい〜携帯ほしい〜」
と毎日訴え始め、耳にタコが300匹くらいできてしまったのです。それで根負けして<どういうスマホなら彼に持たせられるか>調査を開始。以前は部屋に固定電話を置いていたのですが、友人や中学校時代の先生に電話をかけまくるのです。ですから、登録した家族しかかけられないキッズ携帯を最初思いついたのですが、
「絶対いや。お姉ちゃんが持ってるようなの。」
を強く主張。そこでソフトバンクの「あんしんファミリー携帯」というスマホに似たデザインのを見つけ、最初喜んだのですが、残念ながら製造中止とのこと。
・形は折れ曲がるのではなくスマホに似ていること
・電話がかけられる先が限定されていること
を条件に、あれこれ探していた頃、近くのショップで
<スマホとタブレットのセット申し込みで格安キャンペーン>
というのがあると知りました。説明を聞いている内に、
「そうだ!小さめのタブレットにLINEを入れたら、家族間のみの通話しか出来ないわ。それに彼の指は太いので、スマホでは入力ミスが多くなる。タブレットの方がストレスなく入力できるはず。」
と気づき、私も一緒に乗り換えを・・数か月前までなら
「携帯なんてとんでもない」
と無視を決め込んでいたでしょう。というのも昨年の夏、まだ彼が癇癪全開だった時、私のスマホを床に投げつけ故障。その1年前にはテレビを放り投げて壊してしまったとか。父親も満身創痍でした。そんな彼のために祈願を重ねた1年間。1週間ほど前に
「YOUTUBE見たい」
というので、お姉ちゃんのiPadを1年ぶりに持たせたら、何時間もゲラゲラ笑いながら嵐のバラエティ番組を楽しんでいるのです。以前は、テレビのタレントさんが笑っていたら
「なんでこの人笑っているの?」
と怒りだして、テレビ(タブレットサイズのもの)を投げたりしていました。学校で自分のことを嘲笑されたことがフラッシュバックするようで、
「もうこの子は、笑えないのではないか?」
と絶望のどん底でした。けれども、琵琶湖正心館で「神経を伸ばすための祈り」を受けさせていただいた辺りから、彼の様子が徐々に変わり始めたのです。2か月経った頃には、バラエティ番組を一緒になって笑えるように・・
<過去記事>神経を伸ばすための祈りに関して
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/441244624.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/439680706.html
 更には「スーパーベガヒーリング」や病気平癒祈願をするたびに、食事の改善情報が舞い込んで・・
・化学調味料(調味料(アミノ酸等))と表示のある食品を使わない
・小麦製品、乳製品を止める
・白砂糖や人工甘味料が入ったものを飲食しない
・気持ちを落ち着かせるギャバを食事に混ぜこむ
・オメガ3脂肪酸(亜麻仁油やしそ油など)を積極的に摂る
・植物性乳酸菌で腸の中を整える(腸内環境は精神にも影響する)
・不足しがちなマグネシウムを意識的に摂る
等を続けてきました。(いろいろあるので、詳細はまた後日に・・)
 当時を知っているヘルパーさんも
「●●くん、よく笑うようになりましたね。」
と嬉しそう。そんな経験が身に染みたせいでしょうか?
食べ物は精神に確実に影響を及ぼす
とつくづく思うのです。ギャバは玄米や発芽玄米に多く含まれています。魚の油も脳神経を護りストレスに強い脳を作ります。
 ですから、玄米を食べていた頃の日本人は、穏やかで、たとえ敵と戦ってもその心や手法は武士道の美を追求するものだったのでしょう。
http://nbiken.co.jp/genmai_gyaba/
 対して、外国の戦争は原爆やミサイルを落としたり、気象兵器や地震兵器、生物兵器や化学兵器・・自分の身を危険にさらすことなく、ただ敵のせん滅を目標にするもの。
 その背景には「信仰の有無や正邪」もさることながら、食生活も影響している気がするのです。肉や唐辛子(カプサイシン)は交感神経を興奮させアドレナリンを放出させる(戦闘モードに入る)ようですね。毎日肉やキムチばかり食べていて、気持ちが落ち着くはずなどありません。(腸を護る発酵食品であることは評価できますが・・)
https://health-to-you.jp/nutrition/kapusaisinnnihukumukikenn2549/
 ですから、玄米、昆布とカツオで取った天然出汁、味噌や醤油の発酵食品、マグネシウムたっぷりの天然塩、魚介類理・・和食を支える食材が、日本人の「平和で協調的な心」と密接な結びつきがあることは明らかでしょう。
 8月2日の東京ドーム講演会も厳しい人類の未来を見据えたものでした。最後の警告であったのでしょう。短期的には、軍事的政治的な戦いもありますが、邪悪なものに対して、女性的な戦い方がもしあるとしたら、それは
「人類の食を正すこと」
かも知れません。海外の支部でも、和食パーティーを開いて、天然出汁のファンを世界中に作ってゆく・・海外伝道の重要なファクターになってゆく気がします。化学調味料入りの味噌はいけませんが、天然出汁の味噌汁を飲んだ時の心がホッとする感覚・・世界の人に味わっていただきたいですね。本当に・・オーラがスーッと整う気がするのです。瞑想にも最適です。
 生活が便利になった反面、化学添加物や人工甘味料、有害な電磁波、水や大気の汚染・・世界には心身の安定を妨げるものが満ちています。食だけでなく、生活用品全般の見直しも必要ですね。
 ということで
「日本古来の食文化は戦争のない地球を創る」
というのが今日の結論です。国民に何を食べさせると良き国造りができるのか・・日本の神々に改めて感謝したい今日この頃です。 
posted by サンサンてるよ at 07:42| 大阪 ☁| 宗教と科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内