2017年03月16日

自然のしっぺ返しを受けて

 副鼻腔炎に悩まされていた話を続けて参りましたが、副鼻腔炎には、何種類もあると最近知りました。昔から風邪の後にホッペの裏側が痛くなっていたので、
「風邪の菌が入って炎症が起きる。だから抗生物質などで殺菌する」
という従来の治療法しか知らなかったのです。それで、家でティーツリーやラベンダーをかいで、アロマ療法を試みたり、次女が持ってきてくれた抗生剤を飲んだりしてみましたが、どうもスッキリしません。
 実は、次女が持ってきてくれた中に、副腎皮質ホルモンや、抗ロイコトリエン薬が入っていたのです。「どうして?」と思って調べましたら、「アレルギーによる副鼻腔炎」もあるとのこと。花粉症とは無縁だった私ですので、まさかとは思っていましたが、昨日は目がかゆく、くしゃみまで・・そこで「もしかして花粉症からくる副鼻腔炎だったかも?」と思い至った次第。
http://副鼻腔炎治療.jp/category8/entry37.html
上のサイトによりますと、
花粉症のシーズンになると、アレルギー性鼻炎に悩む人が増えます。実は花粉のシーズンは副鼻腔炎も多く発症するのです。以前までの副鼻腔炎は、上気道感染型・化膿型が圧倒的に多くを占めており、アレルギーをともなうタイプは全体の10%程度でした。現在の副鼻腔炎は、アレルギーをともなうタイプは全体の40%を越える程で、アレルギー性鼻炎は副鼻腔炎を誘発させる因子とされています。 
とのこと。これは初めて知りました。長い間、耳鼻科の薬を飲んでも治らない副鼻腔炎には、「好酸球性副鼻腔炎」という新しいタイプのものもあるとか。時代と共に、病気は複雑化していますね。
http://副鼻腔炎治療.jp/category1/entry5.html
 薬による治療も大切ですが、普段食べるものにも気を付けないと・・と思ったのは、先日コーヒーを飲んだ後に、痛みがひどくなったため。他にも要注意の食べ物はあるようです。

<花粉症を悪化させる食べ物>
http://www.健康大学.net/1591 より
リンゴ(同じ科の桃、セロリ、ジャガイモ、人参、さくらんぼ、ナッツ類も要注意)、生のトマト、パン、お菓子の白砂糖、柑橘類、インスタントラーメン(トランス脂肪酸)、コーヒー、牛肉(脂身のアルギニン)、牛乳、カニ・エビ(トロポミオシン)、パイナップル(熱帯地方の果物は体を冷やす)、お酒・アルコール、ファーストフード(トランス脂肪酸)
が挙げられていますね。
<花粉症に良い食べ物>
http://www.健康大学.net/1580 より
目次 [非表示]
レンコン、わさび、しそ、たまねぎ、バナナ、ブロッコリ、ヨーグルト、加工用トマトの果皮、青魚、リンゴ(シラカンバ花粉とハンノキ花粉のアレルギーを持つ人の約半数は、口腔アレルギー症候群を併発するので注意)、えごま油や亜麻仁油(αリノレン酸)、梅
 別に食べ物を悪者扱いする意味ではありませんよ。飽食の時代、食べ物やそれを提供してくれる自然への感謝を忘れていること、経済優先の植林や工業など・・アレルギー蔓延の原因は、私たちの心の在り方にこそ求めるべきだと思います。スギやヒノキなど針葉樹が、国の政策によって大々的に植えられる前、日本の森はブナやシイ、カシなどの広葉樹がほとんど。しかし、今では伐採されてわずかしか残っていないようです。この記事を書いている最中も、くしゃみは連発、目はかゆく、過てる国政に文句を言いたい気分。
http://hon.bunshun.jp/articles/-/858
 地球の経営者である創造主の智慧をないがしろにし、人間智で環境を変えてしまったしっぺ返しが来ているのでしょう。古来、森は女神の住まう神聖な場所でした。日本でも山はご神体でした。ということで、花粉症は「山の神、森の神の怒りの表れ」でもあると結論付けて、今日の記事を終えることにいたしましょう。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/grove.html
http://watashinomori.jp/study/basic_02-3.html
posted by サンサンてるよ at 14:49| 大阪 ☁| 古代信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

