2017年02月20日

日本のメディアは笑われるはず

 今朝のリバティニュースクリップを見ますと、清水富美加さんの出家に対する、松本人志さんや、西川史子さんのコメントが載っていました。申し込まれていない方のために、転載をお許しいただきたく・・
*****************************
(2) 松本人志さん「タレントの労働組合」設立を提唱 清水富美加さん擁護の声相次ぐ
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12606
女優・清水富美加さん(法名・千眼美子)の出家について、芸能界では「仕事を途中でやめて、迷惑をかけた」として、清水さんを批判する意見が多い。だが、清水さんを擁護する声も少しずつ出始めている。

◎西川史子さん「責めたらかわいそう」
19日に放送されたバラエティ番組(TBS)で、医師でタレントの西川史子さんは「彼女はいっぱいいっぱいなんですよ。責めたらかわいそうだよ」と、清水さんを擁護した。西川さん自身も、昨年12月に体調を崩して休養していた。
西川さんは番組の中で、「お休みをするっていうことは、迷惑を掛けていることは十分わかっている。彼女は本当に苦しんでいたと思うんですよ。心を痛めている22歳が目の前にいたら、医者としても一女性としても、『そこから逃げなさい』と私は言うと思う。離れないと治らないと思うから。22歳でやり直すこともできるから『一回やめなさい』と言うのが正しい方法なのでは」と話した。

また、19日に放送された別のバラエティ番組(フジテレビ系)で、アイドルグループ・HKT48の指原莉乃さんも、清水さんに一定の理解を示した。
指原さんは、「無責任だと言う人が芸能人には多く感じますが、私はそう思っていなくて。『死にたいから辞めたいです』って言っても、女優さんだと映画の公開も先だし、ちょっと待って、と先延ばしにされると思うから、絶対やめられないと思う。本当に死にたい、逃げたいとなった時に、こういう判断しちゃうのは仕方ないのかな」と語った。

◎松本人志さん「日本タレント組合が必要」
また、「清水さん報道」をきっかけに、タレントの給与体系にも焦点が当たっている。清水さんは、所属していたレプロエンタテインメントと、歩合制でなく月給制の契約を結んでいた。直近の月給は25万円。ここにボーナスが上乗せされるが、事務所の機嫌を損ねればボーナスはなくなる。
タレントの給与体系について、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太さんは先述のフジテレビの番組で、「(ダウンタウンの)松本さんぐらいになったら言えますけど、僕らは言えない」と述べた。
ダウンタウンの松本人志さんは、自分自身は売れる前から強気でギャラ交渉をしていたが、みんなが同じことはできないとして、芸能界にも「労働組合」をつくるべきだと訴えた。
「芸能界の『日本タレント組合』みたいなもんをつくった方がいい。なんかあった時はそこを通してやるようにしていかないと、僕はダメやと思う。それは芸能界のクオリティを高めるというか、長い目で見た時には(必要)」(松本さん)
番組ではその後、アメリカでは映画俳優組合の力が強いこと、アメリカのロナルド・レーガン元大統領も映画俳優組合の幹部だったことが紹介された。

◎「夢と希望が持てる芸能界」への改革を
このように、苦しんでいるタレントを擁護する声が上がっているのは朗報だ。清水さんのように、自殺寸前にまで追い込まれているタレントはたくさんいるはず。タレントたちの労働環境は「異常」であり、改善すべきだ。アメリカの事例も参考に、芸能界に労働組合をつくって交渉できるようにし、不当な労働環境を正す必要がある。こうした改革を通して、芸能界を「欲にまみれたどす黒い」世界でなく、「人々に夢や希望を与え、芸能人自身もまた、夢や希望が持てる」世界に変えていきたいものだ。
****************************
<リバティのサイトはこちら>
http://the-liberty.com/
<定期購読お申し込みはこちら>
http://www.irhpress.co.jp/liberty/
<オンライン購読はこちら>
https://the-liberty.com/member/pre_register.php
<お試しニュースクリップ申し込みはこちら>
http://the-liberty.com/member/pre_register_mailmagazine.php

 テレビのコメントにしても、週刊誌の見出しにしても、生きるか死ぬかの人に追い打ちをかけるような態度は、海外の人が見たら異常だと思うのですね。信仰が当たり前の欧米のバラエティ番組なら、非難する人などいないはず。清水富美加さんを攻撃する日本人のコメントを聞いたら、笑われたり、バカにされたりすると思いますね。

