2017年10月07日

なぜ自分の国は自分で守らないといけないか@

 大阪では昨日も今日も雨。脳が敏感な末っ子は、低気圧になるとしんどそう・・私たちでも雨の時はウツウツなりますけれど、イライラしている様子がすぐに解ります。
 先般出版された「自分の国は自分で守れ」(大川隆法)のP20には
8月は北朝鮮によるミサイル発射が少なく、1か月くらい止まっていたのですが、東京の都心では「8月の1か月間のうち27日間が雨」という、まことに異常な天気でした。
 雨が降っていると、故障が起きる可能性があるため、ミサイルを撃たないのでしょうか。だからかも知れませんが、8月は日本列島では雨がとても多かったのです。
と書かれていました。豪雨もあったとはいえ、日本の神々がそういう形で守ってくださっていたのでしょうか?
自分の国は自分で守れ.jpg
 最近ワタクシ、勇気コーヒー、いえ有機コーヒーなるものを初めて飲んでみました。それまでは「ちょっと贅沢な珈琲」の青がお気に入りだったのですが、美味しいのは最初だけで、いつも舌の上に何かが残る気がしていたのです。コーヒーのエグミかと解釈していたのですが、有機コーヒーには全くそれがないのです。アッサリすぎる・・エグミは農薬の味だったのでしょうか?
<関連記事>コーヒー豆から残留農薬 コロンビア産、厚労省が検査命令
http://www.sankei.com/life/news/170501/lif1705010020-n1.html
 農薬が怖いことは、本の知識ではなく、我が子の障がいで実体験しましたから、それが判った先月から、我が家の食生活は更に厳密になりました。
<過去記事>笑えない話〜食品編
http://sansanteruyo.seesaa.net/article/453458333.html
 輸入レモンやグレープフルーツに塗られている防カビ剤、こちらのサイトに解りやすく書かれていますが、
オルトフェニルフェノール(通称:OPP)チアベンダゾール(通称:TBZ)イマザリル(通称:IMZ)などは、
変異原性、染色体異常、肝臓、腎臓障害、遺伝子損傷性などの毒性があります。
「確かにその通りでした!」
と、メーカーやお役人様ご報告申し上げたいくらいです。私がつわりの時に飲んでしまったポッカレモンに入っていた、イマザリル。
イマザリルは、危険性が高いため、日本での農薬使用は禁止されており、農薬登録されていません。それにもかかわらず、日本では食品添加剤として扱われている
とのこと。その背景には、
1975年当時は農林省も良心的で、防カビ剤のかかった果物が日本に届いても市場に流通させず、海に投げ込んだそうです。それを聞き激怒したアメリカの農務長官や大統領が日本に来て、防カビ剤の使用許可を迫ったとか。当時、日本からアメリカへは車や電化製品が大量に輸出され、その均衡を取るためにもフルーツなどの輸入をしなくてはならず、政府もしぶしぶ防カビ剤の使用を許可。スーパーに外国産の果物が大量に並ぶようになったのは、その頃からです。そういう外圧に負ける繰り返しが、今日の医療費の増大につながっているのでしょう。日本は今でも植民地なのですね 
・・と笑えない話〜食品編でもご紹介しました。そうなんです。アメリカがここまで高圧的に交渉できるのは
「お前の国を守ってやってんだから、言うこと聞けよ」
という思いがあるからです。今のトランプ政権とは別個の集団がアメリカを我が物顔に支配していた時代のことですが・・
 つまり、自国で十分な防衛が出来ていなかったから、子どもたちが障がいを持って生まれてきたり、多くの人がガンを発症させられたり・・これまで次々と危険な薬品が日本に流れ込んできたのですね。
 最近、自然派生協の宅配で、有機原料100%グラハム食パンなるものを取り寄せました。普通の食パンは1枚しか食べないワタクシですが、何と2枚目も食べたくなる美味しさ。
【原材料名】
有機小麦粉、全粒粉(有機小麦100%使用)有機砂糖、有機オリーブオイル、有機イースト、食塩、米粉(有機米100%)
というこだわりよう・・本当においしかった。農薬のかかった米を食べるなら、無農薬のパンでもいいかな?と考えを変えたほど。末っ子のようにグルテンがダメな子には、まだ慎重になりますが・・