天使にラブソングを2にも涙して

 ちょっと体が楽になると、動いてしまう性分のせいか、また反動がきて、日曜日は副鼻腔炎の痛みが復活。でもそれは「副鼻腔炎に悪いという」コーヒーを飲んでしまったため。ネット情報でそのように書いてあったのに「久しぶりだから・・」と懐かしいコーヒー豆の香りに負けてしまったのです。
http://breath.holy.jp/yabai.html
http://hanatooru.com/archives/84.html
 でも日曜日は、沖縄正心館の館長が大切なお話をしてくださるとのことで、近くの支部へお出かけ。ジンジンする痛みを何とかしたくて、後で1時間ほど礼拝室で瞑想をしましたら、有り難いことに随分と楽になりました。
 とは言え、まだ体調は十分ではないので、帰宅後、借りていたDVD「天使にラブソングを2」を鑑賞。1は修道院の改革でしたが、2は荒れている高校を音楽教育で改革する物語。この内容にも深く感動し、ひとしきり涙と鼻水を流しました。私が支部に行っている間、末っ子の面倒を見に来てくれていた次女と一緒に鑑賞。4月から新米教師になる彼女にとっても、学校運営の参考になったようです。このシリーズが全世界で感動を呼んだというのは、やはり「心の法則は万人に共通」ということですね。この映画は手元に置いておこうと、思わず注文してしまいました。
支部での瞑想のお陰か、はたまた次女が大阪正心館でお祈りしてくれたお陰か、月曜日には痛みが激減。でもまだ炎症が残っている感じがするので、動く量は半分にして、普段じっくり聞けないご法話などをかけながら横になっておりました。元気な時は、
・末っ子の食事や買い物、入浴が始まったら洗濯や掃除
・入浴時の音立てなど、こだわり行動が始まったら「どうしよう」とハラハラ
というように、ベータ波動とストレスをお友達に、過ごしている時間の方が多いのですね。また表面意識でついつい考えるので、何らかのインスピレーションが来ても「本当かしら?」と疑ってしまったりしがちです。更には、エネルギーが余っているせいか、過去の悔しかったこと、悲しかったことを思い出して、相手を責めてみたり・・
 けれども、身体が思うように動かないと、「もうどうでもいいわ」と看護も少し手を抜いて休養。あれこれ頭で考えませんので、潜在意識の割合が多くなる気が・・その結果
・本来あるべき自分に戻れる
・食生活や心の持ち方を反省できる
・他を責めるエネルギーまで無いせいか、返って心穏やかに過ごせる
など「病の効用」に気が付いた次第。
 生誕館落慶の時のご説法で、総裁先生も
「家族の中で、敵となり味方となっていても、この世を去れば、大切や糧だったと解る」
とおっしゃっていたのを思い出しました。過酷な出来事ほど、許しの修行に相応しいのでしょうね。それにしても過酷過ぎるわと、自分の人生にツッコミを入れたくなるほど。
 けれども、人生最大の試練に遭遇した時、
「あんたの勝手にすればいいでしょう!」
と、この世界を創られた方に向かって思いをぶつけたことは、ストレスにつぶされそうな私を救ってくれました。ですから「天使にラブソングを2」の中で、荒れた高校の生徒が、創造主かイエス様に向かって
Check the rhyme
Joyful, Joyful Lord we adore Thee
An' in my life I put none before Thee
Cuz since I was a youngster I came to know
That You was the only way to go
チェック ザ ライム!
ジョイフル 主よ 俺たちはあんたを崇めてる
俺の人生で あんたより大事なもんなんてなかった
だって ガキの頃から知ってきたんだよ
あんたが唯一の進むべき道だってことを
とラップ調で賛美していたのに、「お仲間がいるわ〜」と嬉しい思いでした。
http://blog.livedoor.jp/guvsa/archives/2943037.html
 私だって最初から「主よ」とか「主エルカンターレよ」とか呼べた訳ではありません。全く違和感無くなったのは、やはり5年10年という単位の時間を経てのこと。どんな表現で呼びかけようと、大きな心で受け止めてくださる方だと今では解ります。
https://youtu.be/OaEH1e_DLm0?t=10  
 それにしても賛美歌のコンテストがあったり、アメリカは宗教教育を前面に出せる国なので、本当に羨ましい限り。日本は大好きなのですが、神仏を否定する日本の公教育はどうもいただけません。
 人生、順調な時ばかりではありません。挫折した時、病気にかかった時、愛する人を失った時・・折れてしまいそうでも、ポキッと折れず、竹のような復元力を与えてくれるもの・・「これさえあれば何も要らない」と思えるものに出会うために、人は時に大きな試練に出会わされるのかも知れません。そして、それを確かに掴んだ者こそが、教壇に立つ資格があるような気がします。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/440061084.html
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/388730955.html
posted by サンサンてるよ at 14:08| 大阪 ☁| 心の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内