 さて、2月に観た映画「祈りの力」「天国からの奇跡」タイトルに惹かれて、借りたものでしたが、2016年に公開されたキリスト教映画3部作の作品だったのですね。「天国からの奇跡」に出ていた牧師さんは
「人生が凸凹道になったり、嵐に襲われた時は身を守るのです。ヘルメット・・傘・・保険金・・いろいろ貴方を守ってくれるが、もうひとつ忘れてはいけないものがある。それは見えないし買えない・・そう『信仰』です」
日曜教会でユーモアたっぷりに説教されていました。人生の嵐に見舞われた時に、清水富美加さんを守ったのも「信仰」。それが無ければ、彼女は今頃この世にいなかったかも知れません。
 この3部作は全米で上位の人気を得たとのこと。「信仰を前面に出した映画」が喝采を浴びるということは、アメリカは神の存在を信じている人が多いという証拠。この映画は「支部でもあるある」と運営に参考になる点がたくさんあって、英語の勉強兼ねて何度も見たいなと思っています。
 日本初! キリスト教映画「復活」「天国からの奇跡」「祈りのちから」、3作品連続公開へ
http://www.christiantoday.co.jp/articles/20176/20160331/risen-miracles-from-heaven-war-room.htm
 幸福の科学では「信仰による奇跡」は良くあることで、月刊誌やザ伝道で毎月報告されています。映画のテーマにするのに迷うほど。死を考える前に、一度幸福の科学の支部をお気軽にご訪問くださいね。
http://voicee.jp/category/theme/miracle
posted by サンサンてるよ at 14:17| 大阪 ☔| 幸福の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

うつ病や統合失調症も小麦が原因?!

 先日、グルテンフリーが世界的な流れになる中、米粉は世界から求められてくる・・と書きました。
<過去記事>
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/444093136.html
 自閉症的な症状を持つ末っ子。パンを食べ続けたある日、幻聴が出たことから
・自閉症の子どもたちの腸は荒れていることが多い
・小麦グルテンを十分に消化できない場合、荒れた腸から入った未消化物質(ペプチド)が麻薬様の作用を起こす
・欧米では小麦を食べると腸に炎症が起きるセリアック病の人が多い
ことを知りました。以来、米粉パン、米粉スパゲッティやアワ麺、ひえ麺、きび麺、米粉のカレールーというようにグルテンフリーの生活が始まりました。まだまだ少数派で世間の理解は少ないだろうなと思っていましたら、今朝のNHKで
・熊本で米粉パン販売を大々的に始めた会社がある
・お菓子の米粉の売れ行きが減ったため、海外のパン・ケーキ用に米粉を輸出している会社がある
・イギリス・ドイツでは100人に一人がセリアック病にかかっている
というニュースを放送していたのです。セリアック病がNHKで紹介されるようになったのかと感慨深い思い。民放ではパンや麺のメーカーがスポンサーになっていると、こういう情報は紹介されませんものね。2020年には東京オリンピックが開催されます。レストランもパンやお菓子も、
NO MSG(グルタミン酸フリー)
GFCF(グルテンフリーカゼインフリー)
という表示が無いと、海外のお客様には対応できないと思いますね。早めの対処が必要でしょう。セリアック病や自閉症という特別なケースに限らず、認知症、統合失調症にうつ病、時に頭痛や腹部膨満の腹痛まで・・小麦グルテン(乳製品もカゼインも)が関係するようですね。
http://www.utuutu.com/entry62.html
 私も以前、認知症の勉強をしていた時「いつものパンがあなたを殺す」という本を読んだことがありました。その時は我が子の看護は始まっておらず、読み飛ばしていた個所も多かったかったのです。以下の本は新書でページ数も少なくてお奨めです。
グルテンフリー.jpg
 ストレスや暴飲暴食で腸が荒れ、その結果、未消化の物質が脳に入って炎症を起こす・・その結果、うつ病などを引き起こす・・という流れも考えられるので、投薬のみならず、食生活の改善も必須ですね。体の異常部分には悪しき存在の影響が及びやすいので、肉体の不調を治すことも欠かせないと思います。
 もちろん、プラスの思いは宇宙からの生命エネルギーを心身に取り込んで、正常な生命活動を助けてくれます。
buta1-thumbnail2-thumbnail2.jpg
 こういった情報のおかげで末っ子の症状は随分と改善されてきました。先日も
「お寿司食べに行きたいなぁ」
「まだお母さんの作ったお料理しかダメだわ。家でお寿司作ってあげるね。」
「もう治った」
「それはお食事を家で食べているからだよ。まだダメ」
というくらい、自分でもイライラが激減したのを感じているようです。以前は脳の中で神経が興奮の火花を散らしている時
「ボク、頭おかしいねん」
と辛そうでしたもの。病気平癒祈願やスーパーベガヒーリングによって、こういった情報に導かれたと感謝しています。家族の病状を「どうしてあげたら?」と悩んでいる方々の一助となれば幸いです。
posted by サンサンてるよ at 08:25| 大阪 ☀| 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内