おいしさとあんしんを・・とうたっているPascoの超熟、原材料は
【原材料】
小麦粉、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、
(原材料の一部に小麦・乳成分を含む)
まだマーガリンを使っていますね。
 同じPascoの国産小麦食パン
【原材料】
小麦粉、砂糖、バター、パン酵母、米粉、発酵種、食塩、
醸造酢、(原材料の一部に小麦・乳成分を含む)
こちらはバターですので、まだ良心的。
 総裁先生は、ある質疑応答で
「感謝して食べています。」
と回答くださったとか。感謝や笑いなどプラスの思いは、たとえ悪いものが入っても、眠っている遺伝子が発動し、抵抗力がアップするからでしょう。
 とは言っても、現代の毒はダイオキシンなど超薄めても毒性を発揮するものも多く、やはり自衛していかないといけないのかも知れません。
 人間を奴隷扱いしていた悪い人たちが一日も早く力を失って、理想の世界が実現しますように・・そして、まずは日本を理想の独立国家とするために、私たちも全力でがんばります。
posted by サンサンてるよ at 09:18| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

すでに中国に乗っ取られつつある日本


今、北海道から沖縄まで多くの土地が外国人によって買収されている。そのほとんどが自衛隊関連施設や水源地のある森林。今回のザ・ファクトでは、中国政府によって土地買収が行われている新潟市と佐渡島へ行き、取材してきた。
<まとめ記事>中国人が土地を買い占めている?!危機感を持て日本!!
https://matome.naver.jp/odai/2148608511655182001
 以前から、日本の水源地を中国が買っているという話は聞いていましたが、このインターネットテレビ番組「The Fact」を是非ご覧くださいませ。政治家に勝手にやらせておけばいいよ〜という気持ちが吹き飛んでしまいます。日本人は本当にお人好しで、まだ「政治家は日本のために働いてくれている」という幻想を抱いていますね。私も数年前まではそうでした。
 七海ひろこさんや、新潟の笠原れいかさんのtwitterでも、告発されています。
中国に新潟の土地を売り渡した自民党の新潟県前知事。そしてこの総選挙においてその前知事を公認する自民党本部。自民党には日本を守れない。国難突破など、口先だけの欺瞞はいい加減にしていただきたい。(七海ひろこtwitterより)
 強固な日米同盟をうたいながら、一方で地方自治体の首長が、中国政府や中国企業が日本の土地を所有することを認めている・・この矛盾に頭を悩ませるサンサンてるよなのですが・・翁長沖縄県知事のように、「心は中国人」か、さもなくばあれだわ・・ハニートラップやマニートラップに引っかかってしまったんでしょうか?
 そして、そういう人たちを私たちは税金で養っているという日本の7悲劇。
 以前の記事で、オーストラリアの首相の息子が(おそらくハニートラップ作戦で)中国共産党幹部の娘と結婚していた・・それやこれやで、オーストラリアは中国に乗っ取られかけている・・とご紹介しました。
中国に乗っ取られる豪州 OG become AustraliChina
https://www.youtube.com/watch?v=BrS7Q0okDhM
中国とオーストラリアの深い関係@
https://www.youtube.com/watch?v=pd4ZYa557kA
 今、良識ある日本人が団結して声をあげていかないと、日本はいつかジグソーパズルのようにバラバラになってしまいます。日本の国土や日本人の命を守ること・・すでに中国の手中にある政治家ではできない仕事なのです。
posted by サンサンてるよ at 08:55| 大阪 ☁| 国造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験談〜幸福の科学に出会ったきっかけ
インターネット入会のご